Cisco Unity Connection インストレーション ガイド Release 1.x
Cisco Unity Connection デモンスト レーション システム
Cisco Unity Connection デモンストレーション システム
発行日;2012/01/13 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 804KB) | フィードバック

目次

Cisco Unity Connection デモンストレーション システム

概要

Cisco Unity Connection デモンストレーション システムの制限

デフォルト ライセンス ファイルを使用した Cisco Unity Connection デモンストレーション システムのインストール

期限付きライセンス ファイルを使用した Cisco Unity Connection デモンストレーション システムのインストール

Cisco Unity Connection デモンストレーション システムから標準システムへの変換

概要

デモンストレーション システムは、「Cisco Unity Connection デモンストレーション システムの制限」に記載されている制限を持つ、完全機能バージョンの Cisco Unity Connection です。デモンストレーション システムは、2 つの異なるライセンス ファイルのいずれかを使用します。

デフォルト ライセンス ファイル(Connection サーバ上で使用可能)。

期限付きライセンス ファイル(シスコに注文する必要がある)。


注意 Cisco Unity Connection は、http://www.cisco.com/en/US/products/ps6509/products_data_sheets_list.html から入手可能な『Cisco Unity Connection サポート対象プラットフォーム』に記載されているサーバにインストールする必要があります。サーバがサポートされていない場合、Cisco Unity Connection のセットアップ プログラムは失敗します。

デモンストレーション システムは完全に機能する Cisco Unity Connection システムであるため、デモンストレーション システムをインストールする場合は、カスタマー サイトにシステムをインストールする場合と同様に、細心の注意を払う必要があります。デモンストレーション システムを正常にインストールする方法については、『 Cisco Unity Connection インストレーション ガイド 』および使用している電話システムに対応するインテグレーション ガイドの手順を参照してください。

Cisco TAC は、Cisco Unity Connection デモンストレーション システムのサポートを提供していません。

デモンストレーション システムのソフトウェアは、シスコ製品を通常購入している販売店で注文します。部品番号は UNITYCN1-DEMO です。

デモンストレーション システムをインストールする方法については、使用するライセンス ファイルに応じて、該当する項を参照してください。

「デフォルト ライセンス ファイルを使用した Cisco Unity Connection デモンストレーション システムのインストール」

「期限付きライセンス ファイルを使用した Cisco Unity Connection デモンストレーション システムのインストール」

必要に応じて、「Cisco Unity Connection デモンストレーション システムから標準システムへの変換」も参照してください。

Cisco Unity Connection デモンストレーション システムの制限

Cisco Unity Connection デモンストレーション システムには、使用するライセンス ファイルのタイプ(デフォルト ライセンス ファイルまたは期限付きライセンス ファイル)に応じて、 表B-1 で説明されている制限があります。

 

表B-1 デフォルト ライセンス ファイルと期限付きライセンス ファイルの制限

機能
デフォルト ライセンス ファイルの制限
期限付きライセンス ファイルの
制限

ユーザ ライセンス

10

25

拡張機能パッケージのユーザ ライセンス

10

25

IMAP ユーザ

10

25

Cisco Unity Inbox ユーザ

10

25

ボイス ポート

2

8

音声認識ポート

1

2

RealSpeak テキスト/スピーチ セッション

1

2

電話システム連動

Cisco Unity Connection によってサポートされている任意の電話システム

Cisco Unity Connection によってサポートされている任意の電話システム

メッセージの時間

30 秒

適用されない

有効期限

適用されない

90 日

その他

なし

Connection サーバ上で 1 つのライセンス ファイルだけが許可される。

更新できない。

Connection サーバ上の Network Interface Card(NIC; ネットワーク インターフェイス カード)の MAC アドレスに固定される。

デフォルト ライセンス ファイルを使用した Cisco Unity Connection デモンストレーション システムのインストール

インストール中に、デフォルト ライセンス ファイル(CUCDemo.lic)が自動的に Cisco Unity Connection サーバにコピーされます。

デフォルト ライセンス ファイルを使用して Cisco Unity Connection デモンストレーション システムをインストールする


ステップ 1 Cisco Unity Connection インストレーション ガイド 』の説明に従って、「Cisco Unity Connection ソフトウェアの設定(Connection サーバのみ)」に到達するまで、Cisco Unity Connection をインストールします。

