Cisco Unity 電話インターフェイス ユーザ ガイド
メッセージの検索
メッセージの検索
発行日;2012/02/07 | 英語版ドキュメント(2010/02/02 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 570KB) | フィードバック

目次

メッセージの検索

メッセージ ロケータを使用したメッセージの検索

メッセージ表示機能を使用したメッセージの検索

メッセージ ジャンプを使用したメッセージの検索

メッセージ ロケータを使用したメッセージの検索

メッセージ ロケータを使用すれば、発信者ごとにボイス メッセージを検索できます。Cisco Unity 管理者がこの機能を有効にしている場合は、Cisco Unity からメイン メニューで「メッセージを検索するときは 5 を押してください。(Press 5 to find messages)」と指示されます。

メッセージ ロケータ メニューを使用すれば、加入者の名前または電話番号を入力することによって、特定の加入者からのボイス メッセージを検索できます。この検索を実行すると、ボイス メッセージのほかに、不達確認(NDR)、受信確認(開封と配信)の返信、およびオプション グリーティング通知が検索結果に含まれます。

メッセージ ロケータは、外部発信者からのボイス メッセージや特定の番号からかけてきた発信者の残したボイス メッセージの検索にも使用できます。

入力した基準に基づいて、Cisco Unity で見つかったメッセージの再生が開始されます。メッセージは、新しいか、開封済みかに関係なく、古いものから再生されます。メッセージ ロケータの再生順は変更できません。

メッセージ ロケータでメッセージを検索するには


ステップ 1 Cisco Unity を呼び出してログインします。

ステップ 2 メイン メニューで、[メッセージの検索(Find a Message)] オプションを選択します。

ステップ 3 プロンプトに従って、次のように検索を定義します。

 

他の加入者からのメッセージを検索する

加入者の名前または内線番号を入力します。## を押して、文字入力と番号入力を切り替えます。

必要に応じて、ロケーション ID と内線番号を入力して、社内の別の場所にいる加入者からのメッセージを検索できます。

外部発信者からのメッセージを検索する

Cisco Unity は、身元不明発信者が残したメッセージを検索します。身元不明発信者には、社外の電話機または加入者アカウントに関連付けられていない電話機から発信する前に Cisco Unity にログインしていなかった外部発信者と加入者が含まれます。

特定の外部発信者からのメッセージを検索する

発信者の電話番号または電話番号の一部に続けて # を入力します。

国番号、地域番号、市外局番、または地方局番を先に入力しなければならない場合があります。すべての発信者の番号がシステムに保存されるわけではありません。特定の発信者からのメッセージが見つからない場合は、Cisco Unity 管理者に連絡してください。

ステップ 4 プロンプトに従って、再生したメッセージを処理します。


 

メッセージ表示機能を使用したメッセージの検索

メッセージ表示機能を使用すれば、[メッセージ検索(Find Messages)] メニューを使用したときに、Cisco Unified IP Phone の LCD 画面で検索結果を確認できます。

Cisco Unity 管理者がこの機能を有効にしている場合は、次のタイプのボイス メッセージを検索できます。

すべての新しいメッセージ

すべてのメッセージ

特定の加入者からのメッセージ

すべての外部発信者からのメッセージ

特定の外部発信者からのメッセージ

入力した基準に基づいて、見つかった結果が Cisco Unified IP Phone に表示されます。メッセージは、新しいか、開封済みかに関係なく、古いものから再生されます。

メッセージ表示機能を使用してメッセージを検索するには


ステップ 1 Cisco Unity を呼び出してログインします。

ステップ 2 メイン メニューで、[メッセージの検索(Find a Message)] オプションを選択します。

ステップ 3 プロンプトに従って、検索を定義します。

ステップ 4 結果が Cisco Unified IP Phone の LCD 画面に表示されたら、次のソフト キーを使用してメッセージを選択して再生します。

 

[選択(Select)]

選択されたメッセージの再生を開始します。

(注) 再生するメッセージを選択すると、検索結果画面が消えます。

[次へ(Next)]

該当する場合に、メッセージの次のページに移動します。

[前へ(Previous)]

該当する場合に、メッセージの前のページに移動します。

[次へ(More)]

[移動(Go To)] ソフト キーと [終了(Exit)] ソフト キーを表示します。このキーは、最大 4 つのソフト キーを表示する電話機にのみ表示されます。

[移動(Go To)]

指定されたメッセージに移動します。

電話機のキーパッドを使用してメッセージ番号を指定できる画面がメッセージ表示機能に表示されます。番号を入力すると、該当するメッセージが強調表示されます。

[終了(Exit)]

メッセージ表示機能の表示を終了します。この操作で検索基準プロンプトに戻ります。

ステップ 5 プロンプトに従って、再生したメッセージを処理します。


 

メッセージ ジャンプを使用したメッセージの検索

メッセージ ジャンプを使用すれば、ボイス メッセージを番号で検索できます。メッセージを再生するときに、メッセージ ジャンプを使用してメッセージ番号を入力することによって、メッセージを検索できます。メッセージ ジャンプは、前のメッセージまたは次のメッセージに移動するためにも使用できます。

メッセージ ジャンプを使用してメッセージを検索するには


ステップ 1 メッセージの再生中に、[メッセージのやり直し(Restart Message)] > [メッセージの保存(Save Message)] オプションを選択します。

ステップ 2 プロンプトが流れたら、再生するメッセージの メッセージ番号 に続けて # を入力します。

ステップ 3 プロンプトに従って、再生したメッセージを処理します。