Cisco Unity Connection ユーザの移動、追加、変更 ガイド Release 1.x
Cisco Unity Connection Administration を使用した個々のユー ザ アカウントの追加
Cisco Unity Connection Administration を使用した個々のユーザ アカウントの追加
発行日;2012/02/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 863KB) | フィードバック

目次

Cisco Unity Connection Administration を使用した個々のユーザ アカウントの追加

デフォルト設定でのアカウントの追加(ボイスメールボックスを持つユーザの場合)

カスタム設定でのアカウントの追加(ボイスメールボックスを持つユーザの場合)

デフォルト設定でのアカウントの追加(ボイスメールボックスを持たないユーザの場合)

カスタム設定でのアカウントの追加(ボイスメールボックスを持たないユーザの場合)

Cisco Unity Connection Administration を使用した個々のユーザ アカウントの追加

Cisco Unity Connection Administration を使用して新しいユーザ アカウントを作成するときは、そのアカウントのベースにするユーザ テンプレートを選択します。ユーザ テンプレートに含まれている基本設定に加えて、Cisco Unity Connection のボイスメールボックス アカウントを持つ各ユーザには、その他の設定が含まれている Class of Service(CoS; サービス クラス)が関連付けられます。

テンプレートを使用して新しいユーザ アカウントを作成し、そのアカウントを CoS に関連付けると、個々のユーザ アカウントで修正する必要がある設定の数が少なくなるため、ユーザを作成する作業が簡単になります。


) CoS は、ボイスメールボックスを持たない管理ユーザのアカウントまたはユーザ テンプレートには指定されません。CoS ページの設定は、ボイスメールボックスを持つユーザだけに適用されます。


この章で説明する個々のユーザ アカウントを作成する手順では、該当するサービス クラスとユーザ テンプレートが、すでに作成または修正されていることを前提としています。まだ作成していない場合は、「サービス クラスの追加、修正、削除」および「ユーザ テンプレートの追加、修正、削除」を参照してください。

ボイスメールボックスを持つユーザはエンド ユーザです。ボイスメールボックスを持たないユーザはシステム管理者です。組織内のシステム管理者がボイスメールボックスを必要とする場合は、システム管理者ごとに別個のアカウントを設定することをお勧めします。つまり、Connection Administration にログオンして管理タスクを実行するときに使用する、ボイスメールボックスを持たないユーザ アカウントとは別に、ボイス メッセージを送受信するときに使用する、ボイスメールボックスを持つユーザ アカウントを設定します。

エンド ユーザのアカウントを設定するには、この章の次の項を参照してください。

「デフォルト設定でのアカウントの追加(ボイスメールボックスを持つユーザの場合)」

「カスタム設定でのアカウントの追加(ボイスメールボックスを持つユーザの場合)」

管理者のアカウントを設定するには、この章の次の項を参照してください。

「デフォルト設定でのアカウントの追加(ボイスメールボックスを持たないユーザの場合)」

「カスタム設定でのアカウントの追加(ボイスメールボックスを持たないユーザの場合)」

Cisco Unity Connection Bulk Administration Manager を使用して、ユーザ アカウントをまとめて作成する方法については、「Cisco Unity Connection Bulk Administration Manager を使用した複数のユーザ アカウントの管理」を参照してください。

デフォルト設定でのアカウントの追加(ボイスメールボックスを持つユーザの場合)

デフォルトのボイスメール パスワードおよび Web アプリケーション パスワードは、作成した各ユーザ アカウントに適用されます。これらのパスワードは、インストール中にデフォルトの Voice Mail User Template に対して設定された(Cisco Unity Connection Configuration Assistant の [Set Default User Template Password] ページで設定された)デフォルトであるか、アカウントの作成時に選択したユーザ テンプレートの [Change Password] ページで設定されたデフォルトです。ユーザが Connection ガイダンスおよび Cisco Personal Communications Assistant にログオンできるように、これらのパスワードをユーザに付与する必要があります。システムのセキュリティを強化するためには、できるだけ早く両方のパスワードを変更するようにユーザに指示するとともに、パスワードの複雑さを規定するルールを適用することをお勧めします。

デフォルト設定でアカウントを追加する(ボイスメールボックスを持つユーザの場合)


ステップ 1 Cisco Unity Connection Administration で、 [Users] をクリックします。

ステップ 2 [Search Users] ページで、 [Add New] をクリックします。[New User] ページが開きます。

ステップ 3 [User Type] リストで、 [User With Voice Mailbox] をクリックします。

ステップ 4 [Based on Template] リストで、 [VoiceMailUserTemplate] をクリックします。

ステップ 5 次の 2 つの必須フィールドに情報を入力します。必須フィールドは、アスタリスク(*)でマークされています。

[Alias]

[Extension]

