Cisco Unity ユーザ ガイド(Microsoft Exchange版)Release 4.0(3)
使用するツール
使用するツール
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

使用するツール

電話による の使用方法

Outlook の受信トレイからのメッセージ管理

の使用方法

の使用方法

の使用方法

Media Master コントロール バーの使用方法

使用するツール

組織での Cisco Unity のセットアップ方法によって、Cisco Unity ユーザは、ボイス メッセージ、ファックス、および電子メール メッセージを、プッシュホン式の電話を使用して、または Cisco Unity ViewMail for Microsoft Outlook を使用して送信および管理できます。 また、Cisco Unity Inbox を使用してボイス メッセージを送信および管理できます。さらに、Cisco Unity Assistant を使用して、ユーザと発信者が電話でどのように Cisco Unity と対話するかを制御する、Cisco Unity の電話設定を個人用にカスタマイズできます。

Cisco Unity の管理者は、メールボックスの容量制限を設定します。この設定により、制限数を超過したときにメッセージを送信および受信するのを防ぐことができます。メールボックスが一杯になっていると、Cisco Unity がメッセージを処理するスピードに影響を及ぼす場合もあります。

電話でログオンするとき、または Cisco Unity Inbox にアクセスするとき、メールボックスが次に示す状態の場合は Cisco Unity によって通知されます。

ほとんど一杯である。

一杯であり、新しいメッセージは送信できない。

一杯であり、新しいメッセージは送信も受信もできない。

メールボックスに空きを作るには、メッセージを削除します(Outlook の削除済みアイテム フォルダにあるメッセージ、または該当する場合は Cisco Unity Inbox にあるメッセージも含まれます)。

Cisco Unity は、一定の経過時間に達した場合にメッセージを自動的に削除することはありません。ただし、Cisco Unity の管理者が、Cisco Unity がそのように処理するように明確にセットアップした場合は除きます。

Cisco Unity ツールの詳細については、次の各項を参照してください。

「電話による Cisco Unity の使用方法」

「Outlook の受信トレイからのメッセージ管理」

「Cisco Personal Communications Assistant の使用方法」

「Media Master コントロール バーの使用方法」

使用可能なツールについては、Cisco Unity の管理者に問い合せてください。

電話による Cisco Unity の使用方法

組織での Cisco Unity のセットアップ方法によって、プッシュホン式の電話から、ボイス メッセージ、ファックス、および電子メール メッセージを管理できます。また、電話を使用して、ユーザと発信者が電話でどのようにCisco Unity と対話するかを制御する設定(グリーティング、着信転送、メッセージ到着通知などの設定)を管理することもできます。

電話で Cisco Unity にログオンするときは、Cisco Unity のガイダンスを聞きます。メッセージの再生、送信、管理、および Cisco Unity 設定の変更を行う場合は、ガイダンスに録音されたインストラクションに従います。最初に電話で Cisco Unity にログオンすると、初回登録ガイダンスが自動的に再生されます。詳細については、「はじめに:Cisco Unity への登録」の章を参照してください。

カンバセーションのスタイルは 2 つあります。標準カンバセーションとオプション カンバセーション 1 です。2 つの違いは、メッセージ取得メニューのオプションだけです。メッセージ取得メニューのオプションが、ユーザが慣れ親しんだオプションにより似ているために、組織でオプション カンバセーション 1 を選択する場合があります。それ以外の点では、オプション カンバセーション 1 で利用できる機能は、本書で説明されているものと同一です。

カンバセーションのスタイルでは、2 種類のメニュー(標準ガイダンスと簡易ガイダンス)が利用できます。使用するメニューを選択するには、「電話メニュー設定の変更」の章を参照してください。

Cisco Unity の電話ガイダンスのマップについては、標準カンバセーションは http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/c_unity/unity40/menus/menus403/exst403.pdf から、オプション カンバセーション 1 は
http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/c_unity/unity40/menus/menus403/exop403.pdf
から入手可能です。

