Cisco Unity 電話インターフェイス ユーザ ガイド
パーソナル グリーティングの処理
パーソナル グリーティングの処理
発行日;2012/02/07 | 英語版ドキュメント(2010/02/02 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 570KB) | フィードバック

目次

パーソナル グリーティングの処理

パーソナル グリーティングについて

標準グリーティング

オプション グリーティング

通話中グリーティング

時間外(営業時間外)グリーティング

内線グリーティング

パーソナル グリーティングの録音

パーソナル グリーティングの有効化と無効化

システム グリーティングを使用するためのパーソナル グリーティングの設定

パーソナル グリーティングについて

Cisco Unity を使用すれば、最大 5 つのパーソナル グリーティングを録音できます。必要な数のグリーティングを有効にして、それぞれの有効期間を指定できます。

この項では、使用可能なパーソナル グリーティングについて説明します。Cisco Unity では、状況に応じて有効にされたグリーティングが再生されますが、一部のグリーティングを有効にすると、他のグリーティングが無効になることに注意してください。

標準グリーティング

このグリーティングは、Cisco Unity 管理者が指定した会社の勤務時間中、または、他のどのグリーティングも有効になっていない状況で再生されます。

設計上、標準グリーティングは無効にすることができません。

オプション グリーティング

このグリーティングは、休暇中などの特別な状況を知らせたいときに一定期間再生するために有効にします (「...までオフィスにいません」など)。

有効にされたオプション グリーティングは他のどのグリーティングよりも優先されます。

Cisco Unity 管理者が、オプション グリーティングが有効な場合に、Cisco Unity から電話機を鳴動させずに発信者をグリーティングに転送するかどうか、発信者にグリーティングの省略を許可するかどうか、および発信者がメッセージを残せるようにするかどうかを指定します。Cisco PCA の [オプション グリーティング(Alternate Greeting)] ページに、管理者が有効にした発信者オプションが表示されます。外部発信者または他の加入者が直接内線番号をダイヤルした場合は、発信者オプションが適用されないことに注意してください。

Cisco Unity 管理者は、オプション グリーティング通知をシステムに対して有効にするかどうかも決定します。オプション グリーティング通知は、一種のメッセージ受信確認であり、次のように機能します。加入者がオプション グリーティングを有効にした他の加入者にメッセージを録音または送信すると、Cisco Unity からメッセージが配信されると同時に、送信者にオプション グリーティング通知が送信されます。この通知では、「<加入者の名前または ID> のオプション グリーティングはオンに設定されており、<グリーティングの有効期限日>までオンの状態が維持されます。(The alternate greeting for <subscriber name or ID> is on and will remain on until <expiration date for the greeting>)送信したメッセージは届きましたが、受信者が不在のため再生していない可能性があります。(The message you sent was delivered, but the recipient may not be available to play it.)」というメッセージが流れます。


ヒント 他の Cisco Unity 加入者が電話でメッセージを送信したときは、オプション グリーティングが流れません。特に、Cisco Unity 管理者がシステム用のオプション グリーティング通知を有効にしなかった場合は、あなたが休暇中であることをより多くの人に知らせるために Cisco Unity ボイス名の再録音を検討してください。詳細については、「録音名の変更」を参照してください。


Cisco Unity は、電話でログインしてきた加入者にオプション グリーティングが有効になっていることを思い出させるためのプロンプトを再生できます。

通話中グリーティング

このグリーティングは、自分が通話中であることを知らせるために有効にします (「只今、電話に出ることができません。メッセージを残してください...」など)。

有効にされた通話中グリーティングは、電話が通話状態のときに、標準、時間外、および内線グリーティングよりも優先されます。

すべての電話システムが Cisco Unity の通話中グリーティングの動作要件をサポートしているわけではないことに注意してください。支援が必要な場合は、Cisco Unity 管理者に相談してください。

時間外(営業時間外)グリーティング

このグリーティングは、Cisco Unity で Cisco Unity 管理者が組織ごとに指定した非勤務時間中に特別なグリーティングを再生する場合に有効にします (「申し訳ございませんが、只今、電話に出ることができません。当社の営業時間は ... です」など)。

有効にされた時間外グリーティングは、非営業時間中に、標準グリーティングよりも優先されます。

内線グリーティング

このグリーティングは、同僚に知らせたい情報を提供するために有効にします (「本日は正午まで会議室 B にいます」など)。

有効にされた内線グリーティングは、標準グリーティングと時間外グリーティングよりも優先され、あなたが電話に出なかった場合に社内の発信者に対してのみ再生されます。

すべての電話システムが Cisco Unity の内線グリーティングの動作要件をサポートしているわけではないことに注意してください。支援が必要な場合は、Cisco Unity 管理者に相談してください。

パーソナル グリーティングの録音


) グリーティングを録音しただけでは有効になりません。


この項では、次の 2 つの手順について説明します。

「現在のグリーティングを再録音するには」

「別のグリーティングを録音するには」

現在のグリーティングを再録音するには


ステップ 1 Cisco Unity を呼び出してログインします。

ステップ 2 メイン メニューで、[セットアップ オプション(Setup Options)] > [グリーティング(Greetings)] オプションを選択します。

