電子メール クライアントでの Cisco Unity ボイス メッセージへのアクセス方法に関するユーザ ガイド
電子メール クライアントでの Cisco Unity ボ イス メッセージの管理
電子メール クライアントでの Cisco Unity ボイス メッセージの管理
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2010/02/01 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 454KB) | フィードバック

目次

電子メール クライアントでの Cisco Unity ボイス メッセージの管理

電子メール クライアントでのボイス メッセージの管理について

電子メール クライアントでのボイス メッセージの確認

電子メール クライアントでのボイス メッセージの削除

電子メール クライアントでのボイス メッセージの管理について

電子メール プログラムを使用して、Cisco Unity ボイス メッセージおよび確認通知にアクセスできます。電子メール プログラムからボイス メッセージの聞き取りと削除はできますが、送信、返信、または転送はできません。

ボイス メッセージの場所は電子メール プログラムによって異なりますが、通常は電子メール プログラム内の別のフォルダにあります。メッセージには、録音内容を格納した WAV ファイルが添付されます。この添付ファイルを開いて、ボイス メッセージを再生します。

電子メール クライアントでのボイス メッセージの確認

通常、ボイス メッセージおよび確認通知は、電子メール プログラム内の別のフォルダにあります。メッセージには、録音内容を格納した WAV ファイルが添付されます。この添付ファイルを開いて、ボイス メッセージを再生します。

電子メール プログラムで新しい電子メール メッセージを通知する場合と同じように、新しいボイス メッセージが通知されます。電子メール プログラムからボイス メッセージの聞き取りと削除はできますが、送信、返信、または転送はできません。

メッセージの [差出人(From)] フィールドには、Cisco Unity 加入者の名前が表示されます。Cisco Unity 非加入者やログオンせずにメッセージを残した加入者からのメッセージの場合は、「Unity メッセージ システム」と表示されます。発信者の電話番号がわかる場合は、[件名(Subject)] フィールドに表示されます。

電子メール クライアントでのボイス メッセージの削除

電子メール メッセージの場合と同じように、電子メール プログラムからボイス メッセージを削除できます。Cisco Unity の設定方法によっては、電子メール プログラム内の削除済みメッセージを、聞き取り、フォルダに復元、または完全に削除するために、取得できる場合があります。

いくつかの電子メール プログラムでは、ボイス メッセージを完全に削除するために、定期的に削除済みメッセージを消去する必要がある場合があります。使用している電子メール プログラムでこの手順が必要かどうかについては、Cisco Unity の管理者に問い合わせてください。