Cisco Unity ユーザ ガイド(Microsoft Exchange版)Release 4.0(3)
メッセージの確認
メッセージの確認
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

メッセージの確認

電話によるメッセージ確認

Outlook の受信トレイからのメッセージ確認

からのメッセージ確認

メッセージの確認

メッセージは電話で確認できます。組織での Cisco Unity のセットアップ方法によっては、Outlook の受信トレイから、または Cisco Unity Inbox を使用してメッセージを確認できる場合もあります。

一度新規のボイス メッセージを聞き取るか開くと、そのメッセージは削除されるまで保存されます。Unity メッセージ システムからのボイス メッセージは、身元不明発信者からのメッセージです。身元不明発信者とは、外部の発信者(Cisco Unity ユーザ以外の誰か)、またはメッセージを残す前に Cisco Unity にログオンしていないユーザです。

メッセージを確認する方法の詳細については、次の各項を参照してください。

「電話によるメッセージ確認」

「Outlook の受信トレイからのメッセージ確認」

「Cisco Unity Inbox からのメッセージ確認」

電話によるメッセージ確認

電話でメッセージを確認する場合、Cisco Unity によって、ボイス メッセージ、受信確認、電子メール(テキスト/スピーチ オプションを使用している場合)、およびファックス(ファックス オプションを使用している場合)が再生されます。ファックス メッセージの場合、メッセージ プロパティ(たとえば、送信者や日時)だけが再生されることに注意してください。

Cisco Unity はメッセージ タイプ メニューを再生します(メニューが使用可能な場合)。その後からメッセージが再生されるので、聞きたいメッセージのタイプを選択できます。メッセージ タイプ メニューが使用不能な場合は、Cisco Unity は指定したメッセージ再生順序に従ってメッセージを再生します。メッセージ タイプ メニューを使用可能にしたり、メッセージの再生について設定したりするには、Cisco Unity Assistant を使用します(「メッセージの聞き取り設定の変更」の章を参照)。

デフォルトでは、メッセージの再生前後に、Cisco Unity はメッセージとメッセージ送信者に関する情報(メッセージ プロパティのサブセット)を再生します。Cisco Unity によってメッセージが再生される前後に聞こえる情報の内容を変更するには、「メッセージの前後に Cisco Unity が再生する情報の変更」を参照してください。

この項では、2 つの手順を示しています。Cisco Unity が標準カンバセーションを再生するように設定されている場合にメッセージを確認するには、1 番目の手順を実行してください。Cisco Unity がオプション カンバセーション 1 を再生するように設定されている場合にメッセージを確認するには、2 番目の手順「電話でメッセージを確認する(オプション カンバセーション 1 のスタイル)」を実行してください。

電話でメッセージを確認する(標準カンバセーションのスタイル)


ステップ 1 Cisco Unity にログオンします。

ステップ 2 新しいメッセージを聞くには、 1 を押します。

または、

古いメッセージを聞くには、 3 を押します。次に、 1 を押し、開封済みメッセージを聞きます。

ステップ 3 聞きたいメッセージのタイプを選択するには、次のキーを使用します(Cisco Unity Assistant でメッセージ タイプ メニューが使用不能な場合は、このメニューは聞こえません)。

 

キー
タスク
キー
タスク
1

ボイス メッセージ

4

受信確認

2

電子メール1

#

すべてのメッセージ

3

ファックス1

 

 

1.メッセージ タイプ メニューでは電子メールのキーとファックスのキーを使用できますが、Cisco Unity はシステムがテキスト/スピーチ オプションを使用している場合にだけ電子メールを再生し、システムがファックス オプションを使用している場合にだけファックスを再生します。

ステップ 4 メッセージの聞き取り中に再生を制御するには、次のキーを使用します。

 

キー
タスク
キー
タスク
1

最初からメッセージを再生

7

巻き戻し

2

保存

8

一時停止/再生

3

削除

9

早送り

4

低速再生

#

最後まで早送り

5

音量の変更2

##

そのまま保存

6

高速再生

 

 

2.一部のシステムで使用可能。

ステップ 5 メッセージの聞き取り後にメッセージを管理するには、次のキーを使用します。

 

キー
タスク
キー
タスク
1

再度メッセージを再生

5

メッセージの転送

2

保存

6

新規メッセージとして保存
(電話機のメッセージ ウェイティング インジケータ(MWI)が点灯する、または点灯したままになる場合があります。)

3

削除

7

巻き戻し

4

返信(NDR に対する再送信)

8

ファックス機への電子メールまたはファックスの送信1

42

全員へ返信

9

メッセージ プロパティの再生

44

ユーザの呼び出し3

#

そのまま保存

3.一部のシステムで使用可能。

 

表 4-1 いつでも使用できるキー

キー
タスク
キー
タスク

*

キャンセルまたはバックアップ

0

ヘルプ


 

電話でメッセージを確認する(オプション カンバセーション 1 のスタイル)


ステップ 1 Cisco Unity にログオンします。

ステップ 2 新しいメッセージを聞くには、 1 を押します。

または、

古いメッセージを聞くには、 3 を押します。次に、 1 を押し、開封済みメッセージを聞きます。

ステップ 3 聞きたいメッセージのタイプを選択するには、次のキーを使用します(Cisco Unity Assistant でメッセージ タイプ メニューが使用不能な場合は、このメニューは聞こえません)。

 

キー
タスク
キー
タスク
1

ボイス メッセージ

4

受信確認

2

電子メール4

#

すべてのメッセージ

3

ファックス1

 

 

4.メッセージ タイプ メニューでは電子メールのキーとファックスのキーを使用できますが、Cisco Unity はシステムがテキスト/スピーチ オプションを使用している場合にだけ電子メールを再生し、システムがファックス オプションを使用している場合にだけファックスを再生します。

