Cisco Unity Connection ユーザの移動、追加、変更 ガイド Release 1.x
サービス クラスによって制御される機 能の設定
サービス クラスによって制御される機能の設定
発行日;2012/02/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 863KB) | フィードバック

目次

サービス クラスによって制御される機能の設定

パーソナル着信転送ルール

ユーザのの有効化と無効化

外部サービスのアカウント作成によるMicrosoft Exchange カレンダーおよび連絡先へのアクセス

Exchange 電子メールへのテキスト/スピーチ アクセス

音声認識機能

ボイス メッセージへの IMAP クライアント アクセス

プライベート同報リスト

サービス クラスによって制御される機能の設定

Cisco Unity Connection では、一部の機能は Class of Service(CoS; サービス クラス)によって制御されます。これには、ユーザ ライセンスが必要な機能も含まれます。CoS は、各ユーザ テンプレートで指定します。したがって、ユーザは、ユーザ アカウントの作成に使用されたテンプレートで指定された CoS に割り当てられます。ユーザは、いつでも別の CoS に再割り当てることができます。


) CoS に、個別のライセンスが必要な機能へのアクセス権が含まれている場合、十分なライセンスがある場合に限り、その CoS にユーザのグループを割り当てることができます。


サービス クラスによって制御される機能の設定の詳細と手順については、次の項を参照してください。

「パーソナル着信転送ルール」

「Exchange 電子メールへのテキスト/スピーチ アクセス」

「音声認識機能」

「ボイス メッセージへの IMAP クライアント アクセス」

「プライベート同報リスト」

パーソナル着信転送ルール

パーソナル着信転送ルール を使用することで、Connection ユーザは着信転送ルールを設定することができ、次のいずれかまたはすべての条件に基づいて着信を転送およびスクリーニングすることができます。

発信者の識別情報

時刻

会議スケジュール

Connection ユーザは、着信をボイスメールに転送するか、別の電話番号に転送するか、一連の通知先(これには、少なくとも 1 つの電話番号を含める必要があります。また、SMS 通知および SMTP 通知のデバイスを含めることができます)に転送するかを指定できます。

パーソナル着信転送ルールが有効の場合、ユーザは直接着信と間接着信の両方を転送できます。通話保留とスクリーニングのオプションも、直接着信と間接着信の両方に適用されます。パーソナル着信転送ルールが適用される場合、通話保留は、プライマリ内線番号への着信だけに適用されます。スクリーニング オプションは、ルールで選択されている場合にだけ適用されます。

パーソナル着信転送ルール Web ツールでは、次の追加機能が Connection ユーザに提供されます。

 

個人連絡先リスト

Connection ユーザは、個人連絡先のディレクトリを設定できます。これは、Connection ディレクトリ内の情報を補足するものです。
Connection は、個人連絡先リストを使用して着信を転送します。また、Connection のユーザがユーザ スピーチ認識ガイダンスを使用する場合は、このリストを使用して電話を発信します。

発信者グループ

Connection ユーザは、発信者をグループにまとめることができます。それによって、複数の発信者に対して 1 つのルールを適用でき、同じルールを何度も作成せずにすみます。発信者グループには、他の Connection ユーザ、システム連絡先、または個人連絡先を含めることができます。

個人通知先

通知デバイスの他に、Connection ユーザは、自ら設定したルールに基づいて、Connection が着信を転送できる連絡先電話番号のディレクトリを作成できます。

通知先グループ

Connection ユーザは、個人通知先と通知デバイスのグループを作成できます。通知先グループに着信を転送する場合、Connection は、グループ内で通知先がリストされている順序で各通知先に着信を転送します。応答があるか、発信者が電話を切るか、グループ内の最後の通知先に達するまで、転送は続行されます。Connection ユーザは、通知先の順序を指定したり、Connection が各通知先の応答を待機する呼び出し回数を指定したりできます。

