Cisco Unity Connection システム アドミニストレーション ガイド リリース 8.x
索引
Index
発行日;2012/07/10 | 英語版ドキュメント(2011/11/10 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

Index

A

All Voicemail Users 同報リスト 27-1

AXL サーバ

削除 29-7

設定の変更 29-8

追加 29-5

C

Cisco DirSync サービス、有効化 41-4

Cisco Fax Server の統合

Cisco Fax Server の設定 32-2

Cisco Unity Connection の設定 32-6

Cisco Unity Connection の設定変更 32-9

コールおよび Fax 用の単一番号の設定 32-10

作成 32-1

テスト 32-8

バージョン情報 32-1

ユーザの設定 32-8

ユーザの設定変更 32-10

要件 32-2

Cisco PCA、保護、Cisco Unity Connection へのアクセスを 25-1

Cisco SIP Proxy Server

削除 29-15

設定の変更 29-16

追加 29-15

Cisco Unified Communications Manager

AXL サーバ、削除 29-7

AXL サーバ、追加 29-5

AXL サーバの設定変更 29-8

Connection のルート証明書 29-25

TFTP サーバの削除 29-14

TFTP サーバの設定変更 29-14

TFTP サーバの追加 29-13

サーバの削除 29-12

サーバの設定変更 29-12

サーバの追加 29-11

ポート証明書 29-22

Cisco Unified MeetingPlace Express、予定表統合の作成 34-23

Cisco Unified MeetingPlace、予定表統合の作成 34-17

Cisco Unified Mobility Advantage の統合

Cisco Unity Connection の設定 30-2

作成のタスク リスト 30-1

テスト 30-3

バージョン情報 30-1

要件 30-2

Cisco Unified Real-Time Monitoring Tool(RTMT) 3-8

Cisco Unified Serviceability 3-9

Cisco Unified Serviceability サービス

エンタープライズ パラメータの設定 36-1

エンタープライズ パラメータの説明 36-2

サービス パラメータの設定 35-1

サービス パラメータの説明 35-2

Cisco Unity Connection Administration

アクセス 2-1

インターフェイス 2-2

ブラウザの設定 1-1

ヘルプの使用 2-3

レコードの検索 2-3

Cisco Unity Connection のカンバセーション 13-1

Cisco Unity のグリーティング管理者

概要 17-2

使用方法 17-3

設定 17-4

Cisco Utilities Database Link for Informix 3-11

Cisco Voice Technology Group Subscription ツール 3-8

Cisco のボイスメールの構成 xix

COBRAS バックアップおよび復元アプリケーション 3-2

Connection 1.x からの移行 3-2

Connection Administration へのアクセス 3-2

Connection Serviceability 3-6

Connection User Data Dump 3-11

CUDLI 3-11

D

Digital Networking xix

E

Exchange

Exchange 2003 電子メールへの音声合成アクセスの設定 39-7

Exchange 2007 電子メールへの音声合成アクセスの設定 39-1

電子メールへの音声合成アクセスの設定 39-1

Exchange 2003、予定表および連絡先の統合の作成 34-9

Exchange 2007、予定表および連絡先の統合の作成 34-2

Exchange の連絡先

Exchange 2003 からのインポートの有効化 34-9

Exchange 2007 からのインポートの有効化 34-2

F

Firefox の設定 1-1

G

G.711 A-Law コーデック

コール用の選択 16-1, 29-10

録音用の選択 16-2, 17-6, 19-4

G.711 Mu-Law コーデック

コール用の選択 16-1, 29-10

録音用の選択 16-2, 17-6, 19-4