Cisco Unity へログオンする


ステップ 1 次のうち該当する番号をダイヤルして、Cisco Unity を呼び出します。

組織内から Cisco Unity を呼び出すには、内線番号をダイヤルします。

組織外から Cisco Unity を呼び出すには、外線番号をダイヤルします。

ステップ 2 外線番号をダイヤルした場合は、Cisco Unity の応答時に * を押します。

ステップ 3 ID(通常は内線番号)を入力し、 # を押します。

ステップ 4 必要に応じて Cisco Unity パスワードを入力し、 # を押します。


 

Outlook の受信トレイからのメッセージ管理

Cisco Unity がユニファイド メッセージを提供するようにセットアップされている場合は、すべてのメッセージ、つまり、電子メール、ボイス メッセージ、および(該当する場合は)ファックスに Outlook の受信トレイからアクセスできます。ユニファイド メッセージ ユーザが Outlook の受信トレイから実行できるボイス メッセージ タスクは、Outlook が ViewMail を使用するように設定されているかどうかによって異なります。

 

ViewMail を
使用する場合

Media Master コントロール バーを使用して、Outlook の受信トレイからボイス メッセージを再生および録音できます(図 3-1 および 「Media Master コントロール バーの使用方法」を参照)。

ボイス メッセージは、他のユーザ、非 Cisco Unity ユーザ、およびパブリック同報リストに送信できます。

ViewMail を
使用しない場合

マルチメディア プレイヤを使用して Outlook の受信トレイからボイス メッセージを再生できます。

ボイス メッセージの録音および送信は、電話で行う必要があります。

図 3-1 ViewMail for Microsoft Outlook

 

ViewMail は次のようにカスタマイズできます。

新しいボイス メッセージを通知するサウンドを変更する。

コンピュータのディスク領域を節約するために Outlook の受信トレイ内の送信済みボイス メッセージを保存するための設定をする。

低帯域幅で作業する場合にパフォーマンスと音質を向上する。

詳細については、「ViewMail オプションの変更」の章を参照してください。

Cisco Unity User Guide 』に記載されている情報と手順はヘルプでも利用できます。Outlook の受信トレイから ViewMail のヘルプにアクセスするには、次の手順を実行します。

ViewMail のヘルプにアクセスする


ステップ 1 Outlook の受信トレイから、 [ヘルプ]>[ViewMail ヘルプ トピック] をクリックします。

ステップ 2 左側のウィンドウでトピックのリンクをクリックするか、または右側のウィンドウの上部にある[ 索引] リンクをクリックして、特定のトピックを見つけます。


 

Cisco Personal Communications Assistant の使用方法

組織での Cisco Unity のセットアップ方法によっては、Cisco Personal Communications Assistant(PCA)を使用して次の Cisco Web ツールにアクセスできます。

 

Cisco Unity Assistant

Cisco Unity Assistant を使用すると、ユーザと発信者が電話でどのように Cisco Unity と対話するかをカスタマイズできます。この機能を使用して、録音済みグリーティングやメッセージ配信オプションなどの Cisco Unity の設定を個人用にカスタマイズできます。また、メッセージ通知デバイスをセットアップしたり、プライベート同報リストを作成したりできます。

Cisco Unity Inbox

Cisco Unity Inbox を使用すると、ボイス メッセージの聞き取り、作成、返信、転送、および削除ができます。

組織での Cisco Unity のセットアップ方法によっては、
Cisco Personal Communications Assistant(PCA)は、Cisco Unity Assistant にアクセスするのに使用する Web サイトになります。Cisco Unity Assistant を使用すると、ユーザと発信者が電話でどのように Cisco Unity と対話するかをカスタマイズできます。この機能を使用して、録音済みグリーティングやメッセージ配信オプションなどの Cisco Unity の設定を個人用にカスタマイズできます。また、メッセージ通知デバイスをセットアップしたり、プライベート同報リストを作成したりできます。

