Cisco Unity 電話インターフェイス ユーザ ガイド IBM Lotus Domino版 Release 5.x
プライベート同報リストの管理
プライベート同報リストの管理
発行日;2012/01/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 275KB) | フィードバック

目次

プライベート同報リストの管理

プライベート同報リストについて

プライベート同報リストの作成

同報リストのメンバーの変更

同報リストの録音名の変更

プライベート同報リストについて

ボイス メッセージの受信者グループを独自に作成するには、プライベート同報リストが使用できます。ボイス メッセージの宛先にプライベート同報リストを指定すると、そのリストに記載されている全受信者がそのボイス メッセージを受信します。

Cisco Unity には、個人用に使用できる空のプライベート同報リストがいくつか用意されています。プライベート同報リストにボイス メッセージを送信できるのは、本人だけです。

電話を使用して、リストの個々のメンバーを削除することはできますが、リスト自体またはリストの名前の録音は削除できません。


) Cisco Unity Assistant Web ツールを使用している場合は、利用できるオプションが多くなります。詳細については、Cisco Unity Assistant のヘルプを参照してください。


プライベート同報リストの作成

管理できるリストの最大数は、Cisco Unity の管理者が指定します。

プライベート同報リストを作成する


ステップ 1 Cisco Unity を呼び出してログオンします。

ステップ 2 メイン メニューから、 「設定オプション」 > 「メッセージ設定を行う」 > 「プライベート 同報リストを編集する」 > 「宛先の変更」 の順にオプションを選択します。

ステップ 3 空のプライベート同報リストを選択します。

ステップ 4 Cisco Unity によってリスト名(「未設定リスト」)が再生された後、プロンプトに従ってリストに名前を追加します。

ステップ 5 名前を追加した後に、 「リストの名前を録音し直す」 オプションを選択し、プロンプトに従ってリストの名前を録音します。


 

同報リストのメンバーの変更

ディレクトリに含まれるユーザまたはパブリック同報リストはすべて、プライベート同報リストのメンバーとして適格です。あるプライベート同報リストを別のプライベート同報リストのメンバーとして組み込むことはできません。プライベート同報リストに追加できるメンバーの最大数は、Cisco Unity の管理者が指定します。

リモート ユーザ(ディレクトリに含まれていないリモート ボイス メッセージ システム上のユーザ)にメッセージを送信および返信できるように Cisco Unity を設定している場合は、これらのユーザを同報リストに含めることができます。

すでにプライベート同報リストのメンバーになっているユーザ、パブリック同報リスト、またはリモート ユーザを追加しようとしても、Cisco Unity は再度そのメンバーをリストに追加しません。


) プライベート同報リストのメンバーのアカウントに対して管理上の変更を行うと、後でそのリストを確認するときにアカウントが異なって提示されることがあります。ときには、このような変更によって、一部のメンバーが予告なくリストから削除される場合もあります。通常は、変更を行う前に Cisco Unity の管理者から通知があります。メンバーを誤って削除した場合は、そのメンバーを再度追加する必要があります。


プライベート同報リストのメンバーを変更する


ステップ 1 Cisco Unity を呼び出してログオンします。

ステップ 2 メイン メニューから、 「設定オプション」 > 「メッセージ設定を行う」 > 「プライベート同報リストを編集する」 > 「宛先の変更」 の順にオプションを選択します。

ステップ 3 メンバーを変更するプライベート同報リストを選択します。

ステップ 4 Cisco Unity によってリスト名が再生された後、プロンプトに従ってリストに名前を追加するか、またはリストから名前を削除します。


 

同報リストの録音名の変更

同報リストには、それぞれ録音された名前があります。メッセージの宛先にプライベート同報リストを指定する場合、Cisco Unity は、正しいリストにメッセージが宛先指定されたことを確認できるよう、録音された名前を再生します。

プライベート同報リストの録音名を変更する


ステップ 1 Cisco Unity を呼び出してログオンします。

ステップ 2 メイン メニューから、 「設定オプション」 > 「メッセージ設定を行う」 > 「プライベート同報リストを編集する」 > 「宛先の変更」 の順にオプションを選択します。

ステップ 3 録音名を変更するプライベート同報リストを選択します。

ステップ 4 Cisco Unity によってリスト名が再生された後、プロンプトに従ってリストの名前を録音し直します。