Cisco Unity ボイス メッセージング ユーザ ガイド (Microsoft Exchange版)Release 4.0(5)
メッセージの削除
メッセージの削除
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

メッセージの削除

電話によるメッセージ削除

電話による削除済みメッセージの確認

から削除されたメッセージの管理

メッセージの削除

電話機および Cisco Unity Inbox を使用して、新しいメッセージおよび開封済みメッセージを削除できます。Cisco Unity の設定状況によっては、削除されたメッセージの保存が可能なので、Cisco Unity ガイダンスと Cisco Unity Inbox を使用してメッセージを再生、復元、および完全に削除できます。

メッセージの削除は、特に Cisco Unity が一定時間の経過後にメッセージを自動的に削除するように設定されていない場合、メールボックスのサイズを削減できる重要な手段です。Cisco Unity がメッセージ保存ポリシーを強制的に実行するように設定されているかどうかを、Cisco Unity の管理者に確認してください。Cisco Unity は、メッセージ保存ポリシーが強制的に実行されることを通知しません。また、このポリシーを実行した結果、メッセージが完全に削除されることも警告しません。Cisco Unity に保存ポリシーが設定されていない場合は、定期的にメッセージを完全に削除してください(メールボックスのサイズが割り当て分を超えた場合の対処方法については、「メールボックスのサイズの管理」の章を参照してください)。


ヒント メッセージを削除する前にアーカイブする際、WAV ファイルとしてハード ディスクに保存できる場合もあります。Cisco Unity Inbox では、Media Master コントロール バーのオプション メニューで[ファイルにコピー]オプションを使用します。


この章では、次の項について説明します。

「電話によるメッセージ削除」

「電話による削除済みメッセージの確認」

「Cisco Unity Inbox から削除されたメッセージの管理」

電話によるメッセージ削除

新しいメッセージおよび開封済みメッセージは、メッセージ再生中に、またはメッセージ全体を聞き終えた後で、電話で削除できます。Cisco Unity の設定状況によっては、削除されたメッセージの保存が可能であり、それらのメッセージを完全に削除することもできます。

電話を使用してメッセージを削除するには、手順「新しいメッセージまたは開封済みメッセージを削除する(標準カンバセーションおよびオプション カンバセーション 1 のスタイル)」を実行してください。その他のカンバセーション スタイルのキーパッド マッピングについては、「Cisco Unity 電話メニューとショートカット」の章を参照してください。どのカンバセーション スタイルを使うよう設定されているかについては、Cisco Unity の管理者に問い合せてください。

新しいメッセージまたは開封済みメッセージを削除する(標準カンバセーションおよびオプション カンバセーション 1 のスタイル)


ステップ 1 Cisco Unity にログオンします。

ステップ 2 1 を押して新しいメッセージを聞くか、 3 を押して古いメッセージを確認します。

ステップ 3 メッセージの再生中または再生後に、 3 を押してメッセージを削除します。

 

表11-1 いつでも使用できるキー

キー
タスク
キー
タスク
*

キャンセルまたはひとつ戻る

0

ヘルプ


 

削除されたメッセージを完全に削除する


ステップ 1 Cisco Unity にログオンします。

ステップ 2 3 を押して古いメッセージを確認します。次に、 2 を押して削除されたメッセージにアクセスします。

ステップ 3 メッセージをどのように削除するかにより、該当するキーを押します。

キー
タスク
キー
タスク
1

削除されたメッセージを確認しながら、メッセージを 1 つずつ完全に削除します。

*

キャンセルまたはひとつ戻る

2

複数の削除されたメッセージを一度に完全に削除します。

0

ヘルプ


 

電話による削除済みメッセージの確認

Cisco Unity の設定状況によりますが、新しいメッセージおよび開封済みメッセージを再生する場合と同じように、削除されたメッセージを電話で再生できます。削除されたメッセージは、Cisco Unity のカンバセーションを使用すると、新しいメッセージおよび開封済みメッセージとして「復元」できます。

デフォルトでは、最も新しいメッセージが最初に再生されます。Cisco Unity Assistant で削除されたメッセージの再生順序を指定できます。削除されたメッセージでは、メッセージ タイプ メニューを使用可能にしたり、タイプによって再生順序を指定したりできないことに注意してください。

この項では、2 つの手順を示しています。Cisco Unity が標準カンバセーションを再生するように設定されている場合にメッセージを確認するには、1 番目の手順「電話で削除されたメッセージを確認する(標準カンバセーションのスタイル)」を実行してください。Cisco Unity がオプション カンバセーション 1 を再生するように設定されている場合は、2 番目の手順「電話で削除されたメッセージを確認する(オプション カンバセーション 1 のスタイル)」を実行してください。

その他のカンバセーション スタイルのキーパッド マッピングについては、「Cisco Unity 電話メニューとショートカット」の章を参照してください。どのカンバセーション スタイルを使うよう設定されているかについては、Cisco Unity の管理者に問い合せてください。

電話で削除されたメッセージを確認する(標準カンバセーションのスタイル)