ステップ 6 必要に応じて、次のオプションのフィールドに情報を入力します(フィールドの情報については、[Help] メニューの [Help for This Page] をクリックしてください)。

[SMTP Address] フィールドは、値を入力しなかった場合に、Connection がエイリアスを使用して SMTP アドレスを形成するという意味ではオプションです。ただし、SMTP アドレスには ASCII 以外の文字を含めることはできません。そのため、ユーザ エイリアスが ASCII 以外の文字を含む場合には、条件に合った SMTP アドレスを指定する必要があります。

ステップ 7 [Save] をクリックします。[Edit User Basics] ページが開きます。

ステップ 8 必要に応じて、オプションのフィールドに情報を入力します。デフォルト設定は変更しないでください。

ステップ 9 ステップ 8 で情報を入力した場合は、 [Save] をクリックします。

ステップ 10 Connection のデフォルト テンプレート設定で、ユーザ アカウントが作成されました。


 

カスタム設定でのアカウントの追加(ボイスメールボックスを持つユーザの場合)

ユーザが必要とする機能によっては、ユーザ アカウントを作成するときに、デフォルト設定を変更したり、アカウントの設定中に Cisco Unity Connection Administration で複数のページに情報を入力したりする必要があります。次の例を参考にしてください。

セキュア メッセージを送信することをユーザに許可する場合は、[Send Message Settings] ページの [Encrypt Private Messages] チェックボックスをオンにします。[System Settings] > [Advanced] > [Secure Messaging] ページで、設定を変更することもできます。

ユーザに対して再生される Connection ガイダンスに、標準以外のキー入力を対応付ける場合は、[Phone Menu] ページの [Touchtone Conversation Style] を変更します。

ユーザに残すことのできるメッセージの最大の長さを変更する場合は、[Edit Message Settings] ページの [Maximum Message Length] フィールドに新しい設定を入力します。

個人の携帯電話、自宅の電話、またはその他のデバイスでメッセージの到着通知を受信することをユーザに許可する場合は、[Notification Devices] ページで通知を設定します。

カスタム設定でアカウントを追加する(ボイスメールボックスを持つユーザの場合)


ステップ 1 Cisco Unity Connection Administration で、 [Users] をクリックします。

ステップ 2 [Search Users] ページで、 [Add New] をクリックします。[New User] ページが開きます。

ステップ 3 [User Type] リストで、 [User With Voice Mailbox] をクリックします。

ステップ 4 [Based on Template] リストで、 [VoiceMailUserTemplate] をクリックするか、この目的のために作成した別の適切なテンプレートをクリックします。

ステップ 5 次の 2 つの必須フィールドに情報を入力します。必須フィールドは、アスタリスク(*)でマークされています。

[Alias]

[Extension]

ステップ 6 必要に応じて、次のオプションのフィールドに情報を入力します(フィールドの情報については、[Help] メニューの [Help for This Page] をクリックしてください)。

[SMTP Address] フィールドは、値を入力しなかった場合に、Connection がエイリアスを使用して SMTP アドレスを形成するという意味ではオプションです。ただし、SMTP アドレスには ASCII 以外の文字を含めることはできません。そのため、ユーザ エイリアスが ASCII 以外の文字を含む場合には、条件に合った SMTP アドレスを指定する必要があります。

ステップ 7 [Save] をクリックします。[Edit User Basics] ページが開きます。

ステップ 8 必要に応じて、次のオプションのフィールドに情報を入力します。

ステップ 9 ステップ 8 で設定を追加した場合、またはデフォルト設定を変更した場合は、 [Save] をクリックします。

ステップ 10 [Edit] メニューで、次に示すページに移動します。そこで、必要に応じてオプションのフィールドに情報を入力し、設定を選択します。[Edit] メニューに表示される一部のオプションは、ユーザ アカウントに関連付けられたサービス クラス ページの設定によって異なります。ページに変更を加えた場合は、別のページに移動する前に [Save] をクリックします。

[Password Settings]

[Change Password]

[Roles]

[Message Waiting Indicators]

[Transfer Options]

[Message Settings]

[Caller Input]

[Voice Mailbox]

[Phone Menu]

[Playback Message Settings]

[Send Message Settings]

[Greetings]

[Notification Devices]

[Alternate Extensions]

[Alternate Names]

[Private Distribution Lists]

[Call Transfer Rules]

[External Service Accounts]


 

デフォルト設定でのアカウントの追加(ボイスメールボックスを持たないユーザの場合)

ボイスメールボックスを持つユーザはエンド ユーザです。ボイスメールボックスを持たないユーザはシステム管理者です。組織内のシステム管理者がボイスメールボックスを必要とする場合は、システム管理者ごとに別個のアカウントを設定することをお勧めします。つまり、Connection Administration にログオンして管理タスクを実行するときに使用する、ボイスメールボックスを持たないユーザ アカウントとは別に、ボイス メッセージを送受信するときに使用する、ボイスメールボックスを持つユーザ アカウントを設定します。

