Cisco Unity 電話インターフェイス ユーザ ガイド Microsoft Exchange版 Release 5.x
ファックス オプションの使用
ファックス オプションの使用
発行日;2012/02/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 301KB) | フィードバック

目次

ファックス オプションの使用

ファックス オプションについて

ファックス転送番号の変更

ファックス オプションについて

テキスト/スピーチ オプションを使用している場合は、電話でメッセージを確認するときに、ファックス メッセージをファックスに送信できます。ファックスの送信先の電話番号を変更することもできます。

ファックスの場合、Cisco Unity では送信者、日付、時刻などのメッセージ プロパティだけが再生されます。ファックスを印刷するには、ファックス メッセージのプロパティの聞き取り後に「別のファックスへドキュメントを送信する」オプションを選択します。

ファックス転送番号の変更

ファックス転送番号を指定するには、0 ~ 9 の数字を使用します。外線通話に必要なアクセス コード(たとえば 9)から入力を始めます。


) 一部の電話番号は入力できない場合があります。


ファックス転送番号を変更する


ステップ 1 Cisco Unity を呼び出してログオンします。

ステップ 2 メイン メニューから、 「設定オプション」 > 「メッセージ設定を行う」 > 「ファックス配信を変更する」 の順にオプションを選択します。

ステップ 3 プロンプトに従って、ファックスの電話番号を入力します。