Cisco Unity Connection システムアドミニストレーションガイド Release 2.x
Cisco Unity Connection カンバセー ション
Cisco Unity Connection カンバセーション
発行日;2012/02/02 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco Unity Connection カンバセーション

外部発信者が電話で と対話する方法

ユーザが電話で と対話する方法

管理者がユーザ カンバセーションをカスタマイズする方法

詳細設定(Advanced)のカンバセーションの設定(Conversation Configuration)の設定値

システム プロンプトの言語のカスタマイズ

サービス クラスの設定

ユーザ アカウントとテンプレートの設定

ユーザがユーザ カンバセーションをカスタマイズする方法

Cisco Unity Connection カンバセーション

Cisco Unity Connection カンバセーションは、あらかじめ録音されているプロンプトとメニュー オプションのセットです。発信者が Connection と電話で対話するときに再生されます。Cisco Unity Connection カンバセーションは、2 つの主要カンバセーションに分類されます。1 つは外部発信者用で、もう 1 つは Connection ユーザ用です。この章では、Connection カンバセーションについて、および Connection カンバセーションをカスタマイズする方法について概説します。

次の各項を参照してください。

「外部発信者が電話で Cisco Unity Connection と対話する方法」

「ユーザが電話で Cisco Unity Connection と対話する方法」

「管理者がユーザ カンバセーションをカスタマイズする方法」

「ユーザがユーザ カンバセーションをカスタマイズする方法」

外部発信者が電話で Cisco Unity Connection と対話する方法

外部発信者が電話で Cisco Unity Connection にアクセスすると、あらかじめ録音されている説明とオプションのセットが再生されます。このセットは外部発信者カンバセーションと呼ばれます。外部発信者カンバセーションでは、発信者が Connection 自動受付にアクセスし、宛先検索サービスを使用してユーザ検索を実行し、コール ルーティング オプションを使用し、オーディオ テキスト メッセージを再生できます。

ユーザが電話で Cisco Unity Connection と対話する方法

ユーザが電話で Cisco Unity Connection にログオンすると、ユーザ カンバセーションが再生されます。この一連のプロンプトを通じて、ユーザは Connection にログオンし、新規 Connection ユーザとして登録し、メッセージを送受信し、グリーティングを録音し、個人用設定を変更することができます。

ユーザが電話で Connection と対話する方法には、次の 2 つがあります。

タッチトーン キー:ユーザは、任意のプッシュホンでキーを押し、プロンプトに応答したり、メニュー オプションを選択したりします。

ボイス コマンド:ユーザは、電話の受話器、ヘッドセット、またはスピーカホンに話しかけます。Connection は、ユーザのボイス コマンドに応答します。ユーザは、ボイス コマンドを音声で入力するのではなく、タッチトーン キーを押して一連の主要コマンドを入力するオプションを選択できます。

管理者は、ユーザが Connection にログオンするときにタッチトーン キーまたはボイス コマンドのいずれかの使用をユーザに要求するように指定します。

管理者がユーザ カンバセーションをカスタマイズする方法

発信者およびユーザが Cisco Unity Connection と対話するときに再生されるカンバセーションについて、管理者は数多くの方法でカスタマイズできます。

次の各項を参照してください。

「詳細設定(Advanced)のカンバセーションの設定(Conversation Configuration)の設定値」

「システム プロンプトの言語のカスタマイズ」

「サービス クラスの設定」

「ユーザ アカウントとテンプレートの設定」

詳細設定(Advanced)のカンバセーションの設定(Conversation Configuration)の設定値

Connection の管理の[詳細設定(Advanced)]の[カンバセーションの設定(Conversation Configuration)]ページから、すべてのユーザに対して、次のようなシステム全体のカンバセーション カスタマイズを実行できます。

標準カンバセーションとオプション カンバセーション 1 の両方について、メッセージ再生中にユーザがメッセージをスキップする方法を変更する。

Connection がユーザにメッセージの宛先指定と録音を要求する場合の順序を変更する。

ユーザがメッセージの宛先指定を確認する方法を変更する。

削除されるメッセージをユーザが管理するときに、ユーザに再生される内容を変更する。

システム転送を設定する。

Connection カンバセーションを[詳細設定(Advanced)]の[カンバセーションの設定(Conversation Configuration)]ページからカスタマイズする方法と手順については、 「すべてのユーザのカンバセーション設定の変更」 の章を参照してください。

システム プロンプトの言語のカスタマイズ

Cisco Unity Connection システムに付属しているプロンプトは、電話通話の箇所によって異なる組み合せで再生されます。すべてのシステム プロンプトは、Cisco Unity Connection\TuiResources\Prompts ディレクトリとそのサブディレクトリにあります。

