Cisco Unity ユニファイド メッセージング ユーザ ガイド(Microsoft Exchange版)Release 4.0(5)
Cisco Unity 電話メニューと ショートカット
Cisco Unity 電話メニューとショートカット
発行日;2012/02/02 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco Unity 電話メニューとショートカット

標準カンバセーション用電話メニュー

メイン メニューとショートカット(標準カンバセーション)

メッセージ送信のメニューとショートカット(標準カンバセーションのスタイル)

メッセージ再生中のメニューとショートカット(標準カンバセーションのスタイル)

メッセージ再生後のメニューとショートカット(標準カンバセーションのスタイル)

オプション カンバセーション1 用電話メニュー

メイン メニューとショートカット(オプション カンバセーション 1 のスタイル)

メッセージ送信のメニューとショートカット(オプション カンバセーション 1 のスタイル)

メッセージ再生中のメニューとショートカット(オプション カンバセーション 1 のスタイル)

メッセージ再生後のメニューとショートカット(オプション カンバセーション 1 のスタイル)

代行キーパッド マッピング N 用電話メニュー

メイン メニューとショートカット(代行キーパッド マッピング N)

メッセージ再生中のメニューとショートカット(代行キーパッド マッピング N)

メッセージ再生後のメニューとショートカット(代行キーパッド マッピング N)

代行キーパッド マッピング X 用電話メニュー

メイン メニューとショートカット(代行キーパッド マッピング X)

メッセージ再生中のメニューとショートカット(代行キーパッド マッピング X)

メッセージ再生後のメニューとショートカット(代行キーパッド マッピング X)

代行キーパッド マッピング S 用電話メニュー

メイン メニューとショートカット(代行キーパッド マッピング S)

メッセージ再生中のメニューとショートカット(代行キーパッド マッピング S)

メッセージ再生後のメニューとショートカット(代行キーパッド マッピング S)

Cisco Unity 電話メニューとショートカット

この章では、電話でメッセージおよび個人用オプションを管理するために最も頻繁に使用される Cisco Unity メニューとショートカット キーの一覧について、カンバセーションのスタイルごとに説明します。どのカンバセーション スタイルを使うよう設定されているかについては、Cisco Unity の管理者に問い合せてください。

「標準カンバセーション用電話メニュー」

「オプション カンバセーション 1 用電話メニュー」

「代行キーパッド マッピング N 用電話メニュー」

「代行キーパッド マッピング X 用電話メニュー」

「代行キーパッド マッピング S 用電話メニュー」

標準カンバセーション用電話メニュー

この項では、次のメニューのキー シーケンスを一覧表示します。

「メイン メニューとショートカット(標準カンバセーション)」

「メッセージ送信のメニューとショートカット(標準カンバセーションのスタイル)」

「メッセージ再生中のメニューとショートカット(標準カンバセーションのスタイル)」

「メッセージ再生後のメニューとショートカット(標準カンバセーションのスタイル)」

この情報は、財布サイズのカードになっている『 Cisco Unity 電話メニューとショートカット (Standard Conversation)ユニファイド メッセージング Microsoft Exchange 版 Release 4.0(5)』でも参照できます。

メイン メニューとショートカット(標準カンバセーション)

メイン メニューを聞いている間は、次のキーを押します。

 

キー
タスク
1

新しいメッセージの再生

2

メッセージの送信

31

開封済みメッセージの確認

32

削除されたメッセージの確認 *

4

セットアップ オプションの変更

41

グリーティングの変更

412

オプション グリーティングのオン/オフ

421

メッセージ通知の変更

422

ファックス転送の変更 *

423

標準ガイダンスまたは簡易ガイダンスの選択

431

電話パスワードの変更

432

名前の録音の変更

44

着信転送の変更

51

ユーザからのメッセージの検索 *

52

すべての外部発信者からのメッセージの検索 *

53

1 人の外部発信者からのメッセージの検索 *

 
* 一部のシステムでは使用不可。

メッセージ送信のメニューとショートカット(標準カンバセーションのスタイル)

メッセージの宛先指定および録音後は、次のキーを押します。

 

