Cisco Unity 電話インターフェイス ユーザ ガイド
コール転送ルールに関する設定の変更
コール転送ルールに関する設定の変更
発行日;2012/02/07 | 英語版ドキュメント(2010/02/02 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 570KB) | フィードバック

目次

コール転送ルールに関する設定の変更

コール転送ルール

標準転送ルール

オプション転送ルール

時間外転送ルール

現在の番号へフォローミー転送ルール

自宅へフォローミー転送ルール

携帯電話へフォローミー転送ルール

コール転送ルールに関する設定の変更

コール転送ルールに関する設定の変更

「コール転送ルール」

「コール転送ルールに関する設定の変更」

コール転送ルール

この項では、使用可能な転送ルールとその機能について説明します。Cisco Unity は状況に応じて有効にされた転送ルールに従いますが、有効にされた転送ルールが他の転送ルールよりも優先される場合があります。

コール転送ルールは、Cisco Unity での着信間接コールの処理方法を制御します。着信間接コールとは、会社の代表電話番号にかけてきた発信者などの外線経由の発信者からのコールのことです。外部発信者または他の加入者が個人の電話番号にかけてくる直通電話の場合は、Cisco Unity の転送設定が適用されません。

間接コールに応答することも、間接コールをすぐにボイスメールにルーティングすることもできます。


ヒント 内線番号への直通電話のコール転送をセットアップするには、Cisco Unity 管理者に相談してください。卓上電話機や社内で使用されている電話システムでも、直通電話の処理に使用可能な転送機能を提供している場合があります。


標準転送ルール

この転送ルールは、Cisco Unity 管理者が指定した会社の勤務時間中、または、他の転送ルールが有効になっていないその他の状況で適用されます。

設計上、標準転送ルールを無効にすることはできません。

オプション転送ルール

この転送ルールは、他の転送ルールよりも優先したい特定の期間に適用するために有効にします。たとえば、オフィスを不在にしている間にすべてのコールを直接ボイスメールにルーティングする場合や一時的に別の場所で作業をしているときにコールを別の内線番号に転送する場合です。

有効にされたオプション転送ルールは、標準転送ルールや時間外転送ルールよりも優先されます。

時間外転送ルール

この転送ルールは、Cisco Unity 管理者が指定した会社の非勤務時間中に、Cisco Unity に他の転送動作を実行させる場合に有効にします (たとえば、非勤務時間中はすべてのコールを直接ボイスメールにルーティングする場合です)。

非営業時間中は、有効にされた時間外転送ルールが標準転送ルールよりも優先されます。

現在の番号へフォローミー転送ルール

この転送ルールは、Cisco Unity に、現在かけている電話番号にコールを転送させる場合に有効にします。音声認識オプションが使用可能な場合は、メイン メニューで「Follow me here」と発音することによって、このルールをアクティブにすることができます。管理者が、現在の番号へフォローミー転送ルールを迅速にアクティブにするためにメイン メニューで押下するキーまたはキー シーケンスを教えてくれる場合もあります ([セットアップ オプション(Setup Options)] > [転送設定(Transfer Settings)] メニューでルールをアクティブにする場合、または、Cisco Unity から発信者 ID 情報にアクセスできない場合は、コールを転送する電話番号を入力する必要があります)。

このルールを有効にすると、他の有効になっていたフォローミー ルールが無効になります。有効にされた現在の番号へフォローミー転送ルールは、標準、オプション、および時間外の転送ルールよりも優先されます。

自宅へフォローミー転送ルール

この転送ルールは、Cisco Unity に、自宅の電話番号として指定した電話番号にコールを転送させる場合に有効にします。音声認識オプションが使用可能な場合は、メイン メニューで「Follow me home」と発音することによって、このルールをアクティブにすることができます。管理者が、自宅へフォローミー転送ルールを迅速にアクティブにするためにメイン メニューで押下するキーまたはキー シーケンスを教えてくれる場合もあります。初めてこのルールをアクティブにするときに、Cisco Unity に自宅の電話番号として記憶させる番号を指定する必要があります。

このルールを有効にすると、他の有効になっていたフォローミー ルールが無効になります。有効にされた自宅へフォローミー転送ルールは、標準、オプション、および時間外の転送ルールよりも優先されます。

携帯電話へフォローミー転送ルール

この転送ルールは、Cisco Unity に、携帯電話の番号として指定した電話番号にコールを転送させる場合に有効にします。音声認識オプションが使用可能な場合は、メイン メニューで「Follow me mobile」と発音することによって、このルールをアクティブにすることができます。管理者が、携帯電話へフォローミー転送ルールを迅速にアクティブにするためにメイン メニューで押下するキーまたはキー シーケンスを教えてくれる場合もあります。初めてこのルールをアクティブにするときに、Cisco Unity に携帯電話の番号として記憶させる番号を指定する必要があります。

このルールを有効にすると、他の有効になっていたフォローミー ルールが無効になります。有効にされた携帯電話へフォローミー転送ルールは、標準、オプション、および時間外の転送ルールよりも優先されます。

コール転送ルールに関する設定の変更

間接コールを自分の内線番号または別の内線番号、あるいは指定した電話番号に転送することも、自分の電話機を鳴動させないように直接ボイスメールに転送することもできます (コールをボイスメールに送信すれば、発信者は誰かが電話に出るまで待つ必要がありません。すぐにグリーティングが再生されます)。

コール転送ルールに関する設定を変更するには


ステップ 1 Cisco Unity を呼び出してログインします。

ステップ 2 メイン メニューで、[セットアップ オプション(Setup Options)] > [転送設定(Transfer Settings)] オプションを選択します。

ステップ 3 設定を変更する転送ルールを選択します。

ステップ 4 Cisco Unity から現在の転送設定が案内されたら、プロンプトに従って、ルールを有効または無効にしたり、コールの転送先を電話機とボイスメールで切り替えたり、転送電話番号を変更したりします。

(コールを外部の電話番号に転送する場合は、Cisco Unity 管理者に連絡してください)


) 転送番号を変更しても、コールが電話機に転送されるのか、ボイスメールに送信されるのかは変更されません。Cisco Unity でコールを電話機に転送するように指定した場合にのみ、Cisco Unity からコールが転送番号に転送されます。