Cisco Unity ボイス メッセージング ユーザ ガイド (Microsoft Exchange版)Release 4.0(5)
個人設定の変更
個人設定の変更
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

個人設定の変更

名前の録音の変更

ファックス転送番号の変更

代行用デバイスの設定

ディレクトリ一覧ステータスの変更

電話パスワードの変更

個人設定の変更

個人設定では、Cisco Unity のユーザとしての情報と、Cisco Unity との対話用に選択した内容を制御します。

この章では、次の項について説明します。

「名前の録音の変更」

「ファックス転送番号の変更」

「代行用デバイスの設定」

「ディレクトリ一覧ステータスの変更」

「電話パスワードの変更」

名前の録音の変更

名前の録音は、他のユーザに残したメッセージとともに再生され、番号案内ではその名前でユーザが識別されます。また、独自の録音の代わりにシステム デフォルト録音を使用したグリーティングとともに再生することもできます。


ヒント 他の Cisco Unity ユーザが電話でメッセージを送信するときは、そのユーザにもオプション グリーティングが再生されません。オプション グリーティングを使用可能にするときは、不在であることを多くの人に通知するため、Cisco Unity ボイス名を録音し直すことを検討してください。


この項では、2 つの手順を示しています。適切な手順を実行して、電話(標準カンバセーションまたはオプション カンバセーション 1 のスタイル使用時)または Cisco Unity Assistant から、名前の録音を変更してください。

その他のカンバセーション スタイルのキーパッド マッピングについては、「Cisco Unity 電話メニューとショートカット」の章を参照してください。どのカンバセーション スタイルを使うよう設定されているかについては、Cisco Unity の管理者に問い合せてください。

名前の録音を電話で変更する(標準カンバセーションおよびオプション カンバセーション 1 のスタイル)


ステップ 1 Cisco Unity にログオンします。

ステップ 2 4 3 2 の順にキーを押します。

ステップ 3 トーンが聞こえたら、名前を録音するか、または * を押して現在の録音内容を保持します。録音時に次のキーを使用します。

キー
タスク
キー
タスク
8

一時停止/再生

#

録音の終了

 

表13-1 いつでも使用できるキー

キー
タスク
キー
タスク
*

キャンセルまたはひとつ戻る

0

ヘルプ


 

Cisco Unity Assistant から名前を録音する、または名前の録音を変更する


ステップ 1 Cisco Unity Assistant で、[設定] メニューの [個人] をクリックします。

ステップ 2 Media Master コントロール バーの [録音] をクリックし、選択した録音デバイスを使用して名前を録音します。

電話

電話が鳴ったら受話器を取り、トーンを待ってから受話器に向かって話します。

マルチメディア
マイクロフォン

マイクロフォンに向かって話します。

ステップ 3 録音が終了したら、 [停止] をクリックします。

ステップ 4 [保存] をクリックします。


 

関連項目

「録音設定と再生設定の変更」

「Cisco Unity のパーソナル グリーティング」

ファックス転送番号の変更

テキスト/スピーチ オプションを使用している場合は、電話でメッセージを確認するときに、ファックス メッセージをファックス装置に転送できます。ファックスの送信先の電話番号を変更することもできます。

Cisco Unity の設定状況によって、特定の電話番号を入力できない場合があります。ファックス転送番号を指定するには、0 ~ 9 の数字を使用します。また次の記号も使用できます。

, (カンマ)は 1 秒のポーズを追加する。

# および * は電話の # キーおよび * キーに対応する。

数字の間にスペース、ダッシュ、カッコは使用できません。外線通話に必要なアクセス コード(たとえば 9)から入力を始めます。

この項では、2 つの手順を示しています。適切な手順を実行して、電話(標準カンバセーションまたはオプション カンバセーション 1 のスタイル使用時)または Cisco Unity Assistant から、ファックス転送番号を変更してください。

その他のカンバセーション スタイルのキーパッド マッピングについては、「Cisco Unity 電話メニューとショートカット」の章を参照してください。どのカンバセーション スタイルを使うよう設定されているかについては、Cisco Unity の管理者に問い合せてください。

電話でファックス転送番号を変更する(標準カンバセーションおよびオプション カンバセーション 1 のスタイル)


ステップ 1 Cisco Unity にログオンします。

ステップ 2 4 2 2 の順にキーを押します。

ステップ 3 現在の電話番号を聞いた後、該当するキーを押します。

キー
タスク
1

現在の番号の保持

2

新しい番号の入力

 

表13-2 いつでも使用できるキー

キー
タスク
キー
タスク
*

キャンセルまたはひとつ戻る

0

ヘルプ


 

Cisco Unity Assistant からファックス転送番号を変更する


ステップ 1 Cisco Unity Assistant で、[設定] メニューの [個人] をクリックします。

ステップ 2 [個人設定] ページの[ファックス転送番号:] フィールドに、通常のファックス送信先に指定する番号を入力します([ファックス ID:] フィールドは、発信者がファックスの送信に使用する番号です)。

ステップ 3 [保存] をクリックします。


 

代行用デバイスの設定

Cisco Unity の管理者は、「 プライマリ内線番号」の他に、代行内線番号を設定できます。また、ユーザが Cisco Unity Assistant で代行内線番号を設定できるようにすることも可能です。管理者は、ユーザの電話での複数回線着信表示の処理、別の Cisco Unity サーバのユーザに対するメッセージの宛先指定の簡易化など、様々な理由から代行内線番号を設定します。