キー
タスク
#

メッセージの送信

11

アドレスの変更

12

録音の変更

13

配信オプションの設定

131#

緊急に指定して送信

132#

受信確認を要求して送信

133#

メッセージをプライベートに指定して送信

13313#

緊急およびプライベートに指定して送信

134

日時指定配信の設定

14

録音されたメッセージの確認

メッセージ再生中のメニューとショートカット(標準カンバセーションのスタイル)

メッセージを聞いている間は、次のキーを押します。

 

キー
タスク
1

最初からメッセージを再生

12

番号を指定してメッセージを再生(開封済みメッセージのみ)

14

前の開封済みメッセージを再生

16

次の開封済みメッセージを再生

2

保存

3

削除

4

低速再生

5

音量の変更 *

6

高速再生

7

メッセージの巻き戻し

8

一時停止/再生

9

早送り

#

最後まで早送り

#2

開封済みメッセージとして復元 *

# 4

返信

# 42

全員へ返信

# 5

メッセージの転送

#6

新規メッセージとして保存/復元 *

# 8

ファックス機への電子メールまたはファックスの送信 *

# 9

メッセージ プロパティの再生

##

メッセージをスキップして、そのまま保存

*

キャンセルまたはひとつ戻る

0

ヘルプ

 
* 一部のシステムでは使用不可。

メッセージ再生後のメニューとショートカット(標準カンバセーションのスタイル)

メッセージの聞き取り後は、次のキーを押します。

 

キー
タスク
1

再度メッセージを再生

12

番号を指定してメッセージを再生(開封済みメッセージのみ)

14

前の開封済みメッセージを再生

16

次の開封済みメッセージを再生

2

開封済みメッセージとして保存/復元 *

3

削除

4

返信

42

全員へ返信

44

メッセージ送信者の呼び出し *

5

メッセージの転送

6

新規メッセージとして保存/復元 *

7

巻き戻し

8

ファックス機への電子メールまたはファックスの送信 *

9

メッセージ プロパティの再生

#

そのまま保存

*

キャンセルまたはひとつ戻る

0

ヘルプ

 
* 一部のシステムでは使用不可。

オプション カンバセーション 1 用電話メニュー

この項では、次のメニューのキー シーケンスを一覧表示します。

「メイン メニューとショートカット(オプション カンバセーション 1 のスタイル)」

「メッセージ送信のメニューとショートカット(オプション カンバセーション 1 のスタイル)」

「メッセージ再生中のメニューとショートカット(オプション カンバセーション 1 のスタイル)」

「メッセージ再生後のメニューとショートカット(オプション カンバセーション 1 のスタイル)」

この情報は、財布サイズのカードになっている『Cisco Unity Phone Menus and
Shortcuts for the Optional Conversation 1(Unified Messaging with Microsoft Exchanege), Release 4.0(5)』
http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/c_unity/unity40/wlt/wlt405/
ow405ue.pdf
)でも参照できます。

メイン メニューとショートカット(オプション カンバセーション 1 のスタイル)

メイン メニューを聞いている間は、次のキーを押します。

 

キー
タスク
1

新しいメッセージの再生

2

メッセージの送信

31

開封済みメッセージの確認

32

削除されたメッセージの確認 *

4

セットアップ オプションの変更

41

グリーティングの変更

412

オプション グリーティングのオン/オフ

421

メッセージ通知の変更

422

ファックス転送の変更 *

423

標準ガイダンスまたは簡易ガイダンスの選択

431

電話パスワードの変更

432

名前の録音の変更

44

着信転送の変更

51

ユーザからのメッセージの検索 *

52

すべての外部発信者からのメッセージの検索 *

53

1 人の外部発信者からのメッセージの検索 *

 
* 一部のシステムでは使用不可。

メッセージ送信のメニューとショートカット(オプション カンバセーション 1 のスタイル)

メッセージの宛先指定および録音後は、次のキーを押します。

 

