Cisco Unity Connection ユーザの移動、追加、変更 ガイド Release 1.x
Cisco Unity Connection ユーザ、連絡 先、デフォルト アカウント、およびデ フォルト システム同報リストの概要
Cisco Unity Connection ユーザ、連絡先、デフォルト アカウント、およびデフォルト システム同報リストの概要
発行日;2012/02/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 863KB) | フィードバック

目次

Cisco Unity Connection ユーザ、連絡先、デフォルト アカウント、およびデフォルト システム同報リストの概要

ユーザ アカウントについて

連絡先について

連絡先のタイプ

連絡先の使用方法

デフォルト ユーザ アカウント

デフォルト システム同報リスト

Cisco Unity Connection ユーザ、連絡先、デフォルト アカウント、およびデフォルト システム同報リストの概要

この章には、次の項があります。

「ユーザ アカウントについて」

「連絡先について」

「デフォルト ユーザ アカウント」

「デフォルト システム同報リスト」

ユーザ アカウントについて

Cisco Unity Connection には、次の 2 タイプのユーザがあります。

ボイスメールボックスを持つユーザ :ボイス メッセージを送受信する必要のあるユーザ。パーソナル着信転送ルールや Cisco Unity Inbox など、その他の Connection 機能の使用が許可されている場合があります。

ボイスメールボックスを持たないユーザ :ボイス メッセージを送受信する必要はないが、システム管理のためのアクセスが必要なユーザです。ボイスメールボックスなしで設定されたユーザ アカウントには内線番号がなく、ライセンスが与えられたユーザとしてカウントされません。

通常、ボイスメールボックスを持たないユーザには、Connection に対する管理アクセスだけが必要です。このタイプのユーザには、6 つの定義済み管理者ロールのうち任意のロールを割り当てることができます。ロールとは、管理者が Cisco Unity Connection Administration で実行できる作業を指定するためのものです。Connection には、次の定義済み管理者ロールが用意されています。

Audio Text Administrator :コール ハンドラ、ディレクトリ ハンドラ、およびインタビュー ハンドラを管理します。

Greeting Administrator :Cisco Unity グリーティング管理 へのアクセスを許可することにより、コール ハンドラで記録したグリーティングを、電話により管理します。この管理者ロールを割り当てられたユーザは、電話で Connection にアクセスする必要があるため、ボイスメールボックスを持つユーザでもある必要があります。

Help Desk Administrator :ユーザ パスワードのリセットおよびユーザ アカウントのロック解除を行います。また、ユーザ設定のページを表示することもできます。

Technician :ボイス メッセージ システム サーバおよび電話システム インテグレーション設定の管理を有効にするすべての機能にアクセスできます。すべてのレポートの実行、診断ツールの使用、およびすべてのシステムとユーザの設定ページの表示が可能です。

User Administrator :ユーザ アカウントを管理します。すべてのユーザ管理機能へのアクセス、ユーザ関連のレポートの実行、およびユーザ管理ツールの使用が可能です。

System Administrator :最高レベルの管理者ロールです。すべての管理機能にアクセスできます。これには、すべてのユーザおよびシステムの設定、すべてのレポート、すべての管理ツールおよび診断ツールが含まれます。Cisco Unity Connection の初期設定中にインストール担当者が指定したデフォルト管理者アカウントには、このロールが設定されます。

管理者ロールは、ボイスメールボックスを持つユーザに割り当てることもできますが、ベスト プラクティスとして、Connection 管理者が Connection Administration にログオンするときは、個人の Connection メッセージを管理するために Cisco Personal Communications Assistant にログオンするときと同じユーザ アカウントを使用しないことをお勧めします。

各管理者ロールの特権の詳細を確認するには、[System Settings] > [Roles] に移動し、各ロールの名前をクリックします。

連絡先について

連絡先のタイプ

Cisco Unity Connection には、次の 2 タイプの連絡先があります。

システム連絡先 :Connection データベース内のエンティティで、ボイス メッセージなどの Connection 機能にアクセスできない連絡先です。システム連絡先は、別のシステム上にボイスメール アカウントを持つ社内の個人を表している場合があります。また、システム連絡先は、ボイスメールボックスを必要としないものの、Connection ユーザと頻繁に連絡を取り合う顧客またはベンダーを表している場合もあります。

個人連絡先 :システム連絡先と似ていますが、各ユーザが作成し、作成したユーザだけがアクセスできます。

連絡先の使用方法

システム連絡先と個人連絡先は、Connection で次のように使用されます。

ディレクトリ アクセス :(システム連絡先だけに適用):Cisco Unity Connection Administration にシステム連絡先を作成し、連絡先の録音名を記録している場合、システム連絡先は自動的に Connection ディレクトリに含められます。この方法で、発信者は、ディレクトリ アシスタンスまたは作成済みのその他のディレクトリ ハンドラからシステム連絡先の内線に転送できます。たとえば、本社がデンバーにあり、販売員がニューヨークとカリフォルニアにいる場合、リモートの販売員向けにシステム連絡先を作成できます。したがって、デンバーの顧客が本社の電話番号に電話をし、それをディレクトリ アシスタンスから販売員に転送できます。これにより、発信者は 1 つの電話番号を使用することができ、さらに長距離電話の料金が課金されるのを防ぐことができます。

