Cisco Unity ユーザ ガイド(Microsoft Exchange版)Release 4.0(3)
メッセージの聞き取り設定の 変 更
メッセージの聞き取り設定の変更
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

メッセージの聞き取り設定の変更

メッセージ タイプ メニューを使用可能にする

メッセージの再生順序の変更

メッセージの前後に が再生する情報の変更

メッセージの聞き取り設定の変更

電話でメッセージを確認するときに、Cisco Unity Assistant を使用して、メッセージの再生について設定します。たとえば、次のことを指定できます。

Cisco Unity がメッセージ タイプ メニューを再生するかどうか。詳細については、「メッセージ タイプ メニューを使用可能にする」を参照してください。

新しいメッセージおよび開封済みメッセージの再生順序。詳細については、「メッセージの再生順序の変更」を参照してください。

メッセージとそのメッセージの送信者について、どのような情報を Cisco Unity が再生するか。詳細については、「メッセージの前後に Cisco Unity が再生する情報の変更」を参照してください。

Cisco Unity では、電話で聞きたくないメッセージを指定できないことに注意してください。つまり、メッセージの聞き取り設定を使用して、Cisco Unity があるタイプのメッセージを再生するが、別のタイプのメッセージを再生しないように指定することはできません。

メッセージ タイプ メニューを使用可能にする

Cisco Unity がメッセージの前にメッセージ タイプ メニューを再生するので、聞きたいメッセージのタイプを選択できます。メッセージ タイプ メニューが使用不能な場合は、このメニューは聞こえません。その代わり、Cisco Unity によって、指定したメッセージ再生順序に従ってメッセージが再生されます。「メッセージの再生順序の変更」を参照してください。

メッセージ タイプ メニューを使用可能にする


ステップ 1 Cisco Unity Assistant から、[設定]メニューの[ メッセージの聞き取り] をクリックします。

ステップ 2 [メッセージ タイプ メニュー] をオンにします。

ステップ 3 ページの下までスクロールし、 [保存] をクリックします。

メッセージ タイプ メニューが使用可能な場合は、次のキーを使用して選択を行います。

 

キー
タスク
キー
タスク
1

ボイス メッセージ

4

受信確認

2

電子メール

#

すべてのメッセージ

3

ファックス

メッセージ タイプ メニューでは電子メールのキーとファックスのキーを使用できますが、電子メールはシステムがテキスト/スピーチ オプションを使用している場合にだけ再生され、ファックスはシステムがファックス オプションを使用している場合にだけ再生されることに注意してください。


 

メッセージの再生順序の変更

Cisco Unity では、Cisco Unity Assistant で指定した並べ替え順序に従ってメッセージが再生されます。デフォルトでは、次のようなメッセージ タイプ順でメッセージが再生されます。

1. 緊急ボイス メッセージ

2. 通常のボイス メッセージ

3. 緊急ファックス

4. 通常のファックス

5. 緊急電子メール

6. 通常の電子メール

7. 受信確認と通知

メッセージは、送信時刻順に再生されます(最も新しいメッセージから、または最も古いメッセージからのどちらかで、それは Cisco Unity Assistant で指定します)。デフォルトでは、新しいメッセージはどのタイプでもすべて古いものから順に再生され、開封済みメッセージはどのタイプでもすべて新しいものから順に再生されます。

受信確認の場合を除き、緊急メッセージは、必ず、各メッセージ タイプの通常メッセージの前に再生されます(受信確認は送信時刻順に並べ替えられます)。また、ファックス メッセージについては、メッセージ プロパティ(たとえば、送信者や日時)だけが再生されることに注意してください。

したがって、メッセージの再生順序にデフォルト設定を使用するよう Cisco Unity Assistant で設定した場合、たとえば木曜日の午後に新しいメッセージおよび開封済みメッセージを聞くと、次の順序でメッセージが再生されます。

 