Cisco PCA は、 http://<Cisco Unity サーバ名>/ciscopca で利用できます (URL は大文字と小文字が区別されることに注意してください)。Cisco PCA を Internet Explorer のお気に入りのリストに追加した方がよい場合があります。追加すると、ログオンするたびに Web アドレスを入力する必要がなくなります(Cisco Unity Assistant または Cisco Unity Inbox の個々のページをお気に入りのリストに追加することはできません)。

Cisco PCA にアクセスするにはブラウザを次のように設定する必要があることに注意してください(オフィスで使用するコンピュータについては Cisco Unity の管理者がすでに設定している可能性もあります)。

アクティブ スクリプトを有効にする。

ActiveX コントロールをダウンロードして実行する。

Java スクリプトを有効にする。

すべてのクッキーを受け入れる。

組織が Cisco PCA へのリモート アクセスを許可しており、自宅のコンピュータを Cisco PCA にアクセスするように設定する場合は、上記の点に留意してください。

Cisco PCA にログオンするには、ユーザ資格を入力する必要があります。

 

[ユーザ名]

Windows ドメイン アカウントのエイリアスを入力します(たとえば、tcampbell と入力するか、または tcampbell@<ドメイン名> と入力します)。

エイリアスのフルパスを入力する場合(つまりドメインを含める場合)、[ドメイン]フィールドに入力する必要はありません。

[パスワード]

Windows ドメイン アカウントのパスワードを入力します。

[ドメイン]

Windows ドメイン アカウントが存在するドメインの名前を入力します。

[ユーザ名]フィールドにエイリアスのフルパスを入力した場合、ここでドメイン名を入力する必要はありません。

電話でも Cisco Unity Assistant からも Cisco PCA のパスワードは変更できないことに注意してください。Cisco PCA のパスワードを忘れた場合、またはログオンで問題が発生した場合は、Cisco Unity の管理者に問い合せてください。

Cisco Unity Assistant の使用方法

組織での Cisco Unity のセットアップ方法によっては、Cisco Unity Assistant を使用して、ユーザと発信者が電話でどのように Cisco Unity と対話するかを制御する、Cisco Unity の電話設定を個人用にカスタマイズできます。たとえば、Cisco Unity Assistant を使用して、グリーティング、着信転送、およびメッセージ到着通知の設定を管理できます。

いくつかの Cisco Unity Assistant ページには、Media Master コントロール バーがあり、これを使用してグリーティングと名前を録音および再生します。 「Media Master コントロール バーの使用方法」を参照してください。

Cisco Unity Assistant にアクセスするには、次の手順を実行します。

Cisco Unity Assistant にアクセスする


ステップ 1 Cisco PCA Web サイト( http://<Cisco Unity サーバ名>/ciscopca)に移動します( URL は大文字と小文字が区別されることに注意してください)。Cisco Unity サーバが不明な場合は、Cisco Unity の管理者に問い合せてください。

Cisco PCA の URL をブックマークすると、Cisco Unity Assistant にアクセスしようとするたびに Web アドレスを入力する必要がなくなります(Cisco Unity Assistant のページをブックマークすることはできません)。

ステップ 2 ログオン要求が表示されたら、Cisco PCA にログオンします。

ステップ 3 Cisco PCA のホーム ページで、 [Cisco Unity Assistant]リンクをクリックします。

ステップ 4 Cisco Unity Assistant 内の各ページを参照するには、メニュー バーでリンクをクリックします。

ステップ 5 作業を終了したら、ナビゲータ バーの右上隅にある[ ログ オフ]をクリックします。


 

Cisco Unity Assistant を使用する方法の詳細と手順は、本書およびヘルプに記載されています。

Cisco Unity Assistant のヘルプにアクセスする


ステップ 1 任意の Cisco Unity Assistant ページで、 [ヘルプ] をクリックします。

ステップ 2 メニューで、トピックのリンクをクリックします。


 

Cisco Unity Inbox の使用方法

組織での Cisco Unity のセットアップ方法によっては、ボイス メッセージは、受信証明および送信できないメッセージの通知とともに Cisco Unity Inbox に収集されます。ファックスおよび電子メール メッセージは、Cisco Unity Inbox では表示されません。

