Cisco Unity Connection システムアドミニストレーションガイド Release 2.x
コール ルーティングの管理
コール ルーティングの管理
発行日;2012/02/02 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

コール ルーティングの管理

概要:デフォルト コール ルーティング

コール ルーティングの追加

コール ルーティングの修正

電話言語設定の変更

コール ルーティングの順序の変更

コール ルーティングの削除

概要:デフォルト コール ルーティング

Cisco Unity Connection には 2 種類のコール ルーティング(直接着信用と転送呼用)があり、ユーザと身元不明発信者からの着信を処理します。

直接ルーティング規則は、Cisco Unity Connection に直接ダイヤルされた、ユーザと身元不明発信者からの通話を処理します。あらかじめ設定されている直接ルーティング規則は、次のとおりです。

[サインイン試行(Attempt Sign In)]:ユーザからの着信はユーザ ログオン カンバセーションへ転送されます。

[ガイダンス(Opening Greeting)]:身元不明発信者からの着信はガイダンスへ転送されます。

転送ルーティング規則は、ユーザの内線番号またはユーザ アカウントに関連付けられていない内線番号(会議室など)から Cisco Unity Connection へ転送される着信が対象となります。あらかじめ設定されている転送ルーティング規則は、次のとおりです。

[転送試行(Attempt Forward)]:ユーザの内線番号から転送された着信はすべてユーザ グリーティングへ転送されます。

[ガイダンス(Opening Greeting)]:ユーザ アカウントに関連付けられていない内線番号から転送された着信はガイダンスへ転送されます。

追加のサービスに対する[サインイン試行(Attempt Sign In)]と[転送試行(Attempt Forward)]の相対的な順序はそれぞれのコール ルーティングで変更できますが、[ガイダンス(Opening Greeting)]はどちらのテーブルでも必ず最後のエントリになります。あらかじめ設定されているサービスの修正や削除はできません。

コール ルーティングの追加

コール ルーティングを追加する


ステップ 1 Cisco Unity Connection の管理で、 [コール管理(Call Management)] を展開し、 [コール ルーティング(Call Routing)] を展開します。一般の着信の場合は、 [直接ルーティング規則(Direct Routing Rules)] をクリックします。転送呼の場合は、 [転送ルーティング規則(Forwarded Routing Rules)] をクリックします。

ステップ 2 [直接ルーティング規則(Direct Routing Rules)]ページまたは[転送ルーティング規則(Forwarded Routing Rules)]ページで、 [新規追加(Add New)] をクリックします。

ステップ 3 [直接ルーティング規則の新規作成(New Direct Routing Rule)]ページまたは[転送ルーティング規則の新規作成(New Forwarded Routing Rule)]ページで、新しいサービスの名前を[表示名(Display Name)]フィールドに入力します。

ステップ 4 [保存(Save)] をクリックします。

ステップ 5 [直接ルーティング規則の編集(Edit Direct Routing Rule)]ページまたは[転送ルーティング規則の編集(Edit Forwarded Routing Rule)]ページで、必要な設定を入力していきます。フィールドの詳細については、[ヘルプ(Help)]メニューの [フィールドの定義(Field Definitions)] をクリックしてください。


) 新規のサービスを作成する場合は、着信を転送するための基準を指定するだけです。そのページの他のフィールドは空白のままにできます。空白のフィールドは、すべての状況に対応します。[ポート(Ports)]フィールドを空白にした場合は、そのサービスはすべてのポートからの着信に適用されます。


ステップ 6 設定を入力し終わった後、 [保存(Save)] をクリックします。


 

コール ルーティングの修正

コール ルーティングを修正する


ステップ 1 Cisco Unity Connection の管理で、 [コール管理(Call Management)] を展開し、 [コール ルーティング(Call Routing)] を展開します。一般の着信の場合は、 [直接ルーティング規則(Direct Routing Rules)] をクリックします。転送呼の場合は、 [転送ルーティング規則(Forwarded Routing Rules)] をクリックします。

ステップ 2 [直接ルーティング規則(Direct Routing Rules)]ページまたは[転送ルーティング規則(Forwarded Routing Rules)]ページで、修正するコール ルーティングの表示名をクリックします。

ステップ 3 [直接ルーティング規則(Direct Routing Rule)]ページまたは[転送ルーティング規則(Forwarded Routing Rule)]ページで、必要な設定を変更します。フィールドの詳細については、[ヘルプ(Help)]メニューの [フィールドの定義(Field Definitions)] をクリックしてください。


) 空白のフィールドは、すべての状況に対応します。[ポート(Ports)]フィールドを空白にした場合は、そのサービスはすべてのポートからの着信に適用されます。


ステップ 4 ページで設定を入力し終わった後、 [保存(Save)] をクリックします。


 

電話言語設定の変更

コール ルーティングの電話言語設定を変更する


ステップ 1 Cisco Unity Connection の管理で、必要な[コール ルーティング(Call Routing)]ページに移動します。

ステップ 2 [直接ルーティング規則の編集(Edit Direct Routing Rule)] または [転送ルーティング規則の編集(Edit Forwarded Routing Rule)] ページに移動します。

ステップ 3 [言語(Language)]リストで、 [システムのデフォルト言語を使用(Use System Default Language)] または [発信者から言語を継承する(Inherit Language from Caller)] をクリックするか、いずれかの言語をリストから選択します。

ステップ 4 適切なグリーティングを新しい言語で再録音します。

ステップ 5 ページで設定を変更した場合は、ページを移動する前に [保存(Save)] をクリックします。


 

コール ルーティングの順序の変更

コール ルーティングの順序を変更する


ステップ 1 Cisco Unity Connection の管理で、 [コール管理(Call Management)] を展開し、 [コール ルーティング(Call Routing)] を展開します。一般の着信の場合は、 [直接ルーティング規則(Direct Routing Rules)] をクリックします。転送呼の場合は、 [転送ルーティング規則(Forwarded Routing Rules)] をクリックします。

ステップ 2 [直接ルーティング規則(Direct Routing Rules)]ページまたは[転送ルーティング規則(Forwarded Routing Rules)]ページで、 [順序の変更(Change Order)] ボタンをクリックします。

ステップ 3 [直接ルーティング規則の順序の編集(Edit Direct Routing Rule Order)]ページまたは[転送ルーティング規則の順序の編集(Edit Forwarded Routing Rule Order)]ページの組織のリストで、移動するサービスの名前をクリックし、必要に応じて上向きまたは下向きの矢印をクリックします。

ステップ 4 サービスの順序を変更し終わった後、 [保存(Save)] をクリックします。


 

コール ルーティングの削除

コール ルーティングを削除する


ステップ 1 Cisco Unity Connection の管理で、 [コール管理(Call Management)] を展開し、 [コール ルーティング(Call Routing)] を展開します。一般の着信の場合は、 [直接ルーティング規則(Direct Routing Rules)] をクリックします。転送呼の場合は、 [転送ルーティング規則(Forwarded Routing Rules)] をクリックします。

ステップ 2 [直接ルーティング規則(Direct Routing Rules)]ページまたは[転送ルーティング規則(Forwarded Routing Rules)]ページで、削除するサービスの表示名をクリックします。

ステップ 3 [直接ルーティング規則の編集(Edit Direct Routing Rule)]ページまたは[転送ルーティング規則の編集(Edit Forwarded Routing Rule)]ページで、 [削除(Delete)] をクリックします。

ステップ 4 削除するかどうかの確認を求めるダイアログボックスが表示された場合、 [OK] をクリックします。