G.729a コーデック

コール用の選択 16-1, 29-10

録音用の選択 16-2, 17-6, 19-4

G726 コーデック、録音用の選択 16-2, 17-6, 19-4

I

IMAP アクセス

Connection からの電子メール メッセージ アクセス、使用 19-2

Connection サーバの設定 20-6

SMTP メッセージ パラメータ 20-8

セキュリティ上の推奨事項 20-3

設定手順 20-5, 21-5

設定のタスク リスト 20-4

IMAP クライアント

Cisco Unity Connection へのアクセスの保護 25-1

SMTP メッセージ処理 20-1

統合メッセージングの例 20-2

Internet Explorer の設定 1-2

IPv6 29-28

L

LDAP

Cisco DirSync サービスの有効化 41-4

LDAP ディレクトリ設定の削除 41-17

LDAP ディレクトリ設定の変更 41-16

LDAP 電話番号の Connection 内線番号への変換(Connection 8.0) 41-7

LDAP 電話番号の Connection 内線番号への変換(Connection 8.5) 41-5

設定のタスク リスト 41-2

設定の追加およびデータの同期 41-15

同期の有効化 41-4

認証の設定 41-10

認証の無効化 41-11

M

Media Master、グリーティングと名前の録音 17-1

MeetingPlace Express、予定表統合の作成 34-23

MeetingPlace、予定表統合の作成 34-17

MWI

オン/オフでの同一ポート使用の無効化 29-4

設定の変更 29-11

電話システムの同期 29-4

P

PCM コーデック、録音用の選択 16-2, 17-6

Phone View 29-4, 31-1

PIMG 装置

削除 29-17

設定の変更 29-17

追加 29-16

PIN ポリシー 18-1

R

RSS フィード 19-26

S

SIP

SIP 証明書の削除 29-26

SIP 証明書の追加 29-26

SIP 証明書の変更 29-27, 29-28

SIP セキュリティ プロファイルの削除 29-28

SIP セキュリティ プロファイルの追加 29-27

SIP サーバ

削除 29-15

設定の変更 29-16

追加 29-15

SMS(SMPP)メッセージ通知の設定 24-2

SMTP

メッセージ、概要 20-1

メッセージ通知、設定 24-1

SpeechView

設定 21-1

SpeechView アクティビティ要約レポート、説明 40-4

SSL 証明書、Cisco PCA および IMAP クライアントから Cisco Unity Connection へのアクセスの保護に使用 25-1

Subscriber Information Dump。「Connection User Data Dump」を参照

T

TFTP サーバ

削除 29-14

設定の変更 29-14

追加 29-13

TIMG 装置

削除 29-17

設定の変更 29-17

追加 29-16

U

UndeliverableMessagesMailbox ユーザ 19-6

Undeliverable Messages 同報リスト 27-2

Unity Connection メッセージング システム ユーザ 19-6

Unity からの移行 3-2

V

ViewMail for Microsoft Outlook、統合メッセージングの例 20-2

VPIM ネットワーキング xix

アカウント

UndeliverableMessagesMailbox 19-6

Unity Connection メッセージング システム 19-6

オペレータ 19-6

アプリケーション プラグイン 3-2

移行、Unity または Connection 1.x からのデータとメッセージの 3-2

依存関係の結果の表示(Show Dependency Results) 3-7

一括管理ツール(Bulk Administration Tool)へのアクセス 3-3

インストール、ライセンス ファイルの 42-5

インターネットワーク、Cisco Unity Connection サーバの xix

インタビュー ハンドラ

概要 4-3

削除 8-4

作成 8-1

変更 8-2

イントラサイトまたはインターサイトのリンク xix

ウォレット カード ウィザード 3-11

エンタープライズ パラメータ

Cisco Unified Serviceability サービス 36-1

Cisco Unified Serviceability サービスの設定 36-1

説明 36-2

オーディオ形式