デフォルトの Web アプリケーション パスワードは、作成した各管理者アカウントに適用されます。デフォルトの Administrator Template を使用して新しいアカウントを作成する場合、そのアカウントに関連付けられるデフォルトのパスワードは、ランダムに生成された文字列であることに注意してください。したがって、デフォルトの Administrator Template を使用して新しい管理アカウントを作成する場合は、ランダムに生成された文字列の代わりにそのテンプレートで使用される新しいデフォルト パスワードを事前に入力するか、新しいアカウントを作成するたびにパスワードを変更する必要があります。システムのセキュリティを強化するためには、できるだけ早くパスワードを変更するように管理者に指示するとともに、パスワードの複雑さを規定するルールを適用することをお勧めします。

デフォルト設定でアカウントを追加する(ボイスメールボックスを持たないユーザの場合)

ボイスメールボックス アカウントを持たないユーザをデフォルト設定のまま作成すると、そのアカウントは System Administrator ロールに割り当てられます。このロールは、最高レベルの特権を持つ管理者ロールです。


ステップ 1 Cisco Unity Connection Administration で、 [Users] をクリックします。

ステップ 2 [Search Users] ページで、 [Add New] をクリックします。[New User] ページが開きます。

ステップ 3 [User Type] リストで、 [User Without Voice Mailbox] をクリックします。

ステップ 4 [Based on Template] リストで、 [AdministratorTemplate] をクリックします。

ステップ 5 [Alias] フィールドに、アカウントのエイリアスを入力します。

ステップ 6 必要に応じて、次のオプションのフィールドに情報を入力します(フィールドの情報については、[Help] メニューの [Help for This Page] をクリックしてください)。

[SMTP Address] フィールドは、値を入力しなかった場合に、Connection がエイリアスを使用して SMTP アドレスを形成するという意味ではオプションです。ただし、SMTP アドレスには ASCII 以外の文字を含めることはできません。そのため、ユーザ エイリアスが ASCII 以外の文字を含む場合には、条件に合った SMTP アドレスを指定する必要があります。

ステップ 7 [Save] をクリックします。[Edit User Basics] ページが開きます。

ステップ 8 必要に応じて、オプションのフィールドに情報を入力します。デフォルト設定は変更しないでください。

ステップ 9 ステップ 8 で設定を追加した場合は、 [Save] をクリックします。

ステップ 10 Connection のデフォルト テンプレート設定で、ユーザ アカウントが作成されました。


 

カスタム設定でのアカウントの追加(ボイスメールボックスを持たないユーザの場合)

カスタム管理アカウントを作成するには、次の手順を実行します。

デフォルトの Web アプリケーション パスワードは、作成した各管理者アカウントに適用されます。デフォルトの Administrator Template を使用して新しいアカウントを作成する場合、そのアカウントに関連付けられるデフォルトのパスワードは、ランダムに生成された文字列であることに注意してください。したがって、デフォルトの Administrator Template を使用して新しい管理アカウントを作成する場合は、ランダムに生成された文字列の代わりにそのアカウントで使用される新しいデフォルト パスワードを事前に入力するか、新しいアカウントを作成するたびにパスワードを変更する必要があります。システムのセキュリティを強化するためには、できるだけ早くパスワードを変更するように管理者に指示するとともに、パスワードの複雑さを規定するルールを適用することをお勧めします。

カスタム設定でアカウントを追加する(ボイスメールボックスを持たないユーザの場合)

ユーザ アカウントを設定して、Greetings Administrator ロール(Cisco Unity グリーティング管理 へのアクセスをユーザに許可するロール)に割り当てる場合は、この手順ではなく、「Greetings Administrator のアカウントを追加する」の手順を実行してください。Greetings Administrator には管理者ロールが割り当てられますが、この管理者は Connection Administration へのアクセス権を持たないため、管理者用のユーザ アカウント設定の多くは適用されません。


ステップ 1 System Administrator ロールに設定されたアカウントで Cisco Unity Connection Administration にログオンします。

ステップ 2 ナビゲーション ペインで、 [Users] をクリックします。

ステップ 3 [Search Users] ページで、 [Add New] をクリックします。

ステップ 4 [New User] ページの [User Type] リストで、 [User Without Voice Mailbox] をクリックします。

ステップ 5 [Based on Template] リストで、 [AdministratorTemplate] をクリックするか、この目的のために作成した別の適切なテンプレートをクリックします。

