Cisco Unity ユーザ ガイド(Microsoft Exchange版)Release 4.0(3)
メッセージの削除
メッセージの削除
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

メッセージの削除

電話によるメッセージ削除

Outlook の受信トレイから削除されたメッセージの管理

から削除されたメッセージの管理

メッセージの削除

メッセージは、電話で、Outlook の受信トレイから、および(必要に応じて)Cisco Unity Inbox から削除できます。Cisco Unity は、一定の経過時間に達した場合にメッセージを自動的に削除することはありません。ただし、Cisco Unity の管理者が、Cisco Unity がそのように処理するように明確にセットアップした場合は除きます。

削除されたメッセージは、Outlook の受信トレイから、または Cisco Unity Inbox を使用して復元できますが、電話で復元することはできません。

詳細については、この章の次の各項を参照してください。

「電話によるメッセージ削除」

「Outlook の受信トレイから削除されたメッセージの管理」

「Cisco Unity Inbox から削除されたメッセージの管理」

電話によるメッセージ削除

新しいメッセージおよび開封済みメッセージは、メッセージ再生中に、またはメッセージ全体を聞き終えた後で、電話で削除できます。組織での Cisco Unity のセットアップ方法によっては、Cisco Unity は、削除されたメッセージを Outlook の受信トレイの削除済みアイテム フォルダおよび Cisco Unity Inbox に置くことができます。その場合に、開封済みメッセージを確認するとき、Cisco Unity は、削除済みアイテム フォルダにあるメッセージを完全に削除するオプションも提供します。ボイス メッセージだけを削除するか、電子メール メッセージおよびファックス メッセージを含む削除済みアイテム フォルダ内のすべてのメッセージを削除するかを選択できます。

電話で削除されたメッセージは、聞いたり、返信したり、転送したりすることはできません。また、Cisco Unity は、削除されたメッセージを Outlook の受信トレイやほかのフォルダ、または Cisco Unity Inbox に復元することもできません。

新しいメッセージおよび開封済みメッセージを削除する


ステップ 1 Cisco Unity にログオンします。

ステップ 2 1 を押して新しいメッセージを聞くか、または 3 を押して古いメッセージを確認します。

ステップ 3 メッセージの再生中または再生後に、 3 を押してメッセージを削除します。

 

表 5-1 いつでも使用できるキー

キー
タスク
キー
タスク

*

キャンセルまたはバックアップ

0

ヘルプ


 

削除済みアイテム フォルダ内のメッセージを削除する


ステップ 1 Cisco Unity にログオンします。

ステップ 2 3 を押して、古いメッセージを確認します。

ステップ 3 削除済みアイテム フォルダ内のメッセージを削除するには、 2 を押します。

ステップ 4 1 を押して、メッセージの削除を確定します。

ステップ 5 プロンプトに対して、次のいずれかの操作を行えます。

1 を押して、削除済みアイテム フォルダ内のボイス メッセージだけを削除します。

2 を押して、削除済みアイテム フォルダ内のすべてのメッセージ(電子メール メッセージ、ファックス メッセージ、およびボイス メッセージ)を削除します。

 

表 5-2 いつでも使用できるキー

キー
タスク
キー
タスク

*

キャンセルまたはバックアップ

0

ヘルプ


 

Outlook の受信トレイから削除されたメッセージの管理

電子メール メッセージの場合と同様に、Outlook の受信トレイ内のボイス メッセージとファックス メッセージを削除できます。組織での Cisco Unity のセットアップ方法によっては、Outlook の受信トレイの削除済みアイテム フォルダから削除されたメッセージを回収して、聞いたり、返信したり、転送したり、受信トレイ(または他のフォルダ)に復元したり、完全に削除したりすることもできます。

Cisco Unity Inbox から削除されたメッセージの管理

メッセージまたはメッセージのグループを Cisco Unity Inbox から直接削除できます。また、開いた後でメッセージを削除することもできます。組織での Cisco Unity のセットアップ方法によっては、Cisco Unity Inbox の削除済みアイテム フォルダから削除されたメッセージを回収して、聞いたり、返信したり、転送したり、受信トレイに復元したり、完全に削除したりすることもできます(ユニファイド メッセージ ユーザの場合は、この機能を使用するには、削除されたメッセージを Outlook の削除済みアイテム フォルダに送信するように Outlook の受信トレイをセットアップしておく必要があります。詳細については、Cisco Unity の管理者に問い合せてください)。

メッセージを削除する


ステップ 1 Cisco Unity Inbox で、Cisco Unity Inbox から削除するメッセージの左側にあるボックス(複数可)をオンにします(または [すべての行選択] をクリックして、ページ上のすべてのメッセージに削除のマークを付けます)。

ステップ 2 [選択した行削除] をクリックします。プロンプトに対して、 [OK] をクリックします。

また、Cisco Unity Inbox からのメッセージの削除は、メッセージを開いてから [削除] をクリックすることによっても可能です。プロンプトに対して、 [OK] をクリックします。


 

削除されたメッセージを回収する


ステップ 1 Cisco Unity Inbox から、 ごみ箱 アイコンをクリックします。

ステップ 2 [削除済みアイテム]ページで、次のいずれかの操作を行います。

メッセージを聞くには、メッセージの隣にあるスピーカのアイコンをクリックして、Cisco Unity Inbox から直接再生するか、または、Media Master コントロール バーを使用して再生します。

メッセージに返信またはメッセージを転送するには、メッセージを開いて適切なアイコンをクリックします。

メッセージを受信トレイに復元するには、復元するメッセージの左にあるチェックボックスをオンにして、 復元 アイコンをクリックします。

メッセージを完全に削除するには、削除するメッセージの左にあるチェックボックスをオンにして、 [削除] アイコンをクリックします。プロンプトに対して、 [OK] をクリックします。