キー
タスク
#

メッセージの送信

11

アドレスの変更

12

録音の変更

13

配信オプションの設定

131#

緊急に指定して送信

132#

受信確認を要求して送信

133#

メッセージをプライベートに指定して送信

13313#

緊急およびプライベートに指定して送信

134

日時指定配信の設定

14

録音されたメッセージの確認

メッセージ再生中のメニューとショートカット(オプション カンバセーション 1 のスタイル)

メッセージを聞いている間は、次のキーを押します。

 

キー
タスク
1

巻き戻し

12

番号を指定して開封済みメッセージを再生

14

前の開封済みメッセージを再生

16

次の開封済みメッセージを再生

2

一時停止/再生

3

早送り

33

最後まで早送り

332

ファックス機への電子メールまたはファックスの送信 *

336

メッセージの転送

337

メッセージの削除

338

返信

3382

全員へ返信

339

開封済みメッセージとして保存/復元 *

4

低速再生

44

より低速で再生

5

メッセージ プロパティの再生

6

高速再生

66

より高速で再生

7

音量を下げる *

8

音量のリセット *

9

音量を上げる *

#

メッセージをスキップして、そのまま保存

##

メッセージをスキップして、新規メッセージとして保存(新規および開封済みメッセージ)

*

キャンセルまたはひとつ戻る

0

ヘルプ

 
* 一部のシステムでは使用不可。

メッセージ再生後のメニューとショートカット(オプション カンバセーション 1 のスタイル)

メッセージの聞き取り後は、次のキーを押します。

 

キー
タスク
1

スキップ バック

12

番号を指定して開封済みメッセージを再生

14

前の開封済みメッセージを再生

16

次の開封済みメッセージを再生

2

ファックス機への電子メールまたはファックスの送信 *

4

再度メッセージを再生

5

メッセージ プロパティの再生

6

メッセージの転送

7

削除

8

返信

82

全員へ返信

88

メッセージ送信者の呼び出し *

9

開封済みメッセージとして保存/復元 *

#

そのまま保存

##

新規メッセージとして保存/復元 *

*

キャンセルまたはひとつ戻る

0

ヘルプ

 
* 一部のシステムでは使用不可。

代行キーパッド マッピング N 用電話メニュー

この項では、次のメニューのキー シーケンスを一覧表示します。

「メイン メニューとショートカット(代行キーパッド マッピング N)」

「メッセージ再生中のメニューとショートカット(代行キーパッド マッピング N)」

「メッセージ再生後のメニューとショートカット(代行キーパッド マッピング N)」

メイン メニューとショートカット(代行キーパッド マッピング N)

メイン メニューを聞いている間は、次のキーを押します。

 

キー
タスク
1

新しいメッセージの再生

2

メッセージの送信

3

開封済みメッセージおよび削除されたメッセージの確認 *

4

セットアップ オプションの変更

51

ユーザからのメッセージの検索 *

52

すべての外部発信者からのメッセージの検索 *

53

1 人の外部発信者からのメッセージの検索 *

*

終了

#

メニューの繰り返し

0

メイン メニューのヘルプ

 
* 一部のシステムでは使用不可。

メッセージ再生中のメニューとショートカット(代行キーパッド マッピング N)

メッセージを聞いている間は、次のキーを押します。

 

キー
タスク
1

メッセージの巻き戻し

3

早送り

6

メッセージをスキップして、そのまま保存

71

返信

9

メッセージ送信者の呼び出し *

#

キャンセルまたはひとつ戻る

0

オペレータ

 
* 一部のシステムでは使用不可。

メッセージ再生後のメニューとショートカット(代行キーパッド マッピング N)

メッセージの聞き取り後は、次のキーを押します。

 

キー
タスク
4

巻き戻し

6

そのまま保存

9

メッセージ送信者の呼び出し *

70

メッセージ プロパティの再生

71

返信

72

再度メッセージを再生

73

メッセージの転送

74

全員へ返信

76

削除

77

開封済みメッセージとして保存/復元 *

78

新規メッセージとして保存/復元 *

*

キャンセルまたはひとつ戻る

0

オペレータ

 
* 一部のシステムでは使用不可。

代行キーパッド マッピング X 用電話メニュー

この項では、次のメニューのキー シーケンスを一覧表示します。

「メイン メニューとショートカット(代行キーパッド マッピング X)」

「メッセージ再生中のメニューとショートカット(代行キーパッド マッピング X)」

「メッセージ再生後のメニューとショートカット(代行キーパッド マッピング X)」

メイン メニューとショートカット(代行キーパッド マッピング X)