コール用の変更 16-1, 29-10

録音用の変更 16-2, 17-6, 19-4

オプション カンバセーション 1

概要 13-4

メッセージのスキップ動作の変更 14-15

オペレータ コール ハンドラ 6-2

オペレータ ユーザ 19-6

音声からテキスト 21-1

音声合成

Exchange 2003 電子メールへのアクセスの設定 39-7

Exchange 2007 電子メールへのアクセスの設定 39-1

概要 39-1

音声認識

文法の統計ツール 3-4

ユーザによるボイスメール PIN 読み上げの許可 14-15

音声認識更新スケジュール 10-1, 33-1

ガイダンス

コール ハンドラ 6-1

コール ルーティング ルール 9-1

外部発信者のボイス メッセージ 19-2

外部メッセージ ストア、電子メールへのアクセスの設定 39-1

確実な削除のためのメッセージ ファイルの破棄 19-22

確実な削除、メッセージ ファイルの破棄 19-22

カスタム キーパッド マッピング ツール

アクセス 15-2

ガイドライン 15-2

カスタマイズ可能なカンバセーション 15-3

使用 15-1

ユーザ用キーマップ ドキュメントの作成 15-14

リセット 15-2

簡易サインイン カンバセーション 14-13

カンバセーション

Cisco Unity Connection の概要 13-1

Connection Messaging Assistant でのユーザ設定 13-6

Connection のカンバセーションでのユーザ設定 13-6

PIN 入力動作の変更 14-13

宛先指定および録音の順序の変更 14-2, 14-3

音声認識ユーザによるボイスメールの PIN 読み上げの許可 14-15

簡易サインイン 14-13

管理者によるカスタマイズ 13-2

サインイン 14-12

識別できない発信者への Live Reply のダイヤル プレフィクス設定の変更 14-7

代行カンバセーション バージョン 13-4

発信者オプション 13-1

ボイス コマンドの使用 13-4

メッセージの再生前の発信者情報の指定 14-6

メッセージの削除オプションの変更 14-8

ユーザ オプション 13-1

ユーザによるカスタマイズ 13-5

ユーザのアドレス指定順位リストへの名前の格納方法の変更 14-2

ユーザ用ドキュメント 3-11

規制テーブル

Default Fax 11-1

Default Outdial 11-1

Default System Transfer 11-1

Default Transfer 11-1

概要 4-6

削除 11-4

作成 11-2

デフォルト 11-1

変更 11-3

緊急連絡先番号、コール ハンドラに対する設定 6-9

クォータ、超えたときのメッセージの処理 19-12

グリーティング

Connection Messaging Assistant でのユーザ設定 13-6

Connection のカンバセーションでのユーザ設定 13-6

Media Master を使用した録音 17-1

コール ハンドラ 6-6

録音用のオーディオ形式の変更 17-6

グループウェアの電子メール メッセージ 19-2

クレデンシャル ポリシー 18-1, 18-2

グローバル ニックネーム

リストの編集 14-18

リストへの名前の追加 14-17

言語

インタビュー ハンドラの言語設定 8-3

コール ハンドラの言語設定 6-12

システム プロンプト言語の変更 14-9

ディレクトリ ハンドラの言語設定 7-4

メッセージの件名行の形式 19-16

ルーティング ルールの言語設定 9-3

恒久的ライセンス ファイルについて 42-4

コーデック

コール用の変更 16-1, 29-10

有効な録音時間および使用されるディスク領域への影響 23-1

優先順位の設定の変更 29-10

録音用の変更 16-2, 17-6, 19-4

コール ウェイティング、保留時間の設定 14-5, 14-6

コール、オーディオ形式(またはコーデック)の変更 16-1, 29-10

コール管理

インタビュー ハンドラの管理 8-1

概要 4-1

規制テーブルの管理 11-1

計画の実現 5-2

コール ハンドラの管理 6-1

コール ルーティング テーブルの管理 9-1

スケジュールと祝日の管理 10-1, 33-1

ディレクトリ ハンドラの管理 7-1

マップの作成 5-1

コール ハンドラ

オペレータ 6-2

ガイダンス 6-1

概要 4-2

グリーティング 6-6

削除 6-14

終了案内 6-2

着信転送設定 6-13

「次のコール ルーティング ルールからルーティング」アクション、ルーティング ルールの使用 4-6

デフォルト 6-1

テンプレートの変更 6-3, 6-4