ステップ 6 アカウントのエイリアスを入力します。

ステップ 7 必要に応じて追加の情報を入力し、 [Save] をクリックします。

[SMTP Address] フィールドは、値を入力しなかった場合に、Connection がエイリアスを使用して SMTP アドレスを形成するという意味ではオプションです。ただし、SMTP アドレスには ASCII 以外の文字を含めることはできません。そのため、ユーザ エイリアスが ASCII 以外の文字を含む場合には、条件に合った SMTP アドレスを指定する必要があります。

ステップ 8 [Edit User Basics] ページで、必要に応じて追加の情報を入力します。このページで設定を変更した場合は、 [Save] をクリックします。

ステップ 9 [Edit] メニューの [Roles] をクリックします。

ステップ 10 [Edit Roles] ページの [Assigned Roles] または [Available Roles] フィールドでロール名をクリックし、上矢印または下矢印をクリックしてロールを適切なフィールドに移動します。

ステップ 11 すべての適切な管理者ロールを [Assigned Roles] フィールドに含めたら、 [Save] をクリックします。

ステップ 12 [Edit] メニューの [Password Settings] をクリックします。

ステップ 13 [Edit Password Settings] ページで、管理者が Connection Administration にアクセスするときに使用するパスワードの設定を、次のように入力します。

a. [User Must Change at Next Login] チェックボックスがオンであることを確認します。このチェックボックスがオンの場合、管理者は初めてログインしたときにパスワードの変更を求められます。

b. [Authentication Rule] リストで、適切なルールをクリックします。

ステップ 14 [Save] をクリックします。

ステップ 15 [Edit] メニューの [Change Password] をクリックします。

ステップ 16 [Change Password] ページで、[Password] フィールドにパスワードを入力します。パスワードは、パスワードの複雑さに関する次の要件を満たしている必要があります。

最低限必要な長さの要件([Edit Authentication Rule] ページの [Minimum Credential Length] フィールドで設定されたもの)。

大文字、小文字、数字、および記号(~ ! @ # $ % ^ * " ‘ , . : ; ? - _ ( ) [ ] < > { } + = / \ |)の各カテゴリから少なくとも 1 文字が使用されている。

同じ文字が 4 回以上連続して繰り返されていない(たとえば、aaaaB1C9 は無効)。

管理者のエイリアスまたは名前が含まれていない。

ステップ 17 [Confirm Password] フィールドにパスワードを再入力します。

ステップ 18 [Save] をクリックします。


 

Greetings Administrator のアカウントを追加する


ステップ 1 Cisco Unity Connection Administration で、 [Users] をクリックします。

ステップ 2 [Search Users] ページで、 [Add New] をクリックします。

ステップ 3 [New User] ページの [User Type] リストで、 [User With Voice Mailbox] をクリックします。

ステップ 4 [Based on Template] リストで、適切なテンプレートをクリックします。デフォルトの VoiceMailUserTemplate を使用することも、特にこの目的のためにユーザ テンプレートを作成することもできます。

ステップ 5 エイリアス、姓名、内線番号を入力します。

[SMTP Address] フィールドは、値を入力しなかった場合に、Connection がエイリアスを使用して SMTP アドレスを形成するという意味ではオプションです。ただし、SMTP アドレスには ASCII 以外の文字を含めることはできません。そのため、ユーザ エイリアスが ASCII 以外の文字を含む場合には、条件に合った SMTP アドレスを指定する必要があります。

ステップ 6 [Save] をクリックします。

ステップ 7 [Edit User Basics] ページで、必要に応じて追加の情報を入力します。このページで設定を変更した場合は、 [Save] をクリックします。

ステップ 8 [Edit] メニューの [Roles] をクリックします。

ステップ 9 [Edit Roles] ページの [Available Roles] フィールドで、 [Greeting Administrator] をクリックしてから、上矢印をクリックして [Assigned Roles] フィールドに移動します。

ステップ 10 [Save] をクリックします。

ステップ 11 [Edit] メニューの [Password Settings] をクリックします。

ステップ 12 [Edit Password Settings] ページの [Choose Password] リストで、 [Voice Mail] が選択されていることを確認します。

ステップ 13 Greetings Administrator が Connection に電話でアクセスするときに使用するパスワードの設定を、次のように入力します。

a. [User Must Change at Next Login] チェックボックスがオンであることを確認します。このチェックボックスがオンの場合、Greeting Administrator は初めてログインしたときにパスワードの変更を求められます。

b. [Authentication Rule] リストで、適切なルールをクリックします。

ステップ 14 [Save] をクリックします。

ステップ 15 [Edit] メニューの [Change Password] をクリックします。

ステップ 16 [Change Password] ページの [Choose Password] リストで、 [Voice Mail] が選択されていることを確認します。

ステップ 17 パスワードを入力します。

ステップ 18 [Confirm Password] フィールドにパスワードを再入力します。

ステップ 19 [Save] をクリックします。