音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Cisco Unity 電話メニューと ショートカット ( Standard Conversation ) Lotus Domino 版 Release 4.0(4)

Release 4.0(4)
発行日;2011/12/22 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco Unity

Cisco Unity へのアクセス

メイン メニュー

メッセージ タイプ メニュー

メッセージ再生中のメニュー

メッセージ再生後のメニュー

ショートカット

Release 4.0(4)

Cisco Unity
電話メニューと
ショートカット(Standard Conversation)
Lotus Domino 版
Release 4.0(4)

Published May 25, 2004

このカードでは、電話によるメッセージと個人用オプションの操作に通常使用する Cisco Unity メニューおよびショートカットを示します(テクニカル サポート情報については、このカードの裏面を参照してください)。

Cisco Unity へのアクセス

1. Cisco Unity を呼び出します。

社内の自分の電話から次の番号をダイヤルします。

社内の別の電話から次の番号をダイヤルします。

社外からは、次の番号をダイヤルします。

2. 社内の別の電話または社外から呼び出す場合、Cisco Unity の応答時に * を押します。

3. 必要であれば、Cisco Unity ID(通常は内線番号)を入力し、 # を押します。

4. パスワードを入力し、 # を押します。

メイン メニュー

キー
タスク

1

新規メッセージを聞く

2

メッセージの送信

3

前に聞いたメッセージの確認

4

設定オプションの変更

メッセージ タイプ メニュー *

キー
タスク

1

ボイス メッセージ

2

電子メール

3

ファックス

4

受信確認

#

すべてのメッセージ

メッセージ再生中のメニュー

メッセージの聞き取り中に、次のキーを押します。

キー
タスク

1

メッセージを最初から再生

2

保存

3

削除

4

低速再生

5

音量の変更 *

6

高速再生

7

メッセージの巻き戻し

8

一時停止/再生

9

早送り

#

最後まで早送り

##

メッセージのスキップ、そのまま保存

メッセージ再生後のメニュー

メッセージの聞き取り後に、次のキーを押します。

キー
タスク

1

再度メッセージを再生

2

保存

3

削除

4

返信

42

全員へ返信

44

メッセージ送信者の呼び出し *

5

メッセージの転送

6

新規メッセージとして保存

7

メッセージの巻き戻し

8

ファックス機への電子メールまたはファックスの送信 *

9

メッセージ プロパティの再生

#

そのまま保存

ショートカット

メイン メニューの聞き取り中に、次のキーを押します。

キー
タスク

41

グリーティングの変更

412

オプション グリーティングのオン/オフ

421

メッセージ到着通知の変更

422

ファックス転送の変更 *

423

標準ガイダンスまたは簡易ガイダンスの選択

431

電話のパスワードの変更

432

録音した名前の変更

44

着信転送の変更

メッセージの録音後に、次のキーを押します。

キー
タスク

11

アドレスの変更

12

録音の変更

13

特殊な配信の設定

14

録音したメッセージの確認

メッセージの聞き取り中に、次のキーを押します。

キー
タスク

#4

返信

#42

全員へ返信

#5

メッセージの転送

#6

新規メッセージとして保存

#8

ファックス機への電子メールまたはファックスの送信 *

#9

メッセージ プロパティの再生

開封済みメッセージの聞き取り中または聞き取り後に、次のキーを押します。

キー
タスク

12

開封済みメッセージの番号による再生

14

前の開封済みメッセージの再生

16

次の開封済みメッセージの再生