発信者入力とワンタッチ ダイヤル 6-9

変更 6-5

メッセージの取得 6-13

コール ハンドラ テンプレート

削除 6-2

作成 6-2

デフォルト テンプレート 6-2

変更 6-2

コール ハンドラ トラフィック レポート、説明 40-4

コール ルーティング テーブル

および「次のコール ルーティング ルールからルーティング」アクション 4-6

ガイダンス ルール 9-1

概要 4-4

サインイン試行ルール 9-1

デフォルト ルール 9-1

転送試行ルール 9-1

ルールの削除 9-4

ルールの順序変更 9-4

ルールの追加 9-2

ルールの変更 9-2

コール ループの検出 29-5

個人設定

Connection Messaging Assistant でのユーザ設定 13-8

Connection のカンバセーションでのユーザ設定 13-8

サーチ スペース

オブジェクトの検索 28-12

概要 28-2

削除 28-11

作成 28-10

設定例 28-3

デフォルト 28-3

デフォルトの変更 28-11

と VPIM ロケーション 28-8

とインタビュー ハンドラ 28-8

とコール ハンドラ 28-7

とコール ルーティング ルール 28-6

とシステム同報リスト 28-7

とディレクトリ ハンドラ 28-7

とデジタル ネットワーク 28-8

とユーザ オブジェクト 28-5

と連絡先 28-9

変更 28-11

サービス パラメータ

Cisco Unified Serviceability サービス 35-1

Cisco Unified Serviceability サービスの設定 35-1

説明 35-2

最大遅延、タイムアウト前の TTS アクセスの 19-10

サインイン カンバセーション 14-12

サインイン試行コール ルーティング ルール 9-1

サインイン ポリシー 18-1, 18-2

削除

AXL サーバ 29-7

Cisco Unified Communications Manager サーバ 29-12

PIMG/TIMG 装置 29-17

SIP サーバ 29-15

TFTP サーバ 29-14

インタビュー ハンドラ 8-4

規制テーブル 11-4

コール ハンドラ 6-14, 7-5

コール ハンドラ テンプレート 6-2

コール ルーティング ルール 9-4

システム同報リストからのメンバーの 27-5

スケジュール 10-3, 33-4

電話システム トランク 29-23

ポート 29-20

ポート グループ 29-9

メッセージ添付ファイルの説明 38-2

連動、電話システム 29-2

作成

AXL サーバ 29-5

インタビュー ハンドラ 8-1

規制テーブル 11-2

コール管理マップ 5-1

コール ハンドラ テンプレート 6-2

コール ルーティング ルール 9-2

祝日スケジュール 10-2, 33-2

スケジュール 10-2, 33-3, 33-5

ディレクトリ ハンドラ 7-2

ユーザ アカウント xix

識別されたユーザのメッセージ 19-2

識別できない発信者のメッセージ 19-2

システム設定レポート、説明 40-4

システム ディレクトリ ハンドラ 7-1

システム転送の設定 12-1

システム同報リスト

概要 27-1

作成 27-2

デフォルト リスト 27-1

変更 27-3, 27-6

メンバーの追加と削除 27-5

ユーザの別名の追加 27-5

システム プロンプト

カスタマイズ 13-2

言語の変更 14-9

自動受付 4-9

シミュレート、短縮内線番号の 6-11

終了案内コール ハンドラ 6-2

終了警告プロンプトの設定 19-5

祝日

指定 10-2, 33-2

祝日スケジュール 10-1, 33-1

取得、ライセンス ファイルの 42-5

使用されるディスク領域、コーデックの影響 23-1

常時スケジュール 10-1, 33-1

証明書、ポートの表示 29-22

スケジュールと祝日

音声認識更新 10-1, 33-1

概要 4-9

祝日 10-1, 33-1

祝日の指定 10-2, 33-2

常時 10-1, 33-1

スケジュールの削除 10-3, 33-4

スケジュールの作成 10-2, 33-3, 33-5

スケジュールの変更 10-3, 33-3

デフォルト 10-1, 33-1

平日 10-1, 33-1

スピーチからテキスト 21-1

正規化、ポート グループに対する有効化または無効化 29-18

セキュリティ

Connection のルート証明書 29-25

Connection のルート証明書の表示 29-25

SIP 証明書の削除 29-26

SIP 証明書の追加 29-26

SIP 証明書の変更 29-27, 29-28