着信転送ルールのテスト機能

着信転送ルールのテスト機能を使用すると、ユーザおよび管理者は、実際のルールに基づいて Connection が着信を転送する方法を確認できます。

すべて転送ルール

すべて転送ルールは、すべての着信を指定の時刻に特定の転送先に転送する単一のルールです。このルールを作成およびアクティブ化できるのは、電話を使用する場合のみです。

すべての着信を Cisco Unity Connection に転送

プライマリ内線電話を鳴らす代わりに、着信に対してパーソナル着信転送ルールを自動的に適用するには、Connection ユーザはすべての着信を Cisco Unity Connection に転送できます。

パーソナル着信転送ルールを作成する場合、ボイスメールボックスを持つユーザは、この機能が有効になっているサービス クラスに属している必要があります。このサービス クラスの設定を変更する方法の詳細については、「ユーザのパーソナル着信転送ルールの有効化と無効化」を参照してください。

ユーザは、Cisco Unity パーソナル着信転送ルール Web ツールを使用して パーソナル着信転送ルール を作成できます。この機能は、Cisco Unity Connection システムが Cisco CallManager または Cisco CallManager Express と統合されている場合に限りサポートされます。

オプションで、ユーザが Exchange カレンダーおよび連絡先データを使用して パーソナル着信転送ルール を作成できるように、Connection を設定できます。詳細については、「Cisco Unity Connection 外部サービスのアカウント作成によるMicrosoft Exchange カレンダーおよび連絡先へのアクセス」を参照してください。


注意 ライセンス設定によっては、パーソナル着信転送ルールが使用できない場合があります。

パーソナル着信転送ルール、スクリーニング、および通話保留のオプションが Connection ユーザのサービス クラスで有効になっている場合、Cisco Personal Communications Assistant の通話保留およびスクリーニングのオプションは、Cisco Unity Assistant ではなく、Cisco Unity パーソナル着信転送ルール Web ツールに表示されることに注意してください。同様に、管理者がユーザの着信転送オプションを修正する場合は、Cisco Unity Connection Administration の [Transfer Options] ページに移動するのではなく、[Call Transfer Rules] ページに移動します。この操作により、そのユーザのパーソナル着信転送ルール Web ツールが起動します。

ユーザのパーソナル着信転送ルールの有効化と無効化

パーソナル着信転送ルール を有効または無効にするには、パーソナル着信転送ルール機能のサービスクラス(COS)の設定を変更します。

ユーザの パーソナル着信転送ルール を有効または無効にする


ステップ 1 Cisco Unity Connection Administration で [Class of Service] を展開し、[Class of Service] をクリックします。

ステップ 2 [Search Class of Service] ページの [Class of Service Search Results] で、該当するサービス クラスをクリックします。


) 検索結果テーブルに該当するサービス クラスが表示されない場合は、ページの上部にある検索フィールドに適切なパラメータを設定し、[Find] をクリックします。


ステップ 3 [Edit Class of Service] ページの [Features] で、次のいずれかの操作を実行します。

パーソナル着信転送ルールを有効にするには、[Allow Users to Use Personal Call Transfer Rules] チェックボックスをオンにします。

パーソナル着信転送ルールを無効にするには、[Allow Users to Use Personal Call Transfer Rules] チェックボックスをオフにします。

ステップ 4 [Save] をクリックします。


 

Cisco Unity Connection 外部サービスのアカウント作成によるMicrosoft Exchange カレンダーおよび連絡先へのアクセス

ユーザが Cisco Unity パーソナル着信転送ルール機能にアクセスできる CoS に属する場合は、ユーザが Exchange のカレンダー情報にアクセスしたり、Exchange の[連絡先]をインポートしたりできるように、Cisco Unity Connection を設定することができます。これによって、ユーザは Exchange カレンダーおよび連絡先に基づいて パーソナル着信転送ルール を作成できます。

この機能を有効にするには、Exchange データにアクセスできるようにするユーザごとに、Connection 外部サービス アカウントを作成します。外部サービス アカウントは、ユーザのメールボックスを保存する Exchange サーバを指定します。

「Connection 外部サービス アカウントを作成して、Microsoft Exchange カレンダーと連絡先にアクセスする」 の手順を実行する前に、あらかじめ Connection および Microsoft Exchange を『 Cisco Unity Connection インストレーション ガイド
http://www.cisco.com/en/US/products/ps6509/prod_installation_guides_list.html から入手可能)で説明されているとおりに設定しておく必要があります。