ステップ 3 Cisco Unity で現在のグリーティングが再生されたら、プロンプトに従って、それを再録音します。


ヒント グリーティングを聞きたくない場合は、# を押してスキップします。



 

別のグリーティングを録音するには


ステップ 1 Cisco Unity を呼び出してログインします。

ステップ 2 メイン メニューで、[セットアップ オプション(Setup Options)] > [グリーティング(Greetings)] オプションを選択します。

ステップ 3 # を押して、現在のグリーティングの再生を省略します。

ステップ 4 [他のグリーティングの編集(Edit Other Greetings)] オプションを選択してから、録音するグリーティングを選択します。

ステップ 5 Cisco Unity でグリーティングが再生されたら、プロンプトに従って、それを録音します。


ヒント グリーティングを聞きたくない場合は、# を押してスキップします。



 

パーソナル グリーティングの有効化と無効化

グリーティングを有効にするときに、その有効期間を指定します。Cisco Unity では、指定された日時になるまで該当する状況でグリーティングが再生され、その後、グリーティングは自動的に無効になります (たとえば、オプション グリーティングは休暇から戻ってくる日に再生を中止するように設定できます)。グリーティングを無期限に再生するように設定することもできます。これは、通話中グリーティングや時間外グリーティングを有効にする場合に便利です。

グリーティングが有効になっているが、録音されていない場合は、Cisco Unity で事前に録音されたシステム グリーティングが再生されます。


) グリーティングを録音しただけでは有効になりません。


グリーティングはいつでも無効にすることができます。グリーティングを無効にすると、Cisco Unity で再生されなくなりますが、録音が消去されるわけではありません (ただし、パーソナル グリーティングを録音した後でシステム グリーティングを有効にした場合は、パーソナル グリーティングが電話で使用できなくなります)。

この項では、次の 2 つの手順について説明します。

「オプション グリーティングを有効または無効にするには」

「時間外、通話中、または内線グリーティングを有効または無効にするには」

オプション グリーティングを有効または無効にするには


ステップ 1 Cisco Unity を呼び出してログインします。

ステップ 2 メイン メニューで、[セットアップ オプション(Setup Options)] > [グリーティング(Greetings)] オプションを選択します。

ステップ 3 # を押して、現在のグリーティングの再生を省略します。

ステップ 4 [オプション グリーティング(Alternate Greeting)] オプションを選択して、グリーティングを有効または無効にします (オプション グリーティングが有効になっているときにこのオプションを選択すると、オプション グリーティングが無効になります。オプション グリーティングが無効になっているときにこのオプションを選択すると、オプション グリーティングが有効になります)。

ステップ 5 オプション グリーティングを有効にした場合は、次の該当するオプションを選択します。

 

[終了日(End Date)]

Cisco Unity でオプション グリーティングを無効にするタイミングを指定します。Cisco Unity から時刻の入力が要求されたら、12 時間形式と 24 時間形式のどちらかを使用して時刻を入力します。

[終了日なし(No End Date)]

オプション グリーティングを無期限で有効にします。


 

時間外、通話中、または内線グリーティングを有効または無効にするには


ステップ 1 Cisco Unity を呼び出してログインします。

ステップ 2 メイン メニューで、[セットアップ オプション(Setup Options)] > [グリーティング(Greetings)] オプションを選択します。

ステップ 3 # を押して、現在のグリーティングの再生を省略します。

ステップ 4 [他のグリーティングの編集(Edit Other Greetings)] オプションを選択してから、有効または無効にするグリーティングを選択します。

ステップ 5 Cisco Unity でグリーティングが再生されたら、プロンプトに従って、それをオンまたはオフにします。


ヒント グリーティングを聞きたくない場合は、# を押してスキップします。


ステップ 6 グリーティングを有効にした場合は、次の該当するオプションを選択します。

 

[終了日(End Date)]

Cisco Unity でグリーティングを無効にするタイミングを指定します。Cisco Unity から時刻の入力が要求されたら、12 時間形式と 24 時間形式のどちらかを使用して時刻を入力します。

[終了日なし(No End Date)]

グリーティングを無期限で有効にします。


 

システム グリーティングを使用するためのパーソナル グリーティングの設定

システム グリーティングは、Cisco Unity で録音名と一緒に再生される事前に録音されたグリーティングです(「申し訳ございませんが、<あなたの名前> は席をはずしています(Sorry, <Your Name> is not available)」)。録音名がない場合は、代わりに、内線番号が Cisco Unity で再生されます。

システム グリーティングを使用するようにグリーティングを設定するには


ステップ 1 Cisco Unity を呼び出してログインします。

ステップ 2 メイン メニューで、[セットアップ オプション(Setup Options)] > [グリーティング(Greetings)] オプションを選択します。

ステップ 3 # を押して、現在のグリーティングの再生を省略します。

ステップ 4 [他のグリーティングの編集(Edit Other Greetings)] オプションを選択してから、設定するグリーティングを選択します。

ステップ 5 Cisco Unity でグリーティングが再生されたら、プロンプトに従って、システム グリーティングを使用します。


ヒント グリーティングを聞きたくない場合は、# を押してスキップします。