Cisco Unity Connection システムアドミニストレーションガイド Release 1.x
コール ハンドラの管理
コール ハンドラの管理
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

コール ハンドラの管理

概要:デフォルト コール ハンドラ

コール ハンドラの作成

短縮ダイヤルの設定

コール ハンドラの修正

コール ハンドラの削除

概要:デフォルト コール ハンドラ

Cisco Unity Connection には次の定義済みコール ハンドラが添付されています。これらのコール ハンドラは修正できますが、削除はできません。少なくとも、これらのコール ハンドラのグリーティングは変更する必要があるので注意してください。

 

オープニング
グリーティング

自動受付として機能し、組織に電話した発信者が最初に聞くグリーティングを再生し、指定したアクションを実行します。[Opening Greeting] 着信サービスによって、着信通話はすべてオープニング グリーティング コール ハンドラに転送されます。

デフォルトでは、オープニング グリーティング コール ハンドラによって、発信者は * を押すとサイン イン ガイダンスに、# を押すとオペレータ コール ハンドラにアクセスできます。オープニング グリーティング コール ハンドラに残されたメッセージは、Undeliverable Messages 同報リストに送信されます。

オペレータ

発信者が「0」を押すか、どのキーも押さなかった場合(デフォルト設定)、通話はこのコール ハンドラに転送されます。発信者がメッセージを残す、または発信者をライブ オペレータに転送するように、オペレータ コール ハンドラを設定できます。

デフォルトでは、オペレータ コール ハンドラによって、発信者は * を押すとサイン イン ガイダンスに、# を押すとオープニング グリーティング コール ハンドラにアクセスできます。オペレータ コール ハンドラに残されたメッセージは、Operator ユーザのメールボックスに送信されます。

終了案内

発信者入力がない場合は、短い終了案内メッセージを再生して電話を切ります。

デフォルトでは、終了案内コール ハンドラによって、発信者は * を押すとサイン イン ガイダンスに、# を押すとオープニング グリーティング コール ハンドラにアクセスできます。グリーティング再生後の操作を [Hang Up] から [Take Message] に変更すると、終了案内コール ハンドラに残されたメッセージは Undeliverable Messages 同報リストに送信されます。

コール ハンドラの作成

次のタスク リストを使用して、コール ハンドラを作成します。

1. 新しいコール ハンドラの基礎となるコール ハンドラ テンプレートを作成します。詳細については、次の「コール ハンドラ テンプレートを作成する」の手順を参照してください。代わりに、次のような方法があります。

このタスク全体を省略して、代わりにデフォルトのシステム コール ハンドラ テンプレートを使用します。

または、次の方法を使用します。

デフォルトのシステム コール ハンドラ テンプレートの設定を修正して使用します。詳細については、「コール ハンドラ テンプレートを修正する」を参照してください。

2. 新しいコール ハンドラを作成します。詳細については、「コール ハンドラを作成する」を参照してください。

コール ハンドラ テンプレートを作成する


ステップ 1 Cisco Unity Connection Administration で、 [Templates] を展開し、 [Call Handler Templates] をクリックします。

ステップ 2 [Search Call Handler Templates] ページで、 [Add New] をクリックします。

ステップ 3 [New Call Handler Template] ページで、適切な基本設定を入力します。フィールドの詳細については、[Help] メニューの [Field Definitions] をクリックしてください。


) アスタリスク(*)の付いたフィールドは必須フィールドです。


ステップ 4 [Save] をクリックします。

ステップ 5 [Edit Call Handler Template] ページで、引き続き適切な設定を入力します。

ステップ 6 [Edit Call Handler Template] ページで設定を入力し終わったら、 [Save] をクリックします。

ステップ 7 [Edit] メニューで、次のいずれか(またはすべて)の関連ページをクリックして、適切な設定を新しいコール ハンドラ テンプレートに追加していきます。

[Transfer Options]

[Caller Input]

[Greetings]

[Message Settings]

ステップ 8 ステップ 7 に示したいずれかのページでデフォルト設定を変更した場合は、ページを移動する前に [Save] をクリックします。


 