SIP セキュリティ プロファイルの削除 29-28

SIP セキュリティ プロファイルの追加 29-27

プライベートと安全なメッセージのリレー設定 20-6

ポート証明書 29-22

ポートの説明 29-24

ポリシー 18-2

セッション開始プロトコル(SIP)、設定の変更 29-17

セッション タイムアウトの設定、Cisco Unity Connection Administration の 2-1

設定

SMS(SMPP)メッセージ通知 24-2

SMTP メッセージ通知 24-1

先頭に追加する数字、内線番号の 6-11

代行カンバセーション

オプション カンバセーション 1 13-4

概要 13-4

タイムアウト、Cisco Unity Connection Administration の 2-1

ダイヤル検索範囲レポート、説明 40-2

ダイヤル プラン レポート、説明 40-2

タスク管理ツールのアクセス 3-7

短縮内線番号 6-11

着信転送

Connection Messaging Assistant でのユーザ設定 13-6

Connection のカンバセーションでのユーザ設定 13-6

追加

AXL サーバ 29-5

Cisco Unified Communications Manager サーバ 29-11

PIMG/TIMG 装置 29-16

SIP サーバ 29-15

TFTP サーバ 29-13

システム同報リスト 27-2

システム同報リストへのメンバーの 27-5

システム同報リスト用のユーザの別名 27-5

ポート 29-19

ポート グループ 29-9

メッセージ添付ファイルの説明 38-1

リストのグローバル ニックネーム 14-17

連動、電話システム 29-2

通知

Connection Messaging Assistant でのユーザ設定 13-7

Connection のカンバセーションでのユーザ設定 13-7

設定、SMS(SMPP) 24-2

設定、SMTP 24-1

ツール、カスタム キーパッド マッピング 15-1

通話管理

計画 5-1

通話の発信者名確認、Connection Messaging Assistant でのユーザ設定 13-5

「次のコール ルーティング ルールからルーティング」アクション 4-6

ディザスタ リカバリ システム 3-8

ディスク容量設定の編集ページ 19-20

ディスパッチ メッセージ 19-7

ディレクトリ ハンドラ

概要 4-2

削除 7-5

作成 7-2

システム ディレクトリ ハンドラ 7-1

デフォルト 7-1

変更 7-3

データベース プロキシ 3-9

デモンストレーション ライセンス ファイルについて 42-4

電子メール

Exchange への音声合成アクセスの設定 39-1

メッセージ 19-2

転送コール課金レポート、説明 40-3

転送試行コール ルーティング ルール 9-1

電話インターフェイスのサインイン失敗レポート、説明 40-1

電話言語の変更 14-9

電話システム

AXL サーバの削除 29-7

AXL サーバの設定変更 29-8

AXL サーバの追加 29-5

MWI のオン/オフでの同一ポート使用の無効化 29-4

MWI の同期 29-4

関連付けられているユーザのリスト 29-3

設定の変更 29-3

連動の削除 29-2

連動の追加 29-2

電話システム トランク

削除 29-23

設定の変更 29-24

説明 29-22

電話の保留、Connection Messaging Assistant でのユーザ設定 13-5

同期、電話システムの MWI の 29-4

統合メッセージング、例 20-2

同報リスト レポート、説明 40-3

トランク、電話システム

削除 29-23

設定の変更 29-24

追加 29-23

内線番号

LDAP 電話番号の変換(Connection 8.0) 41-7

LDAP 電話番号の変換(Connection 8.5) 41-5

先頭に追加する数字 6-11

名前、Media Master を使用した録音 17-1

認証、LDAP の設定 41-10

認証規則

概要 18-2

デフォルト ルール 18-2

ネットワーキング xix

パーソナル着信転送ルール、Exchange の連絡先との統合 34-2

パーティション

オブジェクトの検索 28-12

概要 28-1

削除 28-10

作成 28-9

デフォルト 28-3

デフォルトの変更 28-11

変更 28-9

ハード ディスクの最大容量の指定 19-20

パスワード ポリシー 18-1, 18-2

バックアップおよび復元アプリケーション(COBRAS)、移行のための 3-2

バックアップと復元、データの 3-8