ステップ 2 ドキュメントに従って Cisco Unity Connection Configuration Assistant を完了している間に、ライセンス ファイルをインストールするよう指示されます。Cisco Unity Connection をインストールしたパーティション(デフォルトでは、ドライブ G)の Licenses ディレクトリにあるファイル CUCDemo.lic を使用します。

ステップ 3 Cisco Unity Connection インストレーション ガイド 』の説明に従って、インストールを完了します。


 

期限付きライセンス ファイルを使用した Cisco Unity Connection デモンストレーション システムのインストール

ここでは、3 つの手順について説明します。これらの手順を順番に実行して、期限付きライセンス ファイルを入手し、Cisco Unity Connection デモンストレーション システムをインストールしてください。

Cisco Unity Connection コンピュータの MAC アドレスを取得する


ステップ 1 Cisco Unity Connection をインストールするコンピュータ上で、Windows の[スタート]メニューから、 [すべてのプログラム] >[アクセサリ] >[コマンド プロンプト] をクリックします。

ステップ 2 [コマンド プロンプト]ウィンドウで、 ipconfig /all と入力して Enter キーを押します。

ステップ 3 Physical Address の値を、ハイフンなしで書き留めるか(たとえば、Physical Address が
00-A1-B2-C3-D4-E5 である場合は、00A1B2C3D4E5 と記録します)、またはオンライン登録時にアクセスできるファイルに保存します。

サーバに複数の NIC が装着されている場合、各 NIC に対して 1 つの値が表示されます。プライマリ NIC に対応する値を使用します。

ステップ 4 [コマンド プロンプト]ウィンドウを閉じます。


 

登録し、期限付きライセンス ファイルを入手する


ステップ 1 http://www.cisco.com/go/license にアクセスします(URL は大文字と小文字を区別します)。ライセンスの Web サイトにアクセスするには、Cisco.com にアカウントを取得している必要があります。

ステップ 2 [Voice Products] セクションで、[Cisco Unity Software] の下の [1.1 Demo License] をクリックします。

ステップ 3 必要な情報を入力し、 [Submit] をクリックします。

ステップ 4 Cisco Unity Connection ライセンス ファイルの添付された電子メールが送信されてきます。


 

期限付きライセンス ファイルを使用して Cisco Unity Connection デモンストレーション システムをインストールする


ステップ 1 Cisco Unity Connection インストレーション ガイド 』の説明に従って、「Cisco Unity Connection ソフトウェアの設定(Connection サーバのみ)」に到達するまで、Cisco Unity Connection をインストールします。

ステップ 2 ドキュメントに従って Cisco Unity Connection Configuration Assistant を完了している間に、ライセンス ファイルをインストールするよう指示されます。「登録し、期限付きライセンス ファイルを入手する」の実行後に受け取った期限付きライセンス ファイルを使用します。

ステップ 3 Cisco Unity Connection インストレーション ガイド 』の説明に従って、インストールを完了します。


 

Cisco Unity Connection デモンストレーション システムから標準システムへの変換

標準の Cisco Unity Connection システムのライセンス ファイルを注文して受け取った後、次の手順を実行します。

Cisco Unity Connection デモンストレーション システムを標準システムに変換する


ステップ 1 Local Admins グループのメンバーになっているアカウントを使用して、Windows にログオンします。

ステップ 2 Windows デスクトップで、 [Connection Administration] アイコンをダブルクリックします。

ステップ 3 Cisco Unity Connection Administration で、 [System Settings] を展開し、 [Licenses] をクリックします。

ステップ 4 [License] ページで、 [Add New] をクリックします。

ステップ 5 [Add New License] ページで、 [参照] をクリックし、新しいライセンス ファイルの場所を参照します。

Cisco Unity Connection が Cisco.com に登録されると、Cisco から Cisco Unity Connection 機能に対するライセンスが添付された電子メールが返信されます。電子メールに書かれている手順に従って、添付ファイルを保存しておきます。

