Cisco Unity ユーザ ガイド(Microsoft Exchange版) Release 4.0
メッセージの削除
メッセージの削除
発行日;2012/02/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

メッセージの削除

電話によるメッセージ削除

Outlook の受信トレイからのメッセージ削除

からのメッセージ削除

メッセージの削除

Cisco Unity ユーザは、電話で、あるいは Outlook の受信トレイまたは Cisco Unity Inbox からメッセージを削除できます。

詳細については、この章の次の各項を参照してください。

「電話によるメッセージ削除」

「Outlook の受信トレイからのメッセージ削除」

「Cisco Unity Inbox からのメッセージ削除」

電話によるメッセージ削除

Cisco Unity のセットアップ方法により、電話で削除したメッセージが Outlook の受信トレイの削除済みアイテム フォルダに入れられるか、または完全に削除されるかが決まります。削除したメッセージが削除済みアイテム フォルダに入れられた後、そのフォルダ内のメッセージを完全に削除する際に、ボイスメールだけを削除するのか、または電子メール メッセージやファックス メッセージを含むすべてのメッセージを削除するのかを選択できます。

メッセージを削除する


ステップ 1 Cisco Unity にログオンします。

ステップ 2 1 を押して新しいメッセージを聞くか、または 3 を押して古いメッセージを確認します。

ステップ 3 メッセージの再生中または再生後に、 3 を押してメッセージを削除します。

 

表 4-1 いつでも使用できるキー

キー
タスク
キー
タスク

*

キャンセルまたはバックアップ

0

ヘルプ


 

削除済みアイテム フォルダ内のメッセージを削除する


ステップ 1 Cisco Unity にログオンします。

ステップ 2 3 を押して、古いメッセージを確認します。

ステップ 3 削除済みアイテム フォルダ内のメッセージを削除するには、 2 を押します。

ステップ 4 1 を押して、メッセージの削除を確定します。

ステップ 5 プロンプトに対して、次のいずれかの操作を行えます。

1 を押して、削除済みアイテム フォルダ内のボイスメールだけを削除します。

2 を押して、削除済みアイテム フォルダ内のすべてのメッセージ(電子メール メッセージ、ファックス メッセージ、ボイスメールを含む)を削除します。

 

表 4-2 いつでも使用できるキー

キー
タスク
キー
タスク

*

キャンセルまたはバックアップ

0

ヘルプ


 

Outlook の受信トレイからのメッセージ削除

電子メール メッセージの場合と同様に、Outlook の受信トレイ内のボイスメールとファックス メッセージを削除および回収できます。削除済みアイテム フォルダ内のメッセージは、Outlook の受信トレイから回収できます。組織での Cisco Unity のセットアップ方法によっては、電話で、削除済みアイテム フォルダからメッセージを削除または回収できる場合もあります。

Cisco Unity Inbox からのメッセージ削除

Cisco Unity Inbox からメッセージを削除すると、そのメッセージは Cisco Unity Inbox から、または電話でも、後で回収することはできません。削除したメッセージは、Outlook の受信トレイの削除済みアイテム フォルダから回収できます。

メッセージまたはメッセージのグループを Cisco Unity Inbox から直接削除できます。また、開いた後でメッセージを削除することもできます。

メッセージを削除する


 

メッセージを削除するには、次の手順を実行します。

a. Cisco Unity Inbox で、Cisco Unity Inbox から削除するメッセージの左側にあるボックス(複数可)をオンにします(または[ すべての行選択] をクリックして、ページ上のすべてのメッセージに削除のマークを付けます)。

b. [選択した行削除] をクリックします。プロンプトに対して、 [OK] をクリックします。

または、Cisco Unity Inbox から、送信者の名前をクリックしてメッセージを開き、 [選択した行削除] をクリックします。プロンプトに対して、 [OK] をクリックします。