デフォルトでは、一度に 5 つのメッセージが表示されますが、[1 ページあたりのメッセージ数]リストで別の値をクリックすることによって、この数を変更できます。Cisco Unity Inbox 内のメッセージ数が[1 ページあたりのメッセージ数]リストで指定されている値を超える場合は、ページの下部にある矢印またはページ番号をクリックして、表示されていない Cisco Unity Inbox ページに移動します。

各 Cisco Unity Inbox ページの適切なアイコンをクリックすることによって、Cisco Unity Inbox の更新、ページ上のメッセージの並び替えおよび削除、ボイス メッセージの作成および聞き取りを行うことができます。Media Master コントロール バーを使用して、メッセージを再生および録音します(「Media Master コントロール バーの使用方法」を参照)。

Cisco Unity Inbox にアクセスするには、次の手順を実行します。

Cisco Unity Inbox にアクセスする


ステップ 1 Cisco PCA Web サイト( http://<Cisco Unity サーバ名>/ciscopca )に移動します(URL は大文字と小文字が区別されることに注意してください)。Cisco Unity サーバ名が不明な場合は、Cisco Unity の管理者に問い合せてください。

Cisco PCA の URL をブックマークすると、Cisco Unity Inbox にアクセスしようとするたびに Web アドレスを入力する必要がなくなります(Cisco Unity Inbox のページをブックマークすることはできません)。

ステップ 2 ログオン要求が表示されたら、Cisco PCA にログオンします。

ステップ 3 Cisco PCA のホーム ページで、 [Cisco Unity Inbox]リンクをクリックします。

ステップ 4 作業を終了したら、ナビゲータ バーの右上隅にある [ログ オフ] をクリックします。


 

Cisco Unity Inbox を使用する方法の詳細と手順は、本書およびヘルプに記載されています。

Cisco Unity Inbox のヘルプにアクセスする


ステップ 1 Cisco Unity Inbox の任意のページで、ページに関する情報または機能を使用する手順に関する情報を参照するには、 [ヘルプ] をクリックします。

ステップ 2 メニューで、トピックのリンクをクリックします。

アイコンのヘルプが必要な場合は、マウスのポインタをアイコンの上に置いてツールチップを表示させます。


 

Media Master コントロール バーの使用方法

Media Master コントロール バーは、ViewMail および Cisco Unity Inbox に表示されます。また、組織での Cisco Unityのセットアップ方法によっては、Cisco Unity Assistant の一部のページにも表示されます。VCR 型のコントロールをクリックすることによって、Media Master を使用して、電話、またはコンピュータのマイクロフォンおよびスピーカで、録音または録音の再生を行うことができます。デフォルトでは、Media Master は、録音デバイスおよび再生デバイスとして電話機を使用するようにセットアップされています。Media Master コントロール バーの録音および再生デバイスを変更するには、「録音設定と再生設定の変更」の章を参照してください。

 

 
* ViewMail でのみ使用可能。 スピード調節スライダは Cisco Unity Assistant ページのコントロール バーには表示されません。

 

Media Master コントロール バーのオプション メニューを使用すると、他のサウンド(WAV)ファイルを録音に使用できます。使用できるサウンド ファイルのオプションは次のとおりです。

 

[新規]

録音を消去して再録音します。

[貼り付け]

テキストをテキスト ファイルに貼り付けるのと同様に、サウンド録音を貼り付けます。

[ファイルからのコピー]

別のサウンド ファイルを録音に貼り付けます。

[コピー]

テキストをテキスト ファイルにコピーするのと同様に、サウンド録音をコピーします。

[ファイルにコピー]

新しく名前を付けたサウンド ファイルに録音をコピーします。

Media Master コントロール バーは、ファイアウォールを越えて機能しません。また、ブラウザが ActiveX コントロールをダウンロードして実行できることが必要になります。