Cisco Unity Connection システム アドミニストレーション ガイド リリース 8.x
Cisco Unity Connection 8.x のコール ハン ドラの管理
Cisco Unity Connection 8.x のコール ハンドラの管理
発行日;2012/07/10 | 英語版ドキュメント(2011/11/10 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

Cisco Unity Connection 8.x のコール ハンドラの管理

8.x のデフォルト コール ハンドラの概要

8.x のコール ハンドラ テンプレートの作成、変更、削除

8.x のコール ハンドラの作成

8.x のコール ハンドラの変更

8.x のコール ハンドラ グリーティングの概要

8.x のコール ハンドラ グリーティングの管理

8.x でのグリーティング中の発信者入力の管理

コール ハンドラ グリーティング中のワンタッチ ダイヤルの提供

システム転送の提供

短縮内線:発信者が入力した内線の先頭への数字追加

8.x の電話言語設定の変更

8.x でのメッセージの取得

8.x の着信転送

8.x のコール ハンドラの削除

Cisco Unity Connection 8.x のコール ハンドラの管理

次の項を参照してください。

「Cisco Unity Connection 8.x のデフォルト コール ハンドラの概要」

「Cisco Unity Connection 8.x のコール ハンドラ テンプレートの作成、変更、削除」

「Cisco Unity Connection 8.x のコール ハンドラの作成」

「Cisco Unity Connection 8.x のコール ハンドラの変更」

「Cisco Unity Connection 8.x のコール ハンドラ グリーティングの概要」

「Cisco Unity Connection 8.x のコール ハンドラ グリーティングの管理」

「Cisco Unity Connection 8.x でのグリーティング中の発信者入力の管理」

「Cisco Unity Connection 8.x の電話言語設定の変更」

「Cisco Unity Connection 8.x でのメッセージの取得」

「Cisco Unity Connection 8.x の着信転送」

「Cisco Unity Connection 8.x のコール ハンドラの削除」

Cisco Unity Connection 8.x のデフォルト コール ハンドラの概要

Cisco Unity Connection には、事前定義済みの次のコール ハンドラが用意されています。これらのコール ハンドラは変更できますが、削除できません。少なくとも、これらのコール ハンドラのグリーティングは修正する必要があります。

 

ガイダンス

自動応答として機能します。発信者が組織に電話をかけたときの最初のグリーティングが再生され、指定したアクションが実行されます。ガイダンス コール ルーティング ルールは、すべての着信コールをガイダンス コール ハンドラに転送します。

デフォルトで、ガイダンス コール ハンドラは、発信者が * を押すとサインイン カンバセーションに転送し、# を押すとオペレータ コール ハンドラに転送します。ガイダンス コール ハンドラで残されたメッセージは、[配信できないメッセージ(Undeliverable Messages)] 同報リストに送信されます。

オペレータ

発信者が「0」を押すか、何もキーを押さないと、このコール ハンドラにコールがルーティングされます(デフォルト設定)。発信者がメッセージを残したり、人のオペレータに転送できるように、オペレータ コール ハンドラを設定できます。

デフォルトで、オペレータ コール ハンドラは、発信者が * を押すとサインイン カンバセーションに転送し、# を押すとガイダンス コール ハンドラに転送します。オペレータ コール ハンドラで残されたメッセージは、オペレータ ユーザのメールボックスに送信されます。

終了案内

発信者の入力がなければ、短い終了案内メッセージを再生してから、切断します。

デフォルトで、終了案内コール ハンドラは、発信者が * を押すとサインイン カンバセーションに転送し、# を押すとガイダンス コール ハンドラに転送します。グリーティング後のアクションを「通話を切断する」から「メッセージの録音を開始する」に変更した場合、終了案内コール ハンドラで残されたメッセージは、[配信できないメッセージ(Undeliverable Messages)] 同報リストに送信されます。

Cisco Unity Connection 8.x のコール ハンドラ テンプレートの作成、変更、削除

Cisco Unity Connection に追加するコール ハンドラは、テンプレートに基づいたものになります。テンプレートの設定は、コール ハンドラが作成されるときに適用されます。Connection には、デフォルト コール ハンドラ テンプレートが 1 つ付属しています。この設定は、ほとんどのコール ハンドラに適しています。

新しいテンプレートを作成することもできます。

コール ハンドラを作成する前に、使用する予定のテンプレートの設定を確認して、変更が必要かどうか、または新しいテンプレートを作成するかどうかを判断します。各テンプレートで、作成しようとするコール ハンドラに必要な転送の有効化、発信者入力、グリーティング、およびメッセージを検討する必要があります。コール ハンドラ テンプレートの設定を変更した場合、新しい設定は、このテンプレートを使用して作成される新しいコール ハンドラでだけ有効になることに注意してください。テンプレート設定を変更しても、既存のコール ハンドラには影響を与えません。

