Cisco Unity Connection ユーザの移動、追加、変更 ガイド Release 1.x
サービス クラスの追加、修正、削除
サービス クラスの追加、修正、削除
発行日;2012/02/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 863KB) | フィードバック

目次

サービス クラスの追加、修正、削除

サービス クラスの追加

サービス クラスの修正

サービス クラスの削除

サービス クラスの追加、修正、削除

Cisco Unity Connection の使用に関する制限と権限は、Class of Service(CoS; サービス クラス)で定義します。CoS には次の機能があります。

Cisco Unity Inbox など、ライセンス付きの機能に対するユーザのアクセスを制御します。


) CoS に、個別のライセンスが必要な機能へのアクセス権が含まれている場合、十分なライセンスがある場合に限り、その CoS にユーザのグループを割り当てることができます。


パーソナル着信転送ルールなど、ライセンスが不要の機能に対するユーザのアクセスを制御します。

ユーザと Connection がどのように対話するかを制御します。たとえば、CoS では、ユーザ メッセージおよびグリーティングの最大の長さを設定したり、電話ディレクトリへの登録をユーザが選択するのを許可したりします。

着信転送オプションを設定します。

ユーザに許可するプライベート同報リストの数、および各リストに含めることのできるメンバーの数を指定します。

ユーザが転送や発信時に使用可能な電話番号を設定するときに使用する、制限テーブルを指定します。

CoS は、各ユーザ テンプレートで指定します。したがって、ユーザは、ユーザ アカウントの作成に使用されたテンプレートで指定された CoS に割り当てられます。ユーザは、いつでも別の CoS に再割り当てることができます。


) CoS は、ボイスメールボックスを持たないユーザ アカウントまたはユーザ テンプレートには指定されません。CoS のページの設定は、ボイスメールボックスを持つユーザだけに適用されます。


次の項を参照してください。

「サービス クラスの追加」

「サービス クラスの修正」

「サービス クラスの削除」

サービス クラスの追加

サービス クラスを作成する


ステップ 1 Cisco Unity Connection Administration で [Class of Service] を展開し、 [Class of Service] をクリックします。

ステップ 2 [Search Class of Service] ページで、 [Add New] をクリックします。

ステップ 3 [Edit Class of Service] ページで、必要に応じて次の設定を入力します。


) *(アスタリスク)のマークが付いているフィールドは必須です。


ステップ 4 [Save] をクリックします。


 

サービス クラスの修正

CoS の設定に対する変更は、新しいメンバーだけでなく、その CoS の既存のメンバーにも影響します。CoS に変更を加えると、その CoS に関連付けられたユーザ アカウントも変更され、アップデートを反映します。たとえば、CoS のメンバーが現在、ライセンスされた機能へのアクセスを許可されている場合、管理者が CoS を変更してその機能へのアクセス権を削除すると、それらのユーザは次回 Cisco Unity Connection にログオンしたときから、その機能を利用できなくなります。

ユーザ テンプレートのページで指定されている CoS を変更しても、そのテンプレートを使用してすでに作成されているユーザ アカウントは変更されません。また、新しい CoS に再割り当てされることもありません。ユーザ テンプレートに変更を加えた場合、アップデートされたテンプレート設定は、それ以後にそのテンプレートを使用して作成されたユーザ アカウントだけに影響します。CoS に変更を加えるには、次の「サービス クラスを修正する」を実行します。

ユーザを CoS に再割り当てする場合は、次のいずれかの手順を実行します。

「ユーザをサービス クラスに割り当てるまたは再割り当てする」:1 つのユーザ アカウントの CoS に変更を加えるには、この手順を実行します。

「複数のユーザをサービス クラスに再割り当てする」:25 人までのユーザを一度に別の CoS に再割り当てするには、この手順を実行します(ユーザのグループを別のサービス クラスに再割り当てするには、Cisco Unity Connection Bulk Administration Manager を使用することもできます。Bulk Administration Manager のヘルプを参照してください)。

サービス クラスを修正する


ステップ 1 Cisco Unity Connection Administration で [Class of Service] を展開し、 [Class of Service] をクリックします。

ステップ 2 [Search Class of Service] ページで、該当するサービス クラスの表示名をクリックします。


) 検索結果テーブルにそのサービス クラスが表示されない場合は、ページの上部にある検索フィールドに適切なパラメータを設定し、[Find] をクリックします。


ステップ 3 [Edit Class of Service] ページで、必要に応じて設定を変更します。

ステップ 4 [Save] をクリックします。


 

ユーザをサービス クラスに割り当てるまたは再割り当てする


ステップ 1 Cisco Unity Connection Administration で、 [Users] をクリックします。

ステップ 2 [Search Users] ページの [Search Results] テーブルで、該当するユーザのエイリアスをクリックします。


) 検索結果テーブルにそのユーザのエイリアスが表示されない場合は、ページの上部にある検索フィールドに適切なパラメータを設定し、[Find] をクリックします。


ステップ 3 [Edit User Basics] ページの [Class of Service] フィールドで、該当するサービス クラスをクリックします。

ステップ 4 [Save] をクリックします。


 

複数のユーザをサービス クラスに再割り当てする


ステップ 1 Cisco Unity Connection Administration で [Class of Service] を展開し、 [Class of Service Membership] をクリックします。

ステップ 2 [Search Class of Service Members] ページの [Find Class of Service Members] のフィールドに、ユーザの移動元の CoS に応じたパラメータを設定し、 [Find] をクリックします。

ステップ 3 [Class of Service Members Search Results] テーブルで、別の CoS に移動するユーザのエイリアスの左にあるチェックボックスをオンにします。一度に最大 25 人のユーザを移動できます。

ステップ 4 [To] フィールドで、ステップ 3 で選択したユーザの移動先の CoS の名前をクリックします。

ステップ 5 [Move Selected User] をクリックします。


 

サービス クラスの削除

CoS を削除する前に、その CoS のすべてのメンバーを別の CoS に再割り当てする必要があります。次の手順を実行します。

サービス クラスを削除する


ステップ 1 Cisco Unity Connection Administration で [Class of Service] を展開し、 [Class of Service Membership] をクリックします。

ステップ 2 [Search Class of Service Members] ページの [Find Class of Service Members] のフィールドに、削除する CoS に応じたパラメータを設定し、 [Find] をクリックします。

ステップ 3 [Class of Service Members Search Results] テーブルで、別のサービス クラスに移動するユーザのエイリアスの左にあるチェックボックスをオンにします。

ステップ 4 [To] フィールドで、ステップ 3 で選択したユーザの移動先のサービス クラスの名前をクリックします。

ステップ 5 [Move Selected User] をクリックします。

ステップ 6 削除するサービス クラス内にメンバーがないことが [Class of Service Members Search Results] テーブルに表示されるまで、ステップ 3ステップ 5 を繰り返します。


) 変更内容を [Search Results] テーブルに反映するには、場合によっては、[Refresh] をクリックする必要があります。


ステップ 7 [Class of Service] を展開し、 [Class of Service] をクリックします。

ステップ 8 [Search Class of Service] ページで、削除するサービス クラスの表示名の左にあるチェックボックスをオンにします。


) 検索結果テーブルにそのサービス クラスが表示されない場合は、ページの上部にある検索フィールドに適切なパラメータを設定し、[Find] をクリックします。


ステップ 9 [Delete Selected] をクリックします。

ステップ 10 [OK] をクリックして、削除を確認します。