システム プロンプトの変更、置換、および削除はサポートされていません。それらの操作を行うと、システム エラーが発生することがあります。ただし、すべての Connection ユーザおよび発信者に再生されるシステム プロンプトのデフォルト言語は指定できます。Connection がシステム プロンプトの再生に使用するデフォルト言語を変更する手順については、「システム プロンプトの言語」を参照してください。

Cisco Unity Connection をアップグレードすると、自動的にすべてのシステム プロンプトが削除および置換されることに注意してください(メンテナンス アップグレードを含む)。

サービス クラスの設定

Cisco Unity Connection の管理の[サービス クラス(Class of Service)]設定ページから、ユーザに対して、次のようなカンバセーション カスタマイズを実行できます。

着信転送と通話保留のオプションを指定する。

削除済みメッセージへのアクセスを有効にする。

名前の録音、グリーティング、およびメッセージの長さを決定する。

Live Reply、音声認識、テキスト/スピーチなどの機能を有効にする。

ユーザのメッセージ セキュリティのタイプを選択する。

サービス クラスで変更可能なカンバセーション関連の設定の詳細については、『 Cisco Unity Connection ユーザの移動、追加、変更 ガイド 』の「サービス クラスによって制御される機能の設定」の章を参照してください。このドキュメントは、
http://www.cisco.com/en/US/products/ps6509/prod_maintenance_guides_list.html から入手可能です。

ユーザ アカウントとテンプレートの設定

ユーザまたはユーザの作成に使用するテンプレートに対して、次のようなカンバセーション カスタマイズを実行できます。

電話メニューの設定

言語を選択する。

速度と音量レベルを設定する。

ユーザがメニューに応答するまで Connection が待つ時間、およびユーザが応答しなかった場合に Connection がメニューを繰り返す回数を指定する。

ユーザが電話でメッセージを聞き、管理するときに、タッチトーン カンバセーションと音声認識カンバセーションのどちらを使用できるかを選択する。次のことに注意してください。

タッチトーン カンバセーションは、いくつかのバージョンから選択できます。各バージョンは、一意のキーパッド マッピングを持つメニューを提供します。また、ユーザに標準ガイダンスと簡易ガイダンスのどちらを再生するかを指定できます。

音声認識カンバセーションは、ライセンスが必要な機能です。音声認識カンバセーションを使用するには、そのライセンスを提供するサービス クラスにユーザが属しており、ユーザに対してその機能が有効になっている必要があります。ユーザはいつでもボイス コマンドの代わりにタッチトーン キーを使用できます。ただし、管理者は、音声認識カンバセーションとともに提供されるタッチトーン カンバセーションを指定できません。

オプション グリーティング通知を有効にする。

ユーザがユーザ カンバセーションを終了する方法を決定する。

メッセージ ロケータや Phone View などの機能を有効にする。

メッセージ再生の設定

ユーザに電話でメッセージを再生する方法を指定する。たとえば、ユーザがメッセージを確認するときにメッセージ タイプ メニュー、メッセージ件数、およびタイムスタンプをユーザに再生するかどうかを指定したり、Connection によるメッセージの再生順序を指定したりできます。

メッセージ送信の設定

ユーザが他のユーザにブロードキャスト メッセージを送信できるかどうか、またはブロードキャスト メッセージを更新できるかどうかを決定する。

ユーザがメッセージを他のユーザに宛先指定するための方法を、内線番号の入力、名前のキー入力、または姓のキー入力のいずれにするかを決定する。

ユーザ単位で変更可能なカンバセーション関連の設定の詳細については、『 Cisco Unity Connection ユーザの移動、追加、変更 ガイド 』の「ユーザ アカウントの設定によって制御される機能の設定」の章を参照してください。このドキュメントは、
http://www.cisco.com/en/US/products/ps6509/prod_maintenance_guides_list.html から入手可能です。

ユーザがユーザ カンバセーションをカスタマイズする方法

Cisco Unity Connection ユーザは、ユーザに再生されるカンバセーションについて、数多くの方法でカスタマイズできます。概要については、 表12-1 を参照してください。

 

表12-1 ユーザが Cisco Unity Assistant および電話メニューを使用して変更できる設定

Cisco Unity Assistant を使用して変更できる設定
電話メニューを使用して変更できる設定

通話保留とスクリーニング 1

ユーザの電話が通話中のときに Connection が間接通話を処理する方法を選択する。選択肢には、発信者を保留にすること、保留にするかメッセージを残すかを発信者に要求すること、および発信者をグリーティングに直接送信することがあります。