コール ハンドラ テンプレートを削除しても、そのテンプレートに基づいて作成されたコール ハンドラには影響を与えません。デフォルト テンプレートは削除できません。

次の手順を参照してください。

「コール ハンドラ テンプレートの作成方法」

「コール ハンドラ テンプレートの変更方法」

「コール ハンドラ テンプレートの削除方法」

コール ハンドラ テンプレートの作成方法


ステップ 1 Cisco Unity Connection Administration で、[テンプレート(Templates)] を展開して [コール ハンドラ テンプレート(Call Handler Templates)] を選択します。

ステップ 2 [コール ハンドラ テンプレートの検索(Search Call Handler Templates)] ページで [新規追加(Add New)] を選択します。

ステップ 3 [コール ハンドラ テンプレートの新規作成(New Call Handler Template)] ページで、該当する基本設定を入力します(フィールド情報については、[ヘルプ(Help)] メニューで、[このページ(This Page)] を選択してください)。


) *(アスタリスク)マークの付いたフィールドは必須です。


ステップ 4 [保存(Save)] を選択します。

ステップ 5 [コール ハンドラ テンプレートの編集(Edit Call Handler Template)] ページで、該当する設定の入力を続けます。

ステップ 6 [コール ハンドラ テンプレートの編集(Edit Call Handler Template)] ページの設定の入力が終了したら、[保存(Save)] を選択します。

ステップ 7 [編集(Edit)] メニューで、次の関連ページのいずれか(またはすべて)を選択して、該当する設定を新しいコール ハンドラ テンプレートに追加します。

転送ルール(Transfer Rules)(詳細は「Cisco Unity Connection 8.x の着信転送」を参照)

発信者入力(Caller Input)(詳細は「Cisco Unity Connection 8.x でのグリーティング中の発信者入力の管理」を参照)

グリーティング(Greetings)(詳細は「Cisco Unity Connection 8.x のコール ハンドラ グリーティングの概要」を参照)

メッセージ設定(Message Settings)(詳細は「Cisco Unity Connection 8.x でのメッセージの取得」を参照)

ステップ 8 ステップ 7 で示したページのいずれかでデフォルト設定を変更した場合は、ページから移動する前に [保存(Save)] を選択してください。


 

コール ハンドラ テンプレートの変更方法


ステップ 1 Cisco Unity Connection Administration で、[テンプレート(Templates)] を展開して [コール ハンドラ テンプレート(Call Handler Templates)] を選択します。

ステップ 2 [コール ハンドラ テンプレートの検索(Search Call Handler Templates)] ページで、変更するコール ハンドラ テンプレートの表示名を選択します。


) 変更するコール ハンドラ テンプレートが検索結果テーブルに表示されない場合は、ページの上部の検索フィールドに適切なパラメータを設定して、[検索(Find)] を選択します。


ステップ 3 [コール ハンドラ テンプレートの編集(Edit Call Handler Template)] で、設定を変更します。(フィールド情報については、[ヘルプ(Help)] メニューで、[このページ(This Page)] を選択してください)。

ステップ 4 [コール ハンドラ テンプレートの編集(Edit Call Handler Template)] ページの設定の変更が終了したら、[保存(Save)] を選択します。

ステップ 5 次の関連ページで、必要に応じていずれか(または、すべて)の設定を変更できます。

転送ルール(Transfer Rules)(詳細は「Cisco Unity Connection 8.x の着信転送」を参照)

発信者入力(Caller Input)(詳細は「Cisco Unity Connection 8.x でのグリーティング中の発信者入力の管理」を参照)

グリーティング(Greetings)(詳細は「Cisco Unity Connection 8.x のコール ハンドラ グリーティングの概要」を参照)

メッセージ設定(Message Settings)(詳細は「Cisco Unity Connection 8.x でのメッセージの取得」を参照)

ステップ 6 ステップ 5 に表示されたページでいずれかの設定を変更した場合は、ページを終了する前に [保存(Save)] を選択してください。


 

コール ハンドラ テンプレートの削除方法


ステップ 1 Cisco Unity Connection Administration で、[テンプレート(Templates)] を展開して [コール ハンドラ テンプレート(Call Handler Templates)] を選択します。

ステップ 2 [コール ハンドラ テンプレートの検索(Search Call Handler Templates)] ページで、削除するコール ハンドラ テンプレートの横にあるチェック ボックスをオンにします。


) 削除するコール ハンドラ テンプレートが検索結果テーブルに表示されない場合は、ページの上部の検索フィールドに適切なパラメータを設定して、[検索(Find)] を選択します。


ステップ 3 [選択項目の削除(Delete Selected)] を選択します。

ステップ 4 [OK] を選択します。


 

Cisco Unity Connection 8.x のコール ハンドラの作成

使用を計画しているテンプレートを作成または更新すると、コール ハンドラを作成できるようになります。

コール ハンドラの作成方法


ステップ 1 Cisco Unity Connection Administration で [コール管理(Call Management)] を展開して [システム コール ハンドラ(System Call Handlers)] を選択します。

ステップ 2 [コール ハンドラの検索(Search Call Handlers)] ページで [新規追加(Add New)] を選択します。

ステップ 3 [コール ハンドラの新規作成(New Call Handler)] ページで、該当する基本設定を入力します(フィールド情報については、[ヘルプ(Help)] メニューで、[このページ(This Page)] を選択してください)。


