Cisco Unity Inbox Web ツール ユーザ ガイド
削除済みアイテム の管理
削除済みアイテムの管理
発行日;2012/02/07 | 英語版ドキュメント(2010/02/03 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 469KB) | フィードバック

目次

削除済みアイテムの管理

削除済みアイテムの管理

削除済みアイテム フォルダでは、削除したボイス メッセージを聞いたり、削除したファックスを表示(ファックス オプションがある場合)できます。また、それらを返信または転送したり、Cisco Unity Inbox に復元したり、完全に削除することもできます。

削除済みアイテムを管理するには


ステップ 1 Cisco Unity Inbox で、[View Deleted Items] アイコン(フォルダ付きのごみ箱)をクリックします。

ステップ 2 [Deleted Items] ページで、適切なタスクを実行します。

 

ボイス メッセージを聞くには

メッセージの隣にある [Cisco Unity Voice Message] アイコン(スピーカー)をクリックし、Cisco Unity Inbox から直接再生します。

または、

メッセージを開いて、Media Master の [Play] をクリックします。

ファックスを表示するには

添付されたファックスのリンクをクリックして、コンピュータ上のファックス ビューア プログラムを起動します。

メッセージに返信またはメッセージを転送するには

メッセージを開き、適切なアイコンをクリックします([Reply]、[Reply to All]、または [Forward])。

メッセージを受信ボックスに復元するには

復元するメッセージの左にあるチェックボックスをオンにし、[Restore Selected Rows to the Inbox ] アイコンをクリックします。

メッセージを完全に削除するには

削除するメッセージの左にあるチェックボックスをオンにし、[Delete Selected Rows] アイコンをクリックしてから、[OK] をクリックします。