Cisco Unity ユニファイド メッセージング ユーザ ガイド(Microsoft Exchange版)Release 4.0(5)
メッセージの送信 および 返信
メッセージの送信および返信
発行日;2012/02/02 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

メッセージの送信および返信

電話によるボイス メッセージ送信

Outlook の受信トレイからのボイス メッセージ送信

からのボイス メッセージ送信

電話によるメッセージ返信

Outlook の受信トレイからのメッセージ返信

からのボイス メッセージ返信

電話によるメッセージ転送

Outlook の受信トレイからのボイス メッセージ転送

からのボイス メッセージ転送

メッセージの送信および返信

電話、Outlook の受信トレイ、および Cisco Unity Inbox から、ボイス メッセージの送信や返信メッセージの録音ができます。使用するツールによりますが、メッセージの送信、返信、および転送は、Unity ユーザに対しても、またパブリック/プライベート同報リストや電子メール アドレスに対しても、同様に行うことができます。 Cisco Unity は送信済みメッセージを保存しません。

身元不明発信者からのボイス メッセージには返信できません。また、メールボックスのサイズが割り当て分を超えると、メッセージを送信できない場合があります(詳細については、「メールボックスのサイズの管理」を参照してください)。

会社のロケーションが複数ある場合は、別のロケーションのユーザにメッセージを送信および返信できる場合があります。詳細については、Cisco Unity の管理者に問い合せてください。

この章では、次の項について説明します。

ボイス メッセージの送信

「電話によるボイス メッセージ送信」

「Outlook の受信トレイからのボイス メッセージ送信」

「Cisco Unity Inbox からのボイス メッセージ送信」

メッセージへの返信

「電話によるメッセージ返信」

「Outlook の受信トレイからのメッセージ返信」

「Cisco Unity Inbox からのボイス メッセージ返信」

メッセージの転送

「電話によるメッセージ転送」

「Outlook の受信トレイからのボイス メッセージ転送」

「Cisco Unity Inbox からのボイス メッセージ転送」

電話によるボイス メッセージ送信

メッセージを送信する場合、Cisco Unity は、内線番号を呼び出すことなく、目的の受信者にメッセージを送信します。ボイス メッセージは、Cisco Unity ユーザ、パブリック同報リスト、およびプライベート同報リストに対して送信できます。

メッセージの宛先には、複数の受信者や受信者のタイプを指定できます。電話のキーパッドでユーザ名かユーザの内線番号を入力して、メッセージの宛先を指定します。メッセージの宛先にプライベート同報リストを指定する場合は、番号を入力する必要があります。

電話でメッセージを送信する場合は、次の特殊配信オプションを選択できます。

 

緊急

メッセージに緊急のマークを付けて、Cisco Unity がそのメッセージを通常メッセージの前に送信するようにします。

受信確認の返信

受信確認を要求して、受信者がメッセージを開いたときに Cisco Unity が発信者に通知するようにします

(Cisco Unity の電話メニューで受信確認を要求できる場合でも、すべてのタイプの受信確認を受け取れるとは限りません。Cisco Unity の管理者に、Cisco Unity がユーザに対して受信確認を送信するように設定されているかどうかを問い合せてください)。

プライベート

メッセージにプライベートのマークを付けて、そのメッセージを機密扱いする必要があることを受信者がわかるようにします。

日時指定配信

メッセージに日時指定配信のマークを付けて、指定した日時まで Cisco Unity がメッセージの送信を待機するようにします。

標準カンバセーションまたはオプション カンバセーション 1 のスタイルを使用している場合、ボイス メッセージを送信するには、次の手順を実行します。その他のカンバセーション スタイルのキーパッド マッピングについては、「Cisco Unity 電話メニューとショートカット」の章を参照してください。どのカンバセーション スタイルを使うよう設定されているかについては、Cisco Unity の管理者に問い合せてください。

