Cisco Unity Assistant Web ツール ユーザ ガイド IBM Lotus Domino版 Release 5.x
個人設定の変更
個人設定の変更
発行日;2012/02/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 416KB) | フィードバック

目次

個人設定の変更

個人設定の概要

録音名の変更

緊急連絡先番号の変更

ディレクトリ一覧ステータスの変更

ガイダンスの速度の変更

メッセージ再生速度の変更

メッセージ再生音量の変更

代行用デバイスの設定

個人設定の概要

個人設定では、Cisco Unity のユーザとしての情報と、Cisco Unity との対話用に選択した内容の一部を制御します。

録音名の変更

録音名は、他のユーザに残したメッセージとともに再生され、番号案内ではその名前でユーザが識別されます。また、独自の録音の代わりにシステム デフォルト録音を使用したグリーティングとともに再生することもできます。

録音名を変更する


ステップ 1 Cisco Unity Assistant で、[設定]メニューの [個人] をクリックします。

ステップ 2 Media Master の[名前の録音]フィールドの [録音] をクリックして、名前を録音します。

ステップ 3 録音が終了したら、 [停止] をクリックします。

ステップ 4 [保存] をクリックします。


 


ヒント オプション グリーティングを使用可能にすると、他の Cisco Unity ユーザが電話でメッセージを送信するときに、そのユーザにグリーティングは再生されません。自分の録音名を、オフィスに不在であることを多くの人に知らせる録音内容に置き換えることを考慮してください(特に、Cisco Unity の管理者が、システムでオプション グリーティング通知を使用可能にしていない場合)。オプション グリーティングおよび通知の詳細については、「オプション グリーティングの概要」を参照してください。


緊急連絡先番号の変更

ユーザおよび発信者にとって便利な機能として、緊急連絡先番号を使用できます。この機能により、発信者はグリーティングを聞いているときにキー押すと、緊急連絡先番号に転送されます。緊急連絡先番号には、オペレータや別のユーザ(上司や同僚など)の内線番号、またはユーザや別の担当者に到達できる他の任意の番号を指定できます。

発信者が転送するために押すキーは、Cisco Unity の管理者に問い合せてください。緊急連絡先番号を指定する場合は、グリーティングを更新して情報を含めることができます(たとえば、「ただいま席を外しております。メッセージを残される場合は発信音の後にご用件をお話しください。別の営業担当者へおつなぎする場合は 4 を押してください」)。

緊急連絡先番号を指定するには、0 ~ 9 の数字を使用します。次の記号を使用することもできます。

,(カンマ)は 1 秒のポーズを追加する場合に使用します。

# および * は電話の # キーおよび * キーに対応します。

数字の間にスペース、ダッシュ、カッコは使用できません。外線通話に必要なアクセス コード(たとえば 9)から入力を始めます。

緊急連絡先番号を変更する


ステップ 1 Cisco Unity Assistant で、[設定]メニューの [個人] をクリックします。

ステップ 2 [緊急連絡先番号]フィールドに、発信者がグリーティングの再生中にキーを押したときに発信者を転送する先の電話番号を入力します。

ステップ 3 [保存] をクリックします。


 

ディレクトリ一覧ステータスの変更

ディレクトリに登録するかどうかは選択できます。ユーザが登録されていると、ユーザの内線番号を知らない発信者は、ディレクトリから名前を検索することによってユーザに到達できます。


) ディレクトリに登録するには、名前の録音が必要です。


ディレクトリ一覧ステータスを変更する


ステップ 1 Cisco Unity Assistant で、[設定]メニューの [個人] をクリックします。

ステップ 2 [電話ディレクトリに登録] チェックボックスをオンにすると、一覧に登録されます。

または、

[電話ディレクトリに登録] チェックボックスをオフにすると、一覧から除外されます。

ステップ 3 [保存] をクリックします。


 

Cisco Unity ガイダンスの速度の変更

Cisco Unity ガイダンスを再生する速度を設定できます。指定した速度は、名前の録音、プロンプトと電話メニュー、メッセージ ヘッダーとフッター、およびユーザ グリーティングの速度に影響します。

Cisco Unity ガイダンスの速度を変更する


ステップ 1 Cisco Unity Assistant で、[設定]メニューの [個人] をクリックします。

ステップ 2 [通話速度]リストで、Cisco Unity ガイダンスに使用するレベルをクリックします。

ステップ 3 ページの下までスクロールし、 [保存] をクリックします。


 