Microsoft Exchange カレンダー

Connection は、ユーザの Exchange カレンダーにアクセスして、そのユーザが会議中かどうかを判別します。

ユーザが、会議に参加中の着信転送ルールを作成した場合、会議の[予定の公開方法]設定が「予定あり」と設定されていれば、Connection によりルールが適用されます。「外出中」、「仮の予定」、または「空き時間」とマークされている会議は、Connection がルールを評価するときに考慮されません。


) [予定表]情報は、30 分おきにアップデートされます。したがって、新しい会議は Connection でただちに考慮されない場合があります。


Microsoft Exchange の[連絡先]

Connection ユーザは、各自の Exchange の[連絡先]フォルダから Connection 個人連絡先リストにエントリをインポートできます。Connection は、Exchange サーバに保存されている連絡先の名前、電話番号、および電子メール アドレスをインポートします。

Connection 外部サービス アカウントを作成して、Microsoft Exchange カレンダーと連絡先にアクセスする


ステップ 1 Cisco Unity Connection Administration で、 [Users] をクリックします。

ステップ 2 [Search Users] ページの [Search Results] テーブルで、該当するユーザのエイリアスをクリックします。


) 検索結果テーブルにそのユーザが表示されない場合は、ページの上部にある検索フィールドに適切なパラメータを設定し、[Find] をクリックします。


ステップ 3 [Edit User Basics] ページの [Edit] メニューで、[External Service Accounts] をクリックします。

ステップ 4 [External Service Accounts] ページで、[Add New] をクリックします。

ステップ 5 [Account Login] フィールドに、ユーザの Active Directory ユーザ ログオン名を入力します。

ステップ 6 [Service Type] リストで、[WebDav] を選択します。

ステップ 7 [Remote Server] リストで、WebDav サービスの名前を選択します。

ステップ 8 [Server URL Suffix] フィールドに、ユーザの Exchange アカウント ログオン名を入力します。

ステップ 9 [Save] をクリックします。


 

Exchange 電子メールへのテキスト/スピーチ アクセス

ユーザが Text to Speech(TTS; テキスト/スピーチ)を使用して Exchange 電子メールを電話で聞くことができるように、Exchange と Cisco Unity Connection を設定できます。この機能をユーザに対して有効にするには、適切なライセンスが必要です。また、サービス クラス設定を修正する必要もあります。

Connection は、TTS でメッセージを再生できるように、IMAP プロトコルを使用して Exchange 内の電子メール メッセージにアクセスします。デフォルトでは、Exchange はメッセージへの IMAP アクセスを許可しないように設定されています。

メッセージ タイプ メニューが有効な場合、Connection は、ユーザがログオンした後に新しい電子メール メッセージの数を通知します。このメニューを有効にする方法については、「メッセージ タイプ メニューの有効化」を参照してください。

ユーザは、この機能を Cisco Unity Assistant からオンまたはオフにできます。

TTS 機能による Exchange 電子メールの読み上げをユーザに許可するには、次の手順を示されている順序どおりに実行します。

サービス クラスで TTS を有効にする


ステップ 1 Cisco Unity Connection Administration で [Class of Service] を展開し、 [Class of Service] をクリックします。

ステップ 2 [Search Class of Service] ページの [Search Results] テーブルで、該当するサービス クラスの表示名をクリックします。


) 検索結果テーブルにそのサービス クラスが表示されない場合は、ページの上部にある検索フィールドに適切なパラメータを設定し、[Find] をクリックします。


ステップ 3 [Edit Class of Service] ページの [Licensed Features] で、 [Allow Users to Access Voice Recognition or Text to Speech for E-Mail] チェックボックスをオンにします。

ステップ 4 [Features] の [Allow Users to Use Text to Speech to Read E-Mail] チェックボックスをオンにします。

ステップ 5 [Save] をクリックします。

ステップ 6 TTS を有効にするサービス クラスごとに、ステップ 2ステップ 5 を繰り返します。


 

