Cisco Unity ユーザ ガイド(Microsoft Exchange版) Release 4.0
グリーティング設定の変更
グリーティング設定の変更
発行日;2012/02/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

グリーティング設定の変更

グリーティングを録音し使用可能にする

グリーティング設定の変更

電話に出られないときの応答メッセージとして、個人用グリーティングを最大 5 つ録音できます。Cisco Unity が状況に合わせてグリーティングを再生します。

 

オプション
グリーティング

このグリーティングは、休暇中などの特別な状況を知らせるために再生されます。

通話中
グリーティング

このグリーティングは、通話中に再生されます。

内線
グリーティング

このグリーティングは、組織内の発信者に対してのみ再生されます。同僚に知らせる必要のある情報を提供できます。

時間外
グリーティング

このグリーティングは、営業時間外に再生されます。

標準
グリーティング

このグリーティングは、通常、営業時間中に再生されます。

グリーティングを選択および録音する方法の詳細については、「グリーティングを録音し使用可能にする」を参照してください。

グリーティングを録音し使用可能にする

電話で録音できるのは、標準、時間外、オプションの各グリーティングです。Cisco Unity Assistant からは、5 つのグリーティングのすべてを録音できます。Cisco Unity Assistant からグリーティングを録音する場合は、次に示すグリーティングの内容のいずれかを選択できます。

 

[録音]

Cisco Unity によって、ユーザが録音したグリーティングが再生されます。

[システム デフォルト グリーティング]

Cisco Unity によって、あらかじめ録音されているグリーティングが、録音した名前とともに再生されます(たとえば、「申し訳ありません。<ユーザ名> は電話に出られません。」)。

[なし]

Cisco Unity によって、グリーティングは再生されません。

グリーティングを録音しても、そのグリーティングは自動的に使用可能になりません。また、グリーティングに録音がないために、そのグリーティングが使用不能になるわけではありません。グリーティングを使用可能または使用不能にすると、次のようになります。

[グリーティングを使用する]:グリーティングは Cisco Unity によって適切な状況に合せて再生されますグリーティングが使用可能な状態でグリーティングが録音されていない場合は、Cisco Unity があらかじめ録音されているシステム グリーティングを再生することに注意してください。

[グリーティングを使用しない]:グリーティングは Cisco Unity によって再生されませんが、録音は削除されません(標準グリーティングは使用不能にできません)。

電話で使用可能または使用不能にできるのは、オプション グリーティングだけです。Cisco Unity Assistant からは、すべてのグリーティングを使用可能または使用不能にできます。一部のグリーティングは、使用可能になると他のグリーティングに優先することに注意してください。

 

オプション
グリーティング

オプション グリーティングは他のすべてのグリーティングに優先します。

通話中
グリーティング

通話中グリーティングは、標準グリーティング、時間外グリーティング、内線グリーティングに優先します。

内線
グリーティング

電話に応答しない場合は、内線グリーティングが標準グリーティングおよび時間外グリーティングに優先します。

時間外
グリーティング

営業時間外には、時間外グリーティングが標準グリーティングに優先します。

標準
グリーティング

別のグリーティングが優先されていない限り、標準グリーティングが再生されます。

この項では、2 つの手順を示しています。適切な手順を実行して、電話または Cisco Unity Assistant から、グリーティングを変更してください。

電話でグリーティングを変更する


ステップ 1 Cisco Unity にログオンします。

ステップ 2 4 > 1 > 1 の順にキーを押します。

ステップ 3 Cisco Unity によって現在のグリーティングが再生された後、次のいずれかの操作を行います。

1 を押して、現在のグリーティングを再録音します。

2 を押して、オプション グリーティングを使用可能または使用不能にします。

3 を押して、別のグリーティングを録音します。グリーティングを選択してから、再録音します。

ステップ 4 グリーティングを再録音する場合は、次のキーを使用します。

 

キー
タスク
キー
タスク

8

一時停止/再生

#

録音の終了

 

表 10-1 いつでも使用できるキー

キー
タスク
キー
タスク

*

キャンセルまたはバックアップ

0

ヘルプ


 

Cisco Unity Assistant からグリーティングを変更する


ステップ 1 Cisco PCA にログオンし、Cisco Unity Assistant を参照します。

ステップ 2 メニュー バーから[ グリーティング] >[グリーティング表示]をクリックします。

ステップ 3 録音するグリーティングをクリックします。

ステップ 4 [グリーティングを使用する] をオンにして、グリーティングを使用可能にします。または、このボックスをオフにして、グリーティングを使用不能にします。

ステップ 5 グリーティングの内容を選択します。

独自のグリーティングを録音するには、 [録音] をクリックします。次に、Media Master コントロール バーの[ 録音] をクリックし、選択した録音デバイスを使用して個人用グリーティングを録音します。

 

電話

電話が鳴ったら受話器を取り、トーンを待ってから受話器に向かって話します。

マルチメディア
マイクロフォン

トーンを待ってからマイクロフォンに向かって話します。

(録音デバイスを設定するには、「録音設定と再生設定の変更」の章を参照してください。)

録音が終了したら、 [停止] をクリックします。

あらかじめ録音されているシステム グリーティングを使用するには、 [システム デフォルト グリーティング] をクリックします。

空白の録音を使用するには、 [なし] をクリックします。

ステップ 6 [保存] をクリックします。