Cisco Unity 電話インターフェイス ユーザ ガイド IBM Lotus Domino版 Release 5.x
発信者が録音しているメッセージの監視
発信者が録音しているメッセージの監視
発行日;2012/01/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 275KB) | フィードバック

目次

発信者が録音しているメッセージの監視

メッセージ モニタについて

メッセージ モニタを使用可能または使用不能にする

メッセージ モニタの使用

リモート メッセージ モニタの使用

メッセージ モニタについて

メッセージ モニタ機能では、発信者がメッセージを録音している最中にそのメッセージを聞き取ることができます。また、通話を管理するためのオプションも提供されます。

発信者がボイスメールを転送すると、メッセージ モニタはトーンを再生し、ユーザの Cisco Unified IP Phone の画面でウィンドウを開きます。ユーザはソフトキーを使用して、このメッセージを聞き取り、通話を管理します。

メッセージ モニタは、次のように使用することができます。

発信者が録音しているメッセージを聞き取る。

別の電話に出ているときに、発信者が録音しているメッセージを聞き取る。

メッセージを録音している発信者に接続する。

メッセージを録音するか、接続するかを発信者に選択させる。

メッセージ モニタを使用可能または使用不能にする

デフォルトでは、メッセージ モニタはプライマリ内線番号で使用可能になっています。

複数の電話機がある場合は、この機能を使用可能にする電話機を指定する必要があります。

この項では、次の 2 つの手順について説明します。

「特定の電話機でメッセージ モニタを使用可能にする」

「メッセージ モニタを使用不能にする」

特定の電話機でメッセージ モニタを使用可能にする


ステップ 1 メッセージ モニタを使用可能にする電話機から、Cisco Unity を呼び出してログオンします。

ステップ 2 メイン メニューから、 「設定オプション」 > 「個人設定」 > 「メッセージモニターの設定」 の順にオプションを選択します。

ステップ 3 プロンプトに従って、メッセージ モニタを使用可能にします。


 

メッセージ モニタは、任意の電話機から使用不能にできます。

メッセージ モニタを使用不能にする


ステップ 1 Cisco Unity を呼び出してログオンします。

ステップ 2 メイン メニューから、 「設定オプション」 > 「個人設定」 > 「メッセージモニターの設定」 の順にオプションを選択します。

ステップ 3 プロンプトに従って、メッセージ モニタを使用不能にします。


 

メッセージ モニタの使用

メッセージ モニタを使用する


ステップ 1 Cisco Unified IP Phone の画面にメッセージ モニタのウィンドウが表示された後に、次の該当するソフトキーを押して通話を管理します。

 

モニタ

ユーザには、発信者が録音しているメッセージが聞こえます。発信者には、ユーザの音声は聞こえません。

パーソナル グリーティングが再生されている間は、グリーティングだけが聞こえ、発信者の音声は聞こえません。

停止

Cisco Unity は監視を停止するので、ユーザには発信者が録音しているメッセージが聞こえなくなります。

このソフトキーを使用できるのは、発信者の音声を聞きいているときだけです。

転送

Cisco Unity は録音セッションを中断し、ユーザに接続するかメッセージの録音を継続するかを選択するように発信者に求めます。

発信者が選ぶ選択肢は、ユーザの電話機に表示されます。

ピック

Cisco Unity は録音セッションを中断し、発信者をユーザの内線番号に接続します。

ステップ 2 [終了] ソフトキーを押して、IP Phone に表示されているメッセージ モニタのウィンドウを閉じます。この操作を行わない場合、ウィンドウは数秒後に閉じます。


 

リモート メッセージ モニタの使用

リモート メッセージ モニタを使用可能にしている場合、発信者がボイスメールに転送されると Cisco Unity は、Cisco Unity Assistant Web ツールで[電話 6]として通知を設定した電話番号を呼び出します。

Cisco Unity からの呼び出しに応答する際には、プロンプトに従って、発信者が録音しているメッセージを聞くか、または Cisco Unity から発信者に接続します。