) *(アスタリスク)マークの付いたフィールドは必須です。


ステップ 4 [保存(Save)] を選択します。

ステップ 5 コール ハンドラの編集ページで、コール ハンドラの設定の入力を続けます。

ステップ 6 コール ハンドラの編集ページでの設定の入力が終了したら、[保存(Save)] を選択します。

ステップ 7 [編集(Edit)] メニューで、次の関連ページのいずれか(またはすべて)を選択して、該当する設定を新しいコール ハンドラに追加します。

転送ルール(Transfer Rules)(詳細は「Cisco Unity Connection 8.x の着信転送」を参照)

発信者入力(Caller Input)(詳細は「Cisco Unity Connection 8.x でのグリーティング中の発信者入力の管理」を参照)

グリーティング(Greetings)(詳細は「Cisco Unity Connection 8.x のコール ハンドラ グリーティングの概要」を参照)

メッセージ設定(Message Settings)(詳細は「Cisco Unity Connection 8.x でのメッセージの取得」を参照)

コール ハンドラの所有者(Call Handler Owners)


) 新しいコール ハンドラが基準とするコール ハンドラ テンプレートの設定方法によっては、追加ページの設定を変更する必要はありません。ただし、少なくとも、コール ハンドラ用に名前と 1 つまたは複数のグリーティングを録音する必要があります。


ステップ 8 ステップ 7 に表示されたページでいずれかの設定を変更した場合は、ページを終了する前に [保存(Save)] を選択してください。


 

Cisco Unity Connection 8.x のコール ハンドラの変更

コール ハンドラを作成した後で、設定の調整が必要になることがあります。Cisco Unity Connection Administration のツールで、同時に単一のコール ハンドラを修正できます。また、同時に複数のコール ハンドラを変更することもできます。次の、該当する手順に従ってください。

「単一のコール ハンドラの変更方法」

「一括編集モードでのコール ハンドラ設定の変更方法」

単一のコール ハンドラの変更方法


ステップ 1 Cisco Unity Connection Administration で [コール管理(Call Management)] を展開して [システム コール ハンドラ(System Call Handlers)] を選択します。

ステップ 2 [コール ハンドラの検索(Search Call Handlers)] ページで、修正するコール ハンドラの表示名を選択します。


) 変更するコール ハンドラが検索結果テーブルに表示されていない場合は、ページ上部の検索フィールドで適切なパラメータを設定し、[検索(Find)] を選択します。


ステップ 3 コール ハンドラの編集ページで、設定を変更します(フィールド情報については、[ヘルプ(Help)] メニューで、[このページ(This Page)] を選択してください)。

ステップ 4 コール ハンドラの編集ページでの設定の変更が終了したら、[保存(Save)] を選択します。

ステップ 5 次の関連ページで、必要に応じていずれか(または、すべて)の設定を変更できます。

転送ルール(Transfer Rules)(詳細は「Cisco Unity Connection 8.x の着信転送」を参照)

発信者入力(Caller Input)(詳細は「Cisco Unity Connection 8.x でのグリーティング中の発信者入力の管理」を参照)

グリーティング(Greetings)(詳細は「Cisco Unity Connection 8.x のコール ハンドラ グリーティングの概要」を参照)

メッセージ設定(Message Settings)(詳細は「Cisco Unity Connection 8.x でのメッセージの取得」を参照)

コール ハンドラの所有者(Call Handler Owners)

ステップ 6 ステップ 5 に表示されたページでいずれかの設定を変更した場合は、ページを終了する前に [保存(Save)] を選択してください。


 

一括編集モードでのコール ハンドラ設定の変更方法


ステップ 1 [コール ハンドラの検索(Search Call Handlers)] ページで、該当するコール ハンドラのチェックボックスをオンにして、[一括編集(Bulk Edit)] を選択します。

一括編集するコール ハンドラが、1 つの [検索(Search)] ページに一部しか表示されない場合は、最初のページで該当するすべてのチェックボックスをオンにし、次のページに移動して該当するすべてのチェックボックスをオンにするという操作を、該当するすべてのコール ハンドラを選択するまで繰り返します。次に、[一括編集(Bulk Edit)] を選択します。

ステップ 2 設定に変更を加えるには、フィールド名の左にあるチェックボックスをオンにして選択してから、通常どおりフィールドを設定します。[ヘルプ(Help)] > [このページ(This Page)] を選択して、各設定の説明を確認します。

(注) [コール ハンドラの基本設定の編集(Edit Call Handler Basics)] ページの上部にある [ステータス(Status)] メッセージには、編集中のコール ハンドラの数が示されます。また、このページには一括モードで編集可能なフィールドだけが表示されています。

ステップ 3 必要に応じて、一括編集タスク スケジュール フィールドを設定して、後日または後で実行する一括編集処理のスケジュールを作成します。

ステップ 4 [送信(Submit)] を選択します。


 