ステップ 1 Cisco Unity にログオンします。

ステップ 2 3 を押して古いメッセージを聞き、 2 を押して削除されたメッセージを聞きます。

ステップ 3 削除されたメッセージの聞き取り中に再生を制御するには、次のキーを使用します。

キー
タスク
キー
タスク
1

最初からメッセージを再生

8

一時停止/再生

2

保存

9

早送り

3

完全に削除

#

最後まで早送り

4

低速再生

##

メッセージをスキップして、そのまま保存

5

音量の変更1

*

キャンセルまたはひとつ戻る

6

高速再生

0

ヘルプ

7

メッセージの巻き戻し

 

1.一部のシステムでは使用不可。

ステップ 4 削除されたメッセージの聞き取り後にメッセージを管理するには、次のキーを使用します。

キー
タスク
キー
タスク
1

再度メッセージを再生

6

新規メッセージとして復元
(電話機のメッセージ ウェイティング インジケータが点灯する、または点灯したままになる場合があります。)

2

開封済みメッセージとして復元

7

メッセージの巻き戻し

3

完全に削除

8

ファックス機へのファックスの送信1

(NDR を管理している場合は元のメッセージを再生)

4

返信
(NDR に返信する場合は元のメッセージを再送信)

9

メッセージ プロパティの再生

42

全員へ返信

#

そのまま保存

44

メッセージ送信者の呼び出し2

*

キャンセルまたはひとつ戻る

5

メッセージの転送

0

ヘルプ

2.一部のシステムでは使用不可。


 

電話で削除されたメッセージを確認する(オプション カンバセーション 1 のスタイル)


ステップ 1 Cisco Unity にログオンします。

ステップ 2 3 を押して古いメッセージを聞き、 2 を押して削除されたメッセージを聞きます。

ステップ 3 削除されたメッセージの聞き取り中に再生を制御するには、次のキーを使用します。

キー
タスク
キー
タスク
1

メッセージの巻き戻し

6

高速再生

2

一時停止/再生

66

より高速で再生

3

早送り

8

音量のリセット1

33

最後まで早送り

9

音量を上げる1

4

低速再生

#

メッセージをスキップして、そのまま保存

44

より低速で再生

##

メッセージをスキップして、新規として保存
(電話機のメッセージ ウェイティング インジケータが点灯する、または点灯したままになる場合があります。)

5

メッセージ プロパティの再生

*

キャンセルまたはひとつ戻る

7

音量を下げる3

0

ヘルプ

3.一部のシステムでは使用不可。

ステップ 4 削除されたメッセージの聞き取り後にメッセージを管理するには、次のキーを使用します。

キー
タスク
キー
タスク
1

スキップ バック

82

全員へ返信

2

ファックス機へのファックスの送信1

(NDR を管理している場合は元のメッセージを再生)

88

メッセージ送信者の呼び出し4

4

再度メッセージを再生

9

開封済みメッセージとして復元

5

メッセージ プロパティの再生

#

そのまま保存

6

メッセージの転送

##

新規メッセージとして復元

7

完全に削除

*

キャンセルまたはひとつ戻る

8

返信(NDR に返信する場合は元のメッセージを再送信)

0

ヘルプ

4.一部のシステムでは使用不可。


 

関連項目

「メッセージの聞き取り設定の変更」

Cisco Unity Inbox から削除されたメッセージの管理

メッセージまたはメッセージのグループを Cisco Unity Inbox から直接削除できます。また、開いた後でメッセージを削除することもできます。Cisco Unity Inbox の削除済みアイテム フォルダから削除されたメッセージを回収することも可能です。したがって、ボイス メッセージの聞き取り、ファックスの表示、メッセージの返信や転送、受信トレイへの復元、完全な削除もできます

メッセージを削除する


ステップ 1 Cisco Unity Inbox で、Cisco Unity Inbox から削除するメッセージの左側にあるチェックボックスをオンにします。

または、

[すべての行選択] をクリックして、ページ上のすべてのメッセージに削除のマークを付けます。

ステップ 2 [選択した行削除] をクリックします。

ステップ 3 プロンプトに対して、 [OK] をクリックします。

また、Cisco Unity Inbox からのメッセージの削除は、メッセージを開いてから [削除] をクリックし、 [OK] をクリックすることによっても可能です。


 

削除されたメッセージを回収する


ステップ 1 Cisco Unity Inbox で、 [削除済みアイテム表示] アイコンをクリックします([削除済みアイテム表示] アイコンは、フォルダ付きのごみ箱です)。

ステップ 2 [削除済みアイテム] ページで、次のいずれかの操作を行います。

ボイス メッセージを聞く

メッセージの横にあるスピーカのアイコンをクリックして、Cisco Unity Inbox から直接再生します。

または、

メッセージを開き、Media Master コントロール バーを使用して再生します。

ファックスを表示する

添付されたファックスのリンクをクリックして、コンピュータのファックス ビューア プログラムを起動します。

メッセージに返信する、メッセージを転送する

メッセージを開き、適切なアイコンをクリックします。

メッセージを受信ボックスに復元する

復元するメッセージの左側にあるチェックボックスをオンにして、 [復元] アイコンをクリックします。

メッセージを完全に削除する

削除するメッセージの左側にあるチェックボックスをオンにし、 [削除] アイコンをクリックして、次に [OK] をクリックします。