Connection が間接通話を処理する方法を選択する。選択肢には、誰にかかってきたかをユーザに通知すること、Connection が転送中であることをアナウンスすること、電話に出るかどうかをユーザに要求すること、および発信者に名前を告げるように要求することがあります。

通話保留とスクリーニング1:

なし。

着信転送 2

間接通話を内線に転送するか、またはグリーティングに送信する。

内線番号を変更する。

着信転送2:

間接通話を内線に転送するか、またはグリーティングに送信する。

内線番号を変更する。

発信者の操作:

発信者によるメッセージ編集を許可する。

発信者にメッセージの緊急指定を許可する。

発信者の操作:

なし。

カンバセーション オプション:

ユーザに選択されているタッチトーン カンバセーションまたは音声認識カンバセーションが再生されるかどうかを指定する。

Connection プロンプトの速度と言語を設定する。

Connection カンバセーションの標準ガイダンス メニューまたは簡易ガイダンス メニューを選択する。

ユーザが Connection を呼び出したときに Connection が実行する操作を選択する。選択肢には、ユーザに名前でグリーティングすること、および新しいメッセージの数をタイプごとに通知することがあります。

代行内線番号を指定する。

カンバセーション オプション:

Connection カンバセーションの標準ガイダンス メニューまたは簡易ガイダンス メニューを選択する。

グリーティング:

パーソナル グリーティングを録音する。

グリーティングを有効または無効にする。

有効にしたグリーティングの有効期限を指定する。

システム プロンプトとパーソナル グリーティングを切り替える。

グリーティング:

パーソナル グリーティングを録音する。

グリーティングを有効または無効にする。

有効にしたグリーティングの有効期限を指定する。

メッセージの到着通知:

通知デバイスを有効または無効にし、通知デバイスの番号を変更する。

ダイヤル オプションを指定する。

Connection がデバイスを呼び出す対象となるメッセージ タイプとメッセージの緊急度を選択する。

通知スケジュールを設定し、デバイスが応答しない場合、通話中の場合、または障害の場合の処理を指定する。

メッセージの到着通知:

通知デバイスを有効または無効にし、通知デバイスの番号を変更する。

メッセージの聞き取り:

メッセージの再生順序を指定する。

メッセージのタイム スタンプに使用する時間形式を変更する。

メッセージが再生されるときに Connection が実行する操作を選択する。選択肢には、メッセージを残した送信者の名前と数をアナウンスすること、メッセージの前または後にタイムスタンプを再生するかどうかをアナウンスすること、およびメッセージを再生する音量レベルをアナウンスすることがあります。

Connection がメッセージ タイプ メニューを再生するかどうかを指定する。

メッセージの聞き取り:

メッセージ再生時の速度と音量。

メッセージの宛先指定:

別のユーザへのメッセージの宛先指定を名前にするか内線番号にするかを切り替える。

メッセージの宛先を指定する名前の順序(姓、名の順、またはその逆)を指定する。

メッセージの宛先指定:

別のユーザへのメッセージの宛先指定を名前にするか内線番号にするかを切り替える(## を押す)。 3

個人設定:

名前を記録する。

代行ユーザ名を指定する。

ディレクトリ一覧の状態を変更する。

パスワードを変更する。

個人設定:

名前を記録する。

ディレクトリ一覧の状態を変更する。

パスワードを変更する。

プライベート同報リスト:

表示名を入力する。

リスト名を記録する。

メンバを追加および削除する。

プライベート同報リスト:

リスト名を記録する。

メンバを追加および削除する。

1.通話保留オプションとスクリーニング オプションは、自動受付またはディレクトリ ハンドラからユーザに転送された着信通話にのみ適用され、一般の着信には適用されません。これらのオプションは、外部の発信者または他のユーザがユーザの内線番号を直接ダイヤルした場合には適用されません。また、これらのオプションは、管理された転送が有効になっている場合にのみ使用できます。これらの設定は、ユーザが Cisco Unity パーソナル着信転送ルールを有効にしていない場合に適用されます。

2.着信転送オプションは、自動受付またはディレクトリ ハンドラからユーザに転送された着信通話にのみ適用され、一般の着信には適用されません。転送オプションは、外部の発信者または他のユーザがユーザの内線番号を直接ダイヤルした場合には適用されません。これらの設定は、ユーザが Cisco Unity パーソナル着信転送ルールを有効にしていない場合に適用されます。

3.入力した名前による宛先指定を有効にしたかどうかによって異なります。