Cisco Unity Connection 8.x のコール ハンドラ グリーティングの概要

コール ハンドラごとに、最大 7 つのグリーティングを使用できます。グリーティング設定では、有効なグリーティング、グリーティングの有効期限、グリーティングの内容、各グリーティング中またはグリーティング後に Cisco Unity Connection が実行する処理を指定します。グリーティングが有効になると、適切な状況で Connection がグリーティングを再生し、指定された日付および時間になると、グリーティングは自動的に無効になります。無期限に再生するように、グリーティングを有効にすることもできます。

コール ハンドラ グリーティングは、複数の言語で録音できます。手順については、「Cisco Unity Connection 8.x の電話言語設定の変更」を参照してください。

オプション グリーティングが有効にされているコール ハンドラへのコールを Connection が処理する方法をカスタマイズできます。たとえば、オプション グリーティングが有効になっている間、Connection が次のように動作するように指定できます。

自動応答機能またはディレクトリ ハンドラからユーザの内線にコールが転送された場合、コール ハンドラに割り当てられている内線の呼び出し音を鳴らさずに発信者を直接グリーティングに転送する(外部の発信者または別の Connection ユーザがユーザの内線を直接ダイヤルした場合は、電話の呼び出し音が鳴ります)。

すべての発信者がグリーティングをスキップすることを禁止します。

すべての発信者がメッセージを残せないようにする(メッセージを取得するようにコール ハンドラが設定されている場合)。

Connection では、有効にしたグリーティングが適切な状況で再生されます。ただし、一部のグリーティングは、有効にされている場合、他のグリーティングよりも優先されます。

 

標準(Standard)

他のグリーティングが優先される場合以外は、常に再生されます。標準のグリーティングは無効にできません。

時間外(Closed)

アクティブなスケジュールに定義された営業時間外に再生されます。時間外のグリーティングは標準のグリーティングよりも優先されるため、時間外のグリーティングによって、標準のグリーティングはアクティブなスケジュールに定義された営業時間に制限されます。

祝日(Holiday)

アクティブなスケジュールに関連付けられている祝日のスケジュールで指定された、特定の日付および時間に再生されます。祝日グリーティングは、標準および時間外グリーティングよりも優先されます。

内線(Internal)

内線の発信者に対してだけ再生されます。同僚に知らせる必要がある情報を再生できます(「午後はずっと研究室にいます」など)。内線グリーティングは、標準、時間外、および祝日グリーティングよりも優先されます。

内線のグリーティングに必要なサポートは、すべての電話システム連動によって提供されるわけではありません。

通話中(Busy)

内線番号が通話中の場合に再生されます(「オペレータが他の電話に出ています」など)。通話中グリーティングは、標準、時間外、内線、および祝日グリーティングよりも優先されます。

通話中のグリーティングに必要なサポートは、すべての電話システム連動によって提供されるわけではありません。

オプション(Alternate)

休暇など、さまざまな特別な状況で使用できます(「... まで不在にしています」など)。オプションのグリーティングは、他のすべてのグリーティングよりも優先されます。

エラー(Error)

発信者が無効な数字を入力したときに再生されます。数字が内線と一致しない場合、内線が検索範囲で見つからなかった場合、または発信者がその数字のダイヤルを制限されている場合に、この状態が発生します。エラー グリーティングは無効にできません。

システムのデフォルト エラー録音は「入力した値がまちがっています(I did not recognize that as a valid entry)」です。デフォルトでは、Connection はエラー グリーティングが再生された後、発信者が無効な数字を入力したときに再生したグリーティングをもう一度再生します。

コール ハンドラの所有者は、Cisco Unity Connection Administration の [システム コール ハンドラ(System Call Handlers)] > [グリーティング(Greetings)] ページから、コール ハンドラ グリーティングを選択、またはコール ハンドラ グリーティングを録音できます。または、Cisco Unity Greetings Administrator を使用して、電話から同じ操作ができます(グリーティングの録音の詳細、および Cisco Unity Greetings Administrator の使用方法については、 「Cisco Unity Connection 8.x での録音済みグリーティングと名前の管理」 を参照してください)。

コール ハンドラ グリーティング設定の変更方法については、次の「Cisco Unity Connection 8.x のコール ハンドラ グリーティングの管理」の項を参照してください。

Cisco Unity Connection 8.x のコール ハンドラ グリーティングの管理

Cisco Unity Connection Administration を使用して、または電話で Cisco Unity Connection を呼び出して、コール ハンドラ グリーティングを変更できます。Connection の管理 を使用してグリーティングを変更するときは、単一のコール ハンドラのグリーティングを変更することも、複数のコール ハンドラのグリーティングを同時に変更することもできます。

次の、該当する手順に従ってください。

「単一のコール ハンドラのコール ハンドラ グリーティングの設定方法」

「一括編集モードによる複数のコール ハンドラのコール ハンドラ グリーティングの設定方法」

Cisco Unity Connection Administration にアクセスできないときにコール ハンドラのグリーティングを管理するには、電話で Cisco Unity Greetings Administrator を使用します。詳細については、「8.x Cisco Unity Greetings Administrator の設定」および「8.x Cisco Unity Greetings Administrator を使用したコール ハンドラ グリーティングの録音または再録音」を参照してください。