メイン メニューを聞いている間は、次のキーを押します。

 

キー
タスク
1

メッセージの送信

2

新しいメッセージの再生

3

開封済みメッセージおよび削除されたメッセージの確認 *

5

セットアップ オプションの変更

81

ユーザからのメッセージの検索 *

82

すべての外部発信者からのメッセージの検索 *

83

1 人の外部発信者からのメッセージの検索 *

*

終了

#

メニューの繰り返し

0

メイン メニューのヘルプ

 
* 一部のシステムでは使用不可。

メッセージ再生中のメニューとショートカット(代行キーパッド マッピング X)

メッセージを聞いている間は、次のキーを押します。

 

キー
タスク
2

メッセージ本文までスキップ

3

一時停止/再生

4

音量を上げる *

5

メッセージの巻き戻し

6

早送り

7

音量を下げる *

8

低速再生

9

高速再生

#

メッセージの最後まで早送り

 
* 一部のシステムでは使用不可。

メッセージ再生後のメニューとショートカット(代行キーパッド マッピング X)

メッセージの聞き取り後は、次のキーを押します。

 

キー
タスク
1

開封済みメッセージとして保存/復元 *

12

番号を指定してメッセージを再生(開封済みメッセージのみ)

14

前の開封済みメッセージを再生

16

次の開封済みメッセージを再生

2

メッセージの転送

23

再度メッセージを再生

3

削除

4

新規メッセージとして保存/復元 *

5

巻き戻し

6

そのまま保存

7

返信

#

キャンセルまたはひとつ戻る

 
* 一部のシステムでは使用不可。

代行キーパッド マッピング S 用電話メニュー

この項では、次のメニューのキー シーケンスを一覧表示します。

「メイン メニューとショートカット(代行キーパッド マッピング S)」

「メッセージ再生中のメニューとショートカット(代行キーパッド マッピング S)」

「メッセージ再生後のメニューとショートカット(代行キーパッド マッピング S)」

メイン メニューとショートカット(代行キーパッド マッピング S)

メイン メニューを聞いている間は、次のキーを押します。

 

キー
タスク
3

開封済みメッセージおよび削除されたメッセージの確認 *

4

セットアップ オプションの変更

5

新しいメッセージの再生

6

メッセージの送信

81

ユーザからのメッセージの検索 *

82

すべての外部発信者からのメッセージの検索 *

83

1 人の外部発信者からのメッセージの検索 *

9

終了

#

メニューの繰り返し

0

メイン メニューのヘルプ

 
* 一部のシステムでは使用不可。

メッセージ再生中のメニューとショートカット(代行キーパッド マッピング S)

メッセージを聞いている間は、次のキーを押します。

 

キー
タスク
13

メッセージの転送

14

メッセージ送信者の呼び出し *

15

前の開封済みメッセージを再生

17

返信

2

メッセージの巻き戻し

22

メッセージ本文をスキップ

3

削除

4

早送り

5

メッセージをスキップして、そのまま保存

7

開封済みメッセージとして保存/復元 *

8

メッセージ フッターまでスキップ

#

メッセージの最後まで早送り

*

一時停止/再生

 
* 一部のシステムでは使用不可。

メッセージ再生後のメニューとショートカット(代行キーパッド マッピング S)

メッセージの聞き取り後は、次のキーを押します。

 

キー
タスク
13

メッセージの転送

15

前の開封済みメッセージを再生

17

返信

2

メッセージの巻き戻し

22

再度メッセージを再生

3

削除

42

全員へ返信

44

メッセージ送信者の呼び出し *

5

そのまま保存

6

新規メッセージとして保存/復元 *

7

開封済みメッセージとして保存/復元 *

8

ファックス機への電子メールまたはファックスの送信 *

9

メッセージ プロパティの再生

*

キャンセルまたはひとつ戻る

 
* 一部のシステムでは使用不可。