メッセージ再生速度の変更

電話で再生するすべてのメッセージの再生速度を調整するには、この設定を使用します。

ユーザが指定する速度により、Cisco Unity がメッセージ本文(ファックス オプションを指定している場合は、それに加えてファックス メッセージの録音済み音声コメント)を再生する速度が決まります。Text-To-Speech(TTS; テキスト/スピーチ)メッセージ、受信確認、またはメッセージ ヘッダーとフッターの再生速度には影響ありません。TTS メッセージは、常に通常の速度で再生されます。Cisco Unity で受信確認、メッセージ ヘッダー、およびメッセージ フッターが再生される速度は、Cisco Unity ガイダンスに指定された速度により決まります。

メッセージの再生速度を変更する


ステップ 1 Cisco Unity Assistant で、[設定]メニューの [個人] をクリックします。

ステップ 2 [メッセージの再生速度]リストで、電話で再生するすべてのメッセージの再生レベルをクリックします。

ステップ 3 ページの下までスクロールし、 [保存] をクリックします。


 

メッセージ再生音量の変更

電話で再生するすべてのメッセージの再生音量を調整するには、この設定を使用します。

ユーザが指定した音量により、Cisco Unity がメッセージ本文(ファックス オプションを指定している場合は、それに加えてファックス メッセージの録音済み音声コメント)を再生する音量が決まります。テキスト/スピーチ(TTS)メッセージ、受信確認、またはメッセージ ヘッダーとフッターの音量には影響ありません。

メッセージ再生音量を変更する


ステップ 1 Cisco Unity Assistant で、[設定]メニューの [個人] をクリックします。

ステップ 2 [メッセージの再生音量]リストで、 [低音] [中音(標準)] 、または [高音] をクリックし、電話で再生するすべてのメッセージの再生音量を選択します。

ステップ 3 ページの下までスクロールし、 [保存] をクリックします。


 

代行用デバイスの設定

代行用デバイス機能を使用すると、携帯電話、自宅の電話、または他の作業サイトの電話から Cisco Unity を呼び出しやすくなります。Cisco Unity Assistant Web ツールで代行用デバイスの電話番号を指定する場合、Cisco Unity は、その番号からのすべての通話をプライマリ内線番号からの通話と同じ方法で処理します(代行用電話番号を電話システムから Cisco Unity に渡すと仮定しています)。これは、Cisco Unity が、代行用電話番号をアカウントに関連付けることを意味します。電話を Cisco Unity に転送するように設定すると、プライマリ内線番号にダイヤルしたときと同様に、発信者がグリーティングを聞いてメッセージを残します。

Cisco Unity Assistant の[個人設定]ページで、Cisco Unity の管理者が設定した代行用内線番号を確認できます。Cisco Unity の管理者が設定した電話番号に加えて、最大 5 つの代行用デバイスの電話番号を指定できます。

代行用デバイスを設定する


ステップ 1 Cisco Unity Assistant で、[設定]メニューの [個人] をクリックします。

ステップ 2 [代行用デバイス]テーブルの[番号:]フィールドに、30 文字以内の内線番号を入力します。

[代行用デバイス]テーブルに数字を入力する場合、次の点を考慮してください。

追加した各代行内線番号は、一意である必要があります。Cisco Unity は、他のユーザに割り当てられた内線番号(プライマリ内線番号または代行内線番号)、または他の Cisco Unity エンティティ(パブリック同報リストなど)に割り当てられた内線番号を受け入れません。

0 ~ 9 の数字を入力します。スペース、ダッシュ、またはカッコを使用しないでください。

SIP URL に対して有効なエイリアスを入力することもできます(たとえば、URL が SIP:aabade@cisco.com の場合、「aabade」と入力します)。詳細については、Cisco Unity の管理者に相談してください。

ステップ 3 (オプション)デバイスの説明を入力します(たとえば、「職場のモバイル電話機(Mobile work phone)」または「個人用の携帯電話(My personal cell phone)」と入力できます)。

ステップ 4 他のデバイスを指定するには、 [行の追加] をクリックし、ステップ 2ステップ 3 を繰り返します。

ステップ 5 [保存] をクリックします。指定した代行用デバイスは、テーブル内のすべての行で有効です。