Cisco Unity Connection ユーザに対して TTS を有効にする


ステップ 1 Cisco Unity Connection Administration で、 [Users] をクリックします。

ステップ 2 [Search Users] ページの [Search Results] テーブルで、該当するユーザのエイリアスをクリックします。


) 検索結果テーブルにそのユーザが表示されない場合は、ページの上部にある検索フィールドに適切なパラメータを設定し、[Find] をクリックします。


ステップ 3 [Edit User Basics] ページの [Edit] メニューで、 [External Service Accounts] をクリックします。

ステップ 4 [Add New] をクリックします。

ステップ 5 [New External Service Account] ページの [Account Login] フィールドに、この Cisco Unity Connection ユーザをアクセスできるようにする Exchange メールボックスに関連付けられている Active Directory アカウント エイリアスを入力します。

ステップ 6 [Message Store Type] フィールドで [IMAP] をクリックします。

ステップ 7 [Remote Server] フィールドで、このユーザの Exchange メールボックスがある Exchange サーバに関連付けられている外部サービスの名前をクリックします。

ステップ 8 [Save] をクリックします。

ステップ 9 TTS を有効にするユーザごとに、ステップ 3ステップ 8 を繰り返します。


 

音声認識機能

音声認識機能にアクセスすることにより、ユーザは電話機のタッチトーン キーを使用する代わりに、ボイス コマンドで Cisco Unity Connection を操作できます。このガイダンスをユーザに対して有効にするには、適切なライセンスが必要です。また、サービス クラス設定を修正する必要もあります。

音声認識を有効にすると、ユーザは Cisco Unity Assistant からこの機能をオンまたはオフにすることができます。

音声認識ガイダンスを有効にする


ステップ 1 Cisco Unity Connection Administration で [Class of Service] を展開し、 [Class of Service] をクリックします。

ステップ 2 [Search Class of Service] ページの [Search Results] テーブルで、該当するサービス クラスの表示名をクリックします。


) 検索結果テーブルにそのサービス クラスが表示されない場合は、ページの上部にある検索フィールドに適切なパラメータを設定し、[Find] をクリックします。


ステップ 3 [Edit Class of Service] ページの [Licensed Features] で、[Allow Users to Access Voice Recognition or Text to Speech for E-Mail] チェックボックスをオンにします。

ステップ 4 [Features] の [Allow Users to Use Voice Recognition] チェックボックスをオンにします。

ステップ 5 [Save] をクリックします。


 

ユーザに対して音声認識ガイダンスを設定するには、「ガイダンス バージョンを設定する」の手順を参照してください。

ボイス メッセージへの IMAP クライアント アクセス

ボイス メッセージへの IMAP クライアント アクセスを、サービス クラスに関連付けられているユーザに対して有効にするには、次の手順を実行します。

IMAP クライアント アクセスを有効にするためにここで実行する操作にかかわらず、ユーザは Cisco Unity Connection 電話ガイダンスおよび Cisco Unity Inbox(該当する場合)を使用して、メッセージに全面的にアクセスできます。


) ユーザが、IMAP クライアント アプリケーションでボイス メッセージを送信、転送、または返信することはできません。暗号化されたメッセージ本文に、IMAP クライアントからアクセスすることはできません。


ユーザのワークステーションで IMAP クライアント ソフトウェアを設定する手順については、『 Cisco Unity Connection ユーザ セットアップ ガイド 』を参照してください。このガイドは、
http://www.cisco.com/en/US/products/ps6509/prod_maintenance_guides_list.html から入手可能です。

適切なサービス クラスでボイス メッセージへの IMAP クライアント アクセスを有効にする


ステップ 1 Cisco Unity Connection Administration で [Class of Service] を展開し、 [Class of Service] をクリックします。

ステップ 2 [Search Class of Service] ページの [Search Results] テーブルで、該当するサービス クラスの表示名をクリックします。


) 検索結果テーブルにそのサービス クラスが表示されない場合は、ページの上部にある検索フィールドに適切なパラメータを設定し、[Find] をクリックします。


ステップ 3 [Edit Class of Service] ページの [Licensed Features] で、[Allow Users to Access Voice Mail Using an IMAP Client] チェックボックスをオンにします。

