電子メール クライアントでの Cisco Unity ボイス メッセージへのアクセス:ユーザ ガイド Microsoft Exchange版 Release 5.x
ViewMail for Outlook の設定変更
ViewMail for Outlook の設定変更
発行日;2012/02/02 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 189KB) | フィードバック

目次

ViewMail for Outlook の設定変更

新しいボイス メッセージを通知するサウンドの変更

ボイス メッセージの自動再生の設定変更

送信済みボイス メッセージの保存設定

ViewMail の低帯域幅向けカスタマイズ

録音デバイスおよび再生デバイスの変更

Windows のパスワードまたはユーザ名を変更した場合のメッセージ保護設定のアップデート

新しいボイス メッセージを通知するサウンドの変更

新しいボイス メッセージが Outlook の受信トレイに到着したときにユーザに通知するコンピュータ サウンドを選択できます。このオプションは、コンピュータにマルチメディア スピーカがある場合のみ有効です。

新しいボイス メッセージを通知するサウンドを変更する


ステップ 1 Outlook の[ツール]メニューで [ViewMail オプション] をクリックします。

ステップ 2 [ViewMail オプション]ダイアログボックスで、 [通知] タブをクリックします。

ステップ 3 通知するサウンドのチェックボックスをオンにします。

各サウンドを試聴するには、 スピーカ のアイコンをクリックします。

ステップ 4 必要に応じて、それぞれのデフォルト サウンドを変更します。

a. [参照] ボタンをクリックします。

b. [ファイルの参照]ダイアログボックスで、サウンド(WAV)ファイルを選択してから、 [開く] をクリックします。

ステップ 5 [ViewMail オプション]ダイアログボックスがもう一度表示されたら、 [OK] をクリックして、変更内容を保存します。


 

ボイス メッセージの自動再生の設定変更

自動再生を有効にしておくと、Outlook の受信トレイでボイス メッセージを開いたときに再生が開始されます。自動再生が無効になっている場合は、Media Master を使用してボイス メッセージを再生します。

ボイス メッセージの自動再生の設定を変更する


ステップ 1 Outlook の[ツール]メニューで [ViewMail オプション] をクリックします。

ステップ 2 [全般] タブをクリックします。

ステップ 3 [ボイス メッセージの自動再生] チェックボックスをオンまたはオフにします。

ステップ 4 [OK] をクリックします。


 

送信済みボイス メッセージの保存設定

Outlook の受信トレイで、送信済みアイテム フォルダに送信済みメッセージのコピーを保存する設定にしている場合、ViewMail を使用して送信したボイス メッセージのコピーも保存されます。ハード ディスク上の領域を節約するために、メッセージのヘッダーだけを保存し、録音メッセージを保存しないように ViewMail を設定できます。

ボイス メッセージのヘッダーだけを保存する


ステップ 1 Outlook の[ツール]メニューで [ViewMail オプション] をクリックします。

ステップ 2 [全般] タブをクリックします。

ステップ 3 [「送信済みアイテム」フォルダ内にメッセージヘッダのみを保存] チェックボックスをオンにします。

ステップ 4 [OK] をクリックします。


 

ViewMail の低帯域幅向けカスタマイズ

低帯域幅環境(たとえば、低速モデムまたは支社での使用)で ViewMail を使用しているときにコンピュータのスピーカで録音を再生する場合、パフォーマンスと音質の向上のために、メッセージを再生する前にそれらをダウンロードするよう ViewMail をカスタマイズできます。

ViewMail を低帯域幅向けにカスタマイズする


ステップ 1 Outlook の[ツール]メニューで [ViewMail オプション] をクリックします。

ステップ 2 [再生] タブをクリックします。

ステップ 3 [オーディオをダウンロードして再生する] チェックボックスをオンにします。

ステップ 4 [OK] をクリックします。


 

録音デバイスおよび再生デバイスの変更

録音デバイスまたは再生デバイスを変更する


ステップ 1 Outlook の[ツール]メニューで [ViewMail オプション] をクリックします。

ステップ 2 [録音] タブまたは [再生] タブをクリックします。

ステップ 3 [装置]リストで、使用するデバイスを選択します。

ステップ 4 再生デバイスまたは録音デバイスとして[電話]を選択しなかった場合は、ステップ 7 に進みます。

再生デバイスまたは録音デバイスとして[電話]を選択した場合は、 [全般] タブをクリックします。

ステップ 5 [内線]ボックスに、自分の内線番号を入力します。

ステップ 6 [Cisco Unity サーバ]ボックスに、Cisco Unity サーバ名を入力します(Cisco Unity サーバ名が不明な場合は、Cisco Unity の管理者に問い合せてください)。

ステップ 7 [OK] をクリックします。


 

Windows のパスワードまたはユーザ名を変更した場合のメッセージ保護設定のアップデート

メッセージの保護(暗号化)機能を使用するように Cisco Unity システムが設定されている場合は、Microsoft Windows のパスワードまたはユーザ名を変更するたびに、メッセージの保護の設定をアップデートする必要があります。

Windows のパスワードまたはユーザ名を変更した場合にメッセージの保護の設定をアップデートする


ステップ 1 Outlook の[ツール]メニューで [ViewMail オプション] をクリックします。

ステップ 2 [ViewMail オプション]ダイアログボックスで、 [メッセージの保護] タブをクリックします。

ステップ 3 Windows ユーザ名を変更した場合は、新しいユーザ名と一致するよう [ユーザ名] フィールドをアップデートします。

ステップ 4 Windows パスワードを変更した場合は、新しいパスワードと一致するよう [パスワード] フィールドをアップデートします。

ステップ 5 [OK] をクリックします。