ステップ 4 メッセージの聞き取り中に再生を制御するには、次のキーを使用します。

 

キー
タスク
キー
タスク
1

巻き戻し

6

高速再生

2

一時停止/再生

66

より高速で再生

3

早送り

7

音量を下げる5

33

最後まで早送り

8

音量のリセット6

4

低速再生

9

音量を上げる7

44

より低速で再生

#

最後まで早送り

5

メッセージ プロパティの再生

##

メッセージをスキップ、新規メッセージとして保存(電話機のメッセージ ウェイティング インジケータ(MWI)が点灯する、または点灯したままになる場合があります)。

5.一部のシステムで使用可能。

6.一部のシステムで使用可能。

7.一部のシステムで使用可能。

ステップ 5 メッセージの聞き取り後にメッセージを管理するには、次のキーを使用します。

 

キー
タスク
キー
タスク
1

スキップ バック

8

返信(NDR に対する再送信)

2

ファックス機への電子メールまたはファックスの送信1

82

全員へ返信

4

再度メッセージを再生

88

ユーザの呼び出し8

5

メッセージ プロパティの再生

9

保存

6

メッセージの転送

#

そのまま保存

7

削除

 

 

8.一部のシステムで使用可能。

 

表 4-2 いつでも使用できるキー

キー
タスク
キー
タスク

*

キャンセルまたはバックアップ

0

ヘルプ


 

Outlook の受信トレイからのメッセージ確認

ユニファイド メッセージ ユーザは、Outlook の受信トレイから、ボイス メッセージ、ファックス(ファックス オプションを使用している場合)、および電子メール メッセージを確認できます。受信トレイでは、ボイス メッセージおよびファックス メッセージは次のアイコンでマークを付けられます。

 

アイコン
説明

 

ボイス メッセージ

 

ファックス メッセージ

[差出人]フィールドの情報で、送信者を識別できます。Cisco Unity ユーザ以外の誰か、またはメッセージを残す前に Cisco Unity にログオンしていないユーザによってメッセージが残された場合、このフィールドには Cisco Unity のユーザ名または「Unity メッセージ システム」のどちらかが表示されます。情報がある場合は、[件名]フィールドに発信者の電話番号が表示されます。

新しいボイス メッセージの到着を通知するサウンドの変更方法、または低帯域幅環境用に ViewMail をカスタマイズする方法の詳細については、「ViewMail オプションの変更」の章を参照してください。

Outlook の受信トレイからボイス メッセージとファックス メッセージを確認する


ステップ 1 Outlook の受信トレイを開きます。

ステップ 2 ボイス メッセージまたはファックス メッセージをダブルクリックして開きます。

ステップ 3 開いたボイス メッセージで、Media Master コントロール バーの[ 再生] をクリックして、メッセージを再生します。

または、

開いたファックス メッセージの添付ファイルをダブルクリックして、コンピュータのビューア プログラムを起動します。

 

 

ステップ 4 ボイス メッセージまたはファックス メッセージで、[標準]ツールバーのボタンを使用すると、電子メール メッセージの処理と同様にメッセージを管理できます。


 

Cisco Unity Inbox からのメッセージ確認

ボイス メッセージは Cisco Unity Inbox から確認できます(電子メールおよびファックス メッセージは Cisco Unity Inbox では利用できません)。新しいメッセージを聞いた後、[メッセージ リストの更新]アイコンをクリックして Cisco Unity Inbox を更新すると、新しいメッセージのアイコンが消えていることが確認できます。

Cisco Unity Inbox でメッセージを確認する場合、送信者の識別に[送信元]フィールドの情報を利用できます。Cisco Unity ユーザ以外の誰か、またはメッセージを残す前に Cisco Unity にログオンしていないユーザによってメッセージが残された場合、このフィールドには Cisco Unity のユーザ名または「Unity メッセージ システム」のどちらかが表示されます。情報がある場合は、[件名]フィールドに発信者の電話番号を表示できます。

Cisco Unity Inbox から直接メッセージを再生する


 

Cisco Unity Inbox から直接メッセージを再生するには、メッセージの隣にあるスピーカのアイコンをクリックします(再生を停止するには、もう一度このアイコンをクリックします)。


 

メッセージを開いてから再生する


ステップ 1 Cisco Unity Inbox から、送信者名をクリックし、新しいウィンドウでメッセージを開きます。

ステップ 2 Media Master コントロール バーで[ 再生] をクリックします(再生を停止するには[停止]をクリックします。Media Master コントロール バーを使用する方法の詳細については、「Media Master コントロール バーの使用方法」を参照してください)。

ステップ 3 メッセージを管理するには、次のアイコンとメッセージ メニュー オプションを使用します。

 

ボタン/フィールド
機能

前のメッセージ

前のメッセージを開きます。

次のメッセージ

次のメッセージを開きます。

返信

送信者にボイス メッセージで返信します(他の Cisco Unity ユーザからのメッセージに対してのみ使用可能)。

全員へ返信

メッセージを受信したすべての Cisco Unity ユーザにボイス メッセージで返信します。

転送

別のユーザまたは同報リスト(あるいはその両方)にメッセージを送信します。

削除

メッセージを削除します。

保存

メッセージと、すべての変更(メッセージに新規のマークを付けた、件名を変更したなど)を保存し、Cisco Unity Inbox に戻ります。

未開封マークを付ける

メッセージを新規メッセージとして保存する場合は、このチェックボックスをオンにします(この結果、電話機の MWI が点灯します)。

キャンセル

変更を保存せずにメッセージを閉じ、Cisco Unity Inbox に戻ります。