Cisco Unity Connection システム アドミニストレーション ガイド リリース 8.x
Cisco Unity Connection 8.x のコール ルー ティング テーブルの管理
Cisco Unity Connection 8.x のコール ルーティング テーブルの管理
発行日;2012/07/10 | 英語版ドキュメント(2011/11/10 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

Cisco Unity Connection 8.x のコール ルーティング テーブルの管理

8.x のデフォルト コール ルーティング ルールの概要

8.x のコール ルーティング ルールの追加

8.x のコール ルーティング ルールの変更

8.x の電話言語設定の変更

8.x でのコール ルーティング ルールの順序変更

8.x のコール ルーティング ルールの削除

Cisco Unity Connection 8.x のデフォルト コール ルーティング ルールの概要

Cisco Unity Connection には、ユーザおよび識別できない発信者からのコールを処理する 2 つのコール ルーティング テーブルがあります。1 つは直接コール用で、もう 1 つは転送コール用です。

直接ルールは、Connection に直接ダイヤルしたユーザおよび識別できない発信者からのコールを処理します。事前定義済みの直接ルーティング ルールには、次のものがあります。

サインイン試行:ユーザからのコールが、ユーザ サインイン カンバセーションにルーティングされます。

ガイダンス:識別できない発信者からのコールが、ガイダンスにルーティングされます。

転送ルールでは、ユーザの内線、またはユーザ アカウントに関連付けられていない内線(会議室など)から Connection に転送されたコールが処理されます。事前定義済みの転送ルーティング ルールには、次のものがあります。

転送試行:ユーザの内線に転送されたすべてのコールが、ユーザのグリーティングにルーティングされます。

ガイダンス:ユーザ アカウントに関連付けられていない内線から転送されたコールが、ガイダンスにルーティングされます。

それぞれのルーティング テーブルに追加したルールに対する、サインイン試行ルールと転送試行ルールの順序を変更できますが、どちらのテーブルでもガイダンス ルールは必ず最後のエントリになります。事前定義されたルールは削除できません。

新しいルールを作成するときは、コールのルーティングに使用する基準だけを指定し、ページのその他のフィールドは空白のままにしてもかまいません。空白フィールドはすべてに一致します。たとえば、[ポート(Ports)] フィールドを空白のままにすると、ルールはすべてのポートからの通話に適用されます。

Cisco Unity Connection 8.x のコール ルーティング ルールの追加

コール ルーティング ルールの追加方法


ステップ 1 Cisco Unity Connection Administration で [コール管理(Call Management)] を展開し、[コール ルーティング(Call Routing)] を展開します。直接コールの場合は、[直接ルーティング ルール(Direct Routing Rules)] を選択します。転送コールの場合は、[転送ルーティング ルール(Forwarded Routing Rules)] を選択します。

ステップ 2 [直接ルーティング ルール(Direct Routing Rules)] ページまたは [転送ルーティング ルール(Forwarded Routing Rules)] ページで、[新規追加(Add New)] を選択します。

ステップ 3 [直接ルーティング ルールの新規作成(New Direct Routing Rule)] ページまたは [転送ルーティング ルールの新規作成(New Forwarded Routing Rule)] ページで、新しいサービスの名前を [表示名(Display Name)] フィールドに入力します。

ステップ 4 [保存(Save)] を選択します。

ステップ 5 [直接ルーティング ルールの編集(Edit Direct Routing Rule)] ページまたは [転送ルーティング ルールの編集(Edit Forwarded Routing Rule)] ページで、該当する設定の入力を続けます(フィールド情報については、[ヘルプ(Help)] メニューで、[このページ(This Page)] を選択してください)。


) 新しいルールを作成するときは、コールのルーティングに使用する基準だけを指定し、ページのその他のフィールドは空白のままにしてもかまいません。空白フィールドはすべてに一致します。たとえば、[ポート(Ports)] フィールドを空白のままにすると、ルールはすべてのポートからの通話に適用されます。


ステップ 6 設定の入力が終了したら、[保存(Save)] を選択します。


 

