Cisco Unity 電話インターフェイス ユーザ ガイド Microsoft Exchange版 Release 5.x
着信転送ルールの設定の変更
着信転送ルールの設定の変更
発行日;2012/02/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 301KB) | フィードバック

目次

着信転送ルールの設定の変更

着信転送ルールについて

標準転送ルール

オプション転送ルール

時間外転送ルール

着信転送ルールの設定の変更

着信転送ルールについて

この項では、利用可能な転送ルールとその機能について説明します。Cisco Unity では、使用可能にした転送ルールが適切な状況で適用されます。ただし、一部の転送ルールは、使用可能にすると、他のルールより優先されます。

着信転送ルールでは、Cisco Unity が間接着信通話を処理する方法を制御します。間接着信通話とは、相手の番号を直接ダイヤルしていない発信者(たとえば、個人に到達するために会社の代表電話番号にダイヤルした発信者)からの通話のことです。直接通話の場合(外部の発信者または他のユーザが個人の電話番号をダイヤルした場合)、Cisco Unity の転送設定は適用されません。

間接通話に応答することを選択できます。または、間接通話をただちにボイスメールに転送することもできます。


ヒント 自分の内線への直接通話に着信転送を設定するには、Cisco Unity の管理者に問い合せてください。自席の電話だけでなく、社内で使用する電話システムでも、直接通話の管理に使用できる転送機能が提供されることがあります。


標準転送ルール

この転送ルールは、Cisco Unity の管理者が指定した会社の勤務時間中、または他の転送ルールがすべて使用不能な状況で適用されます。

設計上、標準転送ルールは使用不能にすることができません。

オプション転送ルール

他の転送ルールより優先する場合は、特定の期間、この転送ルールを適用することができます。たとえば、オフィスに不在中の自分への着信をすべて直接ボイスメールに転送したり、他の場所で一時的に作業しているときに、自分への着信を別の内線番号に転送したりできます。

オプション転送ルールは、使用可能になっている限り、他の転送ルールより優先されます。

時間外転送ルール

Cisco Unity の管理者が指定した会社の営業時間外に、Cisco Unity が別の転送アクションを行うようにする場合は、この転送ルールを使用可能にします(たとえば、営業時間外には、ユーザへのすべての着信を直接ボイスメールに転送することができます)。

時間外転送ルールは、使用可能になっている限り、営業時間外では標準転送ルールより優先されます。

着信転送ルールの設定の変更

間接通話で自分の内線番号または別の内線番号を呼び出すか、指定した電話番号を呼び出すかを選択できます。または、ボイスメールに直接転送して、自分の電話がまったく鳴らないようにすることもできます(電話をボイスメールに転送しておくと、発信者は電話の応答を待つ必要がなくなります。グリーティングがすぐに再生されます)。

着信転送ルールの設定を変更する


ステップ 1 Cisco Unity を呼び出してログオンします。

ステップ 2 メイン メニューから、 「設定オプション」 > 「転送設定を行う」 の順にオプションを選択します。

ステップ 3 設定を変更する転送ルールを選択します。

ステップ 4 Cisco Unity によって現在の転送設定が案内された後、プロンプトに従ってルールを使用可能または使用不能にし、着信の転送先を電話とボイスメールとの間で切り替えます。または、転送電話番号を変更します。

(外線番号に転送する場合は、Cisco Unity の管理者に問い合せてください)


) 転送電話番号を変更しても、転送先を電話にするか、ボイスメールにするかの設定は変更されません。転送先としても電話を指定した場合だけ、Cisco Unity は転送電話番号に転送します。