Cisco Unified Serviceability アドミニストレーション ガイド for Cisco Unity Connection Release 2.x
トレースについて
トレースについて
発行日;2012/02/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 429KB) | フィードバック

目次

トレースについて

トレースについて

トレースの設定

トラブルシューティング トレースの設定値

トレース収集

トレース設定および収集のチェックリスト

関連情報の参照先

トレースについて

この章では Cisco Unified Serviceability トレースについて説明します。この章は、次の項で構成されています。

「トレースについて」

「トレースの設定」

「トラブルシューティング トレースの設定値」

「トレース収集」

「トレース設定および収集のチェックリスト」

「関連情報の参照先」

トレースについて

Cisco Unified Serviceability には、音声アプリケーションに関する問題のトラブルシューティングを支援するトレース ツールが用意されています。Cisco Unified Serviceability は、System Diagnostic Interface(SDI; システム診断インターフェイス)トレースおよび Log4J トレース(Java アプリケーション用)をサポートします。

トレースする情報のレベル、および各トレース ファイルに格納する情報のタイプを指定するには、[Trace Configuration] ウィンドウを使用します。

[Alarm Configuration] ウィンドウでは、SDI トレース ログ ファイルなどの各ロケーションに、アラームを転送できます。転送する場合は、Cisco Unified Communications Manager Real-Time Monitoring Tool で、アラートに関するトレースを設定できます。

さまざまなサービスについて、トレース ファイルに格納する情報を設定した後は、Cisco Unified Communications Manager Real-Time Monitoring Tool(RTMT)のトレース収集とログ集中管理オプションを使用して、トレース ファイルを収集して表示できます。

トレースの設定

Cisco Unified Serviceability に表示される任意の機能サービスまたはネットワーク サービスのトレース パラメータを設定できます。問題のトラブルシューティングのためにトレースするパラメータを指定するには、[Trace Configuration] ウィンドウを使用します。

トレースする情報のレベル(デバッグ レベル)、トレースする情報(トレース フィールド)、およびトレース ファイルに関する情報(サービスごとのファイル数、ファイルのサイズ、データがトレース ファイルに保存されている時間など)を設定できます。

独自のトレース フィールドを選択しないで、事前設定のトラブルシューティング トレース設定値を使用する場合は、[Troubleshooting Trace] ウィンドウを使用します。トラブルシューティング トレースの詳細については、「トラブルシューティング トレースの設定値」を参照してください。

さまざまなサービスについて、トレース ファイルに格納する情報を設定した後は、RTMT のトレース収集とログ集中管理オプションを使用して、トレース ファイルを収集できます。トレース収集の詳細については、「トレース収集」を参照してください。

トラブルシューティング トレースの設定値

[Troubleshooting Trace Settings] ウィンドウでは、トラブルシューティング トレースの事前設定値を設定する対象である Cisco Unified Serviceability サービスを選択できます。このウィンドウでは、単一サービスまたは複数サービスを選択し、これらのサービスのトレース設定値を、事前設定のトレース設定値に変更することができます。ウィンドウでは、非アクティブのサービスの横には N/A が表示されます。


) サービスの事前設定のトラブルシューティング トレース設定には、SDI および Log4j トレース設定などがあります。トラブルシューティング トレース設定を適用する前に、システムによって元のトレース設定がバックアップされます。トラブルシューティング トレース設定をリセットすると、元のトレース設定が復元されます。


サービスにトラブルシューティング トレース設定を適用した後に [Troubleshooting Trace Settings] ウィンドウを開くと、トラブルシューティング用に設定したサービスがチェックマークを付けられて表示されます。[Troubleshooting Trace Settings] ウィンドウで、トレース設定を元の設定にリセットできます。

[Troubleshooting Trace Setting] をサービスに適用すると、[Trace Configuration] ウィンドウに、指定のサービスにトラブルシューティング トレースが設定されたことを示すメッセージが表示されます。サービスの設定をリセットする場合は、[Related Links] ドロップダウン リスト ボックスから、[Troubleshooting Trace Settings] オプションを選択できます。指定のサービスについて、[Trace Configuration] ウィンドウにはすべての設定が読み取り専用として表示されます。ただし、トレース出力設定の一部のパラメータ(Maximum No. of Files など)は除きます。このパラメータは、トラブルシューティング トレース設定を適用した後でも変更できます。