電話を使用してボイス メッセージを送信する(標準カンバセーションおよびオプション カンバセーション 1 のスタイル)


ステップ 1 Cisco Unity にログオンします。

ステップ 2 2 を押します。

ステップ 3 Cisco Unity のガイダンスに従って、メッセージの宛先を指定します。名前の入力と番号の入力を切り替えるには、 ## を押します(メッセージの宛先にプライベート同報リストを指定する場合は、番号の入力に切り替える必要があります)。

ステップ 4 1 を押して、別の名前またはリストを追加します。

または、

# を押して、メッセージを録音します。録音時に次のキーを使用します。

 

キー
タスク
キー
タスク
8

一時停止/再生

#

録音の終了

ステップ 5 # を押して、メッセージを送信します。

または、

メッセージ オプションを選択するために、 1 を押します。その後、次のキーを使用してオプションを選択し、Cisco Unity のガイダンスに従ってメッセージを送信します。

 

キー
オプション
キー
オプション
1

アドレスの変更

4

メッセージの確認

2

録音の変更

#

メッセージをそのまま送信

3

特殊配信の設定

 


 

関連項目

「メッセージの宛先指定設定の変更」

「プライベート同報リスト設定の変更」

Outlook の受信トレイからのボイス メッセージ送信

Cisco Unity ユーザ、電子メール アドレス、およびパブリック同報リストにボイス メッセージを送信するには、次の手順を実行します(電子メール アドレスに対するメッセージは、サウンド(WAV)ファイルとして、電子メール メッセージに添付して送信されます)。

ボイス メッセージを送信する


ステップ 1 Outlook の受信トレイを開きます。

ステップ 2 Outlook のツールバーで、 [新しいボイス メール] アイコンをクリックします。

または、

[アクション]メニューで、 [新しいボイス メール] をクリックします。

ステップ 3 ユーザの名前または電子メール アドレス(あるいは、その両方)、および件名を入力します。

ステップ 4 Media Master コントロール バーの [録音] をクリックし、選択した録音デバイスを使用してメッセージを録音します。

 

電話

電話が鳴ったら受話器を取り、トーンを待ってから受話器に向かって話します。

マルチメディア
マイクロフォン

マイクロフォンに向かって話します。

ステップ 5 録音が終了したら、 [停止] をクリックします。

ステップ 6 必要に応じてテキストおよび添付ファイルを追加します。

ステップ 7 [送信] をクリックします。

 


 

関連項目

「送信済みボイス メッセージの保存設定」

「録音設定と再生設定の変更」

Cisco Unity Inbox からのボイス メッセージ送信

ボイス メッセージは、Cisco Unity ユーザ、電子メール アドレス、パブリック同報リスト、およびプライベート同報リストに対して送信できます。メッセージの宛先に Cisco Unity ユーザを指定するには、ユーザの名前またはプライマリ内線番号を入力します(代行内線番号を入力してメッセージの宛先にユーザを指定することはできません)。電子メール アドレスに対するメッセージは、サウンド(WAV)ファイルとして、電子メール メッセージに添付して送信されます。

Cisco Unity Inbox からメッセージを送信する場合は、次の特殊配信オプションを選択できます。

 

[緊急にする]

メッセージは通常メッセージの前に送信されます。

[プライベートにする]

受信者にメッセージを機密扱いするように警告します。Cisco Unity ユーザは、プライベート メッセージを電話または Cisco Unity Inbox を使用して転送できません。

[「メッセージ開封」確認を要求する]

受信者がメッセージを開いたときに、発信者に通知が送信されます。

(Cisco Unity Inbox で受信確認を要求できる場合でも、すべてのタイプの受信確認を受け取れるとは限りません。Cisco Unity の管理者に、Cisco Unity がユーザに対して受信確認を送信するように設定されているかどうかを問い合せてください)