発信課金詳細レポート、説明 40-4

発信課金要約レポート、説明 40-4

発信者オプション、ユーザ設定 13-6

発信者入力設定、ユーザ サインイン設定の変更 14-11

ファクス

Cisco Fax Server と統合するための要件 32-2

Cisco Fax Server の設定 32-2

Cisco Fax Server の統合作成 32-1

Cisco Fax Server の統合について 32-1

Cisco Unity Connection の設定 32-6

Cisco Unity Connection の設定変更 32-9

コールおよびファクス用の単一番号の設定 32-10

テスト 32-8

ユーザの設定 32-8

ユーザの設定変更 32-10

フィールドの定義 2-3

複数のメールボックス ストア 22-1

プライベート同報リスト

Connection Messaging Assistant でのユーザ設定 13-8

Connection のカンバセーションでのユーザ設定 13-8

プラグイン

アプリケーション 3-2

インストール 37-1

概要 37-1

ブロードキャスト メッセージ

概要 26-1

送信用のアクセス設定 26-3

デフォルト設定の変更 26-7

ブロードキャスト メッセージ管理者

アクセス設定 26-3

使用 26-6

プロンプト

概要 13-2

変更できるもの 13-2

文法統計ツールのアクセス 3-4

平日スケジュール 10-1, 33-1

ページ ヘルプ 2-3

ヘルプ

使用 2-3

ページとフィールド 2-3

変更

AXL サーバの設定 29-8

Cisco Unified Communications Manager サーバの設定 29-12

MWI の設定 29-11

PIMG/TIMG の設定 29-17

SIP サーバの設定 29-16

SIP の設定 29-17

TFTP サーバの設定 29-14

宛先指定と録音の順序 14-2, 14-3

アドレス指定順位リスト、名前の格納方法 14-2

インタビュー ハンドラ 8-2

規制テーブル 11-3

コーデックの優先順位の設定 29-10

コール ハンドラ 6-5

コール ハンドラ テンプレート 6-2, 6-3, 6-4

コール ルーティング ルール 9-2

コール ループの検出設定 29-5

再生中のメッセージ スキップ(オプション カンバセーション 1) 14-15

識別できない発信者への Live Reply のダイヤル プレフィクス設定 14-7

システム同報リスト 27-3, 27-6

システム プロンプトの言語 14-9

スケジュール 10-3, 33-3

正規化の設定 29-18

ディレクトリ ハンドラ 7-3

電話システム トランクの設定 29-24

電話システムの設定 29-3

ポート グループの詳細設定 29-18

ポート グループの設定 29-10

ポートの設定 29-20

メッセージ添付ファイルの説明 38-2

メッセージの削除オプション 14-8

ユーザ グリーティング中のユーザ サインイン設定 14-11

ボイス コマンド、Exchange の連絡先のコールで使用 34-2

ボイス コマンドの使用 13-4

ボイス メッセージ

インタビュー 19-3

開封確認 19-3

外部発信者 19-2

システム ブロードキャスト 19-2

通知 19-3

ディスパッチ メッセージ 19-7

配信 19-10

ユーザ間 19-2

ライブ レコード 19-4

ボイス メッセージング ポート

削除 29-20

設定の変更 29-20

追加 29-19

ポート

Connection のポート証明書 29-22

Connection のルート証明書 29-25

Connection のルート証明書の表示 29-25

SIP 証明書の削除 29-26

SIP 証明書の追加 29-26

SIP 証明書の変更 29-27, 29-28

SIP セキュリティ プロファイルの削除 29-28

SIP セキュリティ プロファイルの追加 29-27

削除 29-20

セキュリティ 29-24

設定の変更 29-20

説明 29-19

追加 29-19

ポート アクティビティ レポート、説明 40-2

ポート グループ

削除 29-9

詳細設定の変更 29-18

正規化の有効化または無効化 29-18

設定の変更 29-10

説明 29-8

追加 29-9

ポート メモリ、無効化 29-4

保護、Cisco PCA および IMAP クライアントから Cisco Unity Connection へのアクセスを 25-1

未使用ボイスメール アカウント レポート、説明 40-3

メールボックス、移動 22-5

メールボックス サイズのクォータ、システム全体およびメールボックス ストアの制限設定 23-1

