Cisco Unity 電話インターフェイス ユーザ ガイド
メッセージ設定の変更
メッセージ設定の変更
発行日;2012/02/07 | 英語版ドキュメント(2010/02/02 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 570KB) | フィードバック

目次

メッセージ設定の変更

カンバセーション メニュー スタイルの変更

メッセージ送信用のメニュー スタイルの変更

名前案内の有効化と無効化

名前再生の有効化と無効化

自動メッセージ再生の有効化と無効化

Cisco Unity カンバセーション メニュー スタイルの変更

Cisco Unity カンバセーションで、標準メニューと簡易メニューのどちらを聞くかを選択できます。標準メニューは、包括的なプロンプトを提供します。簡易メニューは、標準メニュー プロンプトの簡略版を提供します。

Cisco Unity カンバセーション メニュー スタイルを変更するには


ステップ 1 Cisco Unity を呼び出してログインします。

ステップ 2 メイン メニューで、[セットアップ オプション(Setup Options)] > [メッセージ設定(Message Settings)] > [メニュー スタイルの変更(Change Menu Style)] オプションを選択します。

ステップ 3 プロンプトに従って、メニュー スタイルを選択します。


 

メッセージ送信用のメニュー スタイルの変更

メッセージを録音して宛先指定すると、送信メニューが流れます。メッセージを送信、返信、および転送するときに、標準送信メニューと簡易送信メニューのどちらを聞くかを選択できます。

送信メニュー スタイルは、Cisco Unity でメッセージの宛先指定と録音を促す順番に影響しません。

表 1 に、簡易送信メニューの平面構造と標準送信メニューの階層構造を示します。簡易送信メニューの場合は、メッセージを録音して宛先指定した後に、少数のキーを使って、メッセージを緊急にマークしたり、受領確認を要求したり、その他のタスクを実行したりします。

 

表 1 簡易送信メニュー スタイルと標準送信メニュー スタイルの比較

簡易送信メニュー
標準送信メニュー

# - Send message

1 - Urgent

2 - Return receipt

3 - Private

4 - Future delivery

5 - Review recording

6 - Rerecord

7 - Add to recording

91 - Add name

92 - Hear all names (and delete names)

93 - Copy (or remove) yourself

# - Send message
1 - Message options
1 - Change address
1 - Add name
2 - Hear all names
3 - Remove name
2 - Change recording
1 - Hear recording
2 - Save recording
3 - Rerecord
4 - Add to recording
3 - Set special delivery
1 - Urgent
2 - Return receipt
3 - Private
4 - Future delivery
4 - Review message
5 - Copy (or remove) yourself
# - Send message

簡易送信メニューは、受信者を表示してリストから選択する「スキップ アンド スキャン」方式も提供します。リストから受信者を選択する場合は # を押します。7 と 9 はそれぞれ、前の名前に移動するためと次の名前に移動するために押します。77 と 99 はそれぞれ、リストの最初に移動するためとリストの最後に移動するために押します。


ヒント 標準送信メニューから簡易送信メニューに切り替えると、メッセージの送信前に特別な配信オプションを設定するためのショートカットが使用できなくなることに注意してください (たとえば、うっかり、131# を押して、メッセージを緊急にマークし、送信してしまうことがあります。簡易送信メニューでは、このショートカット キーを使用すると、メッセージが緊急およびプライベートとしてマークされ、送信前に再度、通常としてマークされます)。


メッセージ送信用のメニュー スタイルを変更するには


ステップ 1 Cisco Unity を呼び出してログインします。

ステップ 2 メイン メニューで、[セットアップ オプション(Setup Options)] > [メッセージ設定(Message Settings)] > [メッセージ送信スタイルの変更(Change Message Send Style)] オプションを選択します。

ステップ 3 プロンプトに従って、メニュー スタイルを選択します。


 

名前案内の有効化と無効化

名前を入力してメッセージを宛先指定するときに、最初の文字以降のキーを押すたびに、名前案内が電話帳を検索して名前の入力を支援します。名前案内がオンになっている場合は、次の条件のいずれかが満たされるとすぐに、Cisco Unity で一致に関する情報を含むプロンプトが再生されます。

完全に一致するものが 1 つしか見つからなかった場合は、Cisco Unity でその名前が案内されます。

一致するものが 2 ~ 6 つ見つかった場合は、Cisco Unity で見つかった数が案内されます。

見つかった数を聞いたら、一致したものを聞くか、名前の入力を継続するかを選択できます。

名前案内を有効または無効にするには


ステップ 1 Cisco Unity を呼び出してログインします。

ステップ 2 メイン メニューで、[セットアップ オプション(Setup Options)] > [メッセージ設定(Message Settings)] > [名前案内の変更(Change Name Suggest)] オプションを選択します。

ステップ 3 プロンプトに従って、名前案内をオンまたはオフにします。


 

名前再生の有効化と無効化

電話でログインしたときに Cisco Unity で録音名を再生するかどうかを選択できます。

名前再生を有効または無効にするには


ステップ 1 Cisco Unity を呼び出してログインします。

ステップ 2 メイン メニューで、[セットアップ オプション(Setup Options)] > [メッセージ設定(Message Settings)] > [名前再生の変更(Change Name Playback)] オプションを選択します。

ステップ 3 プロンプトに従って、名前再生をオンまたはオフにします。


 

自動メッセージ再生の有効化と無効化

ログインしたときに、メイン メニューの代わりに、Cisco Unity で新しいメッセージを再生するかどうかを選択できます。自動メッセージ再生がオンになっている場合は、新しいメッセージを再生するためにキーを押す必要がありません。

Cisco Unity でログイン後に新しいメッセージを再生するように設定した場合は、(新しいメッセージがない場合は)Cisco Unity にログイン後に新しいメッセージ メニュー カンバセーションに入って、メイン メニューとは異なるメニュー オプションが提示されることに注意してください。これによって混乱が生じる場合は、この設定の無効化を検討してください。

自動メッセージ再生を有効または無効にするには


ステップ 1 Cisco Unity を呼び出してログインします。

ステップ 2 メイン メニューで、[セットアップ オプション(Setup Options)] > [メッセージ設定(Message Settings)] > [自動メッセージ再生の変更(Change Automatic Message Playback)] オプションを選択します。

ステップ 3 プロンプトに従って、自動メッセージ再生をオンまたはオフにします。