Cisco Unity ユーザ ガイド(Lotus Domino版) Release 4.0(3)
はじめに: Cisco Unity への登録
はじめに:Cisco Unity への登録
発行日;2012/02/01 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

はじめに:Cisco Unity への登録

はじめに:Cisco Unity への登録

Cisco Unity を使用するには、最初に電話でユーザ登録を行います。組織での Cisco Unity のセットアップ方法によっては、初めて Cisco Unity を呼び出したときに初回登録ガイダンスが自動的に再生されます。

登録時には、Cisco Unity のドキュメントを参照する必要はありません。よく注意して聞き取り、指示に従って応答するだけで結構です。録音されたインストラクションに従って、次のタスクを実行します。

名前の録音

電話に応答しない場合に外部の発信者が聞くグリーティングの録音

パスワードの設定(長いパスワードの方がより安全です)

ディレクトリに登録するかどうかの選択(ユーザがディレクトリに登録されていると、ユーザの内線番号を知らない発信者は番号案内でユーザの名前を検索することによってユーザに到達できます)

Cisco Unity ユーザとして登録するには、次の手順を実行します。通常、ID やパスワードが必要な場合は、Cisco Unity の管理者によって ID および一時的なパスワードが割り当てられます。

Cisco Unity ユーザとして登録する


ステップ 1 次のうち該当する番号をダイヤルして、Cisco Unity を呼び出します。

組織内から Cisco Unity を呼び出すには、内線番号をダイヤルします。

組織外から Cisco Unity を呼び出すには、外線番号をダイヤルします。

ステップ 2 外線番号をダイヤルした場合は、Cisco Unity の応答時に * を押します。

ステップ 3 注意して聞き取り、指示に従って応答します。登録処理が完了した場合は、システムからそのことが通知されます。

完全に登録が完了する前に電話を切った場合は、変更は何も保存されず、次回 Cisco Unity にログオンしたときに再度初回登録ガイダンスが再生されます。


 

登録が完了したら、「使用するツール」 の章を参照して、Cisco Unity ツールについて確認してください。この内容によって、メッセージの確認および送信、追加のグリーティングの録音、および通知デバイスの設定ができます。

登録が完了した後はいつでも、名前およびグリーティングを再録音でき、また、パスワードの変更およびディレクトリ一覧ステータスの変更ができます。