ステップ 4 次のオプションをいずれかを選択します。

Allow Users to Access Message Bodies:ユーザはすべてのボイスメールにアクセスできます。

Allow Users to Access Message Bodies Except on Private Messages:メッセージにプライベートのマークが付いていない限り、ユーザはすべてのボイスメールにアクセスできます。プライベートのマークが付いている場合は、メッセージ ヘッダーのみにアクセスできます。

Allow Users to Access Message Headers Only:ユーザはメッセージ ヘッダーのみにアクセスできます。

ステップ 5 [Save] をクリックします。

ステップ 6 IMAP クライアントからのボイスメール アクセスを有効にするサービス クラスごとに、ステップ 2ステップ 5 を繰り返します。


 

プライベート同報リスト

プライベート同報リストは、システム同報リストと同様に、ボイス メッセージを一度に複数のユーザに送信するために使用されます。プライベート同報リストにボイス メッセージを送信できるのは各ユーザだけですが、管理者は Cisco Unity Connection Administration で、ユーザのプライベート同報リストを設定できます。

ユーザは、Cisco Unity Assistant または電話を使用して、各自のプライベート同報リストを管理できます。詳細については、『 Cisco Unity Connection ユーザ ガイド 』の「プライベート同報リスト設定の変更」の章を参照するようにユーザに勧めてください。このガイドは、
http://www.cisco.com/en/US/products/ps6509/products_user_guide_list.html から入手可能です。

[Class of Service] ページの [Private Distribution Lists] で、ユーザが Connection ガイダンスまたは Cisco Unity Assistant を使用してリストを管理するときに使用可能な最大リスト数と、各リストに追加できる最大メンバー数を指定します。

[Maximum Number of Lists Per User]

[Class of Service] ページで、CoS に関連付けられた各ユーザに許可する最大リスト数を設定できます。ユーザごとに最大 99 個のプライベート同報リストを許可できます。

Cisco Unity Connection ガイダンスと Cisco Unity Assistant の両方では、最大リスト数にユーザが達した時点を判別するためにこの CoS 設定が使用されますが、それぞれのアプリケーションでは、次のように異なる方法でユーザが所有するリストの数が計算されます。

ユーザが電話を使用して、メンバーを加えることで新しいリストを作成すると、Cisco Unity Connection ガイダンスは、メンバーがあるプライベート同報リストの数を計算し、その合計をこの設定の値と比較して、そのユーザがリスト制限に達しているかどうかを判別します。メンバーがないリスト(未設定のリスト)は、ユーザが所有する合計リスト数に含められません。これは、リストに録音名またはテキスト名がある場合でも同じです。

ユーザが Cisco Unity Assistant を使用して新しいリストを作成すると、Cisco Unity Assistant は、録音名、テキスト名、またはメンバーがあるリストの数を計算し、その合計をこの設定の値と比較して、そのユーザがリスト制限に達しているかどうかを判別します。メンバーがないリストでも、録音名またはテキスト名がある限り、この合計に含められます。

つまり、ユーザが 15 個のプライベート同報リストを所有できる CoS に属していて、メンバーが指定されている 12 個のリストと、録音名は指定されているがメンバーは指定されていない 2 個のリストを所有している場合、ユーザが電話を使用してリストを作成すると、Cisco Unity Assistant を使用した場合より多くのリストを、リスト制限に達するまで作成できます。

この例では、ユーザが Cisco Unity Connection ガイダンスを使用した場合は、2 個の未設定のリストにメンバーを追加した上で新しいリストを 1 個作成するか、3 個の新しいリストを作成することで、ユーザはリスト制限に達します。ユーザが 3 個の新しいリストを作成することで制限に達した場合は、2 個のリストを削除しない限り、2 個の未設定のリストにメンバーを追加することはできません。

ユーザが Cisco Unity Assistant を使用した場合は、1 個の新しいリストを作成することで、ユーザはリスト制限に達します。リスト制限に達しても、ユーザは 2 個の未設定のリストにメンバーを追加できます。

[Maximum Number of Members Per List]

[Class of Service] ページでは、ユーザがプライベート同報リストに追加できる最大メンバー数を指定することもできます。最大で 999 人のメンバーを許可できます。