Cisco Unity 電話インターフェイス ユーザ ガイド
発信者が残したメッセージのモニタリング
発信者が残したメッセージのモニタリング
発行日;2012/02/07 | 英語版ドキュメント(2010/02/02 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 570KB) | フィードバック

目次

発信者が残したメッセージのモニタリング

メッセージ モニタについて

メッセージ モニタの有効化と無効化

メッセージ モニタの使用

リモート メッセージ モニタの使用

メッセージ モニタについて

メッセージ モニタ機能を使用すれば、発信者が録音中のメッセージを聞くことができます。また、コールの処理オプションも提供されます。

発信者がボイスメールに転送されると、メッセージ モニタでトーンが再生され、Cisco Unified IP Phone 画面にウィンドウが表示されます。ソフト キーを使用して、メッセージを再生して処理します。

メッセージ モニタは次のように使用することができます。

発信者が録音しているメッセージを聞く。

別のコールに応答しながら、発信者が録音しているメッセージを聞く。

メッセージを録音している発信者に接続する。

発信者にメッセージを録音するか、相手に接続するかの選択肢を提供する。

メッセージ モニタの有効化と無効化

デフォルトで、メッセージ モニタはプライマリ内線番号に対して有効になっています。

電話機が複数ある場合は、その機能を有効にする電話機を指定する必要があります。

この項では、次の 2 つの手順について説明します。

「特定の電話機に対してメッセージ モニタを有効にするには」

「メッセージ モニタを無効にするには」

特定の電話機に対してメッセージ モニタを有効にするには


ステップ 1 メッセージ モニタを有効にする電話機から Cisco Unity を呼び出してログインします。

ステップ 2 メイン メニューで、[セットアップ オプション(Setup Options)] > [個人設定(Personal Settings)] > [メッセージ モニタの設定(Message Monitor Settings)] オプションを選択します。

ステップ 3 プロンプトに従って、メッセージ モニタを有効にします。


 

メッセージ モニタは、任意の電話機から無効にすることができます。

メッセージ モニタを無効にするには


ステップ 1 Cisco Unity を呼び出してログインします。

ステップ 2 メイン メニューで、[セットアップ オプション(Setup Options)] > [個人設定(Personal Settings)] > [メッセージ モニタの設定(Message Monitor Settings)] オプションを選択します。

ステップ 3 プロンプトに従って、メッセージ モニタを無効にします。


 

メッセージ モニタの使用

メッセージ モニタを使用するには


ステップ 1 メッセージ モニタ ウィンドウが Cisco Unified IP Phone 画面に表示されたら、次の該当するソフト キーを押してコールを処理します。

 

[モニタ(Monitor)]

発信者が録音中のメッセージが流れます。発信者にはあなたの声は聞こえません。

パーソナル グリーティングが再生されている場合は、グリーティングのみが流れて、発信者の声は流れません。

[停止(Stop)]

Cisco Unity でモニタリングが中断され、発信者が録音中のメッセージが流れなくなります。

このソフト キーは、発信者の声が流れているときにのみ使用できます。

[転送(Ask)]

Cisco Unity で録音セッションが中断され、発信者に相手に接続するか、メッセージの録音を継続するかの選択肢が提示されます。

電話機に発信者が行った選択が表示されます。

[ピック(Take)]

Cisco Unity で録音セッションが中断され、発信者が相手の内線番号に接続されます。

ステップ 2 [終了(Exit)] ソフト キーを押して、IP Phone 画面に表示されているメッセージ モニタ ウィンドウを閉じます。このキーを押さなければ、ウィンドウが数秒後に自動的に閉じます。


 

リモート メッセージ モニタの使用

リモート メッセージ モニタが有効で、発信者があなたのボイスメールに転送された場合は、Cisco Unity Assistant Web ツールで電話機 6 として通知用にセットアップされた電話番号が Cisco Unity から呼び出されます。

Cisco Unity からのコールに応答したら、プロンプトに従って、発信者が録音しているメッセージを聞くか、Cisco Unity に発信者への接続を依頼します。