Cisco Unity Connection ユニファイド メッセージング ガイド リリース 8.x
Cisco Unity Connection 8.5 以降における Unified Messaging の概要
Cisco Unity Connection 8.5 以降における Unified Messaging の概要
発行日;2012/05/15 | 英語版ドキュメント(2011/09/03 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

Cisco Unity Connection 8.5 以降における Unified Messaging の概要

Cisco Unity Connection 8.5 以降における Unified Messaging の概要

Cisco Unity Connection バージョン 8.5 では、ユニファイド メッセージングと言う名前の元に、いくつかの既存の機能と新しい機能を集めました。これらの機能には、次のものがあります。

Connection メールボックスと Exchange メールボックスとのボイス メッセージの同期(別名、単一受信トレイ。Connection 8.5 における新機能)

Text-To-Speech(TTS; テキスト/スピーチ)による Exchange メールへのアクセス

電話によるミーティング関連のタスクの実行が許可されている Exchange の予定表へのアクセス(たとえば、今後の会議のリストを聞いたり、会議への招待を受け入れたり却下することが可能)

連絡先をインポートし、連絡先の情報を個人のコール転送ルールに使用したり、ボイス コマンドを使用して電話をかける際に使用することが可能な Exchange の連絡先へのアクセス

今後の電話での Cisco Unified MeetingPlace 会議の通知

MeetingPlace 会議のスケジューリング、および会議への参加

Connection ボイス メッセージの音声テキスト変換(SpeechView)

このマニュアルは、ユニファイド メッセージング機能の設定方法、および単一受信トレイについて、サーバ間での Exchange メールボックスの移動方法と Exchange メールボックスの復元方法について説明します。

SpeechView の詳細については、『 System Administration Guide for Cisco Unity Connection (Release 8.x )( http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/connection/8x/administration/guide/8xcucsagx.html )の「 Configuring Transcription (SpeechView) in Cisco Unity Connection 8.x 」の章を参照してください。

Cisco Unity Connection バージョン 8.6(2) では、ユニファイド メッセージングと言う名前の元に、いくつかの既存の機能と新しい機能を集めました。これらの機能には、次のものがあります。

Connection と Office 365 のメールボックスでのボイス メッセージの同期(単一受信トレイとも呼ばれます)

テキスト/スピーチ(TTS)による Office 365 電子メールへのアクセス

電話によるミーティング関連のタスクの実行が許可されている Office 365 の予定表へのアクセス(たとえば、今後の会議のリストを聞いたり、会議への招待を受け入れたり却下することが可能)

連絡先をインポートし、連絡先の情報を個人のコール転送ルールに使用したり、ボイス コマンドを使用して電話をかける際に使用することが可能な Office 365 の連絡先へのアクセス