ファックス オプションがある場合でも、ファックスの作成と送信には、Cisco Unity Inbox を使用できないことに注意してください。

ボイス メッセージを送信するには、次の手順を実行します。

ボイス メッセージを送信する


ステップ 1 [新しいメッセージ] アイコンをクリックします。

ステップ 2 次のいずれかの方法で、メッセージの宛先を指定します。

[宛先]、 [Cc]、および [Bcc]フィールドにユーザ名(またはプライマリ内線番号)、または電子メール アドレス(あるいはその両方)を入力します。複数の名前、内線番号、およびアドレスは、セミコロン(;)で区切ります。電子メール アドレスの場合、受信者の完全な電子メール アドレスを入力します(たとえば、<名前>@<ドメイン>.com)。

[宛先] [Cc] 、または [Bcc] をクリックして、アドレス帳から受信者を選択します。

ステップ 3 必要に応じて、右側の [名前確認] アイコンをクリックして受信者を検索し、名前と内線番号の障害を解決します(名前が解決されると、その名前が [宛先]、 [Cc]、または [Bcc]フィールドの上にリンクとして表示されます)。


ヒント リンクをクリックして不要な受信者を削除します。


ステップ 4 [件名]フィールドにメッセージの件名を入力します。

ステップ 5 必要に応じて、特殊配信オプションを 1 つまたは複数選択します。

ステップ 6 Media Master コントロール バーの [録音] をクリックし、選択した録音デバイスを使用してメッセージを録音します。

 

電話

電話が鳴ったら受話器を取り、トーンを待ってから受話器に向かって話します。

マルチメディア
マイクロフォン

マイクロフォンに向かって話します。

ステップ 7 録音が終了したら、 [停止] をクリックします。

送信する前にメッセージを確認するには、Media Master コントロール バーの [再生] をクリックします。メッセージを再録音するには、 [録音] をクリックします。

ステップ 8 [送信] をクリックします。


 

関連項目

「録音設定と再生設定の変更」

「プライベート同報リスト設定の変更」

電話によるメッセージ返信

電話でメッセージに返信する場合は、送信者だけに返信することも、受信者を追加することもできます。元のメッセージを再送信することによって、不達確認(NDR)メッセージに返信することができます。

「Unity メッセージ システム」からのメッセージは、発信者が Cisco Unity ユーザでないか、またはメッセージを残したときに Cisco Unity ユーザとしてログオンしていなかったことを意味します。このような発信者からのメッセージには返信できません。

標準カンバセーションまたはオプション カンバセーション 1 のスタイルを使用している場合、ボイス メッセージを送信するには、次の手順を実行します。その他のカンバセーション スタイルのキーパッド マッピングについては、「Cisco Unity 電話メニューとショートカット」の章を参照してください。どのカンバセーション スタイルを使うよう設定されているかについては、Cisco Unity の管理者に問い合せてください。

メッセージに返信する(標準カンバセーションおよびオプション カンバセーション 1 のスタイル)


ステップ 1 標準カンバセーション スタイルを使用している場合は、メッセージを聞いた後、 4 を押します。

または、

オプション カンバセーション 1 スタイルを使用している場合は、 8 を押します。

ステップ 2 メッセージを録音します。録音時に次のキーを使用します。

 

キー
タスク
キー
タスク
8

一時停止/再生

#

録音の終了

ステップ 3 # を押して、メッセージを送信します。

または、

メッセージ オプションを選択するために、 1 を押します。その後、次のキーを使用してオプションを選択し、Cisco Unity のガイダンスに従ってメッセージを送信します。

 

キー
オプション
キー
オプション
1

アドレスの変更

3

特殊配信の設定

2

録音の変更

4

メッセージの確認

(NDR に返信する場合は元のメッセージを再送信)

ステップ 4 Cisco Unity のガイダンスに従って、元のメッセージを処理します。


 