ステップ 6 [ファイルの選択]ダイアログボックスで、ファイル名をダブルクリックします。

ステップ 7 [Add New License] ページで、 [Submit] をクリックします。

ステップ 8 新しいライセンス ファイルが複数ある場合は、新しいライセンス ファイルをすべて追加するまで、ステップ 4ステップ 7 を繰り返します。

ステップ 9 [License] ページで、CUCDemo.lic または期限付きライセンス ファイルのチェックボックスをオフにします。

ステップ 10 ステップ 4ステップ 7 で追加したライセンス ファイルのチェックボックスをオンにします。

ステップ 11 [Install Selected] をクリックします。

ステップ 12 Windows タスクバーで、[Cisco Unity Connection] トレイ アイコンを右クリックし、 [Restart] > [Cisco Unity Connection] をクリックします。

ステップ 13 ボイス ポートを追加しない場合、デモンストレーション システムを標準システムに変換する作業はここで終了です。

ボイス ポートを追加する場合は、Cisco Unity Connection システムに追加ポートを提供します。追加ポートを提供する方法は、使用している電話システム連動のタイプによって異なります。

 

Cisco CallManager 3.3 との連動

a. Cisco CallManager Administration で、Cisco Unity Connection サーバが使用するボイスメール サーバにポートを追加します。該当する Cisco CallManager のアドミニストレーション ガイドを参照してください。

b. 新しいポートに対して、呼び出しに応答するポートだけに着信呼び出しが転送されるよう [Forward Busy] フィールドと [Forward No Answer] フィールドを設定します。『 Cisco CallManager 3.3 Integration Guide for Cisco Unity Connection 』の「To Set Up Voice Mail Ports So Incoming Calls Are Forwarded Only to Answering Ports」の手順を参照してください。

SCCP を使用した Cisco CallManager 4.x. または 5.x との連動

a. Cisco CallManager Administration で、Cisco Unity Connection サーバが使用するボイスメール サーバにポートを追加します。該当する Cisco CallManager のアドミニストレーション ガイドを参照してください。

b. 新しいポートに対して、ポートの回線グループとハント グループを設定します。該当する Cisco CallManager のインテグレーション ガイドを参照してください。

SCCP を使用した Cisco CallManager Express 3.x との連動

a. Cisco CallManager Express ルータ上で、追加ポートを設定します。
該当する Cisco CallManager Express のドキュメントを参照してください。

SIP 連動(Cisco CallManager、Cisco CallManager Express、
または Cisco SIP Proxy Server)

電話システムで追加ポートを提供する必要はありません。

PIMG 連動

a. 電話システム上で、追加ポートを設定します。電話システムのドキュメントを参照してください。

b. 追加の PIMG ユニットをセットアップします。該当する Cisco Unity Connection インテグレーション ガイドの「Setting Up the PIMG Units」の項を参照してください。

ステップ 14 追加ポートを使用するように Cisco Unity Connection を設定します。

a. Cisco Unity Connection Administration にログオンします。

b. [Telephony Integrations] を展開し、 [Port] をクリックします。

c. [Search Ports] ページで、[Port Search Results] の下の [Add New] をクリックします。

d. [New Port] ページで、適切な設定を入力し、 [Save] をクリックします。


注意 適切な数のポートが呼び出しに応答するよう設定されており、適切な数のポートがダイヤルアウトするよう設定されていることを確認してください。適切に設定されていないと、連動が正しく機能しません。該当する Cisco Unity Connection インテグレーション ガイドの「Planning How the Voice Messaging Ports Will Be Used by Cisco Unity Connection」の項を参照してください。

e. Windows のシステム トレイで、 [Cisco Unity Connection] アイコンを右クリックし、 [Restart] > [Voice Processing Server Role] をクリックします。

f. Voice Processing サーバ ロールの停止を確認するよう指示されたら、 [Yes] をクリックします。

g. Cisco Unity Connection Administration の [Related Links] リスト(ページ タイトル バーにあります)で、 [Check Telephony Configuration] をクリックし、 [Go] をクリックして、電話システム連動の設定を確認します。

テストが成功しなかった場合は、[Task Results] リストに、トラブルシューティングの手順を含む 1 つまたは複数のメッセージが表示されます。問題を修正した後、設定を再びチェックします。

h. Cisco Unity Connection Administration からログオフします。