新しいメッセージ
開封済みメッセージ

1. 火曜日の午前 10:30 に送信された緊急ボイス メッセージ

1. 火曜日の午後 2:13 に送信された緊急ボイス メッセージ

2. 火曜日の午後 2:13 に送信された緊急ボイス メッセージ

2. 火曜日の午前 10:30 に送信された緊急ボイス メッセージ

3. 水曜日の正午に送信された通常のボイス メッセージ

3. 木曜日の午前 8:30 に送信された通常のボイス メッセージ

4. 木曜日の午前 8:30 に送信された通常のボイス メッセージ

4. 水曜日の正午に送信された通常のボイス メッセージ

5. 水曜日の午後 4:10 に送信された緊急電子メール メッセージ

5. 水曜日の午後 4:10 に送信された緊急電子メール メッセージ

メッセージの再生順序は Cisco Unity Assistant からのみ指定でき、電話で指定することはできません。

メッセージの再生順序を指定する


ステップ 1 Cisco Unity Assistant から、[設定]メニューの[ メッセージの聞き取り] をクリックします。

ステップ 2 [新しいメッセージの再生順序]セクションで、 [上へ移動] ボタンおよび[ 下へ移動] ボタンを使用して、メッセージ タイプを、再生する順序に並べ替えます。

ステップ 3 [時間の順序]メニューで、 [最も新しいメッセージから] または[ 最も古いメッセージから] をクリックし、すべての新しいメッセージの再生順序を指定します(特定のメッセージ タイプを再生することはできないことに注意してください)。

ステップ 4 [開封済みメッセージ再生順序]セクションで、 [上へ移動] ボタンおよび[ 下へ移動] ボタンを使用して、メッセージ タイプを、再生する順序に並べ替えます。

ステップ 5 [時間の順序]メニューで、 [最も新しいメッセージから] または[ 最も古いメッセージから] をクリックし、すべての開封済みメッセージの再生順序を指定します。

ステップ 6 ページの下までスクロールし、 [保存] をクリックします。


 

メッセージの前後に Cisco Unity が再生する情報の変更

デフォルトでは、メッセージの再生前後に、Cisco Unity はメッセージとメッセージ送信者に関する情報(メッセージ プロパティのサブセット)を再生します。何を聞くか、およびいつ聞くかは、Cisco Unity Assistant を使用して変更できます。

各メッセージの前に、次のオプションのすべてまたはオプションの組み合わせを Cisco Unity が再生する必要があるかどうかを指定できます。また、メッセージを再生する前に Cisco Unity がメッセージ情報を再生する必要がない場合は、オプションを何も選択しないこともできます。

 

[送信者情報]

利用可能な場合は、Cisco Unity によって、録音されたメッセージ送信者の名前が再生されます。組織での Cisco Unity のセットアップ方法によっては、Cisco Unity は、(利用可能な場合は)身元不明発信者の電話番号、またはメッセージを送信したユーザの内線番号を再生する場合もあります。

[メッセージ番号]

Cisco Unity によって、メッセージの通し番号が案内されます(たとえば、「1 番目のボイス メッセージです...2 番目のボイス メッセージです...」)。

[メッセージ送信
時間]

Cisco Unity によって、メッセージが送信された曜日、日付、時刻が案内されます。

各メッセージを再生した後で、メッセージが送信された時刻を Cisco Unity が再生するかどうかを指定できます。

メッセージの前後に Cisco Unity が再生する情報を変更する


ステップ 1 Cisco Unity Assistant から、[設定]メニューの[ メッセージの聞き取り] をクリックします。

ステップ 2 下にスクロールして[ 各メッセージの再生前にアナウンス] セクションに移動します。各メッセージの前に Cisco Unity がどのような情報を再生するかを指定するには、次のチェックボックスうちのいくつかまたはすべてをオンまたはオフにします。

[送信者情報]

[メッセージ番号]

[メッセージ送信時間]

ステップ 3 各メッセージの再生前に Cisco Unity がメッセージのタイムスタンプを再生するかどうかを指定するには、[各メッセージの再生後にアナウンス]セクションで、 [メッセージ送信時間] チェックボックスをオンまたはオフにします。

ステップ 4 [保存] をクリックします。