Cisco Unity Connection システムアドミニストレーションガイド Release 7.x
パスワード、ログオン、および ロックアウトのポリシーの指定
パスワード、ログオン、およびロックアウトのポリシーの指定
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

パスワード、ログオン、およびロックアウトのポリシーの指定

のみ

(スタンドアロン構成のみ)

認証規則を使用した、パスワード、ログオン、およびロックアウトに関するポリシーの指定(スタンドアロン構成のみ)

認証規則の作成と修正、およびユーザへの規則の割り当て(スタンドアロン構成のみ)

パスワード、ログオン、およびロックアウトのポリシーの指定

設定に応じて、次の該当する項を参照してください。

「Cisco Unified Communications Manager Business Edition(CMBE)のみ」

「Cisco Unity Connection(スタンドアロン構成のみ)」

Cisco Unified Communications Manager Business Edition(CMBE)のみ

Cisco Unified Communications Manager Business Edition(CMBE)では、Cisco Unified Communications Manager の管理ページを使用して、電話アクセスと Web ツール アクセスに対するパスワード ポリシーとアカウント ロックアウト ポリシー、および Cisco Unity Connection ボイス メッセージにアクセスするすべてのユーザの Web ツール アクセスに対するログオン ポリシーを指定します。

これらのポリシーは、Cisco Unified CM の管理ページの[ユーザ管理(User Management)]>[クレデンシャル(Credential)]ページで指定されます。詳細および関連トピックについては、オンライン ヘルプまたは『 Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』を参照してください。

パスワード、ログオン、およびロックアウトのポリシーを Cisco Unity Connection の管理で設定することはできませんが、Connection ユーザ パスワードはユーザ アカウント ページで変更できます。『 Cisco Unity Connection ユーザの移動、追加、変更 ガイド 』の「ユーザ アカウントの設定によって制御される機能の設定」の章の「パスワード」の項を参照してください。また、ユーザはCisco Unity Assistant で自分のパスワードを変更することもできます。

Cisco Unity Connection(スタンドアロン構成のみ)

Cisco Unity Connection では、認証規則を使用して、電話アクセスと Web ツール アクセスに対するパスワード ポリシーとアカウント ロックアウト ポリシーを決定し、Cisco Unity Connection ボイス メッセージにアクセスするすべてのユーザの Web ツール アクセスに対するログオン ポリシーを指定します。

次の各項を参照してください。

「認証規則を使用した、パスワード、ログオン、およびロックアウトに関するポリシーの指定(スタンドアロン構成のみ)」

「認証規則の作成と修正、およびユーザへの規則の割り当て(スタンドアロン構成のみ)」

認証規則を使用した、パスワード、ログオン、およびロックアウトに関するポリシーの指定(スタンドアロン構成のみ)

Cisco Unity Connection では、すべてのユーザ アカウントのパスワードおよびロックアウトを認証規則によって制御します。認証規則を使用すると、Connection への電話でのユーザ アクセス、および Cisco Unity Connection の管理と Cisco Personal Communications Assistant(PCA)へのユーザ アクセスがセキュリティで保護されます。

認証規則では、たとえば次の項目を指定します。

ログオン失敗の許容回数。この数を超えると、アカウントがロックされます。

ロックされたアカウントがリセットされるまでの期間(分単位)。

ロックされたアカウントのロック解除を、管理者による手動操作にするかどうか。

許容される最短のパスワードの長さ。

パスワードの有効日数。

認証規則の作成と修正、およびユーザへの規則の割り当て(スタンドアロン構成のみ)

認証規則は、Connection の管理の[システム設定(System Settings)] >[認証規則(Authentication Rules)]ページで指定します。Connection には、次に示す、あらかじめ定義された認証規則が含まれています。

 

[ボイスメール認証規則(推奨)(Recommended Voice Mail Authentication Rule)]

デフォルトでは、この規則が適用されるのは、Connection への電話でのユーザ アクセスを設定した各ユーザ アカウントおよびユーザ テンプレートの[パスワードの設定(Password Settings)]ページにある、[ボイスメール(Voice Mail)]パスワードです。

[Webアプリケーション認証規則(推奨)(Recommended Web Application Authentication Rule)]

デフォルトでは、この規則が適用されるのは、Cisco Unity Connection の管理または Cisco Personal Communications Assistant へのユーザ アクセスを設定した各ユーザ アカウントおよびユーザ テンプレートの[パスワードの設定(Password Settings)]ページにある、[Webアプリケーション(Web Application)]パスワードです。

これらのデフォルト設定は変更可能であり、追加の認証規則をいくつでも作成できます。

ユーザ アカウントおよびテンプレートに関する、Connection へのユーザ アクセスを制御するための認証規則は、管理者が指定します。ユーザ アカウントまたはテンプレートの認証規則を指定する方法については、『 Cisco Unity Connection ユーザの移動、追加、変更 ガイド 』の「ユーザ アカウントの設定によって制御される機能の設定」の章の「パスワード」の項を参照してください。