Cisco Unity 電話インターフェイス ユーザ ガイド
メールボックスのサイズの管理
メールボックスのサイズの管理
発行日;2012/02/07 | 英語版ドキュメント(2010/02/02 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 570KB) | フィードバック

目次

メールボックスのサイズの管理

メールボックスのサイズについて

メールボックスがすぐにいっぱいになる理由

メールボックスのサイズについて

メールボックスがいっぱいになると、Cisco Unity がメッセージを処理するスピードに影響する可能性があります。Cisco Unity 管理者がメールボックスの容量制限を設定している場合は、その上限を超えるとメッセージの送受信ができなくなります。ログイン時に、Cisco Unity からメールボックスの状態が通知されます。

ほとんどいっぱいになっている。

いっぱいになっているため、新しいメッセージの送信ができない。

いっぱいになっているため、新しいメッセージの送受信ができない。

(システム ブロードキャスト メッセージはメールボックスのサイズ合計には含まれません)

メールボックスがすぐにいっぱいになる理由

Cisco Unity メールボックスが予想よりも早くいっぱいになるような気がする場合は、次の発生原因を検証してください。

メッセージ保存ポリシーが強制されていない可能性がある

デフォルトで、Cisco Unity は特定の時間が経過したメッセージを自動的に削除しません。これは、Cisco Unity 管理者がメッセージ保存ポリシーを強制するように Cisco Unity をセットアップしていない場合は、加入者が、開封済みメッセージを定期的に確認して完全に削除することによって、メールボックスのサイズを管理する必要があることを意味します。

Cisco Unity がメッセージ保存ポリシーを強制するようにセットアップされている場合は、Cisco Unity からメッセージが完全に削除されるまでの期間を Cisco Unity 管理者に問い合わせてください。Cisco Unity がメッセージ保存ポリシーの強制時期を通知したり、そのようなポリシーの結果としてメッセージが完全に削除される前に警告したりすることはありません。

転送されたメッセージの総サイズに元のメッセージのサイズが含まれる

メッセージの転送が繰り返されることによって、メッセージのサイズが増加する場合があります。元のメッセージに、転送中に録音または書き込まれたすべてのコメントを足したものが、総メッセージ サイズです。したがって、保存されているメッセージの数が比較的少なくても、メールボックスが上限を超える場合があります。