単一のコール ハンドラのコール ハンドラ グリーティングの設定方法


ステップ 1 Cisco Unity Connection Administration で [コール管理(Call Management)] を展開して [システム コール ハンドラ(System Call Handlers)] を選択します。

ステップ 2 [コール ハンドラの検索(Search Call Handlers)] ページで、該当するコール ハンドラの表示名を選択します。


) コール ハンドラが検索結果テーブルに表示されていない場合は、ページ上部の検索フィールドで適切なパラメータを設定し、[検索(Find)] を選択します。


ステップ 3 [編集(Edit)] メニューで、[グリーティング(Greetings)] を選択します。

ステップ 4 [グリーティング(Greetings)] ページで、セットアップするグリーティングの表示名を選択します。

ステップ 5 [グリーティングの編集(Edit Greeting)] ページで、適切な設定を入力します。

ステップ 6 [保存(Save)] を選択します。

ステップ 7 このコール ハンドラの別のグリーティングを設定するには、ステップ 3 からステップ 6 を繰り返します。


 

一括編集モードによる複数のコール ハンドラのコール ハンドラ グリーティングの設定方法


ステップ 1 [コール ハンドラの検索(Search Call Handlers)] ページで、該当するコール ハンドラのチェックボックスをオンにして、[一括編集(Bulk Edit)] を選択します。

一括編集するコール ハンドラが、1 つの [検索(Search)] ページに一部しか表示されない場合は、最初のページで該当するすべてのチェックボックスをオンにし、次のページに移動して該当するすべてのチェックボックスをオンにするという操作を、該当するすべてのコール ハンドラを選択するまで繰り返します。次に、[一括編集(Bulk Edit)] を選択します。

(注) [コール ハンドラの基本設定の編集(Edit Call Handler Basics)] ページの上部にある [ステータス(Status)] メッセージには、編集中のコール ハンドラの数が示されます。各ページには、一括モードでの編集が許可されているフィールドだけが設定されていることにも注意してください。

ステップ 2 [編集(Edit)] メニューで、[グリーティング(Greetings)] を選択します。

ステップ 3 [グリーティング(Greetings)] ページで、セットアップするグリーティングの表示名を選択します。

ステップ 4 [グリーティングの編集(Edit Greeting)] ページで、フィールド名の左側のチェック ボックスをオンにして選択し、設定を適切に変更して、通常どおりにフィールドを設定します([ヘルプ(Help)] > [このページ(This Page)] を選択して、各設定の説明を確認します)。

ステップ 5 必要に応じて、一括編集タスク スケジュール フィールドを設定して、後日または後で実行する一括編集処理のスケジュールを作成します。

ステップ 6 [送信(Submit)] を選択します。


 

Cisco Unity Connection 8.x でのグリーティング中の発信者入力の管理

発信者入力設定は、発信者がコール ハンドラ グリーティングの途中で電話キーを押したときに、その応答として Cisco Unity Connection が実行するアクションを定義します。各グリーティングの [グリーティングの編集(Edit Greeting)] ページでこの設定を使用することによって、グリーティングごとに、グリーティング中に発信者による入力を許可するかどうか、および発信者が転送を実行できるかどうかを指定します。または、コール ハンドラの [発信者入力(Caller Input)] ページを使用して、すべてのコール ハンドラ グリーティングに適用する発信者入力キーおよびオプションを定義できます。

詳細については、次の各項を参照してください。

「コール ハンドラ グリーティング中のワンタッチ ダイヤルの提供」

「システム転送の提供」

「短縮内線:発信者が入力した内線の先頭への数字追加」

コール ハンドラ グリーティング中のワンタッチ ダイヤルの提供

ワンタッチ ダイヤルによって、単一の数字がユーザの内線、緊急連絡先番号、コール ハンドラ、インタビュー ハンドラ、またはディレクトリ ハンドラを表すように指定できます。完全な内線番号を入力する代わりに、発信者は、コール ハンドラ グリーティングの途中で単一のキーを押すと、それに応じて Cisco Unity Connection が応答します。複数のキーを発信者入力オプションとして指定すると、コール ハンドラ グリーティングで発信者に選択メニューを提供できます。

コール ハンドラの 1 つまたは複数のキーに緊急連絡先番号への転送アクションを設定すると、番号ごとに個別のコール ハンドラを作成せずに、電話システム内のユーザ以外の特定の内線または特定の外線番号に転送するために使用できる単純なオーディオテキスト ツリーを簡単に設定できます。発信者を緊急連絡先番号に転送するとき、Connection は、転送を管理することも、このコールを電話システムから解放することもできます。

発信者は、ワンタッチ ダイヤルをバイパスできます。ワンタッチ ダイヤル メニューに従ってシステムがコールをルーティングする前に、一定の秒数、一時停止して追加のキーが押されるのを待つように設定します。このような一時停止により、発信者はハンドラ グリーティングの間でも、完全な内線 ID を押して短縮ダイヤル メニューをバイパスできます。

