電子メール クライアントでの Cisco Unity ボイス メッセージへのアクセス:ユーザ ガイド Microsoft Exchange版 Release 5.x
電子メール クライアントでの Cisco Unity ボイス メッセージの管理
電子メール クライアントでの Cisco Unity ボイス メッセージの管理
発行日;2012/02/02 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 189KB) | フィードバック

目次

電子メール クライアントでの Cisco Unity ボイス メッセージの管理

電子メール クライアントでのボイス メッセージの管理について

電子メール クライアントでのボイス メッセージの確認

電子メール クライアントでのボイス メッセージの削除

電子メール クライアントでのボイス メッセージの管理について

ご使用の電子メール プログラムを使用して、Cisco Unity ボイス メッセージおよび受信確認にアクセスできます。電子メール プログラムからは、ボイス メッセージを聞いたり削除したりできますが、送信、返信、転送を行うことはできません。

ボイス メッセージの場所は電子メール プログラムによって異なりますが、通常は電子メール プログラム内の独立したフォルダにあります。メッセージには、録音が保存された WAV ファイルが添付しています。この添付ファイルを開いてボイス メッセージを再生します。

電子メール クライアントでのボイス メッセージの確認

通常、ボイス メッセージおよび受信確認は、電子メール プログラム内の独立したフォルダにあります。メッセージには、録音が保存された WAV ファイルが添付しています。この添付ファイルを開いてボイス メッセージを再生します。

電子メール プログラムは、新規電子メール メッセージを通知する場合と同じように新規ボイス メッセージを通知します。電子メール プログラムからは、ボイス メッセージを聞いたり削除したりできますが、送信、返信、転送を行うことはできません。

メッセージの送信者フィールドには、Cisco Unity のユーザ名または「Unity メッセージ システム」が表示されます。後者は、Cisco Unity ユーザ以外、またはメッセージを残す前にログオンしていないユーザによってメッセージが残された場合に表示されます。発信者の電話番号がわかる場合は、[件名]フィールドに番号が表示されます。

電子メール クライアントでのボイス メッセージの削除

電子メール メッセージの場合と同様に、電子メール プログラムからボイス メッセージを削除できます。Cisco Unity の設定状況によっては、電子メール プログラムで削除したメッセージを回収して、聞いたり、フォルダに復元したり、完全に削除したりできる場合もあります。

一部の電子メール プログラムでは、ボイス メッセージを完全に削除するには、削除済みメッセージのフォルダの内容を定期的に消去する必要があります。ご使用の電子メール プログラムでこの作業が必要であるかどうかについては、Cisco Unity の管理者に問い合せてください。