コール ハンドラ テンプレートを修正する


ステップ 1 Cisco Unity Connection Administration で、 [Templates] を展開し、 [Call Handler Templates] をクリックします。

ステップ 2 [Search Call Handler Templates] ページで、修正するコール ハンドラ テンプレートの表示名をクリックします。


) 修正しようとするコール ハンドラ テンプレートが検索結果テーブルに表示されていない場合は、ページ上部の検索フィールドに必要なパラメータを設定して、[Find] をクリックします。


ステップ 3 [Edit Call Handler Template] ページで、必要な設定を変更します。フィールドの詳細については、[Help] メニューの [Field Definitions] をクリックしてください。

ステップ 4 [Edit Call Handler Template] ページで設定を変更し終わったら、 [Save] をクリックします。

ステップ 5 必要に応じて、次のいずれか(またはすべて)の関連ページの設定を変更することもできます。

[Transfer Options]

[Caller Input]

[Greetings]

[Message Settings]

ステップ 6 ステップ 5 に示したページでいずれかの設定を変更した場合は、ページを移動する前に [Save] をクリックします。


 

コール ハンドラを作成する


ステップ 1 Cisco Unity Connection Administration で、 [Call Management] を展開し、 [System Call Handlers] をクリックします。

ステップ 2 [Search Call Handlers] ページで、 [Add New] をクリックします。

ステップ 3 [New Call Handler] ページで、適切な基本設定を入力します。フィールドの詳細については、[Help] メニューの [Field Definitions] をクリックしてください。


) アスタリスク(*)の付いたフィールドは必須フィールドです。


ステップ 4 [Save] をクリックします。

ステップ 5 [Edit Call Handler] ページで、引き続きコール ハンドラの設定を入力します。

ステップ 6 [Edit Call Handler] ページで設定を入力し終わったら、 [Save] をクリックします。

ステップ 7 [Edit] メニューで、次のいずれか(またはすべて)の関連ページをクリックし、適切な設定を新しいコール ハンドラに追加していきます。

[Transfer Options]

[Caller Input]

[Greetings]

[Message Settings]

[Call Handler Owners]


) この新しいコール ハンドラの基礎となったコール ハンドラ テンプレートの設定によっては、これらの追加ページで設定を変更する必要がないこともあります。ただし、少なくともコール ハンドラの名前と、1 つまたはそれ以上のコール ハンドラ グリーティングを録音する必要があります。


ステップ 8 ステップ 7 に示したページでいずれかの設定を変更した場合は、ページを移動する前に [Save] をクリックします。


 

短縮ダイヤルの設定

発信者の入力を個々のキーに対して設定しておくと、短縮ダイヤルを使用して、発信者がすばやく宛先に到達できるようになります。発信者の入力設定が有効になるのは、コール ハンドラ グリーティングの再生中です。

短縮ダイヤルで、発信者に選択項目のメニューを提供できます。短縮ダイヤルでは、ユーザの内線番号、コール ハンドラ、インタビュー ハンドラ、またはディレクトリ ハンドラを示す 1 つの数字を指定できます。発信者は、内線番号を全部入力するのではなく、1 つのキーを押すだけです。

コール ハンドラからの短縮ダイヤル オプションを設定する


ステップ 1 Cisco Unity Connection Administration で、 [Call Management] を展開し、 [System Call Handlers] をクリックします。

ステップ 2 [Search Call Handlers] ページの [Search Results] テーブルで、対象となるコール ハンドラの表示名をクリックします。


) コール ハンドラが検索結果テーブルに表示されていない場合は、ページ上部の検索フィールドに必要なパラメータを設定して、[Find] をクリックします。


ステップ 3 [Edit Call Handler] ページで、[Edit] メニューの [Caller Input] をクリックします。

ステップ 4 [Caller Input Keys] テーブルで、対象となるタッチトーン キーをクリックします。

ステップ 5 選択したキーの [Edit Caller Input] ページで、 [Ignore Additional Input (Locked)] チェックボックスをオンにします。