また、特定のキーをロックして、追加のキーが押されるのを待たずに、そのキーにプログラムされているアクションを直接実行することもできます。ユーザの内線の最初の数字と一致するキーをロックしないように注意してください。ロックした場合、発信者が内線番号を入力してユーザに電話をかけることができなくなります。

コール ハンドラ グリーティング中のワンタッチ ダイヤルの提供方法


ステップ 1 Cisco Unity Connection Administration で [コール管理(Call Management)] を展開して [システム コール ハンドラ(System Call Handlers)] を選択します。

ステップ 2 [コール ハンドラの検索(Search Call Handler)] ページの [検索結果(Search Results)] テーブルで、該当するコール ハンドラの表示名を選択します。


) コール ハンドラが検索結果テーブルに表示されていない場合は、ページ上部の検索フィールドで適切なパラメータを設定し、[検索(Find)] を選択します。


ステップ 3 コール ハンドラの編集ページ([編集(Edit)] メニュー)で、[発信者入力(Caller Input)] を選択します。

ステップ 4 [単一キーの設定(Single Key Settings)] テーブルで、適切な電話キーパッド キーを選択します。

ステップ 5 発信者が追加の数字を入力するのを待たず、すぐにキーを処理するように Connection に指示するには、選択したキーの [発信者入力の編集(Edit Caller Input)] ページで、[追加入力を無視(ロック)(Ignore Additional Input (Locked))] チェック ボックスをオンにします。

ステップ 6 [アクション(Action)] で適切なオプションを選択し、設定を変更します。

ステップ 7 [保存(Save)] を選択します。

ステップ 8 オプションで、発信者がグリーティングの再生中に押すことができるキーを説明するコール ハンドラ グリーティングを録音できます。

a. [編集(Edit)] メニューで、[グリーティング(Greetings)] を選択します。

b. [グリーティング(Greetings)] ページで、修正するグリーティングの表示名を選択します。

c. [グリーティングの編集(Edit Greeting)] ページで、[再生/録音(Play/Record)] を選択し、グリーティングを録音します。

d. [保存(Save)] を選択します。


 

システム転送の提供

システム転送を使用して、発信者は、ユーザ、連絡先、コール ハンドラ、またはその他のエンティティに関連付けられていない番号をダイヤルできます。たとえば、ユーザおよび外部の発信者は、Cisco Unity Connection に電話をかけて、コール ハンドラからロビーの内線、会議室の内線、または Connection ユーザでない社内の人(別のサイトから訪問した従業員が、ゲスト用のオフィスを使用している場合など)に割り当てられている内線に転送できると便利なことがあります。

グリーティングの再生中に、Connection ユーザまたはコール ハンドラに関連付けられていない番号に発信者を転送できるようにコール ハンドラ グリーティングを個別に設定できます。

詳細については、 「Cisco Unity Connection 8.x でのシステム転送の設定」 の章を参照してください。

短縮内線:発信者が入力した内線の先頭への数字追加

コール ハンドラおよびユーザ メールボックスの先頭に追加する数字を使用して、短縮内線をシミュレートできます。これらの数字を定義すると、コール ハンドラまたはユーザ メールボックスのグリーティングが再生されているときに、発信者がダイヤルした任意の内線の先頭に追加されます。

Cisco Unity Connection は、まず、先頭に数字を追加した内線にコールをルーティングします。数字を追加した内線が有効でない場合、Connection は、ダイヤルされた内線にコールをルーティングします。次の例で、Sales というコール ハンドラは、数字の 123 を先頭に付けるように設定されています。Sales コール ハンドラのグリーティングの再生中に、発信者が 1000 をダイヤルすると、Connection は内線 1231000 にコールをルーティングします。先頭に数字を追加した内線が有効でない場合、Connection は内線 1000 にコールをルーティングします(内線 1000 が有効な内線でなく、ユーザまたはコール ハンドラに関連付けられていない番号への転送を許可するように Sales コール ハンドラのグリーティングが設定されている場合、Connection は 1231000 へのリリース転送を実行することに注意してください)。

短縮内線は、ユーザを異なるグループに分割する方法として使用できます。たとえば、会社に開発部とマーケティング部という 2 つの部署があるとします。この会社では 6 桁の内線番号を使用しており、開発部のすべての内線は 10 で始まり、マーケティング部のすべての内線は 11 で始まります。開発部用とマーケティング部用にコール ハンドラを作成できます。各コール ハンドラは、コール ハンドラからダイヤルされた内線に、必要に応じて 10 または 11 を先頭に追加するように構成できます。このように設定すると、ユーザが入力する必要がある内線番号は、ユーザの内線の下 4 桁だけになります。

次のいずれかの手順に従います。

「個別のユーザ アカウントまたはコール ハンドラ アカウントでの、先頭に追加する数字の設定方法」

「複数のユーザ アカウントまたはコール ハンドラ アカウントでの、一括編集モードによる先頭に追加する数字の設定方法」

個別のユーザ アカウントまたはコール ハンドラ アカウントでの、先頭に追加する数字の設定方法


ステップ 1 Cisco Unity Connection Administration で、適切なユーザ、ユーザ テンプレート、コール ハンドラ、またはコール ハンドラ テンプレートの [発信者入力(Caller Input)] ページに移動します。