トレース収集

さまざまなサービス トレースまたは他のログ ファイルを収集、表示、および圧縮するには、Trace and Log Central(Cisco Unified Communications Manager Real-Time Monitoring Tool のオプション)を使用します。Trace and Log Central オプションを使用すると、SDL/SDI トレース、アプリケーション ログ、システム ログ(イベント表示アプリケーション、セキュリティ、システム ログなど)、およびクラッシュ ダンプ ファイルを収集できます。


ヒント CSA ログを収集するには、RTMT の [Select System Logs] タブの [Cisco Security Agent] チェックボックスをオンにします。ログインおよびログアウトするユーザに関する情報が格納されたユーザ ログにアクセスするには、[Select System Logs] タブの [Security Logs] チェックボックスをオンにします。



ヒント 収集されたトレース ファイルの表示にはメモ帳を使用しないでください。


トレース収集の詳細については、『Real-Time Monitoring Tool アドミニストレーション ガイド for Cisco Unity Connection』を参照してください。

トレース設定および収集のチェックリスト

表6-1 は、Cisco Unified Serviceability で機能サービスおよびネットワーク サービスのトレースを設定および収集する手順の概要を示しています。

 

表6-1 トレース設定および収集のチェックリスト

設定手順
関連手順と項目

ステップ 1

Cisco Unity Connection の管理 [システム設定(System Settings)] > [エンタープライズ パラメータ(Enterprise Parameters)] を選択して、トレースに使用可能なデバイスの最大数を設定します。[Max Number of Device Level Trace] フィールドに値を入力します。デフォルトでは、12 が指定されます。

Cisco Unity Connection システム アドミニストレーション ガイド

ステップ 2

トレースを収集する対象のサービスのトレース設定値を設定します。

トレース設定値を設定するには、デバッグ レベルおよびトレース フィールドを選択して、トレースに組み込む情報を選択します。

サービスに対して事前設定トレースを実行する場合は、それらのサービスに対してトラブルシューティング トレースを設定します。

「トレースの設定」

「トラブルシューティング トレースの設定」

ステップ 3

ローカル PC に Cisco Unified Communications Manager Real-Time Monitoring Tool をインストールします。

Real-Time Monitoring Tool アドミニストレーション ガイド for Cisco Unity Connection

ステップ 4

モニタ対象トレース ファイルに、指定された検索ストリングが存在するときにアラームが生成されるようにするには、RTMT の LogFileSearchStringFound アラートをイネーブルにします。

LogFileSearchStringFound アラームは、LpmTctCatalog にあります(Cisco Unified Serviceability で、 [Alarms] > [Definitions] を選択します。[Find alarms where] ドロップダウン リスト ボックスの [System Alarm Catalog] を選択します。[Equals] ドロップダウン リスト ボックスの [LpmTctCatalog] を選択します)。

Real-Time Monitoring Tool アドミニストレーション ガイド for Cisco Unity Connection

「アラーム定義の表示、およびユーザ定義記述の追加」

ステップ 5

CriticalServiceDownand CodeYellow などのアラートのトレースを自動的に取り込む場合は、RTMT で特定のアラートに対する [Set Alert/Properties] ダイアログボックスの [Enable Trace Download] チェックボックスをオンにします。ダウンロードが発生する頻度を設定します。

Real-Time Monitoring Tool アドミニストレーション ガイド for Cisco Unity Connection

ステップ 6

トレースを収集します。

Real-Time Monitoring Tool アドミニストレーション ガイド for Cisco Unity Connection

ステップ 7

適切なビューアでログ ファイルを表示します。

Real-Time Monitoring Tool アドミニストレーション ガイド for Cisco Unity Connection

ステップ 8

トラブルシューティング トレースをイネーブルにした場合は、元の設定が復元されるように、トレース設定サービスをリセットします。


) トラブルシューティング トレースを長時間イネーブルにすると、トレース ファイルのサイズが大きくなり、サービスのパフォーマンスに影響することがあります。


「トラブルシューティング トレースの設定」

関連情報の参照先

関連項目

「アラームについて」

「アラーム設定のチェックリスト」

「トラブルシューティング トレースの設定」

Real-Time Monitoring Tool アドミニストレーション ガイド for Cisco Unity Connection

Cisco Unity Connection サービスアビリティ アドミニストレーション ガイド

Cisco Unity Connection システム アドミニストレーション ガイド