ステップ 6 [Action] をクリックし、必要な設定を変更します。

ステップ 7 [Save] をクリックします。

ステップ 8 オプションで、コール ハンドラ グリーティング再生中に発信者が押すことのできるキーを通知するグリーティングを再録音できます[Edit Call Handler] ページで、 [Play/Record] をクリックし、グリーティングを録音します。次に、 [Save] をクリックします。


 

コール ハンドラの修正

コール ハンドラを作成した後に、設定の調整が必要になることがあります。この項の手順に従うと、Cisco Unity Connection Administration を使用して既存のコール ハンドラを修正することができます。また、Bulk Edit ユーティリティを使用して、一度に複数のコール ハンドラに変更を加えることもできます。Bulk Edit ユーティリティは、Tools Depot から利用できます。Tools Depot にアクセスするには、Cisco Unity Connection サーバのデスクトップ上にある [Cisco Unity Tools Depot] アイコンをダブルクリックします。

システム管理者またはシステム管理者が割り当てたコール ハンドラの所有者が Cisco Unity Connection Administration にアクセスできない場合は、Cisco Unity グリーティング管理を使用してコール ハンドラ グリーティングを管理できます。詳細については、「Cisco Unity グリーティング管理 の設定」および「Cisco Unity グリーティング管理を使用したコール ハンドラ グリーティングの録音または再録音」を参照してください。


) 個々のコール ハンドラの設定は、そのコール ハンドラを作成するときに基礎となったコール ハンドラ テンプレートの設定を変更しても変更できません。コール ハンドラ テンプレートの設定を変更した場合、新しい設定が有効になるのは、そのテンプレートを使用して作成する新しいコール ハンドラに対してのみです。


コール ハンドラを修正する


ステップ 1 Cisco Unity Connection Administration で、 [Call Management] を展開し、 [System Call Handlers] をクリックします。

ステップ 2 [Search Call Handlers] ページで、修正するコール ハンドラの表示名をクリックします。


) 修正しようとするコール ハンドラが検索結果テーブルに表示されていない場合は、ページ上部の検索フィールドに必要なパラメータを設定して、[Find] をクリックします。


ステップ 3 [Edit Call Handler] ページで、必要な設定を変更します。フィールドの詳細については、[Help] メニューの [Field Definitions] をクリックしてください。

ステップ 4 [Edit Call Handler] ページで設定を変更し終わったら、 [Save] をクリックします。

ステップ 5 必要に応じて、次のいずれか(またはすべて)の関連ページの設定を変更することもできます。

[Transfer Options]

[Caller Input]

[Greetings]

[Message Settings]

ステップ 6 ステップ 5 に示したページでいずれかの設定を変更した場合は、ページを移動する前に [Save] をクリックします。


.

コール ハンドラの削除

コール ハンドラを削除する場合は、コール ハンドラ間の依存関係をあらかじめ調べておくことをお勧めします。コール ハンドラを削除すると、通話をそのコール ハンドラに転送していた着信サービスや他のコール ハンドラは、通話をオープニング グリーティング コール ハンドラに転送するようになります。他のコール ハンドラが参照しているコール ハンドラを削除する場合は、グリーティングを必ず再録音して、発信者が入力オプションに関する適切な情報を聞けるようにしてください。

コール ハンドラを削除する


ステップ 1 Cisco Unity Connection Administration で、 [Call Management] を展開し、 [System Call Handlers] をクリックします。

ステップ 2 [Search Call Handlers] ページで、削除するコール ハンドラの表示名をクリックします。


) 削除しようとするコール ハンドラが検索結果テーブルに表示されていない場合は、ページ上部の検索フィールドに必要なパラメータを設定して、[Find] をクリックします。


ステップ 3 [Edit Call Handler] ページで、 [Delete] をクリックします。


注意 コール ハンドラを削除する前に、着信サービスおよび他のコール ハンドラがそのコール ハンドラをポイントしていないことを確認してください。削除されるコール ハンドラを他のコール ハンドラが参照している場合は、それらのコール ハンドラのグリーティングを必ず再録音し、その他の設定を必要に応じて変更して、削除されるハンドラに言及している部分を削除します。

ステップ 4 削除するかどうか確認を求めるダイアログボックスが表示されたら、 [OK] をクリックします。