名前によるダイヤル アクセス :ユーザは、ユーザ スピーチ認識ガイダンスを使用して、他のユーザ、システム連絡先、および個人連絡先に、迅速かつ簡単に電話をかけることができます。たとえば、ユーザが「デイケア センター」という名前の個人連絡先を設定したとします。この場合、ユーザがユーザ スピーチ認識ガイダンスで「Call デイケア センター」と言うと、Connection は、ユーザが入力したこの連絡先の電話番号に電話をかけます。

パーソナル着信転送ルール :ユーザは、他のユーザ、システム連絡先、および個人連絡先をパーソナル着信転送ルールおよび発信者グループに追加できます。たとえば、ユーザは、「デイケア センター」という名前の個人連絡先の電話番号と一致する発信者 ID が着信で示されたら、その着信をユーザの携帯電話に転送するという転送ルールを作成できます。

システム上にメールボックスを持たないスタッフ、ベンダー、またはパートナーがシステムのユーザと連絡を取り合っている場合は、それらの人々のシステム連絡先を作成することをお勧めします。システム連絡先は、ユーザごとに個別に設定する必要のある個人連絡先とは異なり、すべてのユーザが使用できます。ユーザが必要なユーザ ライセンスを持っている場合、システム連絡先をパーソナル着信サービスおよびパーソナル グループに追加したり、ボイス コマンドを使用してシステム連絡先に電話をかけたりすることができます。また、連絡先情報に変更があった場合に、1 箇所でまとめてアップデートすることもできます。

デフォルト ユーザ アカウント

Cisco Unity Connection は、次の 4 つのデフォルト ユーザ アカウントを作成します。システムを設定するときは、これらのアカウントを使用します。これらのアカウントは、ユーザ ライセンス数に含められません。

Administrator :この Administrator ユーザ アカウントには最高レベルの管理者特権(System Administrator ロール)が与えられます。このアカウントは Cisco Unity Connection Administration へのアクセスに使用されます。このアカウントのエイリアスとパスワードは、インストール中に指定されます。このアカウントは、ボイスメールボックスを持たないユーザとして設定されます。


注意 デフォルトの Administrator アカウントは削除できます。ただし、このアカウントを削除する前に必ず、System Administrator ロールを少なくとも 1 人の他のユーザに割り当ててください。

Operator :Operator ユーザ アカウントは、Operator コール ハンドラのメッセージ受信者です。Operator コール ハンドラの着信転送設定によっては、オペレータが着信に応答しない場合に、発信者がメッセージを残すことができます。Operator ユーザ アカウントのメールボックスを監視する担当者を指定するか、メッセージが別のユーザまたは同報リストに送信されるように Operator コール ハンドラの設定を変更することをお勧めします。Operator ユーザ アカウントを削除することはできません。

Undeliverable Messages Mailbox :デフォルトでは、Undeliverable Messages Mailbox アカウントは、Undeliverable Messages 同報リストの唯一のメンバーです。この同報リストは、送信不能メッセージの通知を受信します。このメールボックスを監視する担当者を指定するか、ユーザを Undeliverable Messages 同報リストに追加することで、このリストに届いたメッセージを監視および(必要に応じて)再ルーティングすることをお勧めします。このアカウントを削除することはできません。

Unity Connection Messaging System :この Unity Connection Messaging System ユーザ アカウントは、識別できない発信者からのメッセージを代理で送信します。したがって、識別できない発信者からのメッセージは、Unity Connection Messaging System メールボックスから発信されたものとして識別されます。このアカウントは、ボイスメールボックスを持たないユーザとして設定され、削除することはできません。

デフォルト システム同報リスト

Cisco Unity Connection には、次の定義済みシステム同報リストが用意されています。これらを修正することはできますが、削除することはできません。

All Voice Mail Users :メールボックスを持つ新しいユーザが作成されると、Cisco Unity Connection Administration で個別に作成したか、Cisco Unity Connection Bulk Administration Manager を使用して作成したかにかかわらず、それらのユーザはこのリストに自動的に追加されます。ユーザ アカウントが削除されると、それらのアカウントはこのリストから自動的に削除されます。この同報リストを削除することはできません。


) 4 つのデフォルト ユーザ アカウントは、このリストのメンバーではありません。


Undeliverable Messages :Undeliverable Messages リストに割り当てられたユーザは、識別できない発信者がメールボックスが見つからない受信者宛てに残したメッセージ、およびメッセージの元の発信者に送信できなかった Non-Delivery Receipt(NDR; 送信確認なし)通知を受信します。

デフォルトでは、Undeliverable Messages Mailbox ユーザ アカウントは、Undeliverable Messages 同報リストの唯一のメンバーです。ユーザをこのシステム同報リストに追加することで、このリストに届いたメッセージを監視および(必要に応じて)再ルーティングすることをお勧めします。