代行内線番号を使用すると、携帯電話、自宅の電話、他の作業サイトの電話など、代行用デバイスから Cisco Unity への電話がより便利に行えるようになります。Cisco Unity Assistant で代行用デバイスの電話番号を指定する場合、Cisco Unity は、その番号からのすべての通話をプライマリ内線番号からの通話と同じ方法で処理します(代行用電話番号を電話システムから Cisco Unity に渡すと仮定しています)。これは、Cisco Unity が、代行用電話番号をアカウントに関連付けることを意味します。電話を Cisco Unity に転送するように設定すると、プライマリ内線番号にダイヤルしたときと同様に、発信者がグリーティングを聞いてメッセージを残します。

Cisco Unity の設定状況によりますが、Cisco Unity Assistant で[個人設定] ページを使用できます。

Cisco Unity の管理者が指定した代行内線番号を表示します。

Cisco Unity の管理者が指定した電話番号に加えて、最大 5 つの代行用デバイスの電話番号を指定できます。

次の手順を実行して、Cisco Unity Assistant に代行用デバイスを設定します。

代行用デバイスを設定する


ステップ 1 Cisco Unity Assistant で、[設定] メニューの [個人] をクリックします。

ステップ 2 [代行用デバイス] テーブルの[番号:] フィールドに、30 文字以内の内線番号を入力します。

[代行用デバイス] テーブルに数字を入力する場合、次の点を考慮してください。

追加した各代行内線番号は、一意である必要があります。Cisco Unity は、他のユーザに割り当てられた内線番号(プライマリ内線番号または代行内線番号)、または他の Cisco Unity エンティティ(パブリック同報リストなど)に割り当てられた内線番号を受け入れません。

0 ~ 9 の数字を入力します。スペース、ダッシュ、またはカッコを使用しないでください。

SIP URL に対して有効なエイリアスを入力することもできます。たとえば、URL が SIP:aabade@cisco.com の場合、「aabade」と入力します。詳細については、Cisco Unity の管理者に相談してください。

ステップ 3 (オプション)デバイスの説明を入力します。たとえば、「Mobile work phone」または「My personal cell phone」のように入力できます。

ステップ 4 他のデバイスを指定するには、 [行の追加] ボタンをクリックして、ステップ 2ステップ 3 を繰り返します。

ステップ 5 [保存] をクリックします。指定した代行用デバイスは、テーブル内のすべての行で有効です。


 

ディレクトリ一覧ステータスの変更

ディレクトリに登録するかどうかは選択できます。ユーザがディレクトリに登録されていると、ユーザの内線番号を知らない発信者は、番号案内でユーザの名前を検索することによってユーザに到達できます。


) ディレクトリに登録するには、名前の録音が必要です。


この項では、2 つの手順を示しています。適切な手順を実行して、電話(標準カンバセーションまたはオプション カンバセーション 1 のスタイル使用時)または Cisco Unity Assistant から、ディレクトリ一覧ステータスを変更してください。

その他のカンバセーション スタイルのキーパッド マッピングについては、「Cisco Unity 電話メニューとショートカット」の章を参照してください。どのカンバセーション スタイルを使うよう設定されているかについては、Cisco Unity の管理者に問い合せてください。

電話でディレクトリ一覧ステータスを変更する(標準カンバセーションおよびオプション カンバセーション 1 のスタイル)


ステップ 1 Cisco Unity にログオンします。

ステップ 2 4 3 1 の順にキーを押します。

ステップ 3 該当するキーを押します。

キー
タスク
1

一覧ステータスの変更

2

現在の一覧ステータスの保持

 

表13-3 いつでも使用できるキー

キー
タスク
キー
タスク
*

キャンセルまたはひとつ戻る

0

ヘルプ


 

Cisco Unity Assistant からディレクトリ一覧ステータスを変更する


ステップ 1 Cisco Unity Assistant で、[設定] メニューの [個人] をクリックします。

ステップ 2 [電話ディレクトリに登録] チェックボックスをオンにすると、一覧に登録されます。

または、

[電話ディレクトリに登録] チェックボックスをオフにすると、一覧から除外されます。

ステップ 3 [保存] をクリックします。


 

関連項目

「名前の録音の変更」

「録音設定と再生設定の変更」

電話パスワードの変更

電話パスワードは、メッセージのプライバシーを保護します。また、不正アクセスから Cisco Unity アカウントを保護します。電話パスワードはいつでも変更できます。

電話パスワードを変更する場合は、Cisco Unity の管理者から提供されるセキュリティ ガイドラインに従ってください。一般に、パスワードは短い方が使いやすいのですが、長くて単純でないパスワードを指定した方がより安全です。

単純でないパスワードとは、次のようなものです。

パスワードが以前のパスワードと同じでない。

数字がすべて同じ(たとえば 9999)でなく、繰り返し(たとえば 99911)でもない。

数字が昇順または降順の連続(たとえば 1234 や 4321)でない。

パスワードが自分の内線番号と同じでなく、自分の名前とも同じでない。

Cisco Unity Assistant から電話パスワードを変更する


ステップ 1 Cisco Unity Assistant で、[設定] メニューの [個人] をクリックします。

ステップ 2 [新規パスワード] ボックスにパスワードを入力します。0 ~ 9 の数字を入力します。

ステップ 3 [新規パスワードの確認] ボックスに、もう一度パスワードを入力します。

ステップ 4 [保存] をクリックします。


 

関連項目

「Cisco Unity パスワードの保護と変更」