Cisco Unity Connection システムアドミニストレーションガイド Release 7.x
プラグインのインストール
プラグインのインストール
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

プラグインのインストール

プラグインのインストール


注意 この章の情報は、スタンドアロン設定だけに適用できます。Cisco Unified Communications Manager Business Edition(CMBE)がインストールされている場合のプラグインのインストールについては、『Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド』を参照してください。このドキュメントは、http://www.cisco.com/en/US/products/ps7273/prod_maintenance_guides_list.html から入手可能です。

アプリケーション プラグインは、Cisco Unity Connection の機能を拡張します。たとえば、Real-Time Monitoring Tool(RTMT)では、パフォーマンス監視カウンタや Port Monitor などのツールを利用して、システムの状態をリモートで監視できます。

次の手順を実行します。


) プラグインをインストールするときは、インストール先のサーバで動作する侵入検知サービスやアンチウイルス サービスを、事前にすべて無効にする必要があります。


プラグインをインストールする


ステップ 1 Cisco Unity Connection の管理で、 [システム設定(System Settings)] を展開し、 [プラグイン(Plugins)] をクリックします。

ステップ 2 [プラグインの検索(Search Plugins)]ページで、 [検索(Find)] をクリックします。

ステップ 3 インストールするプラグインの [Download] をクリックします。

ステップ 4 画面の指示に従って、プラグインをインストールします。