Cisco Unity ユーザ ガイド(Lotus Domino版) Release 4.0
メッセージの確認
メッセージの確認
発行日;2012/01/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

メッセージの確認

電話によるメッセージ確認

IBM Lotus Notes の受信ボックスからのメッセージ確認

メッセージの確認

電話または IBM Lotus Notes の受信ボックスからメッセージを確認できます。

一度ボイスメールを聞き取るか開くと、そのメールは削除されるまで保存されます。「Unity メッセージ システム」からのボイスメールは、身元不明発信者からのメッセージです。身元不明発信者とは、Cisco Unity ユーザ以外の誰か、またはメッセージを残す前に Cisco Unity にログオンしていないユーザです。

メッセージを確認する方法の詳細については、次の各項を参照してください。

「電話によるメッセージ確認」

「IBM Lotus Notes の受信ボックスからのメッセージ確認」

電話によるメッセージ確認

電話でメッセージを確認する場合、Cisco Unity によって、ボイスメール、受信確認、電子メール(テキスト/スピーチ オプションを使用している場合)、およびファックス(ファックス オプションを使用している場合)が再生されます。ファックス メッセージの場合、メッセージ プロパティ(たとえば、送信者や日時)だけが再生されることに注意してください。

メッセージ タイプ メニューが使用可能な場合、メッセージの前にメッセージ タイプ メニューが再生されるので、聞きたいメッセージのタイプを選択できます。メッセージ タイプ メニューが使用不能な場合は、指定したメッセージ再生順序に従ってメッセージが再生されます。メッセージ タイプ メニューを使用可能にしたり、メッセージの再生について設定したりするには、Cisco Unity Assistant を使用します(「メッセージの聞き取り設定の変更」の章を参照してください)。

デフォルトでは、メッセージの再生前後に、メッセージに関する情報(メッセージ プロパティのサブセット)が再生されます。たとえば、各メッセージの再生前に送信者名とメッセージ番号が再生され、メッセージの再生後にメッセージの送信時刻が再生されます。メッセージの前後に再生される内容をカスタマイズする方法の詳細については、「メッセージの前後に Cisco Unity が再生する情報の変更」を参照してください。

新しいメッセージおよび開封済みメッセージを確認するには、次の手順を実行します。この手順は、クイック リファレンス用の『 Cisco Unity 電話メニュー カード 』の裏面にも記述されています。このカードは、
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/products_user_guide_list.html
から入手可能です。

メッセージを確認する


ステップ 1 Cisco Unity にログオンします。

ステップ 2 新しいメッセージを聞くには、 1 を押します。

または、

古いメッセージを聞くには、 3 を押します。

ステップ 3 聞きたいメッセージのタイプを選択するには、次のキーを使用します
(Cisco Unity Assistant でメッセージ タイプ メニューが使用不能な場合は、このメニューは聞こえません)。

 

キー
タスク
キー
タスク
1

ボイスメール

4

受信確認

2

電子メール*

#

すべてのメッセージ

3

ファックス*

 

 
メッセージ タイプ メニューでは電子メールのキーとファックスのキーを使用できますが、電子メールはシステムがテキスト/スピーチ オプションを使用している場合にだけ再生され、ファックスはシステムがファックス オプションを使用している場合にだけ再生されます。

 
 

ステップ 4 メッセージの聞き取り中に再生を制御するには、次のキーを使用します。

 

キー
タスク
キー
タスク
1

最初からメッセージを再生

7

巻き戻し

2

保存

8

一時停止/再生

3

削除

9

早送り

4

低速再生

#

最後まで早送り

5

音量の変更*

##

そのまま保存

6

高速再生

 

 
*一部のシステムで使用可能。

 
 

ステップ 5 メッセージの聞き取り後にメッセージを管理するには、次のキーを使用します。

 

キー
タスク
キー
タスク
1

再度メッセージを再生

5

メッセージの転送

2

保存

6

新規メッセージとして保存

3

削除

7

巻き戻し

4

返信(NDR に対する再送信)

8

ファックス機への電子メールまたはファックスの送信*

4-2

全員へ返信

9

メッセージ プロパティの再生

4-4

ユーザの呼び出し*

#

そのまま保存

 
*一部のシステムで使用可能。

 
 

 

表 3-1 いつでも使用できるキー

キー
タスク
キー
タスク
*

キャンセルまたはバックアップ

0

ヘルプ


 

IBM Lotus Notes の受信ボックスからのメッセージ確認

Cisco Unity ユーザは、IBM Lotus Notes の受信ボックスから、ボイスメール、ファックス(ファックス オプションを使用している場合)、および電子メール メッセージを確認できます。DUCS for Cisco Unity と IBM Lotus Notes を使用して新しいメッセージを聞く場合、Cisco Unity による、ユーザが新しいメッセージを聞いたかどうかの判断は Domino サーバに依存します。したがって、オフラインで IBM Lotus Notes を使用する場合、電話機のメッセージ ウェイティング インジケータ(MWI)が適時にオフにならないことに気付くはずです。ただし、IBM Lotus Notes が Domino サーバとの複製を行うと、MWI はオフになります。

IBM Lotus Notes の受信ボックスからメッセージを確認する方法の詳細については、IBM Lotus Notes のオンライン ヘルプを参照してください。