Cisco Unity 電話インターフェイス ユーザ ガイド
ボイスメールの基本
ボイスメールの基本
発行日;2012/02/07 | 英語版ドキュメント(2010/02/02 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 570KB) | フィードバック

目次

ボイスメールの基本

の呼び出し

ボイス メッセージの送信

メッセージのチェック

メッセージへの返信

メッセージの転送

受信確認と通知の処理

Cisco Unity の呼び出し

Cisco Unity は、卓上電話機、社内の別の電話機、または社外の電話機から呼び出すことができます。

Cisco Unity を呼び出すには


ステップ 1 次の電話機から該当する番号をダイヤルして Cisco Unity を呼び出します。

卓上電話機:

社内の別の電話機:

社外の電話機:

ステップ 2 社内の別の電話機または社外から呼び出している場合は、Cisco Unity が応答したら、 * を押します。

ステップ 3 プロンプトに従ってログインします。


 

ボイス メッセージの送信

ボイス メッセージは、内線番号をダイヤルしなくても他の加入者に送信できます。この機能は、他の加入者の邪魔をしたくないときや電話で話す時間がないときに便利です。ボイス メッセージの送信は、電子メールにありがちな「読み間違い」による誤解を避けるのに役立つこともあります。

メッセージは 1 人の受信者または複数の受信者に宛先指定することができます。電話機のキーパッドを使用して、加入者の名前または内線番号を入力します。

Cisco Unity では、送信されたメッセージが保存されません。


) 組織が複数の場所に存在する場合は、別の場所にいる加入者にメッセージを送信することもできます。詳細は、Cisco Unity 管理者に問い合わせてください。


ボイス メッセージを送信するには


ステップ 1 Cisco Unity を呼び出してログインします。

ステップ 2 メイン メニューで、[メッセージの送信(Send Message)] メニュー オプションを選択します。

ステップ 3 プロンプトに従って、メッセージの録音、宛先指定、および送信を行います。


ヒント ## を押して、文字入力と番号入力を切り替えます。



ヒント 簡易送信メニューを使用している場合は、「スキップ アンド スキャン」方式を使用して、受信者を表示してリストから選択します。リストから受信者を選択するには # を押します。前の名前に移動するには 7 を、次の名前に移動するには 9 を押します。リストの最初に移動するには 77 を、リストの最後に移動するには 99 を押します。



 

メッセージのチェック

一度再生された新しいボイス メッセージは削除するまで保存されます。

新しいメッセージと開封済みメッセージの両方をチェックできます。新しいメッセージと開封済みメッセージは、その再生中または最後まで聞いてから、削除できます。

メッセージ保存ポリシーを強制するように Cisco Unity がセットアップされているかどうかと、もしそうであれば、完全に削除するまでメッセージが Cisco Unity で保存される期間を管理者に問い合わせてください。

メッセージをチェックするには


ステップ 1 Cisco Unity を呼び出してログインします。

ステップ 2 メイン メニューで、該当するオプション([新しいメッセージの再生(Play New Messages)] または [開封済みメッセージの確認(Review Old Messages)] )を選択します。

ステップ 3 プロンプトに従って、メッセージを聞いて処理します。


 

メッセージへの返信

送信者にのみ返信することも、送信者とその他のすべてのオリジナル受信者に返信することもできます。返信に受信者を追加することもできます。

「Unity メッセージ システム」からのメッセージは、メッセージが残された時点で、発信者が Cisco Unity の加入者ではなかった、または、加入者としてログインしていなかったことを意味します。Cisco Unity 加入者でない発信者からのメッセージには返信できません。

Cisco Unity では、返信メッセージが保存されません。


) 組織が複数の場所に存在する場合は、別の場所にいる加入者からのメッセージに返信することもできます。詳細は、Cisco Unity 管理者に問い合わせてください。


メッセージに返信するには


ステップ 1 メッセージを聞いてから、[返信(Reply)] メニュー オプションを選択します。

ステップ 2 プロンプトに従って、返事を録音したり、受信者を追加したり(該当する場合)、返事を送信したりします。


ヒント ## を押して、文字入力と番号入力を切り替えます。


ステップ 3 プロンプトに従って、返信したばかりのオリジナル メッセージを処理します。


 

メッセージの転送

メッセージをそのまま転送することも、転送したメッセージを受信者が聞く前に再生するコメントを録音することもできます。

プライベートとしてマークされたメッセージは電話機で転送できません。

Cisco Unity では、転送されたメッセージが保存されません。


) 組織が複数の場所に存在する場合は、別の場所にいる加入者にメッセージを転送することもできます。詳細は、Cisco Unity 管理者に問い合わせてください。


メッセージを転送するには


ステップ 1 転送するメッセージを聞いた後で、[転送(Forward)] メニュー オプションを選択します。

ステップ 2 プロンプトに従って、転送するメッセージを 1 人以上の受信者に宛先指定したり、コメントを録音したり(該当する場合)、転送するメッセージを送信したりします。

ステップ 3 プロンプトに従って、転送したばかりのオリジナル メッセージを処理します。


 

受信確認と通知の処理

電話機でメッセージをチェックすると、Cisco Unity で、メッセージと一緒に受信確認と通知が再生されます。受信確認と通知は他のメッセージとほとんど同様に再生して処理しますが、配信確認、不達確認、または通知に対して返信や転送はできません。他のメッセージと違って、受信確認と通知は電話機の通話待ち指示器をトリガーしません。

Cisco Unity を使用して作業している場合は、次の受信確認を処理する可能性があります。

 

開封

受信者がメッセージを開封または再生したときに通知されるメッセージ

未開封

受信者がメッセージを開封または再生せずに削除したときに通知されるメッセージ

配信

メッセージが意図した受信者に配信されたときに通知されるメッセージ

不達(NDR)

送信したメッセージが意図した受信者に配信されなかったときに通知されるメッセージ

オプション グリーティング通知

オプション グリーティングを有効にしている別の加入者にメッセージを残した、または送信したときに通知されるメッセージ

受信確認と通知に関する次の留意点に注意してください。

受信確認の場合は、送信されたメッセージを受信または再生した受信者のリスト(社内の別の場所にいる受信者を含む)が再生されます。NDR の場合は、Cisco Unity でメールボックスにメッセージが届かなかったローカル受信者とリモート受信者の両方が特定されます。

判明している場合は、Cisco Unity から、別の場所に送信されたメッセージの受信確認を受け取った理由が説明されます。社内の Cisco Unity のセットアップ方法によっては、受信確認を受け取った理由の前に理由コードが再生される場合があります。メッセージ配信の問題を Cisco Unity 管理者またはサポート デスクに報告する場合に理由コードを含めてください。

NDR を再生すると、Cisco Unity からオリジナル メッセージの再生と受け取れなかった受信者への再送が許可されます。メッセージを再送するときに、コメントを録音したり、受信者リストを変更したり、配信オプションを変更したりすることができます。メッセージを再送したら、Cisco Unity で自動的に NDR が削除されます。

オプション グリーティング通知の場合は、「<加入者の名前または ID> のオプション グリーティングはオンに設定されており、<グリーティングの有効期限日>までオンの状態が維持されます。(The alternate greeting for <subscriber name or ID> is on and will remain on until <expiration date for the greeting>)送信したメッセージは届きましたが、受信者が不在のため再生していない可能性があります。(The message you sent was delivered, but the recipient may not be available to play it.)」というメッセージが流れます。