Cisco Unity Connection クラスタ コンフィギュレーション アドミニストレーション ガイド Release 7.x
Cisco Unity Connection クラスタの 設定
Cisco Unity Connection クラスタの設定
発行日;2012/02/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 319KB) | フィードバック

目次

Cisco Unity Connection クラスタの設定

クラスタを設定するためのタスク リスト

クラスタの設定

クラスタ設定のカスタマイズ

Cisco Unity Connection クラスタを設定するためのタスク リスト


注意 Cisco Unity Connection クラスタを設定する前に、『Cisco Unity Connection インストレーション ガイド Release 7.x』の手順に従って、パブリッシャ サーバをインストールし、管理者ワークステーションをセットアップしておく必要があります。

Cisco Unity Connection クラスタを適切に設定するには、次のタスクを、記述されている順序どおりに実行します。

1. パブリッシャ サーバで、サブスクライバ サーバのホスト名または IP アドレスを追加することによって Connection クラスタを設定し、パブリッシャ サーバが機能していない場合にアラート ログにアクセスできるようにします。「Cisco Unity Connection クラスタの設定」を参照してください。

2. オプション: クラスタ設定を調整します。「クラスタ設定のカスタマイズ」を参照してください。

3. Cisco Unity Connection インストレーション ガイド Release 7.x 』にある「Connection クラスタ設定済み Cisco Unity Connection 7.x システム インストール用タスク リスト」の「パート 3:クラスタの設定、および Connection サブスクライバ サーバのインストールと設定」に記載されているタスクを続けます。

Cisco Unity Connection クラスタの設定

クラスタを設定する前に、パブリッシャ サーバをインストールしておく必要があります。

この項の 2 つの手順を、記述されている順序どおりに実行します。


) Cisco Unity Connection クラスタ機能は、Cisco Unified Communications Manager Business Edition では使用できません。


Cisco Unity Connection クラスタを設定する


ステップ 1 パブリッシャ サーバで、Cisco Unity Connection の管理にログオンします。

ステップ 2 Connection の管理で、 [システム設定(System Settings)] を展開し、 [クラスタ(Cluster)] をクリックします。

ステップ 3 [サーバの検索と一覧表示(Find and List Servers)]ページで、 [新規追加(Add New)] をクリックします。

ステップ 4 サーバの新規作成ページで、[ホスト名/アドレス(Host Name/Address)]フィールドに、クラスタ内の 2 番目のサーバのホスト名または IP アドレスを入力します。

ステップ 5 オプション: [MACアドレス(MAC Address)]フィールドに、2 番目のサーバの MAC アドレスを入力します。

ステップ 6 [説明(Description)]フィールドに、2 番目のサーバを表す Server 2 などの説明を入力します。

ステップ 7 [保存(Save)] をクリックします。


 

パブリッシャ サーバが機能していない場合にアラート ログにアクセスできるようにする


ステップ 1 Connection の管理で、 [システム設定(System Settings)] を展開し、 [サービス パラメータ(Service Parameters)] をクリックします。

ステップ 2 [サービス パラメータ(Service Parameters)]ページの[サーバ(Server)]フィールドで、パブリッシャ サーバをクリックします。

ステップ 3 [サービス(Service)]フィールドで、 [Cisco AMC Service] をクリックします。

ステップ 4 [Failover Collector]フィールドで、サブスクライバ サーバをクリックします。

ステップ 5 [保存(Save)] をクリックします。


 

クラスタ設定のカスタマイズ

デフォルトのクラスタ設定を変更できます。

クラスタ設定をカスタマイズする


ステップ 1 パブリッシャ サーバで、Cisco Unity Connection の管理にログオンします。

ステップ 2 Connection の管理で、 [システム設定(System Settings)] >[詳細設定(Advanced)] を展開し、 [クラスタ設定(Cluster Configuration)] をクリックします。

ステップ 3 [クラスタ設定(Cluster Configuration)]ページで、次の必要な設定を変更します。

 

[レプリケーションが未処理のまま保留になっている場合は、セカンダリ ステータスのサーバをデアクティベートします。(Deactivate server with Secondary status when replication is backlogged)]

このチェックボックスをオンにすると、レプリケーションが未処理の場合、セカンダリ ステータスのサーバはデアクティベートに変更されます。

このチェックボックスをオフにすると、レプリケーションが未処理の場合、セカンダリ ステータスのサーバはステータスが変更されません。

デフォルトはオフです。

[パブリッシャ サーバで障害が発生した場合は、自動的にサーバのステータスを変更する(Automatically change server status when the Publisher server fails)]

このチェックボックスをオンにすると、パブリッシャ サーバで障害が発生した場合、セカンダリ ステータスのサーバは自動的にプライマリに変更されます。

このチェックボックスをオフにすると、パブリッシャ サーバで障害が発生した場合、セカンダリ ステータスのサーバはステータスが変更されません。サーバのステータスは、手動で変更する必要があります。

デフォルトはオンです。

ステップ 4 [保存(Save)] をクリックします。