Cisco Unity Connection 8.x のコール ルーティング ルールの変更

コール ルーティング ルールを変更するには


ステップ 1 Cisco Unity Connection Administration で [コール管理(Call Management)] を展開し、[コール ルーティング(Call Routing)] を展開します。直接コールの場合は、[直接ルーティング ルール(Direct Routing Rules)] を選択します。転送コールの場合は、[転送ルーティング ルール(Forwarded Routing Rules)] を選択します。

ステップ 2 [直接ルーティング ルール(Direct Routing Rules)] または [転送ルーティング ルール(Forwarded Routing Rules)] ページで、変更するコール ルーティング ルールの表示名を選択します。

ステップ 3 [直接ルーティング ルールの編集(Edit Direct Routing Rule)] ページまたは [転送ルーティング ルールの編集(Edit Forwarded Routing Rule)] ページで、必要に応じて設定を変更します(フィールド情報については、[ヘルプ(Help)] メニューで、[このページ(This Page)] を選択してください)。


) 空白フィールドはすべてに一致します。たとえば、[ポート(Ports)] フィールドを空白のままにすると、ルールはすべてのポートからの通話に適用されます。


ステップ 4 ページで設定の入力が終了したら、[保存(Save)] を選択します。


) デフォルト コール ルーティング ルールが非アクティブに設定されていると、コールがループする可能性があります。ルーティング ルールを変更する際に、すべてのコールが正しくルーティングされることを確認してください。



 

Cisco Unity Connection 8.x の電話言語設定の変更

ルーティング ルールの電話言語設定の変更方法


ステップ 1 Cisco Unity Connection Administration で [コール管理(Call Management)] を展開し、[コール ルーティング(Call Routing)] を展開します。直接コールの場合は、[直接ルーティング ルール(Direct Routing Rules)] を選択します。転送コールの場合は、[転送ルーティング ルール(Forwarded Routing Rules)] を選択します。

ステップ 2 [直接ルーティング ルール(Direct Routing Rules)] または [転送ルーティング ルール(Forwarded Routing Rules)] ページで、変更するコール ルーティング ルールの表示名を選択します。

ステップ 3 [直接ルーティング ルールの編集(Edit Direct Routing Rule)] または [転送ルーティング ルールの編集(Edit Forwarded Routing Rule)] ページで、[システムのデフォルト言語を使用(Use System Default Language)] または [発信者から言語を継承する(Inherit Language from Caller)] を選択するか、リストから言語を選択します。

ステップ 4 [保存(Save)] を選択します。


 

Cisco Unity Connection 8.x でのコール ルーティング ルールの順序変更

コール ルーティングの順序の変更方法


ステップ 1 Cisco Unity Connection Administration で [コール管理(Call Management)] を展開し、[コール ルーティング(Call Routing)] を展開します。直接コールの場合は、[直接ルーティング ルール(Direct Routing Rules)] を選択します。転送コールの場合は、[転送ルーティング ルール(Forwarded Routing Rules)] を選択します。

ステップ 2 [直接ルーティング ルール(Direct Routing Rules)] ページまたは [転送ルーティング ルール(Forwarded Routing Rules)] ページで、[順序の変更(Change Order)] を選択します。

ステップ 3 [直接ルーティング ルールの順序の編集(Edit Direct Routing Rule Order)] ページまたは [転送ルーティング ルールの順序の編集(Edit Forwarded Routing Rule Order)] ページの再編成リストで、移動するルールの名前を選択し、必要に応じて上向きまたは下向き矢印を選択します。

ステップ 4 ルールの順序変更が終了したら、[保存(Save)] を選択します。


 

Cisco Unity Connection 8.x のコール ルーティング ルールの削除

コール ルーティング ルールの削除方法


ステップ 1 Cisco Unity Connection Administration で [コール管理(Call Management)] を展開し、[コール ルーティング(Call Routing)] を展開します。直接コールの場合は、[直接ルーティング ルール(Direct Routing Rules)] を選択します。転送コールの場合は、[転送ルーティング ルール(Forwarded Routing Rules)] を選択します。

ステップ 2 [直接ルーティング ルール(Direct Routing Rules)] ページまたは [転送ルーティング ルール(Forwarded Routing Rules)] ページで、削除するルールの表示名を選択します。

ステップ 3 [選択項目の削除(Delete Selected)] を選択します。

ステップ 4 削除の確認を求めるダイアログボックスで、[OK] を選択します。