メールボックス ストア

最大サイズ 22-3

最大サイズ、変更 22-6

最大サイズを超えたときのメッセージの処理 19-13

削除 22-6

作成 22-4

バックアップ 22-3

複数 22-1

無効化 22-8

メールボックスの移動 22-5

メールボックス ストア レポート、説明 40-2

メッセージ

COBRAS を使用した Connection 1.x からの移行(推奨) 3-2

COBRAS を使用した Unity からの移行(推奨) 3-2

Connection 1.x からの移行 3-5

Unity からの移行 3-5

アクション、設定 19-15

インタビュー メッセージ 19-3

エージング 23-3

エージング アラート 23-3, 23-4

開封確認 19-3

外部発信者のボイス メッセージ 19-2

確実な削除のためのファイルの破棄 19-22

機密性 19-13

グループウェアの電子メール メッセージ 19-2

件名行の形式 19-16

コール切断によって中断されたメッセージに対する Connection の処理 19-12

最大メールボックス ストア サイズを超えたときの Connection のメッセージの処理 19-13

システム コンポーネントを使用できないときの Connection のメッセージ処理 19-10

システム ブロードキャスト メッセージ 19-2

通知 19-3

ディスパッチ メッセージ 19-7

配信できないメッセージに対する Connection の処理 19-10

メールボックス クォータを超えたときの Connection のメッセージの処理 19-12

メッセージ ストレージ 19-20

メッセージのタイプ 19-1

メッセージ配信 19-10

有効期限 23-9

ユーザ間のボイス メッセージ 19-2

ライブ レコード 19-4

メッセージ アクションの設定 19-15

メッセージ エージング 23-3

メッセージ エージング アラート

概要 23-3, 23-4

設定手順 23-7

メッセージ受信インジケータ、電話システムの同期 29-4

メッセージ通知

Connection Messaging Assistant でのユーザ設定 13-7

Connection のカンバセーションでのユーザ設定 13-7

設定、SMS(SMPP) 24-2

設定、SMTP 24-1

メッセージ添付ファイル

削除 38-2

追加 38-1

変更 38-2

メッセージ トラフィック レポート、説明 40-2

メッセージの宛先指定

Connection Messaging Assistant でのユーザ設定 13-7

Connection のカンバセーションでのユーザ設定 13-7

メッセージの移行ユーティリティへのアクセス 3-5

メッセージの概要 19-1

メッセージの再生

Connection Messaging Assistant でのユーザ設定 13-7

Connection のカンバセーションでのユーザ設定 13-7

メッセージ ロケータ、Phone View 31-1

文字変換 21-1

有効期限付きライセンス ファイルについて 42-4

有効な録音時間、コーデックの影響 23-1

ユーザ

COBRAS を使用した Connection 1.x からの移行(推奨) 3-2

COBRAS を使用した Unity からの移行(推奨) 3-2

Connection 1.x からの移行 3-6

UndeliverableMessagesMailbox 19-6

Unity Connection メッセージング システム 19-6

Unity からの移行 3-6

オペレータ 19-6

電話システムに関連付けられているユーザのリスト 29-3

ユーザ アカウントの作成 xix

ユーザ間のボイス メッセージ 19-2

ユーザ スピーチ認識カンバセーション 13-4

ユーザの移行ユーティリティへのアクセス 3-6

ユーザのインポート ツールへのアクセス 3-4

ユーザの電話サインインおよび MWI レポート、説明 40-3

ユーザの同期ツールへのアクセス 3-4

ユーザの別名、システム同報リストへの追加 27-5

ユーザ別 SpeechView アクティビティ レポート、説明 40-4

ユーザ メッセージ アクティビティ レポート、説明 40-3

ユーザ レポート、説明 40-1

ユーザ ロックアウト レポート、説明 40-3

ユーザ ワークステーションの設定 xix

ユーティリティとツール

Cisco Unified Serviceability 3-9

Cisco Voice Technology Group Subscription ツール 3-8

Connection Administration 3-2

