Cisco Unity 電話インターフェイス ユーザ ガイド
個人設定の変更
個人設定の変更
発行日;2012/02/07 | 英語版ドキュメント(2010/02/02 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 570KB) | フィードバック

目次

個人設定の変更

電話パスワードの変更

録音名の変更

電話帳登録ステータスの変更

緊急連絡先番号の変更

代行用デバイスの削除

電話パスワードの変更

Cisco Unity 電話パスワードは、メッセージのプライバシーを保護し、Cisco Unity アカウントを不正アクセスから守ります。電話パスワードはいつでも変更できます。

電話パスワードを変更する場合は、Cisco Unity 管理者から提供されるセキュリティ ガイドラインに従ってください。長くて複雑なパスワードほど安全だと言えます。複雑なパスワードの意味は次のとおりです。

過去のパスワードと異なる。

数字はすべて同じ(9999 など)ではなく、繰り返される(99911 など)こともない。

数字は降順または昇順で連続(1234 や 4321 など)していない。

内線番号でも氏名でもない。

電話パスワードを変更するには


ステップ 1 Cisco Unity を呼び出してログインします。

ステップ 2 メイン メニューで、[セットアップ オプション(Setup Options)] > [個人設定(Personal Settings)] > [パスワードの変更(Change Password)] オプションを選択します。

ステップ 3 プロンプトに従って、新しいパスワードを入力して確認します。


 

録音名の変更

録音名は、他の加入者に残したメッセージと一緒に再生され、電話番号案内で特定の人物を識別します。また、録音名は、独自の録音ではなく、システムのデフォルト録音を使用したグリーティングと一緒に再生されます。

録音名を変更するには


ステップ 1 Cisco Unity を呼び出してログインします。

ステップ 2 メイン メニューで、[セットアップ オプション(Setup Options)] > [個人設定(Personal Settings)] > [録音名の変更(Change Recorded Name)] オプションを選択します。

ステップ 3 プロンプトに従って、名前または短いメッセージを録音します。


 


ヒント 他の Cisco Unity 加入者が電話でメッセージを送信したときは、オプション グリーティングが流れません。オフィスを不在にする場合は、録音名をより多くの人に知らせるための録音に変更することを検討してください。オプション グリーティングと通知の詳細については、「パーソナル グリーティングについて」を参照してください。


電話帳登録ステータスの変更

電話帳に掲載するかどうかを選択できます。電話帳に掲載してあれば、あなたの内線番号を知らない発信者が名前で検索してあなたに連絡することができます。


) 電話帳には録音名を登録する必要があります。


電話帳登録ステータスを変更するには


ステップ 1 Cisco Unity を呼び出してログインします。

ステップ 2 メイン メニューで、[セットアップ オプション(Setup Options)] > [個人設定(Personal Settings)] > [電話帳登録の変更(Change Directory Listing)] オプションを選択します。

ステップ 3 プロンプトに従って、登録ステータスを変更します。


 

緊急連絡先番号の変更

加入者および発信者が便利な機能として、緊急連絡先番号を使用できます。この機能により、発信者がグリーティングの再生中にキーを押すと、緊急連絡先番号に転送されます。緊急連絡先番号は、オペレータまたは他の加入者(上司や同僚など)の内線番号、あるいは、あなたや他の人が到達可能なその他の番号にすることができます。

Cisco Unity 管理者は、発信者が押して転送を実行するキーを加入者に教えることができます。緊急連絡先番号を指定するときに、その情報を含めるようにグリーティングを更新することもできます(「ただいま席を外しております。(I am away from my desk right now.)メッセージを残される場合は発信音の後にご用件をお話しください。別の営業担当者へおつなぎする場合は 4 を押してください。(Leave a message at the tone, or press 4 to transfer to another sales representative.)」など)。

緊急連絡先番号を指定するには、0 ~ 9 の数字を使用します。外線発信に必要なアクセス コード(9 など)を先頭に付けてください。長距離番号の場合は、1 と市外局番も含めます。

緊急連絡先番号を指定するには


ステップ 1 Cisco Unity を呼び出してログインします。

ステップ 2 メイン メニューで、[セットアップ オプション(Setup Options)] > [個人設定(Personal Settings)] > [緊急連絡先番号(Change Alternate Contact Number)] オプションを選択します。

ステップ 3 プロンプトに従って、緊急連絡先番号を指定、変更、または削除します。


 

代行用デバイスの削除

代行用デバイスのものではない電話番号からログインしたときに追加された代行用デバイスを削除できます。

代行用デバイスを削除するには


ステップ 1 代行用デバイスとして削除する電話番号から、Cisco Unity を呼び出してログインします。

ステップ 2 メイン メニューで、[セットアップ オプション(Setup Options)] > [個人設定(Personal Settings)] > [代行内線番号の変更(Change Alternate Extension)] オプションを選択します。

ステップ 3 プロンプトに従って代行用デバイスを削除します。