Cisco Unity Connection でのユーザによる移動、追加、および変更に関するガイド リリース 8.x
索引
Index
発行日;2012/07/10 | 英語版ドキュメント(2011/09/03 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

Index

A

ANI、再生 4-39

C

Cisco PCA、パスワードの保護および変更 4-4

Cisco Unified MeetingPlace 4-86

Cisco Unified MeetingPlace Express 4-86

Cisco Unified Personal Communicator、ボイス メッセージにアクセスするための設定 5-2

Cisco Unity Connection Messaging Assistant、アクセスを可能にする 5-5

Cisco Unity Connection Messaging Inbox、アクセスを可能にする 5-6

E

Exchange の予定表と連絡先、アクセス 4-85

I

IMAP クライアントによるボイス メッセージへのアクセス、有効 5-10

L

LDAP データ

インポートによる管理者の作成 12-2

インポートによるユーザ アカウントの作成 12-2

Live Reply、有効 5-12

M

Microsoft Exchange の予定表と連絡先、アクセス 4-85

MWI

削除 4-8

追加 4-6

編集 4-7

O

Outlook の予定表と連絡先、アクセス 4-85

P

Phone View 4-29

PIN、変更 4-2

R

RSS フィード 5-6

S

SMTP プロキシ アドレス

ユーザ エイリアスの変更時に作成 13-1

ユーザに対する設定 4-89

連絡先に対する設定 9-5

SpeechView、サービス クラスに対して有効 5-25

SpeechView、複製配信 4-78

U

Unity Connection Messaging System のアカウント 1-2

宛先指定優先リスト、有効 4-53

アプリケーション ユーザ

削除 13-3

作成 8-1

安全なメッセージ 5-21

一括管理ツール(Bulk Administration Tool)へのアクセス 10-3

一括編集、アクセス 10-1

エイリアス、変更による影響 13-1

オプション グリーティング

通知プロンプト 4-64

電話の呼び出し音をならさずにグリーティングに転送 4-65

発信者がメッセージを残すのを許可しない 4-65

発信者のスキップを許可しない 4-65

オペレータ アカウント 1-2

音声からテキスト 4-78, 5-25

音声認識、サービス クラスに対して有効 5-27

外部発信者オプション 4-11

カスケード メッセージ通知 4-76

管理者

Cisco Unified Communications Manager からのインポートにより作成されたアカウント 11-1, 11-2

LDAP データのインポートによる作成 12-2

削除 13-3

作成 8-1

管理者アカウント 1-2

規制テーブル 5-20

緊急連絡先番号 4-61

クォータ、メールボックスの、ユーザまたはテンプレートでのカスタマイズ 4-12

グリーティング

オプション グリーティングが有効の場合の着信管理 4-65

オプション グリーティング通知プロンプト 4-64

概要 4-57

グリーティング中での発信者による入力を許可 4-58

再生中に発信者を緊急連絡先番号に転送可能にする 4-61

最長時間の指定 5-9

複数の言語による録音 4-66

有効 4-65

利用できるタイプの概要 4-58

言語

外部発信者に再生される言語 4-11, 4-23

グリーティングを複数の言語で録音する 4-66

ユーザに再生される電話言語 4-23

サービス クラス

Cisco Unified Personal Communicator 5-2

Cisco Unity Connection Messaging Assistant 5-5

Cisco Unity Connection Messaging Inbox 5-6

IMAP クライアントによるアクセス 5-10

Live Reply 5-12

概要 2-2

規制テーブル 5-20

グリーティングの長さ 5-9

削除 6-5

削除されたメッセージへのアクセス 5-7

代行内線番号 5-2

追加 6-2

ディレクトリ一覧 5-8

デフォルト 6-2

転送、発信者名確認、および保留 5-3

パーソナル着信転送ルール 5-15

プライベート同報リスト 5-17

変更 6-2

メッセージの長さ 5-14

メッセージをシステム同報リストに送信 5-23

ユーザの割り当てと再割り当て 6-4

ユーザの割り当てまたは再割り当て 6-4

ユニファイド クライアント 5-2

録音名と長さ 5-19, 5-25

サインイン

変換 4-27

メッセージ数の再生 4-27

録音名の再生 4-27

サインイン後の変換、変更 4-27

削除

MWI 4-8

サービス クラス 6-5

代行内線番号 4-82

ユーザ アカウント 13-3

ユーザ テンプレート 7-6

削除されたメッセージ、アクセス 5-7

時間形式、メッセージのタイム スタンプ、変更 4-32

識別できない発信者オプション 4-11

システム同報リスト、ユーザがメッセージを送信できるかを指定 5-23

修正

サービス クラス 6-2

通知デバイス 4-67

ユーザ アカウント(Connection Administration) 9-4, 13-2

ユーザ テンプレート 7-5

スピーチ/テキスト機能 4-78

スピーチからテキスト 5-25

前後、メッセージ変換、変更 4-39

送信者情報、再生 4-39

送信、メッセージの

システム同報リスト 5-23

電話を切るとメッセージを送信するかどうかを指定 4-52

名前による受信者の確認 4-49