ステップ 2 [ダイヤルされた内線番号の前に数字を追加する(Prepend Digits to Dialed Extensions)] セクションで、[有効(Enable)] チェック ボックスをオンにします。

ステップ 3 [先頭に追加する数字(Digits to Prepend)] フィールドに、必要な数字を入力します。

ステップ 4 [保存(Save)] を選択します。


 

複数のユーザ アカウントまたはコール ハンドラ アカウントでの、一括編集モードによる先頭に追加する数字の設定方法


ステップ 1 適切な検索ページで、該当するユーザまたはコール ハンドラのチェック ボックスをオンにして、[一括編集(Bulk Edit)] を選択します。

一括編集するすべてのユーザまたはコール ハンドラが 1 つの検索ページに表示されない場合は、最初のページで該当するすべてのチェック ボックスをオンにして、次のページに移動し、該当するすべてのチェック ボックスをオンにします。これを繰り返して、すべての該当するユーザまたはコール ハンドラを選択します。次に、[一括編集(Bulk Edit)] を選択します。

(注) ページの上部にある [ステータス(Status)] メッセージには、編集中のユーザまたはコール ハンドラの数が示されます。各ページには、一括モードでの編集が許可されているフィールドだけが設定されていることにも注意してください。

ステップ 2 [編集(Edit)] メニューで、[発信者入力(Caller Input)] を選択します。

ステップ 3 [発信者入力(Caller Input)] ページの [ダイヤルされた内線番号の前に数字を追加する(Prepend Digits to Dialed Extensions)] セクションで、最も左のチェック ボックスをオンにして [有効(Enable)] フィールドを選択し、次に [有効(Enable)] チェック ボックスをオンにします。

ステップ 4 [先頭に追加する数字(Digits to Prepend)] フィールドに、必要な数字を入力します。

ステップ 5 必要に応じて、一括編集タスク スケジュール フィールドを設定して、後日または後で実行する一括編集処理のスケジュールを作成します。

ステップ 6 [送信(Submit)] を選択します。


 

Cisco Unity Connection 8.x の電話言語設定の変更

コール ハンドラの言語が発信者から継承される場合、コール ハンドラ グリーティングを複数の言語で録音できます。たとえば、Cisco Unity Connection がフランス語とスペイン語でプロンプトを再生するように設定されている場合、標準グリーティングを両方の言語で録音して、スペイン語を話す発信者とフランス語を話す発信者にそれぞれの言語でグリーティングを再生できます。

コール ハンドラの電話言語設定の変更方法


ステップ 1 Cisco Unity Connection Administration で [コール管理(Call Management)] を展開して [システム コール ハンドラ(System Call Handlers)] を選択します。

ステップ 2 [コール ハンドラの検索(Search Call Handler)] ページの [検索結果(Search Results)] テーブルで、該当するコール ハンドラの表示名を選択します。


) コール ハンドラが検索結果テーブルに表示されていない場合は、ページ上部の検索フィールドで適切なパラメータを設定し、[検索(Find)] を選択します。


ステップ 3 コール ハンドラの編集ページで、[システムのデフォルト言語を使用(Use System Default Language)] または [発信者から言語を継承する(Inherit Language from Caller)] を選択するか、[言語(Language)] リストから言語を 1 つ選択します。

ステップ 4 [保存(Save)] を選択します。

ステップ 5 [編集(Edit)] メニューで、[グリーティング(Greetings)] を選択します。

ステップ 6 [グリーティング(Greetings)] ページで、適切なグリーティングを選択します。

ステップ 7 [グリーティングの編集(Edit Greetings)] ページで、新しい言語でグリーティングを再録音します。

ステップ 8 [保存(Save)] を選択します。


 

Cisco Unity Connection 8.x でのメッセージの取得

特定のコール ハンドラ グリーティングの設定を使用して、グリーティングの再生後にメッセージを取得するようにコール ハンドラを設定できます。コール ハンドラのメッセージを受信するユーザ、メッセージにディスパッチ配信のマークを付けるかどうか、外部の発信者からのメッセージの最長録音時間、メッセージを残すときに発信者が実行できる操作、自動的に暗号のマークをメッセージに付けるかどうか、メッセージが残された後で次のコールを受信した場合に実行するアクションを指定できます。

統合によっては、発信者がメッセージを録音するときに、許可される最大メッセージ長に到達する前に警告プロンプトを再生するように、Cisco Unity Connection を設定できます。詳細については、「録音終了時の終了警告プロンプトの設定」を参照してください。

ディスパッチ メッセージの設定の詳細については、「Cisco Unity Connection 8.x のディスパッチ メッセージ」を参照してください。

Cisco Unity Connection 8.x の着信転送

コール ハンドラの着信転送設定は、自動応答機能からコール ハンドラに転送されるコールを Cisco Unity Connection が転送する方法を指定します。各コール ハンドラには、カスタマイズできる 3 つの転送ルールがあります。1 つは標準時間用、1 つは時間外(営業時間外および祝日)用、もう 1 つは代行転送ルールで、これが有効の場合、標準転送ルールと時間外転送ルールよりも優先され、常に有効になります。コール ハンドラにコールが転送されると、Connection は、まず、適切な転送ルールをチェックして、コールの転送先(コール ハンドラ グリーティングか、内線か)を判断します。

