Cisco Unity 電話インターフェイス ユーザ ガイド Microsoft Exchange版 Release 5.x
ボイスメールの基本
ボイスメールの基本
発行日;2012/02/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 301KB) | フィードバック

目次

ボイスメールの基本

の呼び出し

ボイス メッセージの送信

メッセージの確認

メッセージへの返信

メッセージの転送

受信確認と通知の管理

Cisco Unity の呼び出し

Cisco Unity は、社内の自分の電話、社内の別の電話、または社外の電話から呼び出すことができます。

Cisco Unity を呼び出す


ステップ 1 次の電話から適切な番号をダイヤルして、Cisco Unity を呼び出します。

社内の自分の電話

社内の別の電話

社外の電話

ステップ 2 社内の別の電話または社外の電話から電話している場合は、Cisco Unity が応答したら、 * を押してください。

ステップ 3 プロンプトに従ってログオンします。


 

ボイス メッセージの送信

ボイス メッセージは、内線番号をダイヤルせずに他のユーザに送信できます。この機能は、他のユーザの仕事を妨げたくないとき、または電話で話す時間がないときに便利です。ボイス メッセージの送信では、電子メールの読み間違いで発生しやすい誤解を避けることができます。

メッセージは、1 人または複数のユーザに送信できます。ユーザ名またはユーザの内線番号を入力するには、電話のキーパッドを使用します。

Cisco Unity では、送信済みメッセージは保存されません。


) 会社のロケーションが複数ある場合は、別のロケーションのユーザにメッセージを送信できる場合があります。詳細については、Cisco Unity の管理者に問い合せてください。


ボイス メッセージを送信する


ステップ 1 Cisco Unity を呼び出してログオンします。

ステップ 2 メイン メニューから、メニュー オプションの 「メッセージの送信」 を選択します。

ステップ 3 プロンプトに従って、ボイス メッセージの録音、宛先指定、および送信を行います。


ヒント 名前の入力と番号の入力を切り替えるには、## を押します。



ヒント ストリームライン送信メニューを使用している場合は、リストから受信者を確認および選択する際に「スキップ アンド スキャン」方式を使用します。リストにある宛先を選択するには、# を押します。前の名前にスキップするには 7 を、次の名前にスキップするには 9 を押します。また、リストの先頭にスキップするには 77 を、リストの最後にスキップするには 99 を押します。



 

メッセージの確認

一度新規のボイス メッセージを聞き取ると、そのメッセージは削除するまで保存されます。

新しいメッセージまたは開封済みメッセージを確認できます。新しいメッセージおよび開封済みメッセージは、メッセージの再生中またはメッセージ全体を聞いた後に、削除できます。

Cisco Unity がメッセージ保存ポリシーを強制的に実行するように設定されているかどうかを管理者に確認し、設定されている場合は、Cisco Unity からメッセージが完全に削除されるまでの期間を確認してください。

メッセージを確認する


ステップ 1 Cisco Unity を呼び出してログオンします。

ステップ 2 メイン メニューから、該当するメニュー オプション( 「新しいメッセージの聞き取り」 または 「開封メッセージの聞き直し」 )を選択します。

ステップ 3 プロンプトに従って、メッセージを聞き取り、管理します。


 

メッセージへの返信

メッセージは送信者のみに返信するか、送信者と始めの受信者全員に返信することができます。返信に受信者を追加することもできます。

「Unity メッセージ システム」からのメッセージは、発信者が Cisco Unity ユーザでないか、またはメッセージを残したときに Cisco Unity ユーザとしてログオンしていなかったことを意味します。Cisco Unity のユーザでない発信者からのメッセージには返信できません。

Cisco Unity では返信メッセージは保存されません。


) 会社のロケーションが複数ある場合は、別のロケーションのユーザからのメッセージに返信できる場合があります。詳細については、Cisco Unity の管理者に問い合せてください。


メッセージに返信する


ステップ 1 メッセージを聞いた後に、メニュー オプションの 「返信」 を選択します。

ステップ 2 プロンプトに従って、返信を録音し、(必要な場合は)受信者を追加し、返信します。


ヒント 名前の入力と番号の入力を切り替えるには、## を押します。


ステップ 3 プロンプトに従って、直前に返信した元のメッセージを処理します。


 

メッセージの転送

メッセージをそのまま転送するか、または受信者が転送メッセージを聞く前に再生される音声コメントを録音することができます。

プライベートのマークが付いているメッセージを電話から転送することはできません。

Cisco Unity では転送済みメッセージは保存されません。


) 会社のロケーションが複数ある場合は、別のロケーションのユーザにメッセージを転送できる場合があります。詳細については、Cisco Unity の管理者に問い合せてください。


メッセージを転送する


ステップ 1 転送するメッセージを聞いた後に、メニュー オプションの 「転送」 を選択します。

ステップ 2 プロンプトに従って、1 人または複数の受信者を転送メッセージの宛先に指定し、(必要な場合は)音声コメントを録音し、転送メッセージを送信します。

ステップ 3 プロンプトに従って、直前に転送した元のメッセージを処理します。


 

受信確認と通知の管理

電話を使用してメッセージを確認する場合、Cisco Unity はメッセージとともに受信確認と通知を再生します。受信確認を再生および管理する方法は、その他のメッセージの場合とほとんど同じですが、配信受信確認、不達確認、または通知に対する返信や転送はできません。受信確認および通知では、その他のメッセージと異なり、電話機のメッセージ ウェイティング インジケータは使用されません。

Cisco Unity を使用する際に、次の受信確認を管理できます。

 

開封

受信者がメッセージを開封または再生すると、通知されるメッセージ。

未開封

受信者がメッセージを開封または再生せずに削除すると、通知されるメッセージ。

配信

目的の受信者にメッセージが配信されると、通知されるメッセージ。

不達(NDR)

送信したメッセージを目的の受信者に配信できなかった場合に、通知されるメッセージ。

オプション グリーティング通知

オプション グリーティングを使用可能にしている別のユーザに対し、ユーザがメッセージを残しているかメッセージを送信したことを通知するメッセージ。

受信確認および通知に関する次の検討事項に注意してください。

受信確認の返信では、社内の別のロケーションにいる受信者も含め、送信されたメッセージを受信した受信者やメッセージを再生した受信者のリストが再生されます。NDR では、Cisco Unity によって、メールボックスでメッセージを受け入れなかったローカルの受信者とリモートの受信者が示されます。

別のロケーションへ送信したメッセージについて特定の受信確認を受け取った理由が明らかな場合は、Cisco Unity によって説明が示されます。Cisco Unity の設定状態によっては、その受信確認を受け取った理由を説明するプロンプトの前に、理由コードが再生されます。Cisco Unity 管理者やサポート デスク担当者へメッセージ配信の問題を報告する場合は、理由コードも通知してください。

Cisco Unity では、NDR の再生後、元のメッセージを再生し、それを受信できなかった受信者に再送することができます。音声コメントの録音、受信者リストの修正、メッセージ再送時の配信オプションの変更を実行できます。メッセージを再送すると、自動的に Cisco Unity によって NDR が削除されます。

オプション グリーティング通知では、次のメッセージが聞こえます。「送信したメッセージは届きましたが、受信者が不在のため再生していない可能性があります。<ユーザの名前または ID> のオプション グリーティングはオンに設定されており、次の期限までオンの状態が維持されます:<グリーティングの有効期限>。」