Connection Serviceability 3-6

RTMT 3-8

一括管理ツール(Bulk Administration Tool) 3-3

タスク管理 3-7

ディザスタ リカバリ システム 3-8

プラグイン 3-2

文法統計 3-4

メッセージの移行 3-5

ユーザの移行 3-6

ユーザのインポート 3-4

ユーザの同期 3-4

容量、ハード ディスクの、最大パーセンテージの指定 19-20

予定表の統合

Cisco Unified MeetingPlace Express との作成 34-23

Cisco Unified MeetingPlace との作成 34-17

Exchange 2003 との作成 34-9

Exchange 2007 との作成 34-2

Exchange の連絡先 34-1

バージョン情報 34-1

ライセンス ファイル

Cisco Unity からの移行 42-4

Connection 機能のパラメータ 42-9

Connection クラスタ 42-4

インストールが必要 42-4

仮想サーバでの計算された MAC アドレスの使用について 42-2

恒久、有効期限付き、デモンストレーション 42-4

取得とインストール 42-5

複数のライセンス ファイルの使用について 42-3

物理サーバでの MAC アドレスの使用について 42-2

レポートの表示 42-8

ライブ レコード

設定 19-23

バージョン情報 19-4

リモート管理ツール 3-9

リレー設定、プライベートと安全なメッセージの 20-6

ルート証明書

表示 29-25

ファイルとして保存 29-25

レポート

概要 40-1

生成と表示 40-5

設定パラメータ 40-4

データのアーカイブ 40-5

ライセンス 42-8

連動

AXL サーバ、削除 29-7

AXL サーバ、設定の変更 29-8

AXL サーバ、追加 29-5

Cisco Unified Communications Manager サーバの削除 29-12

Cisco Unified Communications Manager サーバの設定変更 29-12

Connection のルート証明書 29-25

Connection のルート証明書の表示 29-25

IPv6 29-28

MWI、オン/オフでの同一ポート使用の無効化 29-4

MWI、設定の変更 29-11

MWI、同期 29-4

PIMG/TIMG 装置の削除 29-17

PIMG/TIMG 装置の追加 29-16

PIMG/TIMG の設定変更 29-17

SIP サーバの削除 29-15

SIP サーバの設定変更 29-16

SIP サーバの追加 29-15

SIP 証明書の削除 29-26

SIP 証明書の追加 29-26

SIP 証明書の変更 29-27, 29-28

SIP セキュリティ プロファイルの削除 29-28

SIP セキュリティ プロファイルの追加 29-27

SIP の設定変更 29-17

TFTP サーバの削除 29-14

TFTP サーバの設定変更 29-14

TFTP サーバの追加 29-13

コーデック、優先順位の設定の変更 29-10

コール ループの検出、設定の変更 29-5

削除 29-2

正規化の有効化または無効化 29-18

追加 29-2

電話システム、設定の変更 29-3

電話システム トランクの削除 29-23

電話システム トランクの設定変更 29-24

電話システム トランクの説明 29-22

電話システムに関連付けられているユーザ 29-3

電話システムのトランクの追加 29-23

ポート グループ、削除 29-9

ポート グループ、設定の変更 29-10

ポート グループの詳細設定の変更 29-18

ポート グループの説明 29-8

ポート グループの追加 29-9

ポート証明書 29-22

ポートの削除 29-20

ポートのセキュリティ 29-24

ポートの設定変更 29-20

ポートの説明 29-19

ポートの追加 29-19

連絡先、Connection Messaging Assistant でのユーザ設定 13-8

連絡先の統合

Exchange 2003 との作成 34-9

Exchange 2007 との作成 34-2

Exchange の連絡先 34-2

バージョン情報 34-2

録音

オーディオ形式(またはコーデック)の変更 16-2, 17-6, 19-4

グリーティングと名前 17-1

終了警告プロンプトの設定 19-5

デバイスの選択 17-2

録音終了時、終了警告プロンプトの設定 19-5

録音終了時の警告プロンプトの設定 19-5

録音メッセージの有効期限 23-9

ロックアウト ポリシー 18-1, 18-2

ワンタッチ ダイヤル

概要 6-9

設定 6-9