ブロードキャスト メッセージ 4-46

メッセージの保護 5-21

代行内線番号

概要 4-79

カスタム設定 4-83

サービス クラス設定 5-2

削除 4-82

詳細設定 4-83

追加 4-80

変更 4-81

タイム スタンプ、再生 4-39

チェーン メッセージ通知 4-77

着信転送

サービス クラス設定 5-3

定義済み 4-8

追加

管理者アカウント、デフォルト設定(Connection Administration) 8-3

緊急連絡先番号 4-61

グリーティング管理者の管理者アカウント 8-5

サービス クラス 6-2

代行内線番号 4-80

別名 4-84

他の内線番号の MWI 4-6

ユーザ アカウント、デフォルト(Connection Administration) 8-2

ユーザ テンプレート 7-3

ユーザの SMTP プロキシ アドレス 4-89

連絡先の SMTP プロキシ アドレス 9-5

通知

SMS 対応デバイス 4-70

SMTP 対応デバイス 4-73

カスケード 4-76

チェーン 4-77

通知デバイスについて 4-67

電話とポケットベル 4-67

通話の発信者名確認

サービス クラス設定 5-3

定義済み 4-9

通話の保留

サービス クラス設定 5-3

定義済み 4-9

ディレクトリ、一覧表示するかをユーザが選択可能にする 5-8

テキスト/スピーチ機能、ユーザの利用を可能にする 4-87, 4-88

電子メール、外部メッセージ ストアにある、ユーザのアクセス 4-86, 4-88

転送済み(リレー)メッセージ 4-54

電話メニュー、設定の概要 4-16

認定証 4-2

パーソナル着信転送ルール

Web ツールの概要 5-15

概要 5-15

サービス クラスによる有効 5-16

ユーザ オプションの修正 4-11

ユーザに対して有効または無効 5-16

[配信できないメッセージ(Undeliverable Messages)] メールボックス アカウント 1-2

パスワードまたは PIN

Cisco PCA パスワードの保護および変更 4-4

設定 4-2

パスワードまたは PIN を入力せずにユーザのサインインを許可する 4-16

変更 4-2, 4-3, 4-5

発信者 ID 4-39

発信者による入力の概要 4-58

プライベート同報リスト

概要 4-84

メンバーの最大数 5-18

リストの最大数 5-17

ブロードキャスト メッセージ、ユーザの送信を有効 4-46

プロキシ アドレス、ユーザ エイリアスの変更時に作成 13-1

別名

概要 4-83

追加 4-84

変換

オプション概要 4-16

サインインのカスタマイズ 4-27

速度と音量の変更 4-26

バージョンの変更 4-17

メニュー応答の変更 4-20

メニュー スタイルの変更 4-19

ボイス メールボックス

エンド ユーザの削除 13-3

エンド ユーザの作成 8-1

ボイス メールボックスのあるユーザ 1-1

ボイス メールボックスのないユーザ 1-1

メールボックス サイズのクォータ、ユーザまたはテンプレートでのカスタマイズ 4-12

メッセージ

SMS 対応デバイスの通知 4-70

SMTP 対応デバイスの通知 4-73

アドレス指定設定、変更 4-48

外部発信者の最長録音時間の指定 4-11

合理化されたアドレス指定 4-50

識別できない発信者の実行可能事項 4-11

識別できない発信者別の安全のマーク 4-11

新規、開封済み、削除済みメッセージの再生順序 4-37

設定のアドレス指定と送信 4-45

転送済み(リレー) 4-54

電話とポケットベルの通知 4-67

発信者のプロンプトに使用される言語 4-11

巻き戻しまたは早送り時にスキップする時間を指定する 4-43

メッセージ削除の確認 4-44

メッセージの再生速度と音量 4-33

メッセージ ロケータの再生順序 4-14

ユーザの録音時間 5-14

リレー 4-54

メッセージ アクションの設定 4-54

メッセージ エージング 4-13

メッセージ受信インジケータ(MWI)、概要 4-6

メッセージ数 4-35

メッセージの保護 5-21

メッセージ ロケータ

phone view 4-29

有効 4-14

文字変換 4-78, 5-25

有効

IMAP クライアントによるボイス メッセージへのアクセス 5-10

宛先指定優先リスト 4-53

サービス クラスの SpeechView 5-25

サービス クラスの音声認識 5-27

パーソナル着信転送ルール 5-16

ユーザのテキスト/スピーチ機能 4-87, 4-88

ユーザのメッセージ エージング ポリシー 4-13

ユーザ

検索 3-1

削除 13-3

作成 8-1

ユーザ アカウント

Cisco Unified Communications Manager からのインポートによる作成 11-1, 11-2

LDAP データのインポートによる作成 12-2

概要 1-1

管理者ロール 2-4

区分 2-3

サーチ スペース 2-3

デフォルト アカウント 1-1

メールボックス ストア 2-3

ユーザ テンプレート

概要 2-1

削除 7-6

修正 7-5

追加 7-3

デフォルト テンプレート 7-1

ユーザのアクセス、外部メッセージ ストアにある電子メールへの 4-86, 4-88

ユーティリティとツール

一括管理ツール(Bulk Administration Tool) 10-3

ユニファイド クライアント 5-2

リレー、メッセージ 4-54

連絡先

SMTP プロキシ アドレス設定 9-5

概要 9-1

管理者定義 1-2

検索 3-2

削除 9-5

作成 9-3

修正 9-3

ユーザ定義 1-2

連絡先テンプレート 9-2

ロール

概要 2-4

デフォルト ロール 2-4

録音名

最大の長さ 5-19, 5-25

ユーザの録音を許可 5-19, 5-25