関連項目

「メッセージの宛先指定設定の変更」

「受信確認の管理」

Outlook の受信トレイからのメッセージ返信

ボイス メッセージまたは電子メール メッセージに録音した音声で返信するには、次の手順を実行します。送信者だけに返信することも、受信者を追加することもできます。

「Unity メッセージ システム」からのメッセージは、発信者が Cisco Unity ユーザでないか、またはメッセージを残したときに Cisco Unity ユーザとしてログオンしていなかったことを意味します。このような発信者からのメッセージには返信できません。

メッセージに返信する


ステップ 1 開いたボイス メッセージで、 [返信] をクリックします

または、

開いた電子メール メッセージで、 [アクション]メニューの [音声で返信] をクリックします。

ステップ 2 Media Master コントロール バーの [録音] をクリックし、選択した録音デバイスを使用して返信を録音します。

 

電話

電話が鳴ったら受話器を取り、トーンを待ってから受話器に向かって話します。

マルチメディア
マイクロフォン

マイクロフォンに向かって話します。

ステップ 3 録音が終了したら、 [停止] をクリックします。

ステップ 4 必要に応じてテキストおよび添付ファイルを追加します。

ステップ 5 [送信] をクリックします。

 


 

関連項目

「送信済みボイス メッセージの保存設定」

「録音設定と再生設定の変更」

Cisco Unity Inbox からのボイス メッセージ返信

他のユーザからのボイス メッセージに返信できます。送信者だけに返信することも、その他の Cisco Unity ユーザ、電子メール アドレス、パブリック/プライベート同報リストなど、受信者を追加することもできます。元のメッセージを再送信することによって、不達確認(NDR)メッセージに返信することができます。

「Unity メッセージ システム」からのメッセージは、発信者が Cisco Unity ユーザでないか、またはメッセージを残したときに Cisco Unity ユーザとしてログオンしていなかったことを意味します。このような発信者からのメッセージには返信できません。

メッセージを送信または NDR に返信する場合は、次の特殊配信オプションを選択できます。

 

[緊急にする]

メッセージは通常メッセージの前に送信されます。

[プライベートにする]1

受信者にメッセージを機密扱いするように警告します。Cisco Unity ユーザは、プライベート メッセージを電話または Cisco Unity Inbox を使用して転送できません。

[「メッセージ開封」
確認を要求する]

受信者がメッセージを開いたときに、発信者に通知が送信されます。

(Cisco Unity Inbox で受信確認を要求できる場合でも、すべてのタイプの受信確認を受け取れるとは限りません。Cisco Unity の管理者に、Cisco Unity がユーザに対して受信確認を送信するように設定されているかどうかを問い合せてください)

1.Cisco Unity の設定状況によっては、Cisco Unity はプライベート セキュア配信オプションを代わりに提供します。プライベート セキュア オプションは、メッセージ暗号化の付加サービスを提供するものです。詳細については、Cisco Unity の管理者に問い合せてください。

ボイス メッセージに返信するには、次の手順を実行します。

ボイス メッセージに返信する


ステップ 1 Cisco Unity Inbox で、送信者名をクリックします。

ステップ 2 開いたメッセージで、必要に応じて [返信] [全員に返信] [再送信] をクリックします。

ステップ 3 次のいずれかの操作により、さらに別の受信者をメッセージの宛先に指定できます。

[宛先]、 [Cc]、および [Bcc]フィールドにユーザ名(またはプライマリ内線番号)、または電子メール アドレス(あるいはその両方)を入力します。複数の名前、内線番号、およびアドレスは、セミコロン(;)で区切ります。電子メール アドレスの場合、受信者の完全な電子メール アドレスを入力します(たとえば、<名前>@<ドメイン>.com)。

[宛先] [Cc] 、または [Bcc] をクリックして、アドレス帳から受信者を選択します。

ステップ 4 必要に応じて、右側の [名前確認] アイコンをクリックして受信者を検索し、名前と内線番号の障害を解決します(名前が解決されると、その名前が [宛先]、 [Cc]、または [Bcc]フィールドの上にリンクとして表示されます)。