コール ハンドラ グリーティングに転送する場合、Connection は、状況と有効になっているグリーティングに応じて、適切なグリーティング(標準、時間外、祝日、内線、通話中、またはオプション)を再生します。コール ハンドラで発信者に対して、録音されたオプションのメニューまたは情報メッセージを再生するには、グリーティングに転送するように転送ルールを設定します。

発信者を特定のユーザまたは別のコール ハンドラにルーティングするには、ユーザの内線またはコール ハンドラに転送するように転送ルールを設定します。コールをユーザの内線に転送するとき、Connection は、コールを電話システムにリリースすることも、転送を管理することもできます。Connection が転送を管理するように設定されている場合、間接通話に対する通話の発信者名確認および通話保留のオプションを提供できます。

通話の発信者名確認を使用すると、Connection は、ユーザに接続する前に発信者の名前を尋ねることができます。ユーザは発信者を確認し、複数のユーザで 1 台の電話機を使用している場合、通話相手を確認できます。次に、コールを受け入れるか、拒否できます。

通話保留では、電話が通話中の場合に、Connection から発信者に電話を切らずに待機するように依頼できます。保留中の発信者はそれぞれ、Connection ポートと電話システムポートを 1 つずつ使用するため、キューに保留可能な発信者の合計数は常に、利用可能なポートの数によって制限されます。

通話保留キュー内の最初の発信者のデフォルト待機時間は、25 秒です。この時間が経過しても発信者が保留中になっている場合、Connection は発信者に、保留を続けるか、メッセージを残すか、別の内線を使用するかを尋ねます。発信者が電話キーパッドのキーを押さなかった場合、または保留を続ける、メッセージを残す、または別の内線をダイヤルするというボイス コマンドを発音しなかった場合、発信者はガイダンスに転送されます。保留キューの後続の発信者には、これらのオプションのほかに、その発信者よりも前にいる別の発信者の数が再生されます(電話の保留の詳細については、「Cisco Unity Connection 8.x の通話保留待ち時間」を参照してください)。

電話の保留が選択されない場合、発信者は、有効になっているユーザ グリーティングまたはハンドラ グリーティング(標準、時間外、祝日、通話中、またはオプション グリーティング)に送信されます。

Cisco Unity Connection 8.x のコール ハンドラの削除

コール ハンドラが Connection の別のオブジェクトから参照されている場合(そのコール ハンドラにコールをルーティングするようにルーティング ルールまたは別のコール ハンドラが設定されているなど)、別のオブジェクトの設定を変更して削除するコール ハンドラへの参照を削除するまで、コール ハンドラの削除が許可されません。コール ハンドラを参照するオブジェクトの設定を変更せずにコール ハンドラを削除しようとすると、削除操作が失敗します。

別のコール ハンドラから参照されているコール ハンドラを削除する場合は、入力オプションに関する正しい情報が再生されるように、グリーティングを録音し直してください。

コール ハンドラの削除方法


ステップ 1 Cisco Unity Connection Administration で [コール管理(Call Management)] を展開して [システム コール ハンドラ(System Call Handlers)] を選択します。

ステップ 2 [コール ハンドラの検索(Search Call Handle)] ページで、削除するコール ハンドラの表示名の横にあるチェックボックスをオンにします。


) 削除するコール ハンドラが検索結果テーブルに表示されていない場合は、ページ上部の検索フィールドで適切なパラメータを設定し、[検索(Find)] を選択します。


ステップ 3 [依存関係の表示(Show Dependencies)] を選択して、削除するコール ハンドラに依存するデータベース オブジェクトを検索します。

ステップ 4 依存関係の検索結果から、影響を受けるオブジェクトのリンクをたどって、依存関係を別のコール ハンドラに再割り当てします。

ステップ 5 [ツール(Tools)] > [依存関係結果の表示(Show Dependency Results)] を選択します。

ステップ 6 [依存関係結果の表示(Show Dependency Results)] ページで、[前回の結果を表示(Display Previous Results)] を選択します。

ステップ 7 すべての依存関係が再割り当てされるまで、ステップ 4 からステップ 6 を繰り返します。

ステップ 8 [コール管理(Call Management)] > [システム コール ハンドラ(System Call Handlers)] を選択します。

ステップ 9 [コール ハンドラの検索(Search Call Handle)] ページで、削除するコール ハンドラの表示名の横にあるチェックボックスをオンにします。

ステップ 10 [選択項目の削除(Delete Selected)] を選択します。


) 検索ページから間違ったコール ハンドラを削除することが心配な場合は、表示名を選択して、[コール ハンドラの基本設定の編集(Edit Call Handler Basics)] ページに移動します。このページの詳細データを使用して、削除するコール ハンドラを確認できます。


ステップ 11 削除の確認を求めるダイアログボックスで、[OK] を選択します。