Cisco Unity リコンフィギュレーション アップグレード ガイド
はじめに
はじめに
発行日;2012/02/03 | 英語版ドキュメント(2010/02/02 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

はじめに

対象読者と用途

表記法

のマニュアル

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

はじめに

ここでは、次の内容について説明します。

「対象読者と用途」

「表記法」

「Cisco Unity のマニュアル」

「マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート」

対象読者と用途

Cisco Unity リコンフィギュレーション アップグレード ガイド は、システム管理者と、Cisco Unity システム構成のアップグレードと変更および Microsoft Exchange のアップグレードを担当する技術者の方を対象としています。このドキュメントの手順を実行するには、Exchange およびサポートされるバージョンの Microsoft Windows Server の実用知識が必要です。

Cisco Unity リコンフィギュレーション アップグレード ガイド 』では、現在のシステム構成(Cisco Unity の機能や動作を決めるソフトウェアとハードウェアの配置)を変更したり、Cisco Unity で使用する製品を新バージョンにアップグレードしたりするために必要な情報と手順を説明しています。このドキュメントには、Cisco Unity のデータ(ユーザ テンプレートやコール ハンドラなど)を変更するための情報は記載していません。

表記法

 

表 1 『 Cisco Unity リコンフィギュレーション アップグレード ガイド 』の表記法

表記法
説明

太字

次の場合は太字を使用します。

キーおよびボタン名 (例:[OK] をクリックします)。

ユーザが入力する情報 (例:[ユーザ名(User Name)] ボックスに Administrator を入力します)。

< >

(山カッコ)

ユーザが入力するパラメータを囲むために使用します (例:[コマンド プロンプト(Command Prompt)] ウィンドウで、 ping <IP アドレス> を入力します)。

-

(ハイフン)

同時に押す必要があるキーを表します (例: Ctrl-Alt-Delete キーを押します)。

>

(右向きの
山カッコ)

選択する順序を表します。

メニュー (例:Windows の [スタート(Start)] メニューから [設定(Settings)] > [コントロール パネル(Control Panel)] > [電話とモデムのオプション(Phone and Modem Options)] を選択します)。

Cisco Unity Administratorのナビゲーション バー (例:[システム(System)] > [コンフィギュレーション(Configuration)] > [設定(Settings)] ページに移動します)。

Cisco Unity リコンフィギュレーション アップグレード ガイド 』では、次の表記法も使用します。


) 「注釈」です。役立つ情報や、このマニュアル以外の参照資料などを紹介しています。



注意要注意」の意味です。機器の損傷またはデータ損失を予防するための注意事項が記述されています。

Cisco Unity のマニュアル

Cisco.com 上の Cisco Unity に関するドキュメントの説明と URL については、『 Documentation Guide for Cisco Unity Release 8.x を参照してください。このドキュメントは Cisco Unity に同梱されていますが、 http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/unity/8x/documentation/guide/8xcudg.html から入手することもできます。

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、その他の有用な情報について、次の URL で、毎月更新される『 What's New in Cisco Product Documentation 』を参照してください。シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧も示されています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html

What's New in Cisco Product Documentation 』は RSS フィードとして購読できます。また、リーダー アプリケーションを使用してコンテンツがデスクトップに直接配信されるように設定することもできます。RSS フィードは無料のサービスです。シスコは現在、RSS バージョン 2.0 をサポートしています。