ヒント リンクをクリックして不要な受信者を削除できます。


ステップ 5 必要に応じて、 [件名]フィールドを編集します。

ステップ 6 必要に応じて、特殊配信オプションを 1 つまたは複数選択します。

ステップ 7 Media Master コントロール バーの [録音] をクリックし、選択した録音デバイスを使用してメッセージを録音します。

 

電話

電話が鳴ったら受話器を取り、トーンを待ってから受話器に向かって話します。

マルチメディア
マイクロフォン

マイクロフォンに向かって話します。

ステップ 8 録音が終了したら、 [停止] をクリックします。

送信する前にメッセージを確認するには、Media Master コントロール バーの [再生] をクリックします。メッセージを再録音するには、 [録音] をクリックします。

ステップ 9 [送信] をクリックします。


 

関連項目

「録音設定と再生設定の変更」

「受信確認の管理」

電話によるメッセージ転送

プライベートのマークが付いているメッセージを電話または Cisco Unity Inbox から転送することはできません。これには、Cisco Unity ユーザがプライベートのマークを付けたボイス メッセージや、送信者が Outlook でプライベートのマークを付けた電子メール メッセージが含まれます。

標準カンバセーションまたはオプション カンバセーション 1 のスタイルを使用している場合、メッセージをそのまま転送するか、または転送メッセージの前に再生される音声コメントを録音するには、次の手順を実行します。

その他のカンバセーション スタイルのキーパッド マッピングについては、「Cisco Unity 電話メニューとショートカット」の章を参照してください。どのカンバセーション スタイルを使うよう設定されているかについては、Cisco Unity の管理者に問い合せてください。

メッセージを転送する(標準カンバセーションおよびオプション カンバセーション 1 のスタイル)


ステップ 1 標準カンバセーション スタイルを使用している場合は、メッセージを聞いた後、 5 を押します。

オプション カンバセーション 1 スタイルを使用している場合は、メッセージを聞いた後、 6 を押します。

ステップ 2 Cisco Unity のガイダンスに従って、転送メッセージの宛先を指定します。名前の入力と番号の入力を切り替えるには、 ## を押します(メッセージの宛先にプライベート同報リストを指定する場合は、番号の入力に切り替える必要があります)。

ステップ 3 メッセージの宛先を指定したら、次のいずれかを実行します。

# を押して、メッセージをそのまま転送します。

ステップ 4 に進み、音声コメントを録音します。

ステップ 6 に進み、宛先の変更、特殊配信の設定、録音の変更、またはメッセージの確認を実行します。

ステップ 4 2 を押して、音声コメントを録音します。録音時には、次のキーを使用します。

 

キー
タスク
キー
タスク
8

一時停止/再生

#

録音の終了

ステップ 5 # を押して、メッセージを音声コメントとともに転送します。

または、

ステップ 6 に進み、宛先の変更、特殊配信の設定、録音の変更、またはメッセージの確認を実行します。

ステップ 6 メッセージ オプションを選択するために、 3 を押します。その後、次のキーを使用してオプションを選択し、Cisco Unity のガイダンスに従ってメッセージを送信します。

 

キー
オプション
キー
オプション
1

アドレスの変更

3

特殊配信の設定

2

録音の変更

4

メッセージの確認

ステップ 7 # を押して、メッセージを転送します。

ステップ 8 Cisco Unity のガイダンスに従って、元のメッセージを処理します。


 

関連項目

「メッセージの宛先指定設定の変更」

「プライベート同報リスト設定の変更」

Outlook の受信トレイからのボイス メッセージ転送

ボイス メッセージまたは電子メール メッセージをそのまま転送するか、または転送メッセージの前に再生される音声コメントを録音するには、次の手順を実行します。

ボイス メッセージを転送する


ステップ 1 開いたボイス メッセージで、 [転送] をクリックします。

または、

開いた電子メール メッセージで、 [アクション]メニューの [音声で返信] をクリックします。

ステップ 2 受信者名を入力します。

ステップ 3 Media Master コントロール バーの [録音] をクリックし、選択した録音デバイスを使用して音声コメントを録音します。

 

電話

電話が鳴ったら受話器を取り、トーンを待ってから受話器に向かって話します。

マルチメディア
マイクロフォン

マイクロフォンに向かって話します。

ステップ 4 録音が終了したら、 [停止] をクリックします。

ステップ 5 必要に応じてテキストおよび添付ファイルを追加します。

ステップ 6 [送信] をクリックします。

 


 

関連項目

送信済みボイス メッセージの保存設定

録音設定と再生設定の変更

Cisco Unity Inbox からのボイス メッセージ転送

メッセージは、Cisco Unity ユーザ、電子メール アドレス、パブリック同報リスト、およびプライベート同報リストに対して転送できますCisco Unity ユーザがプライベートのマークを付けたメッセージは、Cisco Unity Inbox から転送できません。

メッセージをそのまま転送するか、または転送メッセージの前に再生される音声コメントを録音することができます。次の特殊配信オプションから選択することもできます。

 

[緊急にする]

メッセージは通常メッセージの前に送信されます。

[プライベートにする]

受信者にメッセージを機密扱いするように警告します。Cisco Unity ユーザは、プライベート メッセージを電話または Cisco Unity Inbox を使用して転送できません。

[「メッセージ開封」
確認を要求する]

受信者がメッセージを開いたときに、発信者に通知が送信されます。

(Cisco Unity Inbox で受信確認を要求できる場合でも、すべてのタイプの受信確認を受け取れるとは限りません。Cisco Unity の管理者に、Cisco Unity がユーザに対して受信確認を送信するように設定されているかどうかを問い合せてください)

ボイス メッセージを転送するには、次の手順を実行します。

ボイス メッセージを転送する


ステップ 1 Cisco Unity Inbox で、送信者名をクリックします。

ステップ 2 開いたメッセージで、 [転送] をクリックします。

ステップ 3 次のいずれかの操作により、さらに別の受信者をメッセージの宛先に指定できます。

[宛先]、 [Cc]、および [Bcc]フィールドにユーザ名(またはプライマリ内線番号)、または電子メール アドレス(あるいはその両方)を入力します。複数の名前、内線番号、およびアドレスは、セミコロン(;)で区切ります。電子メール アドレスの場合、受信者の完全な電子メール アドレスを入力します(たとえば、<名前>@<ドメイン>.com)。

[宛先] [Cc] 、または [Bcc] をクリックして、アドレス帳から受信者を選択します。

ステップ 4 必要に応じて、右側の [名前確認] アイコンをクリックして受信者を検索し、名前と内線番号の障害を解決します(名前が解決されると、その名前が [宛先]、 [Cc]、または [Bcc]フィールドの上にリンクとして表示されます)。


ヒント リンクをクリックして不要な受信者を削除できます。


ステップ 5 必要に応じて、特殊配信オプションを 1 つまたは複数選択します。

ステップ 6 Media Master コントロール バーの [録音] をクリックし、選択した録音デバイスを使用してメッセージを録音します。

 

電話

電話が鳴ったら受話器を取り、トーンを待ってから受話器に向かって話します。

マルチメディア
マイクロフォン

マイクロフォンに向かって話します。

ステップ 7 録音が終了したら、 [停止] をクリックします。

送信する前にメッセージを確認するには、Media Master コントロール バーの [再生] をクリックします。メッセージを再録音するには、 [録音] をクリックします。

ステップ 8 [送信] をクリックします。


 

関連項目

「録音設定と再生設定の変更」

「プライベート同報リスト設定の変更」