Cisco Unity ユーザ ガイド(Lotus Domino版) Release 4.0
着信 転送とスクリーニング設定 の変更
着信転送とスクリーニング設定の変更
発行日;2012/01/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

着信転送とスクリーニング設定の変更

着信転送オプションの変更

発信者のメッセージ オプションの変更

通話スクリーニング オプションの変更

着信転送とスクリーニング設定の変更

着信転送およびスクリーニングの設定では、Cisco Unity ユーザではない発信者または Cisco Unity ユーザとしてログオンしていない発信者からの電話を
Cisco Unity が処理する方法を制御します。

 

着信転送の設定

電話に応答するか、グリーティングに転送するかを選択できます。自分の内線で電話に応答することを選択した場合は、電話が話し中の場合に Cisco Unity が通話を処理する方法を指定できます。

発信者のメッセージの設定

ユーザは、発信者が自分の残したメッセージを編集し、メッセージに緊急のマークを付けることができるようにするかどうかを選択できます。

スクリーニングの設定

Cisco Unity で通話をスクリーニングをするように選択できます。つまり、Cisco Unity が、通話を接続する前に発信者に名前を尋ね、その名前をユーザに再生しますまた、通話の接続時に Cisco Unity による案内を聞くことや、電話に出るか電話をグリーティングに転送して発信者にメッセージを残してもらうかを選択することもできます。

詳細については、次の各項を参照してください。

「着信転送オプションの変更」

「発信者のメッセージ オプションの変更」

「通話スクリーニング オプションの変更」

着信転送オプションの変更

組織での Cisco Unity のセットアップ方法によっては、着信転送の設定を行える場合があります。自分の内線に転送するか、指定した別の内線または電話番号に転送するかを選択できます。あるいは、直接グリーティングに着信転送できます。直接グリーティングに着信転送すると、電話はまったく鳴りません。

応答可能な場合には、内線または別の電話に着信転送するように設定します。休暇など、長期間オフィスを不在にする予定がある場合は、直接グリーティングに着信転送する方法が適切です(電話をグリーティングに転送しておくと、発信者は電話の応答を待つ必要がなくなります)。

自分の内線で電話に応答することを選択した場合は、電話が話し中の場合に Cisco Unity が行う処理を指定できます。Cisco Unity が次の処理を行うように指定できます。

 

[発信者をボイスメールへ送信]

Cisco Unity によって、保留にするオプションは使用されずに、発信者は自動的にグリーティングに転送され、メッセージを残すよう案内されます。

[発信者を保留にする]

Cisco Unity によって、メッセージを残すオプションは使用されずに、発信者は自動的に保留にされます。

[保留して良いかどうかを発信者に問い合わせる]

Cisco Unity によって、発信者は、保留にするかメッセージを残すかを選択するよう案内されます。

この項では、2 つの手順を示しています。適切な手順を実行して、電話または Cisco Unity Assistant から、着信転送の設定を変更してください。

電話で着信転送の設定を変更する


ステップ 1 Cisco Unity にログオンします。

ステップ 2 4 > 1 > 2 の順にキーを押します。

ステップ 3 次のいずれかの操作を行います。

1 を押して、転送先を、内線またはグリーティングに切り替えます。

2 を押して、転送電話番号を変更します(外線番号に着信転送する場合は、Cisco Unity の管理者に問い合せてください)。

 

表 10-1 いつでも使用できるキー

キー
タスク
キー
タスク
*

キャンセルまたはバックアップ

0

ヘルプ


 

Cisco Unity Assistant から着信転送の設定を変更する


ステップ 1 Cisco PCA にログオンし、Cisco Unity Assistant を参照します。

ステップ 2 メニュー バーから[ 設定] >[着信転送とスクリーニング] をクリックします。

ステップ 3 [転送先]フィールドで、転送設定を選択します(外線番号に着信転送する場合は、Cisco Unity の管理者に問い合せてください)。

ステップ 4 自分の内線に着信転送することを選択した場合は、[内線番号が話し中の場合]リストから、電話が話し中の場合に Cisco Unity が通話を処理する方法を選択します。

ステップ 5 [保存] をクリックします。


 

発信者のメッセージ オプションの変更

発信者のメッセージ オプションでは、発信者がメッセージを残すときに行える操作を選択できます。

 

発信者はメッセージを編集できる

発信者は、メッセージの聞き取り、追加、再録音、または削除を選択するよう案内されます。

発信者はメッセージを緊急に指定できる

発信者は、メッセージに緊急のマークを付けるかどうか尋ねられます。

ガイダンスの使用言語は Cisco Unity Assistant からのみ変更でき、電話で変更することはできません。

発信者のメッセージ オプションを変更する


ステップ 1 Cisco PCA にログオンし、Cisco Unity Assistant を参照します。

ステップ 2 メニュー バーから[ 設定] >[着信転送とスクリーニング] をクリックします。

ステップ 3 [メッセージを聞いて再録音する] チェックボックスと[ メッセージを緊急にする] チェックボックスのいずれかまたは両方をオンあるいはオフにします。

ステップ 4 [保存] をクリックします。


 

通話スクリーニング オプションの変更

組織での Cisco Unity のセットアップ方法によっては、通話スクリーニング オプションを変更できる場合があります。通話スクリーニング オプションでは、
Cisco Unity が次の処理を行うかどうかを選択できます。

 

[接続案内の後に
接続する]

このチェックボックスをオンにすると、電話の接続時に接続案内がアナウンスされます。

[誰にかかってきたかを知らせる]

Cisco Unity によって、ダイヤルされた内線番号に割り当てられている録音済みの名前が再生されます。電話を共有している場合は、この設定を使用します。

[電話に出るかどうかを選択できる]

Cisco Unity から、電話に応答するか発信者にメッセージを残してもらうかを選択するよう要求されます。

[スクリーニングする(発信者に自分の名前を録音してもらう)]

Cisco Unity によって、通話を接続する前に発信者の名前が録音され、再生されます。

通話スクリーニング オプションは Cisco Unity Assistant からのみ変更でき、電話で変更することはできません。

通話スクリーニング オプションを変更する


ステップ 1 Cisco PCA にログオンし、Cisco Unity Assistant を参照します。

ステップ 2 メニュー バーから[ 設定] >[着信転送とスクリーニング] をクリックします。

ステップ 3 [電話を受ける場合]セクションで、1 つまたは複数のボックスをオンにして、スクリーニング オプションを変更します。この場合、次の点を考慮します。

電話の共有相手にかかってきた電話を断ることができるようにする場合は、 [誰にかかってきたかを知らせる] チェックボックスと[ 電話に出るかどうかを選択できる] チェックボックスの両方をオンにします。

発信者の識別に基づいて電話に出るかどうかを決めることができるようにする場合は、 [電話に出るかどうかを選択できる] チェックボックスと[ スクリーニングする(発信者に自分の名前を録音してもらう)] チェックボックスの両方をオンにします。

発信者名を聞いた後で通話を拒否またはグリーティングに転送できるようにする場合は、 [電話に出るかどうかを選択できる] チェックボックスと[ スクリーニングする(発信者に自分の名前を録音してもらう)] チェックボックスの両